転職に失敗する看護師の特徴のカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

  • ホーム
  • »
  • 転職に失敗する看護師の特徴

カテゴリ:転職に失敗する看護師の特徴

転職に失敗する看護師の特徴のカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
有料老人ホームや特別養護老人ホームでの看護師の仕事とは?転職しやすい環境が整っている理由とは?

転職に失敗する看護師の特徴
■老人ホームとは?介護士施設の仕事というと、まず「老人ホーム」を思い浮かべる人が多いと思います。老人ホームは色々な種類があり、代表的なのが有料タイプと介護保険…

記事を読む

No Image

転職に失敗する看護師の特徴
■行政機関で働くことを希望する人達が増えている?警察署の中にある医務室でも看護師さんの仕事はあります。日本全国には1270もの警察署がありますし、行政機関であ…

記事を読む

No Image

転職に失敗する看護師の特徴
■看護部長の気になる年収について気になる看護部長の年収についてですが、800万円前後です。ちなみに月収は額面で50万前後となっています。もしかすると「うちの看…

記事を読む

No Image

転職に失敗する看護師の特徴
■病棟は看護師長の人柄で決まる?!病棟で働く看護師さんや看護補助職員をまとめるのが「 看護師長 」の仕事ですが、病棟の雰囲気が変わるくらい、職場における「 看護…

記事を読む

No Image

転職に失敗する看護師の特徴
■企業看護師が働ける代表的な三つの職場の特徴について企業看護師は、その名の通り企業で働く看護師をさします。企業看護師が働く職場は企業内にある医務室、診療所、健…

記事を読む

No Image

転職に失敗する看護師の特徴
■週休3日で家庭と仕事を無理なく両立できます!人材不足を解消するために多くの医療機関では「勤務シフト」の柔軟性をより高めて従業員が働きやすい環境を整備すること…

記事を読む

No Image

転職に失敗する看護師の特徴
■週休二日制のメリットとは?一般の会社に勤務している方からすれば、週休2日は当たり前です。サービス業や流通業、建設業などの業種を除いて土日が連続してお休みです…

記事を読む

No Image

転職に失敗する看護師の特徴
■決済賞与あり看護師求人を選びましょう!看護師求人の中には「決済賞与」が記載されているケースがあります。決済賞与とは、利益・負債を年に一度報告する本決算があり…

記事を読む

No Image

転職に失敗する看護師の特徴
病院によって「看護手順」は微妙に異なりますので、入職したばかりで日が浅いと、マニュアルがなければ何かと対応に戸惑うことになります。しかし病院の体質があまりにも…

記事を読む

No Image

転職に失敗する看護師の特徴
■介護に関する知識がどうしても必要介護老人保険施設でも看護師さんは不足しています。しかし、不足しているのは看護師さんだけではありません。病院と同じく、介護老人…

記事を読む

有料老人ホームや特別養護老人ホームでの看護師の仕事とは?転職しやすい環境が整っている理由とは?



45.png



■老人ホームとは?


介護士施設の仕事というと、まず「老人ホーム」を思い浮かべる人が多いと思います。
老人ホームは色々な種類があり、代表的なのが有料タイプと介護保険施設タイプです。



【有料老人ホーム】

●介護付有料老人ホーム

●住宅型有料老人ホーム

●健康型有料老人ホーム



【 介護保険施設 】

●特別養護老人ホーム

●介護老人保健施設

●介護療養型医療施設



有料老人ホームは有料であるため、介護に関する手厚いサービスを受けられます。また、
応募がそれほど多くないため、ほぼいつでも入居を受け入れる体制が整ってます。


一方、介護保険施設は介護保険の範囲内で利用できることから、有料老人ホームよりも、
料金が非常に安いことから、入居を希望する人たちの応募が殺到しています。


地域によっては申し込みしてから入居できるまで数年待ちの状態です。


今後も高齢化社会が進み、2020年下ら2025年にピークを迎えるとされています。
このため、言葉は悪いですが、老人ホームの需要拡大が当分続きます。


ですので、看護師さんの求人も増え続ける可能性が非常に高いので、転職しやすい環境
にあることは間違いありませんが、老人ホームについて幅広く知る必要があります。





■看護師さんが転職しやすい理由とは?


老人ホームのような介護関連施設の仕事は一般病院の仕事よりも肉体的にも精神的にも
負担が小さいとされていますが、決して仕事が楽という意味ではありません。


老人ホームでの看護師さんの仕事は、他の介護関連施設よりもやることが多いです。


バイタルチェックや薬の管理・配薬、口腔ケア、点滴の準備と注入、また老人ホームは
ほぼ寝たきりの人も多いため、褥創などの皮膚トラブルの処置も重要な仕事です。


そして一般病院のように医師が常駐していないので、利用者さんが突発的なケガや病気
を発症して容態が急変した場合の応急処置や病院への搬送の手配も行います。


日本国内には、介護老人保健施設が3993(平成23年度調べ)、有料老人ホームは、
6754あるのですが、潜在的に600万人以上入居希望者がいるとされています。


受け入れられるのは、50万人程度なので全く施設の数が足りていないのが現状です。
このため、今後も施設は微増ながらも増えていくことが予想されています。


ですので、その分看護師さんの求人も増えることとなり、転職しやすい環境はしばらく
続くことが予想されます。この点に関しては非常に大きなメリットです。





■老人ホームで働く看護師さんのお給料相場について


基本的に有料老人ホームや特別養護老人ホームでの仕事は、施設に入居している高齢の
利用者さんが安全・安心・快適に生活するためのお世話をします。


常勤で働く場合は仕事の内容は病棟勤務の仕事と大きく変わることはありません。


病棟にも沢山高齢患者さんがいますので、対応にそれほど困ることはありません。


といいますのも病棟には高齢の重病患者さんが多く、同時に認知症を患っているケース
も多く、そうした場合は数人で対応しなければなりません。


有料老人ホームや特別養護老人ホームでは、「要介護認定」を受けている高齢者さんが
入居されているわけですが、体は不自由でも重病患者ではないケースが多いです。


夜勤や残業もありますが、肉体的にも精神的にも病棟勤務よりも負担は小さいです。


しかしだからといって楽ではありません。その点をしっかり認識する必要があります。


ちなみに気になる有料老人ホームや特別養護老人ホームのお給料についてですが、夜勤
があるので、一般病院に勤務する看護師さんとそれほど差はありません。


月給で30万円から35万円で、年収で400万円から450万円程度となってます。
求人によっては500万円以上支給してくれるところもあります。


ただし、病棟勤務で最低でも3年以上の経験がなければ採用される可能性は低いです。
また、どこも人手が足りていないので、介護の仕事を手伝うこともよくあります。


有料老人ホームや特別養護老人ホームでの看護師さんの需要は決して低くありません。
求人の中心は常勤ですが、最近ではパートやアルバイト求人も増えています。


パートやアルバイトの場合、日勤のみでもOKなところがあります。数年前よりも働き方
が多様化していますので、希望の条件が以前よりも探しやすい環境にあります。


警察署で看護師・保健師として働くには?公務員として働く難しさとは?




■行政機関で働くことを希望する人達が増えている?


警察署の中にある医務室でも看護師さんの仕事はあります。


日本全国には1270もの警察署がありますし、行政機関であるため「民間病院」や
「民間企業」のように倒産するリスクがないので、安心して働くことができます。


日本国内には8000以上の病院と10万軒以上のクリニック(診療所)があります。
しかし、その多くが赤字経営に苦しめられている状況にあります。


大都市圏にある大型病院が破綻する時代ですから、何が起こるか分かりません。


ですので破綻リスクゼロの行政機関で働くことを希望する看護師さんは増えています。


特に地方では「経済格差」が広がる一方なので、地元経済が困窮しているところでは、
誰もが賃金よりも「安定」を望むので、特ににこうした傾向が強いです。


このため「行政機関の求人」は、非常に人気が高いです。しかし、その採用枠の数に
限りがあるため、倍率が非常に高いので、それ相応の覚悟で挑む必要があります。


それなりに求人の数はありますし、「採用条件」に関してもかなりゆるいのですが、
実際に警採用されるのは非常に難しいです。それだけ人気がある証拠ですね。





■警察署での看護師(保健師)の仕事とは?


警察署で働く看護師さんの仕事についてですが、基本的に一般企業の医務室で働いて
いる「産業看護師」の仕事とほぼ同じと思っていただいて差し支えありません。


そして、警察署内に設置されている医務室が職場となります。職員の健康管理、健康
相談、メンタルヘルスケア、急な病気や怪我の応急処置などが主な仕事です。


実際の警察署の中は他の職場にはない緊張感があり、階級制度がしっかり整備され、
官僚的な縦の関係が非常に厳しいので、ストレスに苦しめられている人が多いです。


このため地域によっては看護師よりも保健師を積極的に採用しています。


また気になるお給料についてですが、殘念ながらそれほど高くありません。


とくに「初任給」は病院のそれとは比較にならないほど低めに設定されています。


しかし、「昇給」や「ボーナス」、「退職金」に関する評価基準が勤続年数に応じて
きちんと設定されてるので、できるだけ長い期間働いたほうが有利になっています。


行政のこうした評価基準を問題視する声もありますが、実際に働く側の人達の間では、
それなりに評価されているので、これほどまで人気が高いのでしょうね。





■警察署で働くためには?


最後に警察署で働くための方法についてですが、基本的に警察署で「正職員」として
働く看護師さんは公務員であるため、一般の看護師求人とは応募方法が異なります。


「○○警察署の保健師募集」といった形で募集されることはありません。


正職員として働くことを希望するのであれば、公務員試験と専門試験で、よい成績を
取らなければならないので、試験対策は余裕をもって行なう必要があります。


県の職員は、基本的に地方公務員となりますので、採用試験や募集時期も各県ごとに
異なりますので、事前に各県庁に問い合わせて募集時期を確認してください。


ホームページでも確認することができますが、定期的に「職員採用説明会」が行われ
ますので、必ず出席して理解を深めたうえで、しっかり対策をねりましょう。


5月ごろから採用試験開始のところが比較的多く見受けられます。


一方、非常勤職員の募集は、即戦力が必要とされるため、経験者が優遇されます。


一般病院から転職して警察署勤務を希望するのであれば、上述したとおり「募集時期」
把握し、しっかり情報を精査したうえで転職を決断するようしないと失敗します。


採用基準に関しては、それほど厳しくありませんが、長引く不況から若年層の間でも
安定を希望する方が増えてますので、応募が殺到すれば、分難易度が変化します。



看護部長の年収について!同年代の平均年収を大幅に上回る理由とは?




■看護部長の気になる年収について


気になる看護部長の年収についてですが、800万円前後です。


ちなみに月収は額面で50万前後となっています。


もしかすると「うちの看護部長も800万円くらいもらってるの?!」と、驚かれる方
も多いかもしれませんが、700万円から800万円くらいが一般的です。


最近の看護部長求人の特徴としては、ストレートに「年収800万以上」といった形で
金額を表示するケースが増えています。また副院長を兼務するケースも増えています。


地位が向上することによって、その分年収が高めに設定されることになります。


ちなみに看護部長の平均年齢は52.3歳(日本看護協会)で、50代サラリーマンの
平均年収は、男性が634万円、女性が274万円で、男女の平均が484万円です。


看護部長の平均年収は、同年代のサラリーマンの平均年収を大幅に上回っていますが、
それだけ思い責任を背負ってますし、仕事自体非常にハードです。





■同年代の年収を大幅に上回る!


しかし、そうはいっても同世代の一般的な女性の平均年収よりも500万円も上回って
いるわけですから、世間一般からみれば羨ましい立場にいることは間違いありません。


一般の会社の部長クラスの仕事と較べても看護部長の仕事は非常なまでに過酷ですし、
病棟内で働く看護師さんたちをまとめるのは決して容易ではありません。


またトラブルが起これば、問題を鎮火するために真っ先に対応しなければなりません。
よくあるのが自分の部下が患者さんやそのご家族とトラブルとなるケースです。


「訴える!」と怒鳴っている人をなだめるのは容易ではありません。看護部長の仕事は、
大変責任が重いので、最近では副院長を兼務するケースが増えています。


それだけ看護師の経験が高く評価される時代に入ったのかもしれません。


しかし、重職であるため年収や労働環境に不満を持っている方も少なくありません。






■勤務する病院の規模によってここまで差がでます!


当然のことながら看護部長の給料は病院によって支給される額は異なります。


その差は結構ありまして、例えば公立病院に勤務する看護部長の年収は850万円程度
です。また国立病院は950万円前後、大学病院は750万円前後となっています。


また平均的な民間の総合病院では、年収700万円前後となっています。


平均年収なので、あくまでも目安程度にお考えください。


看護師の仕事を一生続ける覚悟があるかたは是非看護部長を目指してください!


病院の経営規模が大きければ大きいほど配置されるスタッフの数も多くなりますので、
当然のことなが看護部長が管理しなければならない看護師の人数も多くなります。


その分責任も重くなり、それに応じて給料も高くなります。


看護師長の存在が転職に大きく影響!看護師長が悪いと全てが台無し!




■病棟は看護師長の人柄で決まる?!


病棟で働く看護師さんや看護補助職員をまとめるのが「 看護師長 」の仕事ですが、
病棟の雰囲気が変わるくらい、職場における「 看護師長 」の力は絶大ですよね。


看護師長は「仕事に対する心構え」など病棟で働くスタッフに強い影響を与えます。
良くも悪くも、それぐらい力がないとスタッフをまとめることが出来ません。


病棟によっては看護師長の存在が薄いところも少なくありませんが、大抵そういった
職場は雰囲気も悪く、仕事の連携も上手く取れないため、問題が頻繁に起こります。


問題が起こって、その問題をおこした当事者がきちんと謝罪するなり何なりして責任
を取るのであれば、まだいいのですが、そうではないので大きな問題となります。


酷い場合は責任を他の人におしつけたり、もみ消したりしようとするので、関係ない
人たちまで巻き込まれてしまう可能性があるので十分注意しましょう。


対策としては、しっかりメモを片手に自分から声をだして確認することです。


例え迷惑そうな顔をされても、自己防衛のために頑張りましょう。





■看護師長が良ければ職場の雰囲気も良い!


看護師長が明るい人だと職場の雰囲気も当然明るくなりますよね。


例え仕事に対して人一倍厳しくて、スタッフのミスに対して容赦なく厳しく注意した
たとしても、注意されたスタッフも、注意されて当然としっかり反省します。


しかし、いつもピリピリしているような陰険な人が看護師長だと職場の雰囲気は最悪
ですよね。問題が頻繁に起こり、スタッフ同士の連携にも悪影響をおよぼします。


あまりにも看護師長が作り出す職場の雰囲気が悪いと医師の先生も指示が出しにくい
ので、患者さんの治療にも大きく影響しますので、看護師長の存在は大きいです。


病院見学のさいに施設内を見学する以上に重要なのが従業員の働き方です。


人間関係が悪いところは、入った瞬間に悪いオーラーを醸し出していますよね。


その原因が、看護師長の可能性が高いので、要注意です。





■良くも悪くも看護師長の影響力は絶大


仕事に対する態度が悪い看護師長の下で働くのは本当に大変です。


他の看護師も真似するので、患者さんとのトラブルも頻発します。


そうしたトラブルの間に入らされる他の看護師さんからすればたまったものではあり
ませんよね。ですので病棟で働く上で看護師長の存在が非常に重要です。


当然のことながら看護師求人には看護師長の情報が書かれているわけではありません。


しかし自分ではこうした情報を調べようがありません。転職先候補の病院へ出向いて
色々と調べることが出来れば良いのですが、時間がないので中々難しいですよね。


そうした場合に頼りになるのが看護師転職サイトです。


求人先に関する色々なことを調べてくれますので、もし転職するにあたって利用され
るのであれば、看護師長をはじめ職場の人間関係についても必ず質問しましょう。


当サイトが唯一推奨させて頂いている看護師転職サイト「ナースではたらこ」では、
実際に現場に出向いて色々と取材を行っていますので、


情報量だけではなく情報の質も高いですので、是非相談してみてください。


企業看護師が働く企業内医務室・企業内診療所・企業内健康管理室とは?




■企業看護師が働ける代表的な三つの職場の特徴について


企業看護師は、その名の通り企業で働く看護師をさします。


企業看護師が働く職場は企業内にある医務室、診療所、健康管理室です。


求人票には企業内医務室、企業内診療所、企業内健康管理室といった形で記載され、
企業看護師を募集しているケースが多いのですが、それぞれ微妙に異なります。


今回はそれぞれの特徴とその違いについて解説させていただきます。




(1)企業内医務室とは?


企業内医務室は、その名の通り企業内にある医務室です。


ここでいう医務室は学校の保健室のようなもので、従業員が仕事中に怪我をしたり、
病気になった場合に応急処置や病院の手配などを速やかに行います。


医務室にはベッドが設置されているため、体調不良で気分が悪い場合は休めるように
なっており、その症状にあわせて企業看護師から適切な指示を受けられます。


大手企業の多くが企業内医務室を設けていますが、職場に配置される人材はそれほど
多くありません。大企業であっても1人体制のところが少なくありません。


多くても2〜3人です。また企業内医務室では健康診断も行われます。


しかし、医務室だけの役割しか果たさないので、スペース自体広くありません。


このため「健康診断」の必要項目全てを行えるところはそれほど多くありません。




(2)企業内診療所とは?


企業内診療所は、診療所と名がつく通り、会社の中にある診療所のことです。


小さな「クリニック」をイメージしていただければ分かりやすいかと思います。


クリニックなので企業内診療所で働いているのは企業看護師だけはありません。


医師の先生が常駐し、症状に合わせた医療行為が行える体制が整っています。


また、薬剤師も常駐し、薬を支給してくれるところも少なくありません。


当然のことながら診療所を維持するには相当の費用がかるので、診療所がある会社は
経営規模が大きく、経営が安定していると判断することができます。




(3)企業内診療所とは?


企業内健康管理室は、従業員の心と体の健康を促進するために設けられています。


過去20年におよぶデフレ不況により、企業の多くが職場のスリム化を余儀なくされ
ました。このため従業員一人当りの仕事量と責任が年々増えています。


それと同時に従業員の仕事による疲労とストレスも比例して増しています。


そうした中ようやく日本でも欧米のように心と体の健康管理の重要性が認識されつつ
ありますが、自分で客観的に自分の健康状態を把握することができません。


このため企業内健康管理室では従業員の突発的な怪我や病気の応急処置だけでなく、
「心と体の健康」に関する様々な相談を常時受け付けています。


また企業内医務室と企業内健康管理室が一緒になっている場合が少なくありません。


企業内健康管理室も医師も常駐しているケースが圧倒的に多いです。


週休3日で働く看護師の実態とは?仕事と家庭の両立を無理なく実現!




■週休3日で家庭と仕事を無理なく両立できます!


人材不足を解消するために多くの医療機関では「勤務シフト」の柔軟性をより高めて
従業員が働きやすい環境を整備することによって人材確保に努めています。


実際に看護師さん一人あたりにかかる負担を軽減しようとする動きが広がっています
ので、将来的に「労働環境」が大きく改善されることが期待されています。


そうすることによって離職率が低下し、人材を安定的に確保できると考えています。
ですので週休3日の看護師求人は今後さらに増えることが予想されます。


最近は家庭を持つ看護師さんが離婚するケースが増えています。


常勤で働くと家族と過ごす時間が削られてしまい、すれ違いが多くなります。


看護師さんの仕事は女性が就く仕事の中でもかなり高収入です。このため自分の稼ぎ
だけで十分生活できてしまうので、離婚に踏み切りやすいとされています。


そうした中で週休3日であれば、プライベートをしっかり充実できます。


家庭がある子育中のママさん看護師でも週休3日であれば無理なく働けます。


ご主人が一般の会社に勤務されている場合でもすれ違うことはありません。


また他のスタッフに気兼ねすることなく休めるので、子供や家族との時間を優先する
ことができますよね。理想的な環境で働けるのは本当に幸せなことです。





■週休3日の看護師求人はこんな方にもおすすめ


週休3日の看護師求人は、圧倒的にパートやアルバイトが中心です。


しかし医療機関によっては、パートやアルバイトだけでなく、「正職員」で週休3日
の看護師求人もあります。代表的なのが美容関連のクリニックです。


デイケアなどの介護関連もありますので、根気よく探しましょう!


週休2日もありがたいですが、どうしても仕事の疲れを取ることに時間を取られます
ので、「休みの日は寝てます」という看護師さんも少なくなりません。


しかし、週休3日であれば自分の趣味にあてることが無理なくできます。


これまでがむしゃらに働いてきたベテラン看護師さんの中には、限界を感じ始めてる
方もいらっしゃると思います。そうした方にも週休3日の職場は魅力です。


疲れをしっかり取ることができるので、無理なく現役を続行できます!





