3020180901keihatu.png
 
 
やってしまった後悔は
だんだん小さくなるけど、
やらなかった後悔は
だんだん大きくなる
 
 
− 林 真理子 −
 
 
 
後悔するのは
選ぶ自由があったから。
 
面倒臭がるのは
やりたいことが沢山あるから。
 
寂しくなるのは
大切な人がいるから。
 
悔しいと思うのは
自分に誇りがあるから。
 
言いたいことが
口から出ないのは
想いで詰まっているから
 
 
− 野原ひろし −
 
 
 
しんどいのは一瞬。
 
後悔するのは一生。
 
例えその後悔が
消えないとしても
自分らしく前へ進みたい
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
後悔は過去を
変えたがる気持ち。
 
反省は、未来を
変えようとする気持ち
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
あなたがくだらないと
思っている今日は、
昨日亡くなった人が、
なんとかして生きたかった、
なんとしてでも生きたかった。
今日なんです
 
 
− ひすいこうたろう −
 
 
 
他人と過去は変えられないが、
自分と未来は変えられる。
 
 
− エリック・バーン −
 
 
 
 
『後悔する癖がついていると、
何をやっても後悔する。』

 
 
28720180701keihatu.png
 
 
■ 後悔する癖に振り回されていませんか!?
 
 
後悔は、必ずしも、過去に問題があるとは限りません。過去ではなく、心に悪い癖があると、後悔することがあります。後悔する癖です。後悔する癖がついていると、何をやっても、後悔します。
 
 
勉強をする人は「もっと遊んでおくべきだった」と言うでしょう。勉強をしなければ「もっと勉強しておくべきだった」と言うでしょう。恋愛をすれば「恋愛なんてしなければよかった」と悔やむことでしょう。
 
 
恋愛をしなければ「恋愛すればよかった」と不機嫌になるでしょう。出来事に問題があるのではなく、心に問題があります。
 


 
■ 後悔する癖と決別しよう!
 
 
後悔する癖をやめることです。人と比べません。周りに流されません。自分の意思で下した決断は、すべて正解だと考えます。
 
 
「自分で考えた行動は、絶対に後悔しない」という誓いを立てましょう。実行する自信がなければ、それを書いた紙を部屋に、はればいいのです。終わったことは、意地でもくよくよしないのです。
 
 
 
 
■ やらなかった後悔に振り回される理由とは!?
 
 
私たち人間は、「もしあの時こうしていれば...」、もしあの時勇気があれば...」と、基本的に「成功していたかもしれない...」を前提であれこれ考えるので、考えれば考えるほど後悔しやすいです。
 
 
沢山の人たちが世界中で「後悔」について研究しているわけですが、その8割程度が「やらなかったことに対する後悔」です。実際に自ら何かを行って仮に失敗したとしても、後々心の中にとどまるのは「行動を起こさなかった場合」になります。
 
 
その理由は、名目白白で自分の中で終止符を打たないまま、良い結果論(悪い結果論も当然あるはずですが、それを観ようとしない。)だけが想像として記憶に残るからです。そして、これは癖になるので厄介です。
 
 
 
 
■ 後悔しない癖を身につける!
 
 
後悔する癖がついているなら、後悔しない癖もつけられるはずです。後悔しない覚悟を決めたとき、人生のあらゆる出来事が、前向きに受け止められるようになります。後悔のない人生だから、後悔しないのではありません。後悔しないから、後悔のない人生を歩めるのです。
 
 
そう決意すれば、一時的に後悔することは、よりよい未来を生きるために必要な過程になります。未来が明るければ、やがて後悔は宝へと変わることでしょう。
 
 
 
出典:HappyLifeStyle
 
「 人生に疲れたときの30の言葉 」
 
 
 
【心に刻もう】人生の最期に後悔する20のこと
 

 
 



『 こんな記事も読まれています 』


 カテゴリ
 タグ