3220191101keihatu.png
 
 
『 夢をかなえる! 』
 
 
上手くいったら自信、
上手くいかなかったら経験、
 
そのくらい楽天的に
攻めていけばよい。
 
 
− 小池一夫 −
 
 
 
ドアの向こうに
夢があるなら
 
ドアがあくまで
叩き続けるんだ。
 
 
− 矢沢永吉 −
 
 
 
言葉を『 吐 』く
という文字は、
 
口にプラスと
マイナスを書きます。
 
これがプラスだけになると
願いが『 叶 』うのです
 
 
− たかの友梨 −
 
 
 
自分の目標を
実現しようと思ったら、
みんなと夢を共有すること。
 
人を思いやることが、
自分の目標を叶える
一番の近道だと思います
 
 
− 鈴木亜久里 −
 
 
 
夢は強く具体的に望むこと。
 
安穏としていてはだめです。
 
覚悟を決め、
必要なら我慢もし、
 
努力をして
夢に近づいてください
 
 
− 江原啓之 −
 
 
 
志を立てるためには
人と異なることを
恐れてはならない
 
 
− 吉田松陰 −
 
 
 
夢をつかむことというのは、
一気にはできません。
 
ちいさなことを
つみかさねることで、
 
いつの日か、
信じられないような力を
出せるようになっていきます
 
 
− イチロー −
 

 
夢を叶える3つのステップ!
 
 
21220180415hm.png
 
 
■ 自分に自信を持つ!
 
 
夢を叶えた人の特徴として、自信に満ち溢れている点があげられます。特に欧米の人はそうした傾向が強いですが、ほとんどの方が根拠のない自信です。つまり言葉はよくありませんが、「ハッタリ」に近いです。このため私たち日本人からは想像できないくらい自己肯定感が高いです。
 
 
「そんなんじゃいつかボロが出るんじゃない?」と、思われるかもしれませんが、彼、彼女らは走りながら実力を身につける覚悟ができているので、失敗を恐れずに前に進むことができます。ですので、物事を学ぶスピードが格段に速いです。
 
 
 
 
12620190301keihatu.png
 
 
『日本人はなぜ自己肯定感が低いのか?』
 
 
一方、私たち日本人は謙虚さが美徳とされている文化で育っているので、実力的にはかなりのレベルにあっても、「いやいや私なんかまだまだですよ」と謙虚に振舞いますよね。これはこれで素晴らしいとは思いますが、度が過ぎると完璧主義者になってしまいます。
 
 
完璧主義になってしまうと、失敗を恐れすぎてあれこれ考えすぎてしまい、行動できなくなります。これが自分に自信がもてない原因です。自信がない状態で、どんなに一生懸命やっても不安が大きくなるばかりです。これでは上手くものも上手くいきません。
 
 
 
 
8320190301keihatu.png
 
 
『自信を持つではなく、自信があるフリをする』
 
 
夢を叶えた人とそうでない人の違いは、資質に大きな違いがあるわけではありません。ちょっとした気持ちの持ち方や、ものの見方を変えるこによって、生活習慣や行動のパターンを変えることによって次第に自信が持てるようになります。
 
 
自分に自信がない人は、失敗する強烈なイメージを持っています。ですので、まず最初の段階で大事なのは、失敗に焦点を合わせるのではなく、成功に焦点を合わせて敗するイメージを払拭することです。ここで欧米の人たちに学ぶ必要があります。
 
 
ですので、欧米の人たちのように、自信のあるフリをしながら、とにかくあれこれやってみることが大切です。必要なことは動きながら学んでいけばいいんです。継続すれば必ず力になりますし、夢や目標が確実に近づいていきます。
 
 
 
 
21120180415hm.png
 
 
■ 言い訳をやめる!
 
 
次に夢を叶えるために大切なのが「言い訳をしない」です。一流と呼ばれる人たちで見苦しい言い訳をする人はいませんよね。言い訳すれば言い訳するほど周囲の人たちからの信頼を失うことになるので、協力が得られなくなります。
 
 
これでは夢は遠のくばかりです。考えてみてください。あなたの職場の上司が言い訳ばかりする人だったら、あなたはその人のために一生懸命働きたいと思いますか?。もちろん答えはノーですよね。そんな上司がいる職場は仕事の生産性も悪いので、業績も伸びません。
 
 
ですので、今日から「言い訳」はやめましょう。自信をつけるためにも、言い訳するのをやめましょう。言い訳をすると自分に逃げ場を与えてしまうことになります。逆に言い訳をしないだけで、次第に自分に対する信頼と責任感が芽生えてくるので、これが自信につながります。
 
 
 
 
21020180415hm.png
 
 
■ 口ぐせを変える!
 
 
自分に自信がない人の口癖は全てにおいて消極的です。よく「どうせダメだろう」という人があなたの身の回りにいませんか?。どうせだめだろうと言葉に瞬間から失敗に向かって突き進むことになります。ですので、ネガティブな言葉は極力というか絶対口にするのをやめましょう。
 
 
こうした消極的な口癖のある人は、「どうせダメだろう」と思っても心の中で変換し、「多分大丈夫だろう」と言い直すといいでしょう。「また、失敗する」という思考習慣のある人は「また、失敗する」と思っても「今度は成功するだろう」を口ぐせにしましょう。
 
 
ネガティブな思考や言葉をポジティブな言葉に変換して言うだけで、自分をこれまで苦しめてきた失敗のイメージが激減するので、心と体は行動しやすい状態になります。あとは夢に向かって小さな失敗を楽しみながら突き進みましょう!
 
 
 
 
■ 上手くいかないことを楽しむ!!
 
 
大きな夢を叶えた人たちの共通点の一つとして、「上手くないかい時期を上手にやり過ごす」があげられます。代表的なのがイチロー選手です。普通上手くいかない時期が長期化すると自暴自棄になったり、暴飲暴食で憂さを晴らしたりしがちですが、イチロー選手は普段通り過ごします。
 
 
そうすることで、冷静に上手く行かない状況を把握しながら、適切な行動をとることができます。そのときに大事なのが上手くいかない状態を「楽しむ」ことです。そうすることで「自己否定」することなく、再び事が動き出すのを待つことが出来ます。
 
『参照』書くだけで人生が変わる自己肯定感ノート
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
自信をつける方法
 

 



 カテゴリ
 タグ