1200190801keihatu.png
 
 
『 すべてに感謝する心 』
 
 
ありがとうは魔法の言葉。
 
唱えると幸せの神様が
やってくる。
 
 
− 相田みつを −
 
 
 
だれにも言えない
苦しみ
悲しみ
つらさ
みんなもっているんだ
 
でもみんな
笑って生きているんだよ
 
まよったときには
「ありがとう」から
はじめてごらん
 
 
だれもみんな
人には言えない
苦しみ、
悲しみ、
つらさ
を心のどこかに
もっているんだよ。
 
 
そこを、
グチ、悪口、文句、
不平不満、泣き言を言わずに
のり切るために必要なのは、
『ありがとう』という
すべてに感謝する心
なんじゃないかと思うんです。
 
 
− ありがとうの森 −
 
 
 
『 ありがとうの数 』
 
「ありがとう」
と言われなくても
 
「ありがとう」
を言う人になればいい
 
自分から何もしないで
与えてもらうことばかり
考えない。
 
自分から与えなければ
何もやって来ない
 
感謝できないのではなく
感謝しないだけ
 
相手が喜ぶことは
何回でも何人でも
伝えればいい
 
いつの間にかあなたも
感謝されるような
人になっている
 
「ありがとう」の数だけ
人生は豊かになる
 
 
− 田口久人 −
 


 
本当の感謝とは、
笑顔で「ありがとう」を言うこと

 
 
15.png
 
 
■ 「すみません」では、感謝の思いは伝わらない!
 
 
あなたは感謝の思いを伝えるのに「すみません」と言ってませんか?。意外にも真面目で礼儀正しい人に「すみません」を多用される方が多いです。もしかしたら謙虚すぎるゆえに「自分なんかのために、申し訳ない」という思いがあるのかもしれません。
 
 
しかし、「すみません」は、もともと感謝を伝える言葉ではないので、残念ながら、どんなに心の中で感謝していても、その思いはあなたが期待しているほど相手には伝わりません。もちろん相手を不快にさせてはいないので、問題はありません。
 
 
ですので、「すみません」を「ありがとう(ありがとうございます)」に置き換えるだけで、周囲の人たちのあなたに対する印象は大きく(もちろん良い方に)変わります。たった一言変えるだけなので、ぜひ今日から試してみてください。
 
 
 
 
1220191201keihatu.png
 
 
■ ありがとうを言えない人が増えている!
 
 
悲しいことに最近は「ありがとう」、「ごめんなさい」を言えない人が増えているようです。先に述べたように恥ずかしくて言えないのではなく、例えば仕事でミスをして、職場の人がその穴を埋めるために夜遅くまで働いていたとします。
 
 
普通であれば、「私のせいで夜遅くまで残業させてしまって、本当にごめんなさい。色々ありがとうございます」と、きちんと謝罪とお礼を言うべきなんですが、最近はこういったときに謝罪したり感謝したりすると、自分の非を認めてしまうことになるので、あえて言わない人が増えているのだそうです。
 
 
たしかに仕事上のやりとりで「いらっ」とくることが増えたような気もします。そういう人たちの共通点として「ありがとう」と「ごめんなさい」をきちんと言えない点があげられます。その場はやり過ごすことはできても、後になって必ず後悔することになると思います。
 
 
 
 
1420191201keihatu.png
 
 
■ ありがとうは感謝を伝える最高の言葉!!!
 
 
感謝の思いを伝えるのであれば、「ありがとう」より優れた言葉はありません。習慣で「すみません」というのが癖になっているにしても、最後は「ありがとう」で終わるようにしましょう。
 
 
「ありがとう」と言われて嫌な人はいません。ありがとうは、言う方も言われる方も幸せにする言葉なので、「ありがとう」を意識して積極的に言うと、まるであなたにもっと「ありがとう」と言ってほしてく色々と親切にしてくれる人が増えてきます。
 
 
逆も然りで、あなたも無意識のうちに「ありがとう」を聞きたくて、もっと人に親切にしたくなります。つまり、ありがとうがありがとうと言いたくなることを引き寄せるので、人間関係を中心にあらゆることが好転します。
 
 
 
 
 
■ 感謝+リスペクトで人間関係が上手くいく!
 
 
英語のリスペクトは尊敬という意味ですが、尊敬の念を人に向けることで、自然と人間関係が良くなります。それもそのはず、人は自分を特別扱いしてほしいといった思いが潜在的にあるので、上司や部下、友人、知人、恋人、夫婦に関係なく、リスペクトしましょう。
 
 
相手へのリスペクトを上手に伝えるには、褒めるのが一番です。お世辞ではなく、きちんと相手を褒めることを習慣にすると、相手の良い所が自然と見つかる様になります。そして、相手を尊重するような態度をとることによって、その人の自己肯定感を高めることができます。
 
 
「自分はいつも周りの人から支えられているな」と、感謝の念を持てるようになると、人との接し方が今までよりも柔らかく丁寧になります。感謝にはこれほどまで優れた効果があるので、ぜひお試しください。
 
 
 
 
1520191201keihatu.png
 
 
■ 笑顔で感謝を伝えよう!
 
 
笑顔が大切です。無表情で「ありがとうございます」と言われても、決まり文句のように感じます。感謝は感謝ですが、あまり嬉しくありません。心がこもっていない言葉は、言われても感動しません。
 
 
本当の感謝とは、言葉より表情です。笑顔なのです。感謝をするときには、笑顔になって「ありがとうございます」と言いましょう。歯を見せましょう。たくさんしわを作りましょう。頭を下げましょう。
 
 
相手が一番求めているのは、その嬉しそうな表情です。にこにこした笑顔で「ありがとう」と言うとき、最も感謝が伝わります。笑顔に勝る感動はありません。これが、本当の感謝です。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【美輪明宏】幸せの秘訣は『感謝』を知ること!
 

 



『 こんな記事も読まれています 』


 カテゴリ
 タグ