人間関係の問題のカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

カテゴリ:人間関係の問題

人間関係の問題のカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
新人看護師が直面する仕事のストレスとは?!人間関係の問題に振る舞わされない秘訣とは?

人間関係の問題
■仕事の問題=人間関係の問題看護師さんの仕事に限ったことではないのですが、新卒で看護師として医療機関に就職すれば新人看護師として職場にて色々なストレスにさらさ…

記事を読む

職場の嫌な上司や先輩と上手に接する方法!たったこれだけでストレスが抑えられ心と体が楽になる!

人間関係の問題
■好きになる必要は全くありません!人間関係で悩まされる要因の一つに人は心のどこかで毎日接する人に対して「人を好きにならなければならない」という想いに縛られてい…

記事を読む

患者とのトラブルを解消する方法とは?!たったこれだけで人間関係の悩みが劇的に小さくなる?!

人間関係の問題
■便利になればなるほどトラブルが起きやすくなる?病院の業務はシステム化が進んだことによって、大量のデータを管理できるようになり、業務上便利になった部分が確かに…

記事を読む

職場の人間関係に悩む看護師が抱える問題とは?!人間関係の悩みを解消するポイントとは?!

人間関係の問題
■職場の人間関係の問題点職場の問題の約9割は人間関係の問題といわれていますので、実際に多くの人たちが悩まされています。ですので、私たちが働くうえで避けては通れ…

記事を読む

人間関係が良い職場と悪い職場の違いとは?余裕がない職場は大変!

人間関係の問題
■なぜ職場の人間関係が悪くなるのか?御存知の通り看護師さんの仕事は、常に職場のスタッフ同士の連携が求められます。人の命がかかっているので、一人よがりな行動は絶…

記事を読む

患者とのトラブルに苦しむ看護師の問題とは?自分の身を守るのは自分!

人間関係の問題
■患者さんの怒りの原因とは?時代の流れからか、多くの病院が社会的規範やモラルなどを守るためにコンプライアンスを厳格化したにもかかわらず、殘念ながら患者さんとの…

記事を読む

なぜ人間関係に苦しむ看護師が多いのか?職場の問題点と解消方法とは?

人間関係の問題
■医療機関は人間関係がギクシャクしやすい?看護師さんが働く病院などの医療機関の多くが、慢性的な人材不足に悩まされているため、業務そのものが混乱することが多く、…

記事を読む

職場でいじめられたときの解決策!転職は最後の手段として段階に応じて対応する!

人間関係の問題
■人間関係の問題がとにかく酷い?医療機関は、人間関係が一般企業のそれよりもかなり複雑です。特に病院は、はっきり見える形でスクールカーストならぬ職場カーストのよ…

記事を読む

新人看護師が直面する仕事のストレスとは?!人間関係の問題に振る舞わされない秘訣とは?




91.png



■仕事の問題=人間関係の問題


看護師さんの仕事に限ったことではないのですが、新卒で看護師として医療機関に就職すれば新人看護師として職場にて色々なストレスにさらされることになります。


看護師さんのような専門職は実践的な知識やスキルを身につけるのがとにかく大変です。学校でいくら勉強したとはいえ、実際の職場では最初は緊張のあまり手が動きません。


入職したばかりでいきなり患者さんの看護は行いませんが、最初の数ヵ月間は初めてのことばかりで戸惑うことが多く、自己嫌悪と挫折の間をいったりきたりします。


だからといって、全てが嫌なことばかりではありません。少しずつ人や仕事に慣れるに従って仕事の面白さを実感できるようになりますので、それまでの辛抱です。


しかし、そうはいっても職場の人間関係、患者さんへの対応、医療機器の操作法、日々の事務作業、取り扱う薬、様々な疾患、覚えなければならないことが沢山あります。


これを乗り越えていかなければ先に進めないわけですが、新卒の方の場合は初めて社会に出て一番最初の職場となるのでこういった状況を素直に受け入れられると思います。


一方、一度社会にでて数年間勤めてから看護師になった方の場合はどうしても前の仕事と比較してしまうので、医療の世界の特殊性を素直に受け入れられない方が多いです。


とにかくやらければならないことが沢山あるので常に確認、確認、確認しながら業務を行なわなければならないことに対して非効率的であると考えてしまうわけです。


このため職場でも衝突してしまうケースが少なくないので注意が必要です。


特に仕事に慣れるまでの間は人間関係の問題が重くのしかかるのでなおさらです。


仕事の問題=人間関係の問題です。ではどうすれば良いのでしょうか?。


» 続きを読む

職場の嫌な上司や先輩と上手に接する方法!たったこれだけでストレスが抑えられ心と体が楽になる!




50.png



■好きになる必要は全くありません!


人間関係で悩まされる要因の一つに人は心のどこかで毎日接する人に対して「人を好きにならなければならない」という想いに縛られています。これが人を苦しめます。


人を「嫌う」、もしくは「苦手」と思うことに罪悪感を感じてしまうからです。


どんなに人間関係が良好な職場であっても、嫌いな人や苦手な人が1人や2人必ずいます。


しかし、看護師さんの場合は、ドクター、上司、先輩、同僚、後輩、その他のメディカルスタッフなど沢山の人たちと接しなければ看護の業務が成立しません。


ちなみに職場で働く人たちが嫌う、もしくは苦手とする人は以下の通りです。


(ドクターの場合)

常に上から目線で命令口調、すぐにキレて人がいる前で怒鳴る、人のいうことを聞かない、患者さんを軽視、何か問題がおきると逃げる、セクハラ、カルテの字が汚くて読めない。


(上司・先輩の場合)

嫌な仕事ばかり押しつける、仕事しない、自分の考えを押しつける、うわさ話が多すぎる、すぐにキレる、かばってくれない、愚痴ばかりこぼす、責任逃れが酷い、嫌味が多い。


(同僚)

職場の人間の悪口が多い、相談してくるが相談にはのらない、周囲にこびを売る、ずるい、自己中心的、いじわる、自意識過剰、自分がいないと業務は回らないと本気で思ってる。


(後輩)

仕事のミスや態度を注意するとふてくされる、無口でなく無視、悪い意味でマイペース、タメ口、態度がでかい、嘘が多い、同じ失敗を繰り返す、同じことを何度も聞いてくる。


(メディカルスタッフ)

自分の立場を押し付ける、自己主張が強すぎる、協調性がない、自分のミスは棚にあげて、人のミスを突いてくる、責任転嫁が酷い、ドクター以外には常に上から目線。



上述したことは、医療の現場だけでなく、大抵の職場で当てはまることだと思いますが、嫌われる人、苦手な人がいなければ、優しい人や素晴らしい人は存在しえません。


かと言って好きな人たちだけで仕事をすることはできませんので、嫌いな人、苦手な人、どうでもいい人たちともストレスなく接するようにしなければ身がもちません。


» 続きを読む

患者とのトラブルを解消する方法とは?!たったこれだけで人間関係の悩みが劇的に小さくなる?!




38.png



■便利になればなるほどトラブルが起きやすくなる?


病院の業務はシステム化が進んだことによって、大量のデータを管理できるようになり、業務上便利になった部分が確かに大きいですが、その反面混乱することも増えています。


病棟には沢山の入院患者さんが退院まで細かいスケジュールがびっしり組まれ、外来には沢山の患者さんが日々訪れるので、正直混乱しないほうが不思議なくらいです。


そこは現場で働いている人たちによって支えられているからですが、それでも限度があり、患者さんをほったらかしにしていたなんて場面に遭遇することも当然あるわけです。


病気を抱えていて不安でない方はいません。患者さんへの対応や治療法などに関する説明がきちんと行われないと病院に対する不信感が生じ、これがトラブルの原因になります。


待たされた患者さんやそのご家族は当然怒りますよね。待たされた時間の長さや対応するスタッフの態度によって怒りの度合いが大きくなったり小さくなったりします。


トラブルが発生した場合は最小限に抑えるためにも非をすぐに詫びて迅速に対応するしかありません。とはいっても患者さんによってはいきなり怒鳴りつけてくる人もいます。


経験が浅い看護師さんの場合、唐突過ぎて萎縮してしまう方も少なくありません。


» 続きを読む

職場の人間関係に悩む看護師が抱える問題とは?!人間関係の悩みを解消するポイントとは?!




28ningenkankei.png



■職場の人間関係の問題点


職場の問題の約9割は人間関係の問題といわれていますので、実際に多くの人たちが悩まされています。ですので、私たちが働くうえで避けては通れない重要な問題でです。


人間関係を避けて生きることは不可能に近いので、人間関係の悩みを悩みとして抱え続けるのではなく、人間関係に強くなって逆に楽しむことを選ぶべきではないでしょうか?。


看護師さんが働く職場には看護師さんだけでなく、医師の先生をはじめ様々な技能や技術を持つ専門のメディカルスタッフも沢山いますし、患者さんとの関係もあります。


看護師さんが抱える職場の人間関係の問題で多いのは以下の三つになります。


(1)上司や先輩、同僚に対する不満

(2)後輩や部下に指導したり、
   上司や先輩として接することが
   上手くできない。

(3)患者さんの対応に戸惑う



「先輩上司の問題」

上司や先輩にも良い人と良くない人がいるわけですが、これはどこの職場でもあります。普段から職場で我が物顔で振る舞ったり、自分の都合で強引に仕事を進める人もいます。


職場の人達は当然こうした上司や先輩の理不尽な行いに不満を抱えることになりますが、相手が相手なだけに指摘することはできないので、常にストレスがたまります。



「同僚の問題」

一方、同じ立場にある同僚に関しては、「仕事の不平不満などの愚痴が多い」、「言われたことしかやらない」、「人によって態度が違いすぎる」などの問題があげられます。


年がら年中愚痴をこぼしている人の話を聞くほど嫌なことはありません。「この人自分がいないところでは、自分の悪口を散々言っているのでは?」と疑いたくなります。


また、職場では同じ立場にいるので、小さなことでも気になってしまいます。


例えば、人に言われたことしかやらない人は最低限のことしかやらないわけですから、普段からこのような姿勢で働くと次第に言われたこと以下のことしかやらなくなります。


そうすると当然職場ではトラブルが起きやすくなり、そうしたトラブルを解決するために他の職場の人たちが尻拭いしなければならなくなるので、やらされる方はたまりません。



「後輩や部下の問題」

後輩や部下に対する問題で多いのは、「指導・教育」に関することが圧倒的に多いです。とくに年齢差が離れすぎていると、どのように接すればよいか分からず戸惑います。


例えば仕事のことで注意するとすぐにすねてしまったり、逆に萎縮しすぎてしまったり、人によって態度が微妙に異なるので、そのたびに悩むことになります。


また、後輩や部下が年上の場合も大きな悩みの種となります。年下の部下や後輩と接するようにはいきませんので、かえって色々と考えすぎてしまい、混乱することになります。



「患者さんの問題」

最近の病院の傾向としては、これまで以上にサービス業としての側面を強化していまして、患者さんの「治療」に関する満足度を上げる努力を常に求められています。


インターネットでは医療機関に関する口コミから色々なことを評価するサイトがいくつもあるので、こうした評価や評判にも耳を傾けなければなりません。


どこの病院も生き残りをかけて必死ですから、患者さんというよりお客様になってます。
そうした状況にありながら国は医療を削る方向に動いているのでたまりません。


看護師さんの場合は、担当した患者さんと直で対応に関する問題でトラブルとなることもあれば、患者さん同士のトラブルの仲介役として間に入らなければならない時もあります。


» 続きを読む

人間関係が良い職場と悪い職場の違いとは?余裕がない職場は大変!




425.png



■なぜ職場の人間関係が悪くなるのか?


