11420190105keihatu.png
 
 
(1)
 
無駄な試合や
無駄な練習というのはない。
 
 
(2)
 
できなかったことが
できるようになるのが
楽しいんです。
 
 
(3)
 
どんどんよくなっていく
過程で結果が出て、
 
あれでよかったのかと
思ってくれるのが
一番なので
 
別に、僕がそこで何か説明しても、
言い訳にしか聞こえない
じゃないですか
 
 
(4)
 
栗山監督は
僕がたいしたことない、
 
まだ無名だった選手の時から
僕の可能性を見てくれて
いました。
 
だから、すごく
信頼はありましたね。
 
この人なら大丈夫。
 
一緒にやりたいな
っていう気持ちが
どんどん出てきたって感じ
 
 
(5)
 
壁を乗り越える
きっかけとなるのは、
 
技術だと考えます。
技術を磨く。
 
 
(6)
 
目標を立てれば
いいのではなく、
 
いかに目標に向かって
真剣に取り組めるかも
大切です。
 
 
(7)
 
シーズン通して
フルに戦うための
体力もまだまだ足りなくて、
 
先輩方と比べると
明らかに体が
できていないと
感じました
 
 
(8)
 
オフに入るにあたり、
改めて、やらなければ
ならないと
 
強く思ったことです。
 
技術的なレベルアップも
しなければいけないので、
 
手を抜いているヒマも、
遊んでいるヒマもないと
 
 
(9)
 
やるべきことを考えながら
やることが大切です。
 
同じことをやっていても、
成長の度合いが
全然違います。
 
 
(10)
 
負けたからこそ
「何でだろう」
と考えます。
 
次につながる
成長という点では、
 
負けた試合の方が
有意義なのかも
しれません。
 
 
(11)
 
プレイに関しては、
毎日新しいことを
学んでいます。
 
前日のミスから
学ぼうとしていますね。
 
 
(12)
 
特に幕末が好きですね。
 
日本が近代的に
変わっていくための
新しい取り組みが多くて、
 
歴史的に見ても
大きく変わる時代。
 
『革命』や『維新』
というものに
惹かれるんです。
 


 
(13)
 
自分で今日はいいな、
質が高いなと思った日に、
 
コントロールよく
行ったボールが
打たれた記憶はありません
 
 
(14)
 
周囲が無理だと
言っても気にせず
 
自分の力を信じて
投げ込んだ結果です。
 
 
(15)
 
僕だって165キロなんて
夢のような数字でしたけど、
 
出してしまえば
それが当たり前になった。
 
 
(16)
 
誰よりもしっかりと
野球に向き合い、
 
練習に取り組んできた
という自信がある。
 
 
(17)
 
体を大きくする
ことによって
得られる技術的な進歩は、
 
バッターのほうが
大きいんでしょうね。
 
ただ、ピッチャーは
そういうわけには
いかない。
 
それがここから慎重に
ならなきゃという理由です
 
 
(18)
 
ハードルが高すぎると
目標が見えなくなっちゃうし、
 
自分に届きそうで
届いていない数字を
目標にするのがベストなので
 
20勝となると、11勝しか
したことがない僕には、
まだちょっと見えない
 
 
(19)
 
勝つか負けるかの
微妙なラインは
 
「人間性」や「運」などの
微妙なところで
左右される。
 
 
(20)
 
もしかしたら
できるかもしれない。
 
もしかしたら
できないかもしれない。
 
その際の部分に挑戦したい
 
 
(21)
 
野球を始めた頃から、
他の子どもよりもボールが
速い自覚があった
 
 
(22)
 
無理だと思われていることに
チャレンジするほうが、
 
自分はやる気が出る。
 
そうやって自分に
プレッシャーをかけていないと
努力しないので。
 
 
(23)
 
無理、絶対にできない
といった限界を感じたことは
一度もありません。
 
 
(24)
 
誰もやったことがないから、
自分しかやっていないから、
 
『自分にしかできない仕事』が、
もしかしたらそこにあるかも
しれないから、
 
だから、二刀流をやっています
 
どのジャンルにおいても
そういうのは魅力的です
 
 
 
− 大谷翔平 −
 
 
 
11420180801keihatu.png
 
 
■ メジャー1年目ですでに大スター!
 
 
今回は、米メジャーリーグ、エンゼルス(ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム)に所属する大谷翔平投手の名言をまとめさせていただきました。大谷投手は、今シーズンから念願だったメジャーリーグでプレーすることになったわけですが、現地ではすでにスーパースターですね。
 
 
高校3年生のときにドラフトを介さずにストレートでメジャー行きを宣言するも、日本ハムファイターズの栗山監督の粘り強い説得によって、日本ハムファイターズに入団し、入団1年目から二刀流を武器に活躍し、以後約5年間にわたって、着実に進化しました。
 
 
そんな大谷投手ですが、生活は本当に質素なんです。人生のほぼすべてを野球に捧げているといっても過言ではありません。ちなみに日本にいたころは寮で生活し、お金は大谷投手のお母さんが管理していたようです。
 
 
 
11320180801keihatu.png
 
 
■ 生活費10万円で余裕の生活!
 
 
日本ハムに入団して4年目で2億円を超えていたにもかかわらず、大谷選手には毎月10万円が生活資金として、お母さんから振り込まれていたようです。しかも、ほとんど手つかずのままなので、「お金は増える一方です」とあっけらかんと答えています。
 
 
日本ハムファイターズに在籍してた4年間、外出するさいには必ず栗山監督に許可を得なければならなかったため、あまりというか、ほとんど遊んでいなかったようです。また、大谷選手は普段からお酒はほとんど飲まず、外食するさいは先輩がごちそうしてくれるそうです。
 
 
つまり、お金を使う機会がほとんどないんですね。毎月の出費で一番高額なのが「プロティン代」というくらいですから、10万円で余裕で生活できてしまうのも納得です。本当に野球が好きで野球に全てをささげてますよね。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
「大谷翔平 1〜22号ホームラン集! 」
 

 
 



『 こんな記事も読まれています 』