子育と仕事の両立についてのカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

  • ホーム
  • »
  • 子育と仕事の両立について

カテゴリ:子育と仕事の両立について

子育と仕事の両立についてのカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
看護師さんが妊娠・出産にかかる費用とは?!産休・育休後に復職しやすい職場で働こう!!

子育と仕事の両立について
■妊娠・出産にかかる費用結婚・妊娠・出産によって女性を取り巻く環境は大きく変化することになります。これは看護師さんに限ったことではなく、働く女性全てにあてはま…

記事を読む

家庭と仕事を両立するには休みが重要!週休二日の看護師求人の中身を確認!

子育と仕事の両立について
■子どもが小さいうちは仕事と家庭の両立が非常に難しい!病棟勤務の場合、夜勤が入ると1週間のうちに日勤は3日程度となります。一般の会社ではまずありえませんので、…

記事を読む

育児休暇を終えて職場復帰しやすい病院とは?育児休暇中にやるべきこととは?

子育と仕事の両立について
■育児休暇を取得するまえに知って欲しいこと育児休暇を取得することによって、育児に専念することができるわけですが、その間は、当然お給料は支払われませんので、お金…

記事を読む

看護師の育児休暇とママさん看護師の働き方について!育児休暇は当然の権利です!

子育と仕事の両立について
■育児休暇は労働者の当然の権利女性の看護師さんは、結婚・出産をきっかけに退職される方が少なくありません。本来であれば育児休暇を取得して、できるだけ長く同じ職場…

記事を読む

No Image

子育と仕事の両立について
■病院側の子育てをサポートする意識が低い女性看護師さんが看護師の仕事を続けるうえでの悩みの一つに子育があげられます。ちいさなお子さんの場合、より多くの時間を子…

記事を読む

No Image

子育と仕事の両立について
■育児休暇中のお金の問題について育児休暇をとることによって、退職することなく育児に専念できます。初産の場合は慎重にならざるえませんので、どうしても頑張りすぎて…

記事を読む

No Image

子育と仕事の両立について
■子育に理解ある職場を探すポイント子育中の看護師さんが働くとなると、仕事と家庭(家事・育児)を両立させることが前提となるので、周囲の理解と協力が得られなければ…

記事を読む

No Image

子育と仕事の両立について
■看護師の9割超は女性看護師2000年に入ってから男性看護師さんが急増しています。それまで看護さんの仕事は完全に女性中心だったわけですが、状況が少しずつ変わり…

記事を読む

看護師さんが妊娠・出産にかかる費用とは?!産休・育休後に復職しやすい職場で働こう!!




130.png



■妊娠・出産にかかる費用


結婚・妊娠・出産によって女性を取り巻く環境は大きく変化することになります。


これは看護師さんに限ったことではなく、働く女性全てにあてはまります。


結婚してから出産までの期間が短ければ短いほど金銭面の負担が重くのしかかりますので、出産した後で後悔しないためにも事前にしっかり準備する必要があります。


まず妊娠してから出産にかかるお金は以下のようになっています。



(1)妊娠中の検査費用

「妊婦健康診断」定期的に受けていただくことになり、初診に1万円から1万5000円かかり、また1回あたりの診察費は5000円から1万円程度かかります。


出産までに15回前後受診しなければならないので、10万円前後の費用がかかります。



(2)分娩費+入院費

自然分娩で35万円から50万円、大部屋の場合は1泊5000円から1万円程度かかるので、5日から7日程度入院すると40万円から60万円程度かかります。


出産にかかる費用は健康保険が適用されないことから医療機関によって差が大きいため、一般的な方法で出産した場合でも費用としてこれくらいのお金がかかってしまいます。


個室の場合はさらに1泊1万円から2万円程度プラスされるので、セレブ出産ともなれば、食事もサービスも大きく異るため、軽く100万円は超えてしまいます。


帝王切開にかかる費用は、手術代が22万1,6000円、健康保険が適用されるので、このうち3割が自己負担となるわけですが、さらにおなかの傷対策にもお金がかかります。


ご存知ないかもしれませんが、今現在帝王切開で出産されるケースが増えています。すでに5人に1人は帝王切開で出産する時代ですので、万一に備える必要があります。


民間の医療保険でかなりの部分がカバーできますし、保険会社によってはお得な「特約」もありますので、もし不安であれば、今加入されている保険を見直してみましょう。




(3)マタニティ用品+ベビー用品

マタニティ用品+ベビー用品は、お祝いでかなりの部分がカバーできますが、初産の場合どうしても無駄な出費も多くなり、なんだかんだで5万円から10万円程度かかります。



(4)内祝い

無事出産されてから1ヶ月後に行なうお宮参りの時期に内祝いを送ります。お金ではなく、日用品や食品などで「内祝い」または「出産内祝い」ののしにお子さんの名前で送ります。


送る物の金額は、もらった商品もしくは金額の半額から3分の1程度が相場です。


» 続きを読む

家庭と仕事を両立するには休みが重要!週休二日の看護師求人の中身を確認!




896.png



■子どもが小さいうちは仕事と家庭の両立が非常に難しい!


病棟勤務の場合、夜勤が入ると1週間のうちに日勤は3日程度となります。


一般の会社ではまずありえませんので、大抵驚かれます。


夜勤が入れば普通のことですが、それでも昼夜が何度も逆転することから生活のリズムを
自分で調整するのは簡単ではありません。どうしても体内時計が狂いますよね。


独身時代は休みの日には誰にも気兼ねせずに寝ることが出来ます。


しかし、結婚して子供ができればそうもいかなくなります。


仕事で疲れてどんなに爆睡していても、子供に無理やり起こされてしまいます。


家庭と両立して働くとなると、やはり家族の協力がなくては看護の仕事は到底できません。


旦那さんのお休みの日に合わせることができないと、完全にすれ違いになってしまいます
ので、休みを家族に合わせるためにも「完全週休二日」が必須ですね。


仮に職場が「完全週休二日」となっていても、休みの日は家庭を優先させなければなりま
せん。休みの日をいかに有効に使うか事前に考えておく必要があります。


そうしないと時間が容赦なく過ぎていき、「身体の疲れがとれない」「自分の時間が全く
ない」「心に余裕がなくなる」といった悪循環に陥りますので、しっかり計画しましょう。





■休みが少なすぎると嘆いていませんか?


基本的に休日数や休憩時間は、労働者の当然の権利として「労働基準法」により、定めら
れているにもかかわらず、その最低限の休日を取れずにいるケースが依然としてあります。


医療機関によって、年間の休日数は異なり、職場によっては大きな差があるわけですが、
労働基準法では最低限の休日数を定めていますので、本来厳守しなければなりません。


これは医療機関に限った問題ではありません。どの業界、業態でも抱えている問題です。


2012年までは、飲食系のサービス業を中心にブラック企業が蔓延していました。


数ヶ月間一日も休まず出勤していたなんていう記事を何度目にしたかしれません。


現在少しずつ改善されつつありますが、悪質なケースは逆に増えていることから、ついに
政府も重たい腰をあげて、ブラック企業対策に取り組む姿勢を示しています。


休日と休暇を混合されている方が少なくありません。


ここで簡単に整理しますと、休日は特別な手続きを行わなくても休むことができる日です。
一般の会社では、土日が休みとなっていますが、これが休日にあたります。


一方、医療機関で働く看護師さんの多くが、二交代、三交代といった交代制勤務によって、
日勤と夜勤を行うわけですが、これは予め勤務シフトが決められています。


看護師さんにとって、非番の日が申告しなくても休めるお休みの日となります。


一方、休暇についてですが、有給休暇(有休)や産前産後休業(産休)など、事前に申請
して休む許可をもらわなければならないお休みのことをさします。


基本的に労働基準法では、最低週1日お休みの日が与えられなければなりません。しかし、
これも毎週必ず1日休みというわけではなく、4週に4日休めればOKとなっています。





■週休二日制と完全週休二日制の違いとは?


次によく混乱してしまう週休二日制と完全週休二日制の違いについてですが、先に述べた
通り、週1日は必ず休みがなければいけませんが、その曜日は雇用する側が決められます。


土日だから必ず休みにしなければならいというわけではありません。


週休二日制は、月にたった1週でも週休二日の休みがあればOKとなります。


それ以外の週は週一日しかお休みがなくても、この場合は何ら問題ありません。


一方、完全週休二日制は、必ず毎週2日お休みとなります。


こちらも曜日は雇用する側が自由に決められるので、土日とは限りません。


おなじく「祝・祭日」にかんしても休みの対象になるかどうかは雇用主次第となっている
ので、この点に関しても後々問題としないためにも必ず確認するようにしましょう。





■心のバランスを取るために休みは大切!


夜勤が入ると寝る時間が毎日一定ではないので、疲れが取れにくいですよね。


しかし、それ以上に心のバランスを取るのが難しいです。


看護師さんの仕事は人の命にかかわる仕事です。


「 一分一秒 」を争う場面に遭遇することも日常茶飯事です。


ベテラン看護師さんといえども、予想不可能な事態に遭遇することもあります。


そうなると、強いストレスに襲われ、取り乱してしまうこともあります。


でもこうなってしまうのは、仕事に対して一生懸命だからなんですよね。


人の命の大切さを考えれば焦って急ごうとするのも当然です。


ですので、心を安定させるためにも身体を休めることが何より大事です。


しっかり身体を休める(労る)ことで心のバランスもきちんと取ることができます。


反対に肉体的な「疲労」は、簡単にはとれません。若い方はいいですが、30代も後半に
入ると「ガクン」と体力が落ちますので、体の休ませ方がより重要になります。





■週休二日の看護師求人の中身を必ず確認する!


実質週休2日でなければ精神的負担はより大きなものとなっています。


夜勤を長く取るところは、休みとかぶってしまいます。


そうなると、週休二日となっていても、休みの時間が削られてしまいます。


看護師求人を探す際にはこの点は必ず事前に確認しましょう。


そのまま頑張りすぎて働けば、病気になってしまうかもしれません。


ストレスと上手くつきあっていくためにも身体を休めることが大切です。


実際には医療機関の多くが表向きは「週休二日制」となっています。


しかし、きちんと休みをとれていないケースが少なくありません。


人手不足から毎月「夜勤」を多めに入れられてしまい、ぎりぎりの状態で働き続けている
看護師さんも少なくありません。しかし今の時代は週休2日は当然の権利です。


できるだけ長く看護師として働くためにも、しっかりと身体を休めることができるように
働き方を上手に調整しなければなりませんので、休みは重要な条件になります。


育児休暇を終えて職場復帰しやすい病院とは?育児休暇中にやるべきこととは?