御存知の通り看護師さんの仕事は、常に職場のスタッフ同士の連携が求められます。人の命がかかっているので、一人よがりな行動は絶対に許されませんよね。


このため人間関係が悪い職場で働くほど苦痛なことはありません。


人間関係の悪い職場は、医療機関に限ったことではなく、どこの業界にもあります。


事実どこの職場にも「あっ、この人嫌だな」と直感的に思う人は必ずいますよね。


職場の雰囲気が悪くなる原因には、色々ありますが、どうしても嫌な人の周りには、なんともいえない「 嫌なオーラ 」がどんよりと漂っていますよね。


それもほそのはず「この人イヤダイヤダ」と職場のスタッフ全員が思うからです。


嫌な人は、その期待に答えるかのように、嫌なことを仕掛けてくるので、心が「嫌な」気持ちに偏り過ぎないように注意しなければなりません。


そうしないと、ひたすら嫌なことが増えていきます。

» 

患者とのトラブルに苦しむ看護師の問題とは?自分の身を守るのは自分!




163.png



■患者さんの怒りの原因とは?


時代の流れからか、多くの病院が社会的規範やモラルなどを守るためにコンプライアンス
を厳格化したにもかかわらず、殘念ながら患者さんとのトラブルは年々増加しています。


皮肉にも病院と患者さんの距離がより遠のいてしまうこととなり、患者さんの病院が提供
する医療サービスに不満がかえって高まることとなり、クレームの数が激増してます。



患者さんの怒りを爆発させてしまう主な要因として以下のものがあります。


(1)長い待ち時間

(2)不自由な入院生活

(3)病室の環境(臭い、気温、窮屈な集団生活)

(4)医師や看護師の説明が人によって異なる

(5)担当者が突然変更

(5)病院側の対応(診療計画やケアプランを突然変更)

(6)職員の態度・対応の悪さ

(7)検査結果などへの不満

(8)処置やケアに対する不満



患者さんの健康状態、精神状態も怒りを爆発させる大きな要因としてあげられます。


元々病院はクレームが発生しやすい所なんですが、昔は医師の威厳が今では考えられない
くらいありましたが、1990年代以降医師の威厳や信頼が年々低下しています。


昔は医師の言うことが絶対でした。特にベテラン医師の威厳は凄かったので、治療や手術
に関する説明に対して患者さんが意見するということは考えられませんでした。


今では医療ドラマや医療ドキュメンタリーの影響からか、クレームとまではいかなくても
自分の要望や意見を述べる患者さんが多いので、余計に時間を削られることになります。


悲しいことに医療技術が上がっても、患者の満足度は下がっている状況が続いてます。





■クレーム対応の難しさとは?


患者さんからのクレームに対して、段階別にしっかり対応出来るように「クレーム対策」
を行っている病院は意外にも少なく、全体の3割にも満たない状態です。


一応気休め程度にマニュアルを作成している病院が半数程度にとどまっています。


ですので、対策を行っていない半数以上の病院で働くとなると、クレームが発生した場合、
従業員自らが対応し、ことを収めなければならないので、従業員の不満が高まります。


病院に対する不信感が職場全体に広がるので、従業員の士気も下がります。


そして、クレームを入れる患者のタイプですが、「患者トラブルを解決する技術の」著者
である屋内康彦氏いわく、大きく分けて以下の3つに分かれます。


(1)モンスターペイシェント

(2)ハードクレーマー

(3)クレームをつける普通の患者



モンスターペイシェントとハードクレーマーは、マニュアルでは到底対応できないレベル
のクレームをつけてくる人達です。理不尽な要求、暴力、威圧を繰り返します。


また、院内トラブルとして多いのは以下の通りです。


(1)身体的暴力

(2)暴言

(3)セクハラ


殘念ながらこういった問題が減少する可能性は低いので、病院側がきちんと対策を行って
いるかが、非常に重要になりますので、就職・転職するさいは、この点も確認しましょう。





