ブランク復職についてのカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

カテゴリ:ブランク復職について

ブランク復職についてのカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
長期ブランク明けから復職する上でもっとも大変なのは?こんな医療機関は避けましょう!

ブランク復職について
復職するさいに覚悟が必要な点とは?ブランクが5年以上ある看護師さんの復職は、決して容易ではありません。特に地方にある病院では教育体制がしっかり整っていないケー…

記事を読む

ブランク明けの復職の問題について!教育するシステムが非常に重要!

ブランク復職について
■なぜ復職をあきらめてしまうのか?現役で働く看護師さんの92%女性です。2000年に入ってから急激に男性も増えてはいますが、今だに10%に達していませんし、今…

記事を読む

復職する前にあきらめてしまう看護師が多い理由とは?

ブランク復職について
■長期のブランクによる不安から自信を失う長期間にわたるブランクが生じてしまう理由は色々あると思いますが、看護師として確かな技術と経験があったとしても、ブランク…

記事を読む

長期ブランク明けから復職する上でもっとも大変なのは?こんな医療機関は避けましょう!




490.png





復職するさいに覚悟が必要な点とは?


ブランクが5年以上ある看護師さんの復職は、決して容易ではありません。特に地方にある病院では教育体制がしっかり整っていないケースが多いので、なおさら大変です。


現場は即戦力を求めているにもかかわらず、新しく入ってくる看護師さんが仕事になれるまでにはそれなりの時間が必要なので、どうしても仕事に対する温度差が生じます。


受け入れる方は「こんなこともできないの?」と言った思いが見え隠れし、復職した看護師さんからすれば「ブランクがあるんだからしょうがないでしょ」といった思いがあります。


こうした職場で入職した場合は現場で仕事の勘を取り戻していくしかありません。しかし、仕事に慣れるまでは職場のスタッフに気を使わなければなりません。


当然のことながら年度途中の採用の場合、同時に入社する看護師さんは少ないです。勤務される病院の規模にもよりますが、多くてもせいぜい2〜3人程度です。


一人だけ採用ということも十分ありえます。そうなると同期がいないわけですから、職場内に気軽に何でも話せる人がいないので、人と仕事に慣れるまでは本当に孤独です。

» 

ブランク明けの復職の問題について!教育するシステムが非常に重要!




Image 3.png



■なぜ復職をあきらめてしまうのか?


現役で働く看護師さんの92%女性です。2000年に入ってから急激に男性も増えて
はいますが、今だに10%に達していませんし、今後も逆転することはないでしょう。


女性の看護師さんの場合、結婚が看護師として大きな転機となります。


結婚・出産をきっかけに看護師の仕事から離れて、家事・育児に追われることとなり、
数年に渡って看護師の仕事から離れるケースが少なくありません。


そして、子供がある程度大きくなり、手がかからなくなったことをきっかけに、看護師
として復職を考えるケースが比較的多いのですが、途中で挫折される方が多いです。


こうした長期のブランクのある看護師さんは、看護師の仕事に復帰するにあたって、
色々な不安を抱えているため、考えれば考えるほど後ろ向きになってしまいます。


産休が明けてすぐに復職するのであれば、それほど期間が開いていないので、問題なく
復職できますが、5年以上ブランクが生じると浦島太郎状態となります。


看護の仕事について知っているだけに、またゼロから何かを始めるということに対して
強い抵抗感が生じるため、復職を検討しても、すぐに諦めてしまうのです。





■変化するスピードの早さに戸惑う理由とは?


復職を確かなものにするためにも、復職向けのセミナーや研修を受けながら、しっかり
準備する必要があります。そうすることで復職直後のストレスを抑えることができます。


ブランク期間が長ければ長いほど、それに応じて準備しなければなりません。


5年〜10年経過すると医療を取り巻く環境が大きく変わります。


実際に職場に戻ったとき、大きく変わっていることに戸惑います。


特に薬や予防注射、各種検査などは、当時よりもかなり進化していることでしょう。


例えば数年前までは検査値のGOTやGPTなどと呼ばれていましたが、今でははASTやALTと
なっているため、看護の仕事で使われる略語の変化についていけません。、


ですので、こうした点を職場の人達が考慮してくれなければ復職は難しいです。


復職に対する強い思いも大切ですが、ブランクのある看護師を受け入れる体制が整って
いることが非常に重要です。教育体制がないところで復職しても長続きしません。






■病院以外の職場も選択肢に入れる!


病院以外の仕事を選択するのも一つの手です。例えば老人保健施設などの介護系の職場
では治療などの医療行為は殆ど行われないので、短期間で無理なく仕事に慣れます。


このためブランクが多少長くても、看護師として復職しやすい職場とされています。


しかし職場の雰囲気に馴染めるかは別問題となります。


実際に多くの看護師さんが強い不安を感じています。


一般病院の場合は、どうしても「医療行為」があるため、勘を取り戻すのが大変です。


2〜3年程度のブランクであったしても、復職は容易ではありません。


仕事に慣れるまでは、どうしても強いストレスを感じます。あれだけ大変な思いをして
身につけた看護や医療の知識や技術を取り戻すのは簡単ではありません。


特に疾患・薬剤について、看護記録取り方や職場使う看護用語も結構忘れています。


ですので、いきなり仕事に復帰するのは難しいので、必ず復職向けの研修やセミナーを
受けましょう。段階を踏むことによって、ストレスを抑えることができます。





■とにかくノートやメモに書きまくる!


5年以上のブランクがある看護師さんでも問題なく復職できます。


復職するにあたって色々な壁がありますが、どうしても技術と知識がついていけません。


ただし、再び一人前の看護師になるには、職場の人達から手取り足取り教えてもらえた
からであって、個人の努力だけでは限界があります。それくらい教育が大切です。


5年以上のブランクがあると、自分よりも一回り下の看護師さんも先生になります。
最新の知識と技術を身につけているのでレベルが高いと感じることでしょう。


しかし、萎縮したりする必要はまったくありません。


もちろん、師長や他のスタッフに何からなにまで頼りきりではだめです。


日進月歩で変化する看護の現場に対応するため、自分で出来る範囲の努力は必要です。


実際に復職すれば分かりますが、医療や看護の知識は、驚くほど変化のスピードが早い
ので、仕事に慣れてからも、ノートは肌身はなさず持ち歩いて色々とまとめましょう。


看護師の仕事は作業だけでなく、言動でも命に深く関わります。


このため、気軽な気持ちでは働いていません。


しかし、需要があって社会的信用が高い仕事を自ら諦めてしまうのは勿体無いです。


ですので、悩んでいるくらいなら潜在看護師向けの復職支援を目的としたセミナーなど
に積極的に参加されることをおすすめします。これだかでも、かなり自信がつきます。


そして次に長期のブランクがある看護師でも、手取り足取り教えてくれる体制が整って
いる病院を探すか、病院以外の職場を探して看護師とし再スタートを切って下さい。


復職する前にあきらめてしまう看護師が多い理由とは?




98.png



■長期のブランクによる不安から自信を失う


長期間にわたるブランクが生じてしまう理由は色々あると思いますが、看護師として
確かな技術と経験があったとしても、ブランクを埋めるのは簡単ではありません。


毎年3万人超の看護師さんが新たに誕生するも、その内の1割り程度(8%)の人達
が一年以内に退職し、病院以外の職場を求めて再就職のための活動を行います。


潜在看護師の数が増え続け、ついに60万人を突破しました。


それだけ病院で働くのが大変だということなんです。しかも、医療が進化すればする
ほど業務は複雑になり、覚えなければならない事が増えるので、働きにくくなります。


病院側は積極的にブランクのある看護師さんを雇用しようとする姿勢をみせてはいま
すが、実際にブランクの長い看護師さんが復職するのは容易ではありません。


すでに長期のブランクがある看護師さんならお分かりだと思います。


看護師として復職することについて考えれば考えるほど不安になり、何もしないで、
再就職することを思いとどまってしまいます。これは非常にもったいないです。


まず看護師さんの仕事は、配置される職場や配属される診療科によって異なります。
ですので、復職する前にしっかり準備しなければなりません。


そうしないと復職して新しい職場で思うように働くことができません。


しかし、自分でできることは限られていますので、「この歳で病院で働くのは大変」、
といった具合に時間が経過すればするほど、復職を自らあきらめようとします。





■他にもある自信を喪失する理由について


病院に再就職して新しい職場で働くうえで問題となるのが、やはり人間関係です。


確かなキャリアがある看護師さんでも長期のブランクが生じれば自信をを失います。


とくに新しい職場で自分よりも一回り以上も若い看護師さんがバリバリ働いている姿
をみると、すごい劣等感を感じるようです。年下でも職場では先輩になります。


どんなに頑張っても、長期のブランクから明けたばかりではテキパキ動けません。


また、年下の先輩看護師から仕事のやり方を注意されると屈辱感を感じますよね。


ですので、まず仕事に慣れるだけでも本当に大変です。せっかく内定をもらって働き
はじめても、自分の不甲斐なさから、挫折してしまい、復職を自ら諦めるのです。





■自信を取り戻すまでに一苦労


せっかく大変な思いをして覚えた基本的な看護技術や疾患・薬剤などの知識を忘れて
しまうと、きちんと一から勉強し直す必要があります。そうしなと後々大変です。


これが非常に大きなストレスになります。


あまりにも範囲が広すぎてどこから手をつけて良いのか分からなくなるからです。


ですので、こうした状況にありながら、自力での転職活動は挫折しやすいです。


かなり、失敗する可能性が高いです。


そうした中で状況が色々変化しています。


先に述べたとおり医療機関の人材不足を補うために復職支援のための研修・セミナー
を行っている病院が増えています。こちらを利用すれば全ての準備が整います。


これらを利用できれば、ある程度不安もこれで解消されます。


こうした復職支援セミナーは、講義だけのものから、講義と実習や実技などを数日間
かけて行うものまで色々あり、個人の状態に合わせて選ぶことができます。





■研修で似たような状況にある仲間ができる!


講義は基本的な疾患・薬剤・看護・看護記録など、実習は基本的な看護技術から医療
機器の取り扱いなどを行いますので、徐々に勘を取り戻すことができます。


ですので復職する前に必ず研修やセミナーを受けた方が良いです。


研修やセミナーの利点は、色々ありますが、やはり仲間ができるのが一番です。


もしかすると講習やセミナーを受講された中から同僚になる方がいるかもしれません。
そうすればお互いに悩みを相談し合えます。長く働き続けるためにも非常に重要です。


こうした状況にあれば多少時間がかかっても、無理なく復帰することができますよね。


こういった復職支援セミナーなどに関する情報も、 看護師転職サイトを利用されると、
簡単に入手することが出来ます。復職に関する確かなアドバイスも非常に有効です。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます