3720190701keihatu.png
 
 
『 やればできる 』
 
 
やるか、
やらないかですよ、
人生は。
 
やればそれだけのものが
返ってくるし、
 
やらなければ
そのままですよ。
 
 
− 桑田真澄 −
 
 
 
「やれば出来る」は、
 魔法の合いことば
 
 
− 一色和壽子 −
 
 
 
人は死ぬ気でやれば、
たいがいのことは
できるものです。
 
 
− 坂本竜馬の姉 −
 
 
 
やればできる。
 
できないのは
やらないからだ。
 
 
− 飯田庸太郎 −
 
 
 
やってやれない
ことはない、
 
やらずに
できるわけがない
 
 
− 斉藤一人 −
 
 
 
やればできますよ、
あなたも。
 
心もちを、
ぱっと変えちゃえば
いいだけなんだから。
 
まことに人生は、
心ひとつの
置きどころなんです。
 
 
− 中村天風 −
 


 
「できない」と思い込むのを止める方法!
 
 
266.png
 
 
■ 思い癖とは!?
 
 
人間は70%から80%の割合で、マイナスなことに焦点をあててしまいます。これを「思い癖」といい、誰にでも思い癖があります。いつまでもくよくよしがちな人。どんなことにも不満の種を見つける人。すぐにダメだとあきらめてしまう。
 
 
これもすべて「思い癖」によるものです。思い癖がやっかいなのは自分ではとても気付きにくいので、自分で改善するのが容易ではありません。思い癖は落ち込んでいるときに、この「癖」が発動しやすくなります。
 
 
ちょっとした欠点を大事のように捉えたり、良い出来事を無視し悪い出来事にすり替えてネガティブなレッテルを貼ってしまうマイナス思考を改善するのは結構骨が折れますが、自分が思い癖に陥っていると認識できれば、思い癖を改善するのは決して難しいことではありません。
 
 
 
 
272.png
 
 
■ 上手く行かないのは理由があった!?
 
 
人生が上手く行かない人は、上手く行かない心の癖があって、人生が上手く行っている人は、上手く行くための心の癖があります。例えば「私には○○が“足りない”。」「△△が“ない”。」「□□でき“ない”。」といった具合です。
 
 
そういう「思い癖」があるからそういう現実が出来上がってしまいます。思い癖という名のフィルターがある限り、(幸せやチャンスを手に入れられた時でさえ)周りの状況が歪んで見えてしまうので要注意です。
 
 
また、なんでも「難しい」と思いこんでしまう人は、本当は今の現状から変わりたくない自分がいて変わらずにいるほうが結局安心していられるため、変わらないように思い癖を都合よく発動させてしまいます。
 
 
 
 
269.png
 
 
■ 無理して改善しようとするのは逆効果!?
 
 
人生をより良くしていくためには「心のクセ」を変えるだけです。心の癖は調整できます。まずは「自分にはどういう傾向があるのか?」を知って、認めるところから始めましょう。
 
 
というのも、思い癖というのは 長い長い年月をかけて習慣化しているため、それを手放すのは当然それなりに対処しなければ改善しません。むしろ「やめよう、やめよう」と意識するのは逆効果です。
 
 
「まただ」と気づいて、「このような考え方はやめよう」とストップできれば十分です。思い込みを手放すことで自分が変化していくのを楽しむくらいの感覚でやってみるといいでしょう。
 
 
 
 
271.png
 
 
■ 口ぐせを変えて思いグセを改善する!
 
 
とはいっても、上述したようなセルフコーチングのような形で思い癖を修正するのは抵抗がある方も多いと思います。そこでオススメしたいのが、口ぐせを変えることです。最強のポジティブ言葉として「ありがとう」があります。
 
 
日常生活で意識しながら「ありがとう」を言ってみてください。ありがとうを声に出して言いながらネガティブなことを考えるのは非常に難しいです。これを習慣化すると次第に思い癖が改善されます。
 
 
この点に関して、精神科医で人気作家の樺沢紫苑先生がポジティブな思い込みを効率よく植え付ける方法について分かりやすく解説していますので、是非動画もあわせてご覧下さい。また、チャンネル登録も是非お願いします。
 
 
 
 
13920190301keihatu.png
 
 
■ 好奇心が行動力を生む!
 
 
こどものころは誰もが好奇心旺盛で常に何かをしていないと気が済まない状態でいるため、大人から「落ち着きがない」と怒られます。あなたも昔はそうだったのではないですか?。しかし、年齢を重ねるごとに好奇心がなくなり、人生に楽しいこと面白いことが減っていきます。
 
 
もし、最近「面白いこと」「楽しいこと」がないと感じているならば、「何か楽しいことはないかな?」「なんでそうなるの!?」「すごいな!」といった具合に、子どもの視点に立ちかえって、世の中を見つめ直してみることが大切です。
 
 
あの天才物理学者アインシュタインも、「大切なのは、つねに疑問を持ち続けること。神聖な好奇心を失ってはならない」「私には特別な才能はない。あるのは、非常に強い好奇心だけだ」と、好奇心を持ち続けることの大切さを語っています。好奇心が高まれば自然と行動力も高まりますよ。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
「ポジティブな思い込みを植えつけたい」
 

 



『 こんな記事も読まれています 』


 カテゴリ
 タグ