■患者さんとのトラブル


病棟勤務の看護師さんは、患者さんやご家族にとって最も身近な存在です。


一般的に親しみやすいイメージがあるので色々と相談を受けると思います。


例えば医師の先生には言いにくいことも、女性の看護師さんであれば、言いやすかったり
するので、あれこれ色々なことを聞かれることが多いですよね。


看護ケアを行うだけが看護師さんの仕事ではありません。


こういった何でもないことが実は非常に大事だったりします。


なぜなら患者さんは、入院中に様々なストレスを受けています。


そういった状況にありながら病気に対する不安だけでなく、仕事や家族に関する心配ごと
など、本当に色々な悩みを抱えています。中には深刻なものもあります。


しかし残念ながら病院ではストレスを上手に解消するために手段が少ないです。


ストレスが蓄積され続ければ精神的に不安定な状態に陥ります。


すると次第にストレスのはけ口を求めます。


そういったときに犠牲になりやすいのが看護師さんです。看護師さんにあたる患者さんも
残念なことに少なくありません。大きなトラブルに発展することもあります。





■トラブルを隠そうする病院側の問題とは?


看護師さんに酷い暴言を吐いたり、無視するといった嫌がらせもあります。


主治医の前では非常に温厚で素直に振る舞う人でも、看護師さんに対しては酷い仕打ちを
するケースも少なくないので、接し方については十分注意が必要です。


入院中は何かとストレスが多いことから、患者さんも非常に辛い立場にありますので、
患者さんのクレーム(怒り)を受けとめなければならない人は本当に大変です。


言葉だけでも辛いですが、激高しすぎて物を投げてきたり手をあげたりします。


暴力は「 傷害罪 」になりますので、警察に通報するケースもあります。


病院で働く従業員が患者さんに手を上げれば大問題となます。


最近はよくニュースで報じられることもあります。しかし、逆に患者さんが看護師さん
に暴力を振るったからといってニュースになることはほとんどありません。


そういった問題が発生した場合は、速やかに通報したほうが良い場合もありますが、
病院側がトラブルが大きくなることを極度に恐れて通報しないことのほうが多いです。


ですので、結果的に看護師さんだけが苦しむことになります。





■トラブルが起きたら一人で抱え込まずない!


長期間に渡って入院している患者さんとのトラブルに耐えられず、「退職」にまで追い込
まれてしまうケースが少なくありません。これではあんまりです。


患者さんとのちょっとしたトラブルが大きな問題に発展しないようにするためにも、
一人で問題を悩み抱え込まないで、すぐに看護主任・看護師長に相談しましょう。


遠慮して自分だけで解決しようとしてはいけません。自分を正当化するためにも、周囲の
人たちを巻き込んで現状を知ってもらう必要があります。


まずその患者さんの担当を外してもらえるように相談しましょう。


それだけで、精神的な負担も軽くなります。


また患者さんとのトラブルは看護師さんだけの問題ではありません。


患者さんの治療においても「悪影響」を及ぼします。


そして、それでも解決しない場合は、主治医や看護部長にも相談しましょう。


円満解決するためにも早い段階で相談する必要があります。


もし、全く取り合ってくれない場合、病院内でのトラブルの弾除けのようにされてしまい
ますので、そうならないためにも一日も早くその病院を離れなければなりません。


上司に退職をちらつかせるのも一つの手段です。そうしなければ誰も動いてくれません。
悩みを相談しやすい環境にするためにも、他の職員の悩みを聞いてあげてください。


なぜ人間関係に苦しむ看護師が多いのか?職場の問題点と解消方法とは?




neaenakutemo.png



■医療機関は人間関係がギクシャクしやすい?


看護師さんが働く病院などの医療機関の多くが、慢性的な人材不足に悩まされている
ため、業務そのものが混乱することが多く、そのたびに現場はパニックになります。


こうしたことが頻繁に起こる職場では良好な人間関係を築くのが困難です。


問題が起こると、まず犯人探しが行われます。


このため問題そのものを解決する方向には中々動きません。


仕事上のミスのなすりつけ合いが行われる場面を何度もみました。


こうしたことから看護師さんの転職・退職理由として、「職場での人間関係の問題」
が一番多いのですが、こうした人間関係の問題が改善する可能性は低いです。


どの職場でも大なり小なり「人間関係の問題」はあります。しかし、医療機関の場合、
こうした人間関係の問題だけでなく、全てにおいて特殊なので悩みも複雑です。





■なぜ人は人間関係で悩むのか?


人間関係で悩んでしまう看護師さんに多く見られる特徴が以下の5点です。


(1)あまりにも人に気をつかいすぎて、自分の意見や要望を我慢してしまう

(2)他人からどのように思われているか、気になって考えすぎてしまう

(3)他人から言われた言葉の裏にあるものを考えることが多い。

(4)(3)について都合よく解釈しようとしすぎると余計考える時間が多くなる。
   
(5)何もいえない自分を正当化するために陰口や悪口でストレスを解消する。


上述したように、あまりにも人に気をつかいすぎると、自分を抑えてしまいます。


特に仕事の上で色々と我慢しすぎると、人の行動や言動について色々と考えてしまい、
頭から離れなくなってしまうので、余計に人間関係に疲れてしまいます。


お酒を飲みながら悪口をどんなに言ってもストレスは解消できません。


その場は勢いでごまかせても、余計強いストレスになります。





■陰湿ないじめについて


女性が中心の職場ですから、一筋縄ではいかないことも多々あります。


例えば同僚の看護師さんを何の理由もなく、その日の気分で無視したりします。


備品を「隠されたり」、「壊されたり」、「盗まれたり」といった、陰湿な嫌がらせ
が行われたりもします。はっきりいってされるほうはたまりません。


警察に届ければ、刑事事件として取り扱われるようなことだってあります。


こうしたことから人間関係に悩む看護師さんが実際にとても多いです。


しかし、それだけを理由に転職しても、転職先の職場のほうが酷かったなんてことに
なりかねません。上司に相談するなどして解決出来る方向に動きましょう。


しかし、どうしても我慢出来ない場合は、すぐにでも転職された方がいいでしょう。





■すぐに悩みを相談する!


上司に相談して転職までいかなくとも、他の部署へ異動をしたり、職場の上司や先輩
などに相談出来る方に今自分が抱えている悩みをストレートに相談すべきです。


「えっ?なにそれ」何でもないようなことかもしれませんが、意外と解決してしまう
ことも少なくありません。こうしたことだけで気持ちがすっきりします。


問題のある職場の看護師については、上司に頼んみこんで、勤務が重ならないように
してもらったり、同じチームにならない様に配慮してもらういましょう。





■人間関係の問題を解消する方法とは?


(1)人との距離をしっかり取る、苦手な人との距離は遠くても良いと考える

(2)人との距離をとるために言い訳や逃げ場を用意する。

(3)嫌いな人のことを考えすぎてしまう場合は、「そんな人はいない」とつぶやく

(4)好きなドラマ、映画、漫画、小説、音楽などを楽しむ時間を設ける

(5)誰とでも仲良くならなければいけないとい考え方を捨てる



上述した通り人間関係で深く悩んでしまう方は、常に人に気を使う真面目で立派な人
であるため、「誰とでも仲良く良い関係を築かなければならない」と考えがちです。


しかしそんなことはできません。いつでも嫌いな人や苦手な人と仲良くしようとする
から、どうしても苦しくなります。嫌いな人、苦手な人がいていいんです。


そのことに対して、「罪悪感」を感じる必要は一切ありません。仕事上関係を完全に
断ち切ることはできませんが、できるだけ距離をおくことはできますよね。


また、今日職場で言われたちょっとした一言に過剰に反応しすぎてしまいます。


するとあれこれ頭の中で人間関係のことを考えてしまうわけですが、そうした場合は、
(2)の言葉を何度もつぶやいてみて下さい。これはちょっとしたおまじないです。


なれると徐々に考えないですむようになるので、悩みから解放されやすくなります。


最後に好きなこと=自分の時間を持つことで、悩みから離れることが出来ます。


場合によっては仕事やプライベート上の悩みを解決するための直接的なヒントに遭遇
したり、悩みから離れる時間が次第に増えることで、悩みから解放されます。

職場でいじめられたときの解決策!転職は最後の手段として段階に応じて対応する!



doushitenano.png


■人間関係の問題がとにかく酷い?


