1690190801keihatu.png
 
 
【 未来は変えられる 】
 
 
未来は一瞬一瞬変わっていく
だから先のことを悩むより
 
今を一生懸命生きれば
きっといいことあるさ
 
 
− ドラえもん −
 
 
 
消せない
過去を思い出して
後悔に浸っても
何も変わらない
 
まだ起こらない
未来を想像して
不安になっても
何も変わらない
 
変えられるのは今だけ
 
変えられるのも自分だけ
 
これからの
行動によって
過去を乗り越えられる
 
自分の意志によって
未来は変えられる
 
 
− 田口久人 −
 
 
 
未来を変えるには
今を変えるしか
方法はない
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
一秒一分の
あなたの行動で
未来が変わる
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
未来とは、
あなたの現在の考えが
現れたものである。
 
あなたの
考え方を変えるなら、
あなたの運命も
変えられる
 
 
− マーフィー −
 
 
 
未来について
わかっている
唯一のことは、
今とは違う
ということだ
 
 
− ドラッカー −
 
 
 
未来というのは
結局この一瞬一瞬の
積み重ねなんだ。
 
この今の延長に未来がある。
 
遠い未来もこの瞬間の
積み重ねなんだよな
 
 
− 北野武 −
 


 
明るい未来を信じて行動する人に
明るい未来がやってくる。

 
 
31920180415hm.png
 
 
■ なぜ人は不安になるのか!?
 
 
AIによるIT技術が加速し、今後私たちの暮らしは劇的に進化する可能性が予想されているわけですが、それにともない社会構造が世界的に大きく変わるため将来に対する不安に悩まされている人が増えています。
 
 
人が不安を感じるのは、自分の欲求を満たしたいという本能とリスクを出来るだけさけて安全でいたいという本能が脅されたときに不安を感じます。グーグルの創業者ラリーペイジ氏は、AIによって今後20年で今ある仕事の約90%はAIによって人間の手から離れると公言しています。
 
 
ですので、漠然と将来に不安を感じるのも無理はありません。しかし、心配事の約90%は取り越し苦労と科学的に証明されています。今ある仕事がなくなっても、新しい仕事が絶対に生まれます。
 
 
 
 
■ 不安があるから人は成長できる!
 
 
不安があるから何かを学んだり、頑張ろうとしたりするわけですから、不安がなければ人は成長しません。しかし、同じことで悩み続けると精神衛生的によろしくないので、不安と上手に付き合う必要があります。
 
 
そのために必要なのが、頭の中を不安でいっぱいにしないことです。考えれば考えるほど不安が大きくなります。ですので、まず自分は何に対して不安を感じているのか、一つのこらず紙に書き出します。
 
 
次に不安に対する対処法を考えます。そうすることで漠然とした不安が軽減されます。あとはその対処法にしたがって、どれだけ「自分は頑張れるか」を考えることによって、不安を頭の中から一掃します。
 
 
 
 
■ 幸せな自分を思い描けますか!?
 
 
明るい未来を信じて行動するために「3年後の自分」を想像しましょう。ここで大切なのは、3年後どうなっていたいかを想像することで、不幸な自分を想像することではありません。不幸な自分を想像すると、余計に不安なことばかり考えてしまいます。
 
 
不安なことばかり考えてしまうのでれば、何も考えないほうがいいです。不安なことばかり考えてしまうと失敗を恐れて行動できなくなるので、頑張ることができません。それどころか、言い訳ばかりが多くなって行動しない自分を正当化しようとします。
 
 
ですので、未来を想像するなら絶対に「幸せな自分」でなければなりません。堅苦しいルールはありませんが、できるだけ前向きに考え、楽しいことを想像しましょう。人生はイメージ力で決まるといってもいいくらい、なりたい自分を想像することが大切です。
 
 
 
 
■ 3年後あなたはどんな自分でありたいですか?
 
 
10年後を想像するのは難しいですし、1年後だと近すぎて、今抱えている悩みの延長線上のことしか想像できないかもしれません。その点、3年後なら、自分に期待しながら想像することができます。想像できるということは、実現できる可能性が高いということです。
 
 
また、3年後なら、今から何かを始めたとしても、モノになっている可能性が高いですし、そうなれることを期待できると思います。ですので、自由に未来を明るく彩りながら具体的にどうなりたいか想像してみてください。
 
 
 
 
32120180415hm.png
 
 
■ プラスの未来を想像する!
 
 
なりたい自分とうのは、例えばしみやしわが消えて、もっと若くなった自分。病気が治って、健康を取り戻した自分。憧れだった仕事に就き、毎日目を輝かせながら働いている自分。運命の人と結ばれ、結婚した自分。
 
 
転職活動が成功して、新しい職場で活躍している自分。世界中を旅している自分。もし今なにもない状態であっても全く問題ありません。「自分には無理だ」などと遠慮しないで、どんどん明るい未来を想像しましょう。
 
 
今がどん底の状態でも、明るい未来を想像すればいいんです。3年後の幸せな自分を想像すれば、自然とモチベーションも上がるので、じっとしていられなくなります。行動に移すことができれば、しめたものです。夢がだんだん実現可能な目標へと変わっていきます。
 
 
 
 
32020180415hm.png
 
 
■ 毎日ベストを尽くして生きていけばいい! 
 
 
人生は、1日1日の積み重ねでしかありません。今日なにもしなければ、何もおこりえないので、結果はゼロのままです。しかし、今日ほんの少しでも頑張れば、頑張った結果が必ず返ってきます。
 
 
3年後の幸せな自分を想像したら、それに向けて今すぐ行動しましょう。できるだけ最初の一歩は小さいほうがいいです。あまりにも大きすぎると継続するのが難しくなるからです。素晴らしい未来を手にするには、今、この瞬間にそのきっかけを作り出せばいいんです。
 
 
明るい未来を信じない人には、当然暗い未来しかやってきません。しかし、明るい未来を信じて行動する人は明るい未来がやってきます。
 
 
途中で思うようにいかないこともあるかもしれませんが、ここが踏ん張りどころです。できることから少しずつ取り組んでいきましょう。一つ一つの行動は小さくても、積み重ねることによって3年後は、きっと素晴らしい未来があなたを迎えてくれます。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
「未来にいいことがあると思えません」
 

 



『 こんな記事も読まれています 』


 カテゴリ
 タグ