920180901keihatu.png
 
 
(1)
 
もっと自分の成績に
ストイックにならなければ
と思います。
 
 
(2)
 
とにかく野球が好きなんです。
 
うまくなるには、
いまはガムシャラに
練習するしかない。
 
 
(3)
 
チャンスに打順が回ったとき、
ドキドキすることはありません。
 
むしろワクワクする。
 
 
(4)
 
ピンチのときには、
自分の所に飛んでこいって
気持ちで守っています。
 
 
(5)
 
一緒に練習したからといって
上手くならない。
 
細かいことも聞いて
自分で考えながら、
見ながら、
聞きながら
プラスにする。
 
 
(6)
 
「野球が好きだ」という気持ちを
常に持って頑張れば、
自然と上手くなるものです。
 
 
(7)
 
準備をしなければ不安しかない。
 
不安を打ち消すために練習している。
 
 
(8)
 
(原監督の印象を聞かれ)
「見た目も気持ちも若いし、
 凄く熱い監督です」
 
 
(9)
 
おい!岡本!
二軍でいくら打っても
金にならんぞ
 
 
(10)
 
消極的に守ることに、
何の意味があるかわからない。
 


 
(11)
 
自分の結果に左右されない
振る舞いをする。
 
 
(12)
 
エラーは少なければ少ないに
越したことはない。
 
かといって思い切った
勝負を避けたのなら、
その数字には意味がない。
 
 
(13)
 
澤村が投げる日は
打てる気がしないんですよヘへッ。
 
 
(14)
 
いや、スターじゃないっす(笑)。
 
 
(15)
 
才能、努力、
そして数字では
推し量ることのできない
「何か」が必要。
 
 
(16)
 
もっと考えたり、
コーチに聞いていくことが大事。
 
自分の感覚だけでは、
なかなか成長しづらいと思います
 
 
(17)
 
シーズン中は、
良いことも悪いことも
毎日起きるので、
自分の喜怒哀楽は
あまり外に出さない。
 
 
(18)
 
クリーンナップを
打つためには打点が大事、
打点って打者では
もの凄い価値のあること。
 
そこを意識してやっていきたい
 
 
(19)
 
試合で結果が出なければ
楽しくない。
 
野球を楽しむためには、
苦しい練習が必要。
 
 
(20)
 
去年、あぁやって
最後の一番大事な時に
怪我をするというのは
自己管理不足だと思うし
本当に悔しかった。
 
無理して試合に
出れる程度であれば出るけど、
動くこと自体が厳しい状態だった。
 
あの時これからの
野球人生に生かさないと
いけないと思いました。
 
 
(21)
 
根拠のない自信を持って、
それを裏付ける努力をする。
 
 
− 坂本勇人 −
 
 
 
1120180901keihatu.png
 
 
■ 高卒2年目で全試合スタメン出場!
 
 
今回は、読売ジャイアンツの坂本勇人選手の名言をまとめさせていただきました。坂本隼人選手は、1988年12月14日生まれなので、今年でちょうど30歳になります。2007年シーズンは、4試合しか1軍の試合に出場できなかったのですが、翌2008年シーズンは、シーズンを通して全試合スタメン出場を果たしてます。
 
 
高卒2年目では、史上3人目の快挙ということで、当時大きな話題となりました。坂本選手の凄いのは、あの二岡智宏さん(読売ジャイアンツの一軍打撃コーチ)からレギュラーを奪ったことです。当時不倫騒動もあったので、二岡さんは踏んだり蹴ったりのシーズンでしたが、坂本選手はチャンスを確実にものにしました。
 
 
キャリア的にはベテランの域に達していると思うのですが、上にある名言からも分かるとおり、野球に対してはいつも謙虚な姿勢を保っています。
 
 
 
1020180901keihatu.png
 
 
■ 1流の選手は準備が凄い!
 
 
今回の名言で特に心に響いたのは、やはり(7)の「準備をしなければ不安しかない。不安を打ち消すために練習している。」と(21)の「根拠のない自信を持って、それを裏付ける努力をする。」です。
 
 
あの坂本選手ですら、シーズン中は色々と不安に思うことがあるんですね。また、坂本選手のような超がつく一流選手は、試合だけでなく、普段の練習に関しても準備が凄いと言われてます。私は何かを準備するのが苦手で、海外旅行のパッキングでさえも当日慌てふためきながら行い、家族の者にいつも怒られています。
 
 
ですが、今回あらためて準備の大切さを思い知らされたので、これからは何事もしっかり準備を行って、最高の結果を残せるように頑張ります。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
坂本勇人 トップ10ホームラン!!
 
 
 
 



『 こんな記事も読まれています 』