343.png



■育児休暇を取得するまえに知って欲しいこと


育児休暇を取得することによって、育児に専念することができるわけですが、その間は、
当然お給料は支払われませんので、お金についてもしっかり準備する必要があります。


旦那さんのお給料で十分生活できるのであれば、全く問題ありませんが、若いご夫婦の
場合、旦那さんのお給料だけでは生活するのが難しいケースが多いです。


預貯金を切り崩しながら生活するとなると、何かと心細いですよね。


しかし、育児休暇を取得すれば、病院側からはこれまでのように「お給料」は支払われ
ませんが、「雇用保険」から、育児休業給付金として手当が定期的に支払われます。


ちなみに産後休暇に入る直前までのお給料は、締め日までの分を給料日に支払われます。


産前・産後休暇分に関しましては、産前6週、産後8週分が出産日を起点に出産日から
56日後に指定口座に支払われ、1カ月検診が終えたら職場に以下の書類の提出します。


(1)育児休暇の書類

(2)母子手帳のコピー

(3)振込先の通帳のコピー



育児休暇中は「雇用保険」から1カ月のお給料の2分の1相当額を2カ月分、2カ月に
1回ペースで振り込まれます。これで心にゆとりをもって、育児に専念できます。


また、育児休暇中も、勤務先の病院に2〜3カ月に1回ペースで職場を訪問しましょう。
そこで、近況を報告します。そうすることで復職後もスムーズに行えます。


法律では原則として1年から1年半は育児休暇を取得できますが、あっという間に終わ
りますから、その間に色々と準備しなければなりません。


もし職場に託児所がない場合は、保育園にお子さんをあずけなければなりません。


出来れば出産前に市役所に出向き、窓口にて利用できる「 行政サービス 」について、
きちんと説明してもらいましょう。そうすれば間違いありません。


電話や市役所のホームページの文章を読むだけでは、自分の都合よく解釈し、期待して
いたサービスが受けられなかったなんてことになりかねませんので、注意して下さい。





■出産をきっかけに看護師を辞めてしまう人も多い


どこの病院も人材不足に苦しんでいますので、できるだけ早期に復帰してもらいたいと、
思っているはずですから、復帰後の勤務体制も育児休暇中にしっかり検討して下さい。


例えば、病院に託児所があれば24時間子供を預かってくれるケースが多いです。


このため、夜勤を行わないといけない病院が少なくありません。


しかし、病院に託児所がなければ一般の保育園では夜間はお子さんを預かってはくれま
せんので、夜勤は困難です。復帰後の働き方についても、上司に相談しましょう。


当然ご家族にも協力してもらわないと、仕事と家庭を両立することは困難です。


しっかり、旦那さんと話し合って、お互いが納得したうえで、復帰しましょう。





■出産をきっかけに看護師を辞めてしまう人も多い


出産をきっかけに育児休暇をとらずに退職してしまう看護師さんが少なくありません。
とくに初めて出産される方に多いのですが、これは非常にもったいないです。


子育が一段落するまでにかなりのブランクが生じてしまいます。数年後今より良い労働
環境が整っているか、誰にも分かりませんし、良くなっている保証はありません。


時間があまりにも空いてしまうと復職するのをためらってしまいます。


人によっては子供を預けて働きに行くことに対して罪悪感を感じてしまうようです。


そうなると必然的に潜在看護師になってしまいます。そして、看護師の仕事と全く関係
のない他のパートの仕事に就いてしまうケースが非常に多いです。


大変な思いをして看護師の資格を取得したわけですから、本当に勿体無いですよね。





■育児休暇後も働きやすい職場とは?


しかし、育児休暇を取得すれば、復帰後に同じ条件で働くことができます。


また、育児休暇が明けても働ける職場が多いですし、不安なく育児に専念できます。


ですので、育児休暇制度を利用して退職することを避けたほうがいいです。


一定の期間がすぎれば復帰することになりますが、託児所のある病院なら仕事と家庭を
両立させることができますし、現に多くの看護師さんがそうしています。


人材不足を解消するために託児所を新設する病院が増えています。


こうした病院は家庭を持つ看護師さんが多く、子育に対する理解度が高いです。


上述した理由から、24時間営業の託児所が施設内にある病院が一番理想です。


また職場に結婚・出産を経験された看護師さんが多い職場は働きやすい傾向にあります。
逆に独身者ばかりの職場は、出産・子育てに理解が低いケースが多いです。





■託児所がある病院で働くメリットとは?


しかし、現在勤務されている病院に託児所が無い場合が多いです。


こうした場合は復帰した後に仕事と家庭を両立させるのは簡単ではありません。


状況によっては、育児休暇を取得することなく、退職することを余儀なくされることに
なりますが、看護師という仕事に誇りを持っている方は簡単には退職しません。


旦那さんのお給料で十分生活できる方は良いですが、そうでない場合は、看護師として
生活のために働く必要がありますので、託児所がある病院が必須となります。


最初から託児所がある病院で働けば、育児休暇をしっかり取得し、出産した後も育児の
ことを心配しないですみますので、無理なく安心して働くことができます。


看護師の育児休暇とママさん看護師の働き方について!育児休暇は当然の権利です!




kanzyouwo.png



■育児休暇は労働者の当然の権利


女性の看護師さんは、結婚・出産をきっかけに退職される方が少なくありません。


本来であれば育児休暇を取得して、できるだけ長く同じ職場で働き続けたほうが何かと
メリットが多いのですが、知ってか知らずか取得せずに退職されてしまいます。


育児休暇は、労働者にとって当然の権利です。育児・介護休業法で定められています。


育児・介護休業法は、労働者が育児や介護などを行いながら働けるように支援する目的
で制定されており、女性だけでなく男性の看護師さんも取得することができます。





■育児休暇は絶対にとりましょう!


都会では核家族化が進んでいるため、自分の他に子育てをする人が誰もいないケースが
非常に多く、多くの方が子育と仕事を両立させることに苦労されています。


両親がすぐそばに住んでいれば、子供の面倒をみてもらえますが、そうでないとすべて
を自分たちで行わなければならないので、慣れるまでは本当に大変なんです。


特に初めて出産された方の場合は、何かと育児に対して不安があるかと思います。


ですので、無理をせずに必要に応じて休暇願いを出して適度に休みましょう。


育児休暇は労働者の権利なのですが、人材不足で職場が忙しいため遠慮してしまい、
取得するのをためらう方が多いのですが、無理をして体を壊しては意味がありません。


子どものためにも無理をせず適度に休暇をとりましょう。





■こんな職場では仕事と家庭の両立は厳しい


職場に結婚されている方が極端に少ないと子育に対して理解度が低い場合があります。
できるだけ同じ職場で働き続けるためにも非常に重要なポイントです。


また転職やブランク明けの復職の場合も、この点が非常に重要になります。


また育児休暇後も子育ては続くわけですから、託児所のある医療機関に勤務することが
理想です。託児所があるところは、子育に対して理解が高い所が多いです。


子どもと一緒に通勤し、子供を預けてる間は安心して働くことができます。


上述した点を全く満たしていない職場は圧倒的に独身者が多いので、家庭と仕事の両立
を目指す看護師さんに対する理解が低いため、休みも取りにくく、働きにくいです。


ママさん看護師が転職・就職するさいの苦労とは?子育てに理解がある職場を探すのが困難?




■病院側の子育てをサポートする意識が低い


女性看護師さんが看護師の仕事を続けるうえでの悩みの一つに子育があげられます。
ちいさなお子さんの場合、より多くの時間を子育てに割かれる事になります。


このため家庭と仕事を両立することが難しいです。しかし、子育てが一段落してから
常勤で復職するにしても、長期のブランクが生じると簡単ではありません。


こうした問題は看護師さんだけでなく、働く女性全てにいえることなのですが、社会
全体が子育に対する理解が低いため、仕事と家庭を両立させることが難しいです。


子育て中の女性が看護師として働くには、雇用側が子育てに対して「理解度」が高く
なければ難しいので、求職中に常勤で働くのをあきらめてしまう方が多いです。


残念ながら先進国の中でも日本の医療機関は、従業員の子育に対するサポートが十分
でないケースが圧倒的に多く、全体的にみて子育てに対する意識が低いです。


現政権が盛んに「女性の社会進出」をうたってましたが、どうみても低賃金労働市場
に女性を送り込みたいという思惑が見え隠れしているので、期待できません。


ですので、今後も劇的に変わる可能性は無いに思われます。





■子育への理解度の低い職場は避けよう


仮に「給料」などの条件が良く、自分の希望する部署で働くことが出来たとしても、
職場が子育中の看護師さんに対する理解がなければ、やはり厳しいです。


病院によっては、既婚者よりも圧倒的に独身者が多いところが少なくありません。


子供が急に病気になれば当然休まなければならなりません。しかし、こうした理由で
休むことを職場全体が快く思ってない場合が少なくありません。


特に職場に既婚者が少ない場合は、そうした傾向が色濃く見受けられます。


このため自分の都合にあわせて休みを取るのが難しいと感じることでしょう。


いくら我慢しても家庭の都合を優先させるのが難しい上に、人手がまったくといって
いいほど足りていないので、次第に働きにくさを強く感じることになります。


酷いところになるとパートやアルバイトでも容赦無いので難しいす。


ですので子育てが一段落してから転職や復職する場合、子育と仕事を両立することに
対して理解度が高い職場を探す必要があります。そうでないと長続きしません。


求人の探し際のポイントについてですが、看護師転職サイトを利用して、可能な範囲
で「既婚者の数」や「離職率」、「有給消化率」などを調べてもらいましょう。


既婚者数の割合が低いと、子育て中の看護師さんに寛容ではない可能性があります。


同様に離職率が平均よりも飛び抜けて高いところは避けなければなりません。


有給消化率が低いところは休みが取りにくいと判断できるので、こちらもパスです。





■子育に理解度が高い職場を探すには?


最近は病院内に託児所があったり、病児保育、育児手当といった、子育て支援に力を
入れている所も増えていますので、決して悲観する必要はありません。


各地方自治体が子を持つ働く女性を支援するサービスを色々と提供しています。


できることなら、出産前に市役所を訪れて、色々調べたほうがいいです。


窓口の人から子育てと仕事の両方ができるように色々とアドバイスしてくれています。


行政側から案内される可能性が低いので、こちらか積極的に問い合わせしましょう。


しかし、上述した理由から、ママさん看護師さんの割合が極端に少ない職場で働くと
余計な苦労をしますので、求職活動を行なうさいに、必ず確認しましょう。


こうした情報を自分で調べようとすると時間がかかり、非常に効率が悪いです。


しかし、看護師転職サイトを利用すれば、すぐに転職コンサルタントの方が調べてくれます。


まずは「看護師転職サイト」へ登録して子育と仕事をどのように両立させれば良いか、
適切なアドバイスをもらうことから始めませんか?。きっと心が軽くなりますよ。


看護師の育児休暇中のお金の問題について!行政サービスを徹底的に使い倒しましょう!




■育児休暇中のお金の問題について


育児休暇をとることによって、退職することなく育児に専念できます。


初産の場合は慎重にならざるえませんので、どうしても頑張りすぎてしまいます。


ですので必ず育児休暇をとるべきです。また育児期間中は給料やボーナスは支給され
ません。この間は無収入となるので、この点も事前に知っておく必要があります。


しかし医療機関によっては給与やボーナス支給対象期間内に復職すれば、その分減額
されはしますが、支給してくれるところもありますので、必ず確認しましょう。


育児期間中は病院側からお給料が支給されることはありません。とくに若いご夫婦は、
旦那さんのお給料だけでは生活出来ない場合が多いので、不安に感じることでしょう。


しかし、最近は雇用保険から育児休業給付金が支給されれます。


育児休業給付金は、休職前に病院側から支給された給与の50%支給されます。


例えばお給料が30万円支給されていたと仮定して、育児休暇を1年間取得した場合、
12月×15万円=180万円が給付金として支給されることになります。





■育児休暇中の問題を解決する方法


復職を焦り過ぎるのも問題です。ですので、そうならないためにも「 行政 」が運営
する子育支援に関する様々なサービスを利用されることをオススメします。


これだけでも生活面での不安はかなり解消されますよ。


特に都会に暮らす地方出身の方で親族が近くに住んでいない場合は必須です。


皆さん忙しくされていて、育児と家事に追われる生活に苦しんでいます。


相談出来る人がいないと人は孤独になります。そうならないためにも大切です。


例えば「地域名+子育て支援」とヤフーやグーグルで検索すれば、お住まいになられ
ている地域が運営している「 子育て支援サービス 」の一覧が沢山あります。


子育に関する問題についても相談窓口も色々ありますので、是非ご利用ください。


旦那さんに相談しても、正直男の人はどうしていいか分からない場合が多いです。


これまで沢山のママさんの相談に乗ってきたプロの力に頼って下さい。





■行政のサービスを徹底的に利用しましょう!


また育児休暇中は社会保険料の免除や育児休暇が終了した後の「社会保険料」の特例
処置などがあるのですが、多くの働くママさんたちがこうした情報に疎いです。


行政側も自ら宣伝することはないので、こちらが動かなければなりません。


そして、それ以外にも3歳未満のお子さんを養育する期間についての「年金額計算」
の特例処置や、育児休暇期間中の住民税の「徴収猶予」などもあります。


また上述した育児休暇中に支給される「育児休業給付金」もありますから安心です。


こういった子育て支援に関するサービスや制度を上手に利用すれば、かなりのお金を
セーブすることができますし、何より安心して子育に専念できます。


復職した後のことも考えて、行政サービスを使い倒して下さい。皆さんご存じないの
ですが、こうしたサービスを利用すれば、大幅にお金をセーブできます。


申請に関しましては一定の条件がありますので、最寄りの市役所に相談しましょう!



子育に理解ある職場を探すポイントとは?ママさん看護師が働きやすい職場とは?




■子育に理解ある職場を探すポイント


子育中の看護師さんが働くとなると、仕事と家庭(家事・育児)を両立させることが
前提となるので、周囲の理解と協力が得られなければ働き続けるのが困難です。


当然毎日忙しいので、自分の時間を確保するだけでも本当に大変です。


ですので、どんなに給与などの勤務条件が良くても、子育てに理解のない職場で働く
ことほど苦痛なことはありませんし、長期間にわたって働くことができません。


しかし、自力で子育に理解がある職場を探すのは本当に骨が折れます。


まったくあてにならない情報に振り回されることが少なくありません。


しかし、それでも何とか自分で自分の希望にあった職場を探したいという看護師さん
のために以下のとおり職場探しのポイントを記しておきます。


(1)職場に子育て中の看護師が多い

(2)子育て経験者が多い職場

(3)既婚率が高い職場

(4)託児所が施設内に完備されている

(5)有給消化率が高い


この五点をしっかり抑えれば大丈夫です。


この条件に当てはまる職場は、子育に理解がある可能性が高いです。


有給が取りやすいところは、職場の上司が他の従業員が休むのに対して協力的である
証拠でもあるので、休みも比較的取りやすいと考えることができます。


ですので、長期間にわたって、安心して働くことができるでしょう。





■ママさん看護師に不向きな職場とは?


反対に独身の方が多い職場は、子育に対しての理解が思うように得られず、時と場合
によっては、かなり辛い思いをしますので、注意が必要です。


また、一般病棟は当然のことながら求人の大半が交代勤務を強いられますので、家庭
の事情を優先しなければならない子育中の看護師さんは、非常に少ないです。


特に大学病院は大半が独身者であるため職場全体がブラック色が強いです。


当然ブラック色の強い職場は、子育中の看護師さんには不向きです。


病棟勤務よりも外来やクリニックに子育て中の看護師さんが多いです。


しかし現状では常勤よりもアルバイトやパートとして働いている方が多いです。


常勤で働くよりも、休みが取りやすいうえに、午前中だけの求人も多いですし、時給
も高めに設定されているので、家計を支えるには十分稼げることができます。





■看護師転職サイトを利用するメリット


お子さんが小さいと急に熱を出してしまことが当たり前のようにありますよね。


そうなれば当然休まなければなりませんし、早退することもあるでしょう。


いたしかたないことではありますが、大なり小なり迷惑をかけてしまうことになりま
すので、心ない職場の上司や同僚から嫌味の一つや二つ言われることもあります。


ですので、子育てに理解がないところでは、休みを取りづらいのが現状です。


このため、子育てに理解ある職場を探すために上述した5ポイントが重要です。


しかし、自分で探すのは大変です。情報量が多い「看護師転職サイト」を利用すれば、
子育中の看護師さんの強い味方となって、働きやすい職場をリサーチしてくれます。


看護師転職サイトなら子育から完全に開放されたあとの将来的なキャリアプランまで
しっかり考えてくれるので、すべてにおいて安心しておまかせできます。


女性看護師と男性看護師の比較!男性看護師の需要が急拡大している理由とは?



■看護師の9割超は女性看護師


2000年に入ってから男性看護師さんが急増しています。それまで看護さんの仕事
は完全に女性中心だったわけですが、状況が少しずつ変わりつつあります。


一方、そうした中で地方の病院では男性看護師の数は、まだまだ少ないようです。


ちなみに、看護師さん全体にしめる男性看護師の割合は8%程度です。


つまり女性看護師が全体の90パーセン以上占めているわけです。


しかし、男性看護師を求める声が医療機関で広がっています。


何と言っても看護師さんの仕事は肉体的に非常にハードですから、どんなに贔屓目に
みても、やはり男性看護師の方が体力面でどうしても女性看護師よりも有利です。


また女性看護師は、結婚や出産をきっかけに職場を離れなければなりません。


しかし男性看護師の場合はそういったことがありませんので、こうした点に関しては
雇用する病院側にとっても非常に大きなメリットになります。


女性看護師は、旦那さんの転勤、子育など「 家庭の事情 」によって退職しなければ
ならないケースが多いですが、男性看護師はそういったことがありません。





■女性看護師の役割について


患者さんに対する看護ケアに関しては、女性看護師さんの方が向いている


女性看護師は、「 看護ケア 」が非常に優れています。


こうした心配りが患者さんに安心感を与え、治療にも良い効果をもたらします。


このため患者さんも女性看護師さんの方が親しみを感じるケースが多いです。


特に女性や子供は、そうした傾向が強いです。


男性看護師さんの場合は、大なり小なり「 威圧感 」を感じてしまうようです。


このため患者さんの悩みを相談される機会は圧倒的に女性看護師の方が多いです。


例えば医師の先生に対しては、社会的地位の高さもあってか、萎縮してしまうようで、
言いたいことが言えずに思い悩んでいる患者さんが少なくありません。


そうした悩みを女性看護師さんに打ち明けることで解消するケースも多く見受けられ
ますので、女性看護師さんの果たす役割は依然として非常に大きいです。





■非常勤看護師が今後さらに増える?


看護師さんの働き方がここまで多様化したのも、女性中心の仕事だからです。


男性看護師が中心だったら、これほどまで非常勤の仕事は増えなかったと思います。


常勤看護師は夜勤と日勤を両方行わなければなりません。


ですので、家庭と仕事を両立させることが非常に困難です。


常勤だけに固執すると「人材不足」がさらに深刻化することになるので、勤務シフト
をより細分化して非常勤看護師に割り当てることで何とか人材を確保しています。


パートやアルバイトで働けるようにすることで、仕事と家庭を無理なく両立出来ます。


しかし、それでも人材不足は解消されていないので、今後はより勤務シフトを細分化
して、家庭を持つ女性看護師さんがより働きやすい環境を整備する必要があります。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます