Image 62.png
 
 
 
 
【 心に響く!ゴルゴ松本の名言 】
 
 
(1)
 
みんな、
会うべき人に
会ってるんだろうなと。
 
会う人にはすべて
意味がある
 
 
 
(2)
 
人と人は必要ない人とは
出会わないんだ
 
 
 
(3)
 
「幸」という字を
逆さにしてみてください。
 
何か変わりましたか?
変わりませんね。
 
ひっくり返しても
幸は幸なんです
 
 
 
(4)
 
仮に、1秒間に1人ずつ
人に会ったとする。
 
単純に1分間で60人ですよね。
1時間で3600人。
 
1日で8万6400人。
これを1年間続けたとして
3153万6000人。
 
それを赤ちゃんの時から
死ぬまで不眠不休で
100年間続けたとして、
およそ31億5000万人。
 
要は、それでも世界中の人
には会えないんです
 
 
 
(5)
 
夢は死ぬまでに
絶対かなうからな。
 
諦めるなよ
 
 
 
(6)
 
はたらく=らくと言う
文字が入っています。
 
しかしこのらくは自分が楽する
ものではありません。
 
 
はた・らく=傍ら・楽なのです。
 
 
どういう意味かと言うと、
「自分が一生懸命働けば
 周りの家族や社員、
 社員の家族を楽にさせて
 あげることができるよ」
 と言う意味なのです
 
 
 
(7)
 
辛いと幸せは、
遠い関係ではありません。
 
辛に一本足すと「幸」。
 
辛くても、
何か一つ足すだけで
幸せになれるんです
 
 
 
(8)
 
泣く=流れる水の横に
立ちすくしていると言う
象形文字からきているそうです。
 
泣いたら立ち上がれと言うことが
メッセージされているんです
 
 
 
(9)
 
「逃」は、しんにょうに兆し。
 
そして、また時間をおいて、
しんにょうを手ヘンに変えて
「挑」挑戦するんだ
 
 
 
(10)
 
口にプラスとマイナスで「吐く」
そのマイナスを取ると「叶う」
と云う漢字になる
 
 
弱音を吐かなければ夢が叶う
 
 
 
− ゴルゴ松本 −
 
 
 
『参照本』あっ! 命の授業
 
 
 
今回は、タレントのゴルゴ松本さんの名言をまとめさせていただきました。ゴルゴさんといえば、90年代後半に相方のレッド吉田さんとTIMというお笑いコンビで「命」や「炎」といった一文字一発芸で一斉を風靡しましたよね。
 
 
当時勤務していた会社の同僚が忘年会の余興でTIMの一文字一発芸やって、まったく受けず、失笑を買っていたのがすごく記憶に残っています。それから10年位目にすることがなかったのですが、昨年Youtubeで講演会の動画を見て、一発でファンになりました。
 
 
当初は少年院を中心にボランティアに近い形で講演されていたようなのですが、最近では大手企業の社員研修の一貫として引っ張りだこのようです。やっぱり一芸を極めた人の言葉は心に響きますね。
 
 
 
「 ゴルゴ松本さん、命の授業。 」