42201801001keihatu.png
 
 
【 夢をかなえるには? 】
 
 
できると思えばできる、
できないと思えばできない。
 
これは、ゆるぎない
絶対的な法則である。
 
 
− ピカソ −
 
 
 
出来ると決断しなさい
 
方法などは後から見つければいいのだ
 
 
− リンカーン −
 
 
 
成功とは失敗から失敗へと
情熱的に渡り歩くことだ
 
 
− マイケル・ルボーフ −
 
 
 
ドアの向こうに夢があるなら
ドアがあくまで叩き続けるんだ
 
 
− 矢沢永吉 −
 
 
 
他人からプレッシャーを
かけられたときよりも
 
自分で自分に
プレッシャーをかけて
働いている方が
 
人は遙かに大きなことを
やってのける
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
あなたの人生は、
あなたの思い描いた通りのものになる。
 
 
− ジョセフ・マーフィー −
 
 
 
永遠に生きるが如く夢を見て、
明日で終わりであるが如く
人生をかけぬけろ。
 
 
− ジェームス・ディーン −
 
 


 
 
夢の邪魔をしている人は、
誰でもない。自分なのだ。

 
 
agoniku.png
 
 
■ 夢を諦める原因とは!?
 
夢に向かって行動しようとしても、なかなかうまくいかないことがあります。「障害物」があるのです。会社や学校、恋人、環境だったりします。会社が忙しいとなかなか時間がありません。学校の勉強をしないと、先生や親に叱られます。
 
付き合っている人がいると、電話がかかってきて、なかなか自分の時間が持てなかったりします。あげくには「環境が悪い」と言って、諦めてしまいます。世の中には、夢を邪魔する要因がなんと多いことでしょう。
 
 
 
amehurika.png
 
 
■ 夢を叶えるには意識改革が必要!?
 
しかし、実際、邪魔をしている存在は、会社でも、学校でも、恋人でも、環境でもありません。自分なのです。夢を一番邪魔している人は、自分です。自分が自分に対して、何かと言い訳を見つけて、諦めてしまう。
 
自分にはできないと決め付けて、最初から諦めてしまう。それは会社のせいでも、環境のせいでもありません。自分のせいなのです。夢を叶えるために必要なことは、まず自分の意識を変える「意識改革」です。
 
 
 
amearare.png
 
 
■ 障害物をクリアする方法とは!?
 
一番邪魔している自分さえ、夢に対する目的意識がしっかりしているなら、後は自然と体が動いてしまいます。早く気づきましょう。夢の邪魔をしている人は、誰でもない。自分なのです。改善すべきは、周りではありません。あなたです。
 
あなたの心のどこかで繁殖しているマイナス思考を、徹底的に取り除いてしまいましょう。むしろ敵は、たくさんいるのではなく、自分しかいないと思えば、格段に楽になるはずです。障害物なんて、たくさんありません。
 
1人しかいないのです。あなただけです。あなたさえしっかりしていれば、それだけで問題解決のほとんどができるのです。
 
 
 
■ 夢を叶える人と志半ばで挫折する人の違いとは!?
 
大きな夢を叶えた人と志半ばであきらめてしまった人の違いは、ひとつには「運」があげられます。「なんだ一生懸命やってもだめじゃん」と怒られてしまいそうですが、そうではなく、運をつかむまであきらめずに行動し続けたことによって、最終的に夢を叶えることができたんです。
 
夢を叶えるのに能力的な差や努力の差というのは、ほとんど関係ないということは科学的に証明されています。また、チャンスもピンチもほぼ同じ数あたえられていますが、いわゆるその道の成功者と呼ばれる人たちはピンチをチャンスに変え、自分自身を大きく成長させています。
 
 
 
■ ピンチはビックチャンス!
 
ですので、あえて自分に大きなプレッシャーをかけてピンチに陥りやすい状況に自ら飛び込んでいます。そうすることで、普通では到底考えられないような発想やアイディアをひねり出して、ピンチを乗り越えて大きな成功をつかんでいます。
 
元サッカー日本代表の本田圭佑さんがまさにこのタイプですよね。あれだけ批判にさらされながら、何度もその批判を覆すような結果を残しています。ですので、ピンチが来たら「これは絶対にビックチャンスに変わる!」、声に出して何度も唱えてみてください。
 
そうすると仮にショックでパニック状態に陥ったとしても、不安がどんどん小さくなって、冷静に対応できるようになります。
 
 
出典:HappyLifeStyle
 
夢を叶える30の方法
 
「夢を叶えるノートの書き方」
 

 



『 こんな記事も読まれています 』


 カテゴリ
 タグ