4120191001keihatu.png
 
 
【 心が洗われる!マザー・テレサの名言 】
 
 
(1)
 
この世では
大きいことはできません。
 
小さなことを、
大きな愛でするだけです
 
 
(2)
 
愛の反対は
憎しみではなく
無関心です
 
 
(3)
 
本当の意味で
愛するということは、
傷つくということなのです
 
 
(4)
 
もし本当に
愛したいと願うなら、
 
許すことを
しらなければなりません
 
 
(5)
 
大きなことをできる
人たちはたくさんいます。
 
でも、小さなことを
大切にしようとする人は、
ほんの一握りしか
いないのです
 
 
(6)
 
今のような、
開発の時代に人は
皆急いでいて、

何かを
追いかけているみたいで、
 
道端には「競争」に
耐えられなかった人たちが
倒れていくのです。
 
こういう人たちを、
私は大切にし、
こういう人たちに仕え、
世話したいと
思っているのです
 
 
(7)
 
己を自覚すれば、
人は謙虚になります。
 
神の言葉を、
そのとおりに受け取り、
なによりも天国を
求めること。
 
この世での
私たちの損失は、
天国での獲得になるのです
 
 
(8)
 
貴方は、
この世に望まれて
生まれてきた大切な人
 
 
(9)
 
小さなことに
いつでも誠実であるように
努めなさい
 
 
(10)
 
魂に恥じない行為をする、
それが喜びになります
 
 
(11)
 
人並み以下の
人生で生まれてきても
天使として死ぬのです
 
 
(12)
 
大切なのはどれだけ
沢山のことをしたかではなく、
どれだけ心を込めたかです
 


 
(13)
 
大きなことをできる
人たちはたくさんいます。
 
でも、小さなことを
大切にしようとする人は、
ほんの一握りしか
いないのです
 
 
(14)
 
小さなことにいつでも
誠実であるように
努めなさい
 
 
(15)
 
最も美しいものとは、
一体どこにあるのでしょうか、
 
それは、一人一人の
人間の中にあるのです
 
 
(16)
 
誰も私から幸福を
奪う事はできませんよ。
 
後悔したり不幸だと
思ったりしたことは、
これまで一度もありません
 
 
(17)
 
親切で慈しみ深く
ありなさい
 
あなたに会った人が
誰でも前よりも
もっと気持ちよく明るくなって
帰るようにしなさい
 
親切があなたの表情に眼差しに
微笑みに温かく声をかける
言葉にあらわれるように
 
子どもにも貧しい人にも
苦しんでいる孤独な人
全てにいつでも喜びに
溢れた笑顔を向けなさい
 
世話するだけでなく
あなたの心を与えなさい
 
 
(18)
 
魂に恥じない行為をする、
それが喜びになります
 
 
(19)
 
人は不合理、
非論理、
利己的です。
 
気にすることなく、
人を愛しなさい
 
 
(20)
 
助けた相手から恩知らずの
仕打ちを受けるでしょう。
 
気にすることなく、
助け続けなさい
 
 
(21)
 
最もひどい貧困とは、
孤独であり、
 
愛されていないという
思いなのです。
 
 
(22)
 
愛に対する飢えの方が、
パンに対する飢えを
取り除くことよりも、
はるかに難しいのです。
 
 
(23)
 
誰かに微笑みかけること、
それは愛の表現であり、
 
その人へのすばらしい
贈り物となるのです。
 
 
(24)
 
私たちの行いは大河の
一滴にすぎない。
 
でも、何もしなければ、
その一滴も生まれない
 
 
 
− マザー・テレサ −
 
 
 
376420180219ht.png
 
 
■ 死後19年で聖人に認定される
 
 
今回は、マザーテレサさんの名言(第二弾)をまとめさせていただきました。どれも心に響く素晴らしい言葉ばかりです。マザーテレサさんは、その生涯を貧困や飢餓に苦しむ人たちの救済に尽力し、1979年にノーベル平和賞を受賞、2003年に「福者」に、そして、2016年には「聖人」に認定されています。
 
 
マザー・テレサさんは、1997年にコルカタで87歳で死去してから、19年で聖人に認定されたわけですが、ヴァチカンのサンピエトロ広場で行われた列聖式には宗教の壁を越え、世界中から約12万人集まり、マザーテレサさんの偉業を祝福しました。
 
 
しかしながら、異例の早さということで疑問視する声を含めて批判もかなりあったようです。マザーテレサさんのような偉人中の偉人であっても、批判があるんですね。
 
 
 
 
16920180701keihatu.png
 
 
■ 魂が浄化される素晴らしい言葉
 
 
私には師匠と呼べる人が1人いまして、この方は占いに長けています。テレビに出てくるような人気占い師の方々よりも能力的に優れています。その方いわく、今年の夏から秋にかけて世界経済が崩壊に向かう勢いが増すそうです。
 
 
その結果来年以降さらに世界経済が縮小するため、いわゆる勝ち組企業と呼ばれていた大企業(グローバル企業)の座る椅子(最終的には今の半分くらいまで)がどんどん少なくなっていくため、より競争が激化してしまうようです。このためこれまで通用していた常識を手放さなければならなくなるそうです。
 
 
今後さらに醜い足の引っ張り合いが繰り広げられることになりそうです。今回改めてマザーテレサの言葉を読みながら、そういった世界とは、しっかり距離を起きたいと強く思った次第です。
 
 
 
 
■ 人間関係のトラブルの原因は「嫉妬」
 
 
マザーテレサでさえ、生前は人間関係によるトラブルが絶えなかったわけですが、人間関係の問題で大きな割合を占めるのが「嫉妬」です。例えば普段職場では仲良く振舞っていても、他の人に陰口を言っていたり、自分だけ飲み会に誘わないといった陰湿なことをするのが嫉妬深い人の特徴です。
 
 
人間だれしも自分より幸せに見える人を見ると、多少なりとも嫉妬してしまうものですが、度を越えると大変なことになります。ですので、自分が人間関係のトラブルの張本人にならないためにも、嫉妬心は上手にコントロールしなければなりません。
 
 
そこで大切なのが、人と自分を比較しないことです。人と比較してしまうと自分の不足している部分ばかりに目が行ってしまうので、必然的に嫉妬心を刺激してしまいます。そうならないためにも、他人と自分を比較するのは今日で終わりにしましょう。
 
 
 
 
■ 嫉妬されない人になるには!?
 
 
嫉妬されないために必要なことはいくつもありますが、まず「自慢」は絶対にしないように心がけましょう。自分では自慢しているつもりはなくても、人はついつい自慢しているものです。例えば彼氏彼女がいない人に自分の彼氏彼女の話をするのは立派な自慢です。
 
 
とくに何年も恋愛から遠ざかっている人からすれば、苦痛でしかありませんから、嫉妬心に油をそそぐようなものです。これと同じで、独身の人に息子や娘の話をしたり、孫がいない人に孫の話をするのもNGです。相手の置かれている立場を考えて話しましょう。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
心のともしび「マザー・テレサにきく」
 

 



『 こんな記事も読まれています 』