44201801001keihatu.png
 
 
『 笑顔の力 』
 
 
笑顔、どんな金持ちも
これなしでは暮らせない。
 
どんな貧乏人も
これによって豊かになる。
 
 
− デール・カーネギー −
 
 
 
笑顔は、人の心を
おだやかにする。
なごませる。
幸福な気持ちにする。
 
これは、立派に人に
喜びを与える行為であり、
また、もっとも手軽にできる
行為でもある。
 
 
− 植西聰 −
 
 
 
笑顔には、
不思議と挫けそうな
心を癒やし、

新たな勇気と意欲を
わき立たせる力がある。
 
難しいことだが、
つらい時ほど、
笑顔を忘れないようにしよう。
 
笑顔は心を癒す万能薬。
 
 
− 松下幸之助 −
 
 
 
笑顔は人のためならず。
 
ニコニコ顔の効用は、
相手を快くさせること
ばかりではない。
 
笑顔を心がけているうちに、
自分自身の心までとき
ほぐされてくるのだ。
 
 
− 斎藤茂太 −
 
 
 
笑顔は一ドルの
元手もいらないが、
百万ドルの価値を生み出す。
 
 
− デール・カーネギー −
 


 
 
笑わないと人生は大損です!
 
 
324.png
 
 
■ 歳をとると人は笑わなくなる!?
 
子どものころは誰もが声を出しながら転がるように笑ったものですが、歳をとるにつれて笑う回数が少なくなるといわれています。その原因の一つにストレスがあげられます。笑わなくなると顔の表情筋が低下するので表情がどんどん乏しくなります。
 
怒っていないのに不機嫌そうに見えるので、近寄りがたい雰囲気に溢れてます。これでは幸運も近寄れません。笑いには様々な効果があるので、意識して笑顔でいることが心と身体の健康につながります。
 
 
 
45201801001keihatu.png
 
 
■ 笑いには様々な健康効果がある!?
 
人間は笑うことによって免疫機能が何と約30%もアップします。そして、「副交感神経」が程よく刺激されて血行促進や緊張をほぐすといった効果があります。
 
声を出して笑うことによって「腹式呼吸」が自然にできます。これにより酸素が体中に行き渡り、呼吸器系や免疫力を高めるという肉体的な効果から、エネルギーがみなぎる、ストレスレベルが大幅に下がるなど心身ともに健康になることが医学的にもすでに実証されています。
 
万病の元とされているストレスが原因で発症した便秘や胃腸の痛みも改善されますし、血圧も低下するために、心臓病を発症するリスクも低下します。
 
 
 
848.png
 
 
■ 笑うだけでダイエットできる!?
 
笑っているときは心拍数や血圧が上がり、呼吸が活発となって酸素の消費量も増え、いわば“内臓の体操”の状態。静かに過ごすより笑っているほうが、カロリーの消費量が多くなります。
 
笑うことは、優れた有酸素運動です。10〜15分笑い続けることで、チョコレート一枚分のカロリーを消費することができます。笑うエクササイズは、心臓にもよい効果をもたらしてくれます。笑うことによって動脈をゆるめて、血圧を下げ、血流をよくしてくれます。
 
これは45分間の有酸素運動と同じ効果が期待できます。ですので、笑わなければ絶対にそんなんです。ちなみに他にも笑いには以下のとおり優れた優れた効果があります。
 
 

(1)免疫力アップ
(2)幸せホルモンの分泌量がアップ
(3)ストレス軽減
(4)記憶力や判断力が活性化
(5)アレルギーを予防・改善
(6)生活習慣病の予防・改善
(7)血行促進
(8)筋力をアップ
(9)ダイエット効果

 
 
 
■ 笑顔は最強のアンチエイジング!?
 
女性の中には、シワやたるみを恐れて笑うのを極力抑えようとしている方が少なくありません。これは冒頭でも申し上げましたが、笑わなくなると表情筋が低下するので、かえってシワたるみが目立つようになってしまいます。。
 
しかも、不機嫌そうに見えるので、まったくもっていいことがありません。日常生活で私たちが表情筋が使われるのは、たった30%程度です。しかも40歳を過ぎるころに表情筋の衰えが加速するので、老け顔をさけるには表情筋を鍛えなければなりません。
 
表情筋を鍛えるの最適なのが「笑顔」です。笑顔によって表情筋が鍛えられるだけでなく、口角を上げ下げすることで表情筋周辺のツボが刺激されるので、アンチエイジング効果が期待できます。
 
 
 
「笑い」は健康に効く 「笑い」の医学的効果とは?
 

 



『 こんな記事も読まれています 』


 カテゴリ
 タグ