医療機関は、人間関係が一般企業のそれよりもかなり複雑です。特に病院は、はっきり
見える形でスクールカーストならぬ職場カーストのようなものが存在します。


多くの病院で「チーム医療」を採用するケースが広がっていますが、そのトップは医師
の先生です。正確にいうと医師の先生は看護師さんの上司ではありません。


しかしそれ以上の存在として崇めるように無言の圧力があるケースも少なくありません。
この反動で新人の医師の先生は逆にベテラン看護師さんにいじめられたりします。


このため人間関係に関する色々な問題が職場全体にあります。しかも。同じ職場の人間
だけではありません。患者さんとの関係で悩まされるケースが年々増えています。


コンプライアンスを激化したことによって、患者さんとの距離が広がったためです。


ルールで従業員をがんじがらめに縛っても、業務効率がよくなりません。


単に働きにくい環境が広がっただけで、その結果として患者さんとのトラブルが増えて
いるという事実に病院の経営陣は気がつくどころか、さらに厳格化を進めています。


最近では入職して日の浅い看護師さんは、職場の雰囲気があまりにも窮屈であるため、
数日で退職を決意する方も少なくありません。昔はここまで酷くはなかったんです。





■逃げ道を常に用意する!


いい大人でありながら、挨拶をしても無視されたり、私物を捨てられたりといった陰湿
な「 イジメ 」も残念ながら実際にありますし、これらが無くなることはありません。


あなたも自分ではこうした酷いいじめにあったことがなくても、それに近いことが行わ
れている現場を一度や二度は見たことがあるのではないでしょうか?


悲しいことにこうしたイジメ被害に悩まされている看護師さんが少なくありません。


それでも出勤したら最後まできちんと仕事をこなさなければならなりません。


医療に従事する人たちの仕事は、患者さんの命がかかっています。


もしもいじめが尾をひいて業務に支障をきたすようなことになれば大問題です。


黙っていても問題は解決されませんし、精神的に大きな負担になります。


どうしても我慢出来ないのであれば、最悪の事態に備えて逃げ道を用意しましょう!
年功序列が厳ししい世界で真っ向勝負を挑むのは得策ではない場合が多いです。





■まず最初は上司に相談する


そのまま我慢し続けて問題が改善されないのであれば、さらに精神的に辛い状況に追い
込まれるだけですから、うつ病などの精神疾患を患う可能性も十分あります。


そうならないために思い切って転職するのも一つの手ですが、しかし問題があります。


無事転職できても、新しい職場でも同じような目にあうの可能性があるからです。


これでは意味がありません。もしも部署を移動すれば解決出来る程度の問題であれば、
すぐに上司に相談してみてください。相談するだけでも精神的に楽になります。


そのとき上司がどのように対応してくれるかも非常に重要です。


ただ「それくらい大人なんだから我慢しなさい」、「わたしにどうしろというの?」、
「余計な問題を起こさないでよ」」というのなら、それ以上居続けるのは無意味です。


問題は解決するどころか、大きくなるかもしれませんので、すぐに転職しましょう。


しかし上司の方が親身になって話を聞いてくれたり、何らかしらの対応をしようと試み
てくれるのであれば、非常に恵まれていますので、転職を踏みとどまるべきです。


逆に自分を一人の看護師として、成長させてくれる絶好機かもしれません。





■転職を決意したなら?


また、なるべく勤務が重ならないように配慮してもらったり、同じチームにならない
ように配慮してもらうだけでも、会う機会も減るので心の負担が軽くなります。


今以上に人間関係が良くて働きやすい職場を探しているのなら、看護師転職サイトを
利用しましょう!スピーディーな「 転職活動 」が可能になります!


自分で調べるのは困難な求人先の情報をしっかり調べてくれます。


また、離職率などの指標をみながら、働きやすい理想に近い職場を紹介してくれます。


有給消化率や既婚率が高く、常勤、非常勤で子育て中の看護師さんが多いところは、
それだけ働きやすい職場とみて大きく外れることはありません。


正確な数字は教えてもらえなくても、大体の数字は病院見学でも教えてもらえますが、
看護師転職サイト側が調べてくれるので、やりたくないことはおまかせしましょう。


職場では相談できない仕事に関する悩みを相談するだけでも十分価値があります。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます