3920190701keihatu.png
 
 
(1)
 
生きてれば、
落ち込む事はたくさんある。
 
気持ちが落ち込む事は、
悪い事ではない。
 
落ち込ンでもいい、
しかし、早く立ち直ろう。
 
その癖をつけるのだ。
長く落ち込ンでも、
良い事なンてない。
 
空元気でもいいから、
さっさと気持ちを切り替えて、
次の一歩。
 
 
(2)
 
10代で頑張れなかったら、
20代で頑張ればいい。
 
20代で頑張れなければ、
30代で頑張ればいい。
 
何十代から
頑張ってもいいのだ。
 
そうすれば、
行きたかった場所には
行けないかもしれないが、
 
行くべきところには
たどり着けるだろう。
 
 
(3)
 
人に優しくすると、
90%の確率で
人に優しくされます。
 
100%ではありません。
 
それが人生です。
 
でも、人を励ますと、
自分も100%
励まされます。
 
80の経験として。
 
 
(4)
 
80年生きてきて
出た答えは、
 
「やさしさに
勝るものは何一つない」
 
と言う一言に尽きる。
 
 
(5)
 
「言葉」で、人を
傷つけてはいけないし、
 
ましてや自分を
傷つけてもいけない。
 
どちらもやらないと
心に決める。
 
そして、
その覚悟がない者とは
なるべく関わらないこと。
 
 
(6)
 
「自分の心がどれだけ
 耐えられるか」って、
 本当に自分でも
 分からない。
 
えっ、こンなことで
心折れちゃうの?
というときもあれば、

結構耐えれるものだなあ
という時もある。
 
自分自身でさえ
そうなのだから、

他人の心なンて、
自分のモノサシでは
計れない。
 
自分のモノサシを他人に
押し付けては誰も救われな
 
 
(7)
 
嫌いな人のことで
悩むことなどない。
 
嫌いな人のことを
考えてしまうのは、
嫌いになり方が足りない。
 
本当に嫌いなのなら、
その人物のことを
考えることさえ止めるのだ。
 
悩んでいること自体が、
その嫌いな人の影響下に
あるということ。
 
僕は、嫌いな人には、
徹底的に無関心でいることで
嫌いな人を克服した。
 
 
(8)
 
「世間がそんなことを
許すわけがないでしょう。」
みたいな言い方をする人は
大抵、世間=自分
 
 
(9)
 
小さなストレスは、
小さなストレスだから
という理由で先送りにされて、
大きなストレスに育っていく。
 
だから潰していくべきは、
先ず小さなストレス
なんだよね。
 
いきなり大きなストレスを
解消しようとしては
いけない。
 
解消できないことが、
また次のストレスを呼ぶ。
 
ストレス解消は
小さなものからです。
 
 
(10)
 
嫌いな人を
応援しろとは言わないが、
 
嫌いな人の
足を引っ張り始めたら、
人間が腐ってきた
ということ。
 
 
(11)
 
「根拠のない自信」は、
子どものときに親から
与えられるものなので、
精一杯肯定して子育て
すべきだなと思う。
 
 
(12)
 
あなたに敬意を払わない人に、
あなたが敬意を払う
必要はない。
 
あなたのことが嫌いな人を、
あなたが好きになる
必要はない。
 
あなたを大切にしない人を
あなたが大切にする
必要はない。
 

 
(13)
 
生きていれば、
色々なものを失っていく。
  
人や物、時間や心や記憶。
 
しかし心配はいらない。
 
失った以上のものを
また獲得すれば
いいだけのこと。
 
世界は存在し続け、
チャンスも
また存在し続ける。
 
 
(14)
 
やってしまったことの
後悔はだンだン
小さくなるけれど、
 
やらなかったことの後悔は
だンだン大きくなる。
 
78の実感として。
 
 
(15)
 
80になって
言えることなンだけど、
過去の成功体験って
意外に自分を励まさない。
 
年老いた自分を
励ましてくれるのは、
何気ない日常のかつて
あったいいこと。
 
さりげないこと。
 
やさしいこと。
 
 
(16)
 
嫌いな人の事を考えるより、
好きな人の事を考える。
 
失ったものを嘆くより、
今手元にあるものを
大切にする。
 
出来ない
言い訳を数えるより、
出来る事を数える。
 
そして、究極は、
生きる辛さを思うより、
生きる幸せを思う。
 
こう考える癖をつけると、
世界は変わる。
 
 
(17)
 
誰かがあなたに
本音や弱音を
告白しているときに、
 
絶対に言ってはいけない
ことがある。
 
「正論」です。
 
 
(18)
 
五年前の僕の悩みは、
ほとンど解決している。
 
三年前の苦しみは、
割といい方に向かっている。
 
一年前の大変なことも、
どうにかなっている。
 
絶望は、時間の流れで
どうにかなる。
 
「今」の絶望は、
未来では絶望では
なくなっていることも多い。
 
だから、とにかく、
「今」を乗り切るのだ。
 
 
(19)
 
心配事の9割は起こらない。
 
幸せの9割は起こる。
 
ポジティブシンキングな人と、
ネガティブシンキングな人との
考え方はそこが違う。
 
ネガティブシンキングなら、
ノーシンキングの方がマシ。
 
10割起こるのは
いつか死ぬことだけ。
 
なるようになるのが
人生ってものよッ!
 
 
(20)
 
「人の縁を切る」という
覚悟を持つことは
とても大事。
 
長い付き合いだからとか、
親子だからと情に縛られて
苦しみ続ける必要はない。
 
縁なンか一度切って
しまえばいいンだよ。
 
本物の縁ならば、また繋がる。
 
苦しくなるほど、
人との縁を守らなくてもいい。
 
もし再び繋がったなら、
その縁を大事にすればいい。
 
 
(21)
 
今日、あなたは
あなた自身を大切に
扱いましたか?
 
自分が自分を丁寧に
扱っているとね、
他人もこの人は丁寧に
扱うべき人なンだなって
自然と伝わるもンだよ。
 
そして自分を
丁寧に出来ない者が、
他人を丁寧に出来る
はずがない。
 
今日、自分を雑に扱って
しまった人は、
 
明日こそ自分を丁寧に。
 
おやすみなさい。
 
 
(22)
 
誰に嫌われようが、
自分の価値は
何も変わらない。
 
自分の価値を
強く信じるのだ。
 
 
(23)
 
嫌いな人のことで
悩むことなどない。
 
嫌いな人のことを
考えてしまうのは、
嫌いになり方が足りない。
 
本当に嫌いなのなら、
その人物のことを
考えることさえ
止めるのだ。
 
悩んでいること自体が、
その嫌いな人の影響下に
あるということ。
 
僕は、嫌いな人には、
徹底的に無関心でいることで
嫌いな人を克服した。
 
 
(24)
 
悪意をむけてくる人は
無視していいんだよ。
 
嫌な思いをしたり
傷ついたりしたら
正に相手の思うつぼ。
 
これは、過去のことも同じ。
 
過去のことで
今苦しんでいたら、
今の自分がもったいない。
 
悪意のあr人に、
やさしいあなたが
負けるはずがない。
 
悪意のひとは自部自身も
悪意に毒されて
苦しんでいる人だから。
 
 
− 小池一夫さん −
 
 
 
3820180901keihatu.png
 
 
■ 2019年4月17日に肺炎のため死去!
 
 
今回は、漫画や劇画の原作者として数々の作品を手掛けてきた小池一夫さんの名言をまとめさせていただきました。残念ながら2019年4月17日に肺炎のため、この世を去りました。亡くなられた当日までツイッターでつぶやいていたので、本当に驚きました。
 
 
 
 
820191201keihatu.png
 
 
■ 70歳を過ぎてからツイッターを始める!
 
 
小池一夫さんは、70歳を過ぎてから、ツイッターを始め、フォローワー数は80万人を超えています。ダウンタウンの松本人志さんが、小池一夫さんの大ファンで、以前松本さんが司会を務めるワイドナショーという番組にゲスト出演されていました。当日は白いスーツを着ていたのですが、存在感が際立ってました。
 
 
他にもゲストコメンテーターがいたのですが、完全に消されていました。今回ご紹介させていただいた名言の大半は過去のツイッターのつぶやきです。80歳を過ぎてからは体調不良もあって、更新ペースが落ちてますが、その分内容が濃いです。
 
 
 
 
920191201keihatu.png
 
 
■ 人間関係の悩みを解消するヒントが満載!
 
 
小池一夫さんの名言でとくに私の心に響いたのが、(20)と(23)です。両方とも3〜4年ほど前にツイッターでつぶやかれたものなのですが、当時の私は仕事の関係で長年続いている腐れ縁のような人間関係に悩まされていました。
 
 
縁を切れば楽になるのは分かり切っていたのですが、その分仕事が減るのではないかという不安な思いもあったので、縁を切るべきか、このまま我慢して関係をつづけた方がいいか毎日葛藤していました。そんなときに小池一夫さんのつぶやきが目に入り、モヤモヤが一気に解消されました。
 
 
すぐに縁を切ると、そこから発生していた仕事は打ち切りになりましたが、素晴らしい出会いがその2ヶ月後に訪れて、私が長年求めていたような仕事を頂けるようになりました。新しいステージにいくためには、古いものを手放さなければだめなんだと、そのとき強く実感した次第です。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
小池一夫氏 旅と人生を語る