Image 57.png
 
 
 
 
【 心に響く優しい言葉!優しさの名言 】
 
 
(1)
 
ただ言葉で相手を
喜ばせるのではなく、
行動で示すこと。
 
 
守れない約束はしない
という弱さと紙一重の強さ。
 
 
弱さゆえの強がりに気づき、
相手を全力で信じ切る強さ。
 
 
結果がどうであれ、
自分の信じた道や相手に
最後まで理解を諦めないこと。
 
 
優しさとは、
心で感じるもの。
 
 
 
無償の愛と真の強さ
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
(2)
 
運が良くなりたければ、
微笑んでいれば良い。
 
人に優しくすれば良い。
 
思いやりと優しさで、
運は開ける
 
 
− 美輪明宏 −
 
 
 
(3)
 
優しさとは、
寄り添うこと。
 
優しさとは、
相手を理解しようとする心。
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
(4)
 
優しさとは、
相手の弱さを受け入れること
 
 
− 加藤諦三 −
 
 
 
(5)
 
優しさこそが
刃物になることがある。
 
優しさというモノは
使い方を誤れば、
人を傷つけてしまうのである。
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
(6)
 
ただ生きていてくれたらいい。
 
究極の優しさは
相手の命を想い続ける事
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
(7)
 
皆さんの思っている
「カッコよさ」は
顔や服装で決める
ことではありません。
 
本当の「カッコよさ」は
どんな人に対しても優しく、
笑顔で接する事が出来る人が
本当のかっこいい人なんです
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
(8)
 
気をつかいあうってのも
優しさだけれど、
時には傷つけるのを覚悟で、
ホントのことを言ってしまう
ことも優しさなんだよね
 
 
− 永六輔 −
 
 
 
(9)
 
人に気づかれないようにするのが
本当の優しさ、本当の親切
 
 
− 島田洋七 −
 
 
 
(10)
 
最後まで押し通せなかったら、
やさしさではない。
 
やさしさは根性です
 
 
− 北野武 −
 
 
 
 
『参照本』心が折れそうなときキミを救う言葉 (ひすいこたろう)
 
 
 
今回は、優しいという言葉に関連した名言をまとめさせていただきました。私自身これまで何度も人様の優しさに救われてきました。しかし、その優しさというのは、人生上り調子のときには中々気づくことができないので、まず感謝できません。
 
 
挫折、失敗を繰り返しながら、辛くて苦しい状況に陥って始めて気づけるものなんですね。人様の優しさ、思いやりに気づける心がなければ感謝は生まれませんので、どうしても幸せが遠のきます。
 
 
ありがたいと素直に思える感謝の心が幸せに気づかされてくれるので、これまでどおり、少し上手くいったかあとおいって、驕り高ぶらないように気をつけたいと思います。
 
 
 



『 こんな記事も読まれています 』