週休3日ならダブルワークも十分可能!


週休3日で勤務している看護師さんのお給料は、当然のことながら週休2日で働いて
いる看護師さんよりも少ないですが、一般の会社の女性社員よりも稼げます。


しかし、もっと稼ぎたいのであれば、ダブルワークも十分可能ですよね。


夜勤専従のスポットのお仕事は月1〜2日程度でも働けます。


1回3万円〜4万円が相場となっています。これで十分足りない分をカバーできます。


子育てに解放されてから、週休2日の「病棟勤務」に戻るのも一つの手です。


週休3日の職場はデメリットよりもメリットの方が圧倒的に多いです。



週休二日制の看護師求人の注意点とは?医療機関以外の職場が狙い目!




■週休二日制のメリットとは?


一般の会社に勤務している方からすれば、週休2日は当たり前です。


サービス業や流通業、建設業などの業種を除いて土日が連続してお休みです。


二日続けて休めるので、しっかり身体を休めることができます。


ですので、月曜日から金曜日まで働いた身体の疲れを取ることが出来ます。


しかし、看護師さんはそういうわけにもいきません。


現実に連続して週2日休むことができる病院を探すほうが難しい状況にありますが、
医療機関でも一部の病院やクリニックでは、週休2日制のところが増えています。


また医療機関以外でも看護師さんが活躍出来る場は確実に広がっています。


病院以外の職場に目を向けてみると、週休2日のところがかなりあります。





■医療機関以外の職場は週休二日制は当たり前?


一般企業では週休2日制で連続して休めます。


企業看護師として働けば毎週土日は休みです。


同様に学校の保健室で保健師として働く場合も土日が休みです。もっとも学校も一部
隔週のところもありますが、完全週休二日制のところも多いです。


週休2日制で土日休みを希望するのであれば、検討する価値が十分有ります!


また祝祭日や盆正月もお休みなので、暦通り休むことができます。


家庭がある方は家族と一緒に過ごすことが出来ます。


一般病院に勤務する場合、夜勤など変則勤務の関係で年間を通じて休みが固定されま
せんので、毎週同じ曜日に休むことが出来る点が非常に魅力を感じると思います。


2日続けて休めると身体の疲れが確実に取れます。


しかし、病院では土曜日や日曜日が休日になるところは少ないですから難しいです。


従業員全員が土日に休まれたら、入院患者さんをケアできませんからね。





■病院で完全週休二日制は厳しい?


子育て中の看護師さんからすれば、週休2日制で土日が休める職場が理想ですよね。
しかし、病院に限っていえば「 常勤 」ではまず無理ですよね。


臨床経験があるのであれば、「福祉施設」や「一般企業」で働くことを検討してみて
ください。病院で培った看護師としての経験が必ず生かすことが出来ます。


何と言っても夜勤や残業(一部を除く)がありません!


ですので、肉体的にも精神的にも負担が小さいです。


また求職活動の際には、必ず休みについて確認するようにしてください。


人によっては二日連続して休めるよりも次の休みまで間があったほうがいいようです。


同じ週休二日制でも、連続して二日休めるのと、次の休みまで数日間が空くのとでは、
条件が全く異なりますので、どちらが良いか真剣に考えたうえ求人を選びましょう。


決算賞与ありの看護師求人の魅力とは?悪質な求人を見分けるポイントとは?




■決済賞与あり看護師求人を選びましょう!


看護師求人の中には「決済賞与」が記載されているケースがあります。


決済賞与とは、利益・負債を年に一度報告する本決算があり、そのさいにお金に余裕が
あれば従業員に支払われるボーナスのことで、必ず支給されるものではありません。


ご存知ないかもしれませんが、病院の半数以上が赤字経営なので、決算賞与が支給され
ているということは、病院の経営が安定していることを示しています。


しかも従業員に還元することで節税と従業員の仕事に対する士気を高める効果がありま
すので、「決済賞与あり」の看護師求人は、求人を選ぶうえで一つの指標となります。


ただし、その年だけで終わってしまうのでは意味がありません。


過去5年位の実績を調べ、継続して支払われているのであれば、評価できます。




■決算賞与はいつ支給されるの?悪質な求人に騙されないポイント


看護師転職求人サイトで紹介される看護師求人には、「 賞与 」は基本給の4ヶ月分、
5ヶ月分といった形で記載されていまして、医療機関の大半は年2回支給されます。


ちなみに決算賞与が支給される時期についてですが、決算の時期が病院によって異なる
ため一概にいえませんが、2月か3月に支給するところが多いです。


上述したとおり、決算賞与を支給する医療機関は、経営状態が良いから決算賞与を支給
されるわけですから、決算賞与を支給していないところよりも、当然人気が高いです。


しかし、人材確保のために「決算賞与あり」と求人票に記載することを目的にしている
としか思えないケースもあります。ようは支払っているという実績作りです。


こういったことまでして人材確保に走る場合、人の入れ替わりが激しい可能性大です。


「決算賞与あり」をうたう求人は飛びつく前に上述した点を確認しましょう。





■決算賞与とボーナスの違いとは?


決算賞与はボーナスの違いについてですが、ボーナスは、賃金規定で定められてます。
従業員によって支給される額に差はありますが、支給することが前提になってます。


決算賞与は毎年の業績に応じて支給される特別賞与です。


このため、支給することが前提となっていません。


経営状態があまりにも悪化すれば、ボーナスも支給されない場合があります。


決算賞与が支給される条件についてですが、当然決算が黒字のときのみです。


決算期に合わせて利益の一部を従業員に還元します。


このため支給されるのは年1回となっています。


病院見学のさいに看護手順マニュアルがあるか確認する!




病院によって「看護手順」は微妙に異なりますので、入職したばかりで日が浅いと、
マニュアルがなければ何かと対応に戸惑うことになります。


しかし病院の体質があまりにも封建的だったりすると新しいことを積極的に取り入れ
ようとする意欲があまりにも低いので、看護手順のマニュアルすらありません。


業務全般のシステム化も遅れているので、電子カルテに慣れきってしまっている人は
とにかく、何をどうしていいか分からなくなるかもしれません。


仕事に関して質問しても、「仕事は目で盗む」といったことを真顔で言われます。


こうした職場を避けるためにも、看護マニュアルがあるか必ず確認しましょう。




是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





長期ブランクがある看護師が介護老人保健施設に再就職するさいの注意点




■介護に関する知識がどうしても必要


介護老人保険施設でも看護師さんは不足しています。


しかし、不足しているのは看護師さんだけではありません。


病院と同じく、介護老人保健施設でも人材不足に苦しめられています。


介護施設で働く職員の大半が介護士の資格を有する人達ですが、どこも経営が厳しい
ので、賃金を引き上げて雇用を最大化するといったことができません。



このため、本来であれば看護師さんがやらなくても良い「 介護関係 」の仕事も場合
によってはやらなければならないので、介護に関する知識も必要になります。


施設に勤務する看護師さんは病院から転職するケースが圧倒的に多いです。しかし、
最近では結婚・出産を経てブランク明けで再就職されるケースも増えてます。





■慣れるまでは戸惑うことが多い


病院では、ブランクのある看護師さんが不安なく働けるように研修や講習会を設けて
いますが、介護老人保健施設では、基本的にこういった取り組みを行っていません。


施設内のスタッフからすれば、全てベテランの看護師としてみられますので、何でも
できると思われる傾向が圧倒的に強いです。慣れないと戸惑うことが多いです。


看護師として経験が少なければ、当然判断に困る場面に遭遇することも少なくありま
せん。職場で浮いてしまい、精神的につらいときもあるかもしれません。


しかし、働いているうちに慣れてきますので、数ヵ月間の辛抱です。





■求人を選ぶさいのポイント


もしも「臨床経験」があまりにも浅かったり、ブランクが長過ぎる場合(5年以上)
は、復職支援プログラムがある病院に再就職して経験をつけるのも一つの手です。


ある程度自信がついてから、介護老人保健施設へ転職します。


そうすれば入職してからもスムーズに働くことができます。


また経験があって、ブランクが1〜2年程度だけれでも自信がないのであれば、求人
を選ぶ際に必ず相談できる看護師さんがいる施設を選びましょう。


看護師さんの数がある程度揃っている施設であれば、仮に戸惑う場面に遭遇すること
があっても、他の看護師さんに教えてもらえますので、安心して働けます。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます