7420191001keihatu.png
 
 
『 どれだけ外見が良くても 』
 
どれだけ外見が良くても
どれだけ性格が良くても
どれだけ頭が良くても
どれだけお金を持っていても
 
「ありがとう」と「ごめんね」
 が言えない人はダメだと思う
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
『ありがとう』の言える
 人間になりなさい。
 
『ごめんなさい』の言える
 人間になりなさい。
 
 嘘をつくような
 人間にはならないこと
 
 
− いかりや長介 −
 
 
 
「ありがとう」と
「ごめんなさい」は、
最も大切にしなければならない
言葉だと思っています。
 
「ありがとう」
という言葉は、
 
声にだして言えば言うほど、
輝き、生きてきます。
 
「ありがとう」
をきちんと言うことを心がけて、
日々楽しく過ごしたいものです。

「ありがとう」は、
人から言われても、
 
自分から言った場合でも、
笑顔が添えられていると、
 
よりいっそう嬉しく
心に響きますよね。
 
「ごめんなさい」
自分がなにかに、
固執していたり、
 
とらわれている場合は、
素直に謝れないものです。
 
「自分に非があるとは
 思えないのに、
 どうして私が謝らなければ
 ならないのか?」
 
そんな場面に遭遇されたことが
誰しもあるかと思います。
 
しかし、そのことに
とらわれてしまうと、
心が狭くなってしまいます。
 
潔く謝ることが出来ることは、
誰からも信頼されるので、
 
人間関係をよりよいものに
することが出来ます。
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
ささいなことにも
「ありがとう」が言える人が
幸せになれる!

 
 
5.png
 
 
■ ささいなことに「ありがとう」と言えますか?
 
 
最近は老若男女問わず、きちんと「ありがとう」を言える人が少なくなっているようです。特にささいなことで「ありがとう」を言える人は少ないです。しかし、「ありがとう」と言うほどのことでもないと思ってしまう人は、感謝のできない人と思われてしまい、信頼されません。
 
 
大きなことだけに感謝をする人は、小さなことには「これくらいはいいだろう」という思いから、感謝を省略してしまいます。特に男性はこうした傾向が強いので、ささいなことに敏感な女性は不満を感じてしまいます。ですので、ささいなことに感謝できると人間関係が円滑になります。
 
 
考えてみてください。例えば職場であなたが同じ職場の人の机を掃除したり、お茶をいれてあげたり、資料を作るのを手伝ってあげたりして、「ありがとう(ありがとうございます)」をいわずに、スルーされてしまったらどのように感じますか?。きっと「なんだこの人」と思いますよね。
 
 
ですので、ささいなことでもきちんと「ありがとう」と言える人は誰からも好感されるので、人間関係もスムーズになり、何かトラブルが生じても助けてくれるので、仕事も効率よくこなすことができます。ですので、大きなこと以上にささいなことに感謝することが大事なんです。
 


 
■ 「ありがとう」、「ごめんなさい」が言えない理由とは!?
 
 
1220191201keihatu.png
 
 
「ありがとう」、「ごめんなさい」が言えない人が少なくありません。某女性誌が20代から30代の男女に「ありがとう」、「ごめんなさい」をきちんと言えるかアンケートを取ったところ、「はい」と答えた人は3割程度しかいませんでした。
 
 
いえない理由は、「心の中で思っていても恥ずかしさが邪魔をする」がダントツでした。しかし、そんな彼、彼女らも「ありがとう」と言われると嬉しいと感じる心はあるので、恥ずかしさを克服すれば、きちんと言える人になることでしょう。
 
 
ですので、まずは身近な人(家族、友人)に対してきちんと「ありがとう」「ごめんなさい」をきちんと言えるように今日から意識して実践してみてください。最初は照れくさいかもしれませんが、習慣化すると普通に言えるようになりますよ。
 
 
 
 
9.png
 
 
■ 「ありがとう」のすごい力とは!?
 
 
「ありがとう」は、単なる感謝を伝えるだけの言葉ではありません。「ありがとう」と伝えた相手に活力を与える言葉です。「ありがとう」と感謝する習慣を身につけると、次第に感謝したくなるようなことが増えてきます。
 
 
それまで気にもとめなかったような小さな幸せに気づけるようになるからです。また、「ありがとう」は、人間関係の潤滑油になって、人間関係が良好になり、人間関係のトラブルも減ります。ですので、「ありがとう」を沢山言ったほうがいいです。
 
 
ですので、なおさらのことささいなことにもきちんと感謝して、積極的に「ありがとう(ありがとうございます)」をいったほうがいいんです。感謝アンテナが大きく伸びるので、幸福度もアップします。
 
 
 
 
220191005.love.png
 
 
■ 「ごめんね(ごめんなさい)」を言えないと大損する!?
 
 
一方、「ごめんなさい」は、「ありがとう」よりも言えない人が多いです。確かに「ごめんなさい」は、「ありがとう」よりも口にする機会が少ないので、いざ言わなければならない場面に遭遇しても、いろいろ考えて躊躇してしまうのも無理ありません。
 
 
「ごめんなさい」と言わなければならない場面というのは、何らかしら自分に非があります。例えば仕事でミスをして周囲の人たちに迷惑をかけてしまった場合、きちんと謝らないと信頼を失います。「えっ、そういう場合は、普通あやまるでしょ?」と思われるかもしれません。
 
 
しかし、大抵の人は素直に謝る前に言い訳をします。これでは相手の怒りを買うだけです。特に男性はこの傾向が強いので、女性よりも職場の人たちの信頼を失いやすいです。信頼を失えば仕事もやりにくくなるので、結果的に損をします。
 
 
 
 
1520191201keihatu.png
 
 
■ 「ありがとう」で人生が変わる!?
 
 
正直私も20代のころは「ありがとう」をきちんと言えませんでした。30代に入って肝炎を患ったときに、たまたま入った本屋で小林正観さんの本が目にとまり、その本には「ありがとう」という言葉の素晴らしさが分かりやすく説かれてました。
 
 
私は、いてもたってもいられなくなり、すぐさま数冊まとめて小林正観さんの本を購入して、その日以来トイレ掃除と「ありがとう」を毎日1000回言うのを日課にしました。それからしばらくたつと、普通に「ありがとう」も「ごめんなさい」も言える自分に気づきました。
 
 
目の下のクマも消え、イライラもなくなり、肝機能も健康な状態に戻りました。ほかにも以前の自分からは考えられないようなことが沢山おこりました。今もほぼ毎日トイレ掃除と「ありがとう」を日課にしています。その効果は絶大です。
 
 
 
「なぜかモテる人の魅力はどこにあるのか」
 

 



『 こんな記事も読まれています 』


 カテゴリ
 タグ