看護師の給料についてのカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

カテゴリ:看護師の給料について

看護師の給料についてのカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
看護師の年収が高いは嘘?会社員の平均年収と比べてみました!

看護師の給料について
■看護師の年収は平均より少し上一般の人達の間では、医療に従事する人達のお給料は高いと認識されています。ちなみに看護師さんの平均年収は、37.5歳で469万円で…

記事を読む

給料が少なくて不満を抱える看護師がおかれている厳しい現実!

看護師の給料について
■お給料の不満は評価の低さに対する怒り?「お給料が少ない」と、嘆く看護師さんは少なくありません。恐らく、お給料の額に満足している人を探す方が難しいでしょう。「…

記事を読む

No Image

看護師の給料について
■本当に看護師さんの給料は高いのか?世間一般の人達からすると病院で働く看護師さんは「高給を稼いでいる」イメージが依然として強いようなんですが、看護師さんの平均…

記事を読む

No Image

看護師の給料について
■看護師さんのお給料は高い?世間の皆様は、看護師さんの年収は高いと思われているようです。ちなみに看護師さんの平均年収は37.5歳で469万円で、サラリーマンの…

記事を読む

看護師の年収が高いは嘘?会社員の平均年収と比べてみました!




zibunwosukini.png



■看護師の年収は平均より少し上


一般の人達の間では、医療に従事する人達のお給料は高いと認識されています。


ちなみに看護師さんの平均年収は、37.5歳で469万円です。


サラリーマンの平均年収が409万円で、平成9年をピークに右肩下がりであるのに対して、看護師さんの平均年収はほぼ横ばいで推移しています。


また、東証一部に上場する企業の平均年収は672万円となっています。


この程度の差ですが、看護師の給与は高いというイメージが世間にはあります。


女性が普通に 正社員として会社に勤務した場合の平均年収が38歳で292万円ですので、この数字で比較されてしまえば、高いと思われるのも無理ありません。


しかし看護師さんの仕事は拘束時間が長いですし、勤務シフトも一般企業とは異なり、夜勤や準夜勤などの変則勤務であるため、肉体的にも精神的にもハードですよね。


正当な対価が得られているとは、到底言えない状況にあります。


» 

給料が少なくて不満を抱える看護師がおかれている厳しい現実!




atarimae.png



■お給料の不満は評価の低さに対する怒り?


「お給料が少ない」と、嘆く看護師さんは少なくありません。


恐らく、お給料の額に満足している人を探す方が難しいでしょう。


「本来なら自分はこれくらいもらってもいいはずだ」という思いが誰にでもあります。


それに対して病院側の評価が自己評価を大きく上回って低ければ、誰でも不満を抱く
ことになります。仕事へのモチベーションは当然上がることはありません。


しかし、そうはいっても女性が就ける仕事の中で看護師さんの仕事はかなりお給料が
高めに設定されていますが、その分仕事は超が何個もつくほどハードですよね。


例えば、一般の会社に勤務する女性社員と看護師を比較した場合、収入面では倍近く
差が開く可能性があります。しかし仕事の苛酷さは倍ではすまないかもしれません。


一般の会社で働く女性の多くが一日中デスクの上で仕事をするのに対し、看護師さん
の仕事は、常に立ったままの状態で所狭しと病院の中を動きまわります。


また病院の人間関係は、かなり複雑であるため、精神的なストレスに苦しめられてる
方も多いです。それくらい看護師さんの肉体的にも精神的にも過酷ですよね。


ようするに「自分はこれだけ大変な仕事をやっているのに、その評価がこれか?」と、
いった思いがあり、どうしても納得出来なことから、不満が大きくなります。





■お給料を低く抑えたい病院側の事情とは?


看護師さんの仕事は、本来人間が寝ていなければならない時間帯も夜勤や当直で働く
ため、健康管理が非常に難しく、人によっては夜勤を苦にして、辞めていきます。


それくらい過酷な仕事を多くの看護師さんたちは日々行っているわけです。


「給料が少ない」と、ぼやきたくなる気持ちは良く分かります。


ただし、給料は病院の「経営状態」によっても大きく異なります。


今現在、日本国内には8000以上の病院(診療所をのぞく)があるのですが、
その大半は赤字経営に苦しんでおり、「借入金」が年々増加している所が多いです。


地方によっては、病院が破綻してしまうと、その地域の人達が満足に医療を受けられ
なくなりますので、自治体側も病院を守るために必死でサポートしています。


ですので、患者数が増えるわけもないのに、きちんと借り入れが行えるようになり、
なんとか凌いでいる状況で、普通の会社であれば有無をいわさず破綻しています。


ですので、無い袖は振れないんです。赤字経営の病院は好条件を提示して人材を確保
するための余裕がなく、反対に経営が安定している病院は好条件を提示できます。


つまり、病院もこうした極端な形で二極化が進んでいる状態なので、できるだけ経営
状態が良い病院で働くべきですが、地方によっては数に限りがあるので困難です。





■なぜサービス残業が多いのか?


想象を超えた激務をこなさなければならないときにも、給料と実際の仕事が見合って
いないという強い思いが襲ってきます。そしてその不満は次第に大きくなります。


2006年に診療報酬に関する法改正が行われ、夜勤は72時間を限度に定められて
いるわけですが、1回の夜勤が9時間であれば月に8回まで可能となります。


しかし、現実問題として、月に8回も夜勤をこなすとなると大変ですよね。


病院側とすれば9時間では短すぎるでしょうから、当日の夜勤が終わったとしても、
時間外で働かされることになり、時間外で働き続ける可能性が高いです。


職場によっては、こうした時間外勤務の手当を受けられないケースもあります。


というのも病院での「時間外手当」は、タイムレコーダーに刻まれた数字に合わせて
支払われるものではないからです。自ら残業した分を申告しなければなりません。


このため他の看護師さんがサービス残業という形で働いてしまうと自分もそれに合わ
せなければなりません。こうした理由から時間外勤務の手当が中に浮きます。


このため多くの看護師さんは毎月相当時間をサービス残業という形で働いています。
しかも、そうした姿勢を誰かに褒められることは絶対にありません。





■お給料に対する不満につながる問題とは?


給料の不満は休みがとれないことも何らかしら影響します。


経営状態があまり良くない病院では、人材を確保するのが容易ではありません。


職場に看護師が少ないことから、上司も有給を取るのに協力的ではありません。


たった1日でも休まれると、一人当りの負担が増えるので、どうしてもそうした傾向
が強まるため、毎年4月になると自動的にそれまでの未消化分がパーになります。


また日曜日でも相当の仕事量があるので、常に一週間を通じて仕事は忙しいです。


まず、定時に終わることはなく、しかも日曜日に出勤しても出勤手当はありません。
ですので、当然のことながら、誰もが日曜日の出勤を為らうことになります。


家庭を持つ看護師や、子育て中の看護師さんにとって日曜日は非常に大切ですから、
日曜日の出勤手当が支給されるのであれば、誰にとってもありがたいですよね。


しかし、そういったケースは少ないので、給料への不満はさらに大きくなります。





■お給料に不満があっても目標があれば乗り切れる?


お給料に不満をもっている看護師さんは、殘念ながら非常に多いです。


しかし、皆さんそれでも一生懸命働いています。


看護師として誇りを持って働いている姿は本当に素晴しいですよね。


日本は1997年以降、国民の所得は毎年のように下がり続けています。


それくらい日本を取り巻く環境が厳しい状況にあるため、例え毎月のお給料が少ない
としても、仕事があって給料がもらえるだけでも有り難いと思ってる方も多いです。


また看護師としてのスキルを高めることを再優先に考えている看護師さんもいます。


こういった人たちにとっては、お給料は二の次と考える傾向が強いです。


こうした目的意識の高い看護師さんは、お給料は自分のかんばり次第で、どうとでも
なると心のどこかで思っているので、愚痴や不満がまったくないのかもしれません。


それなりのお給料を稼いでいる看護師さんでも、最初から稼げたわけではありません。
ひたすら耐え忍んで、毎日一生懸命働いてきたから今があるわけです。


もし今現在地方の病院で働いていて、「お給料が少ない」と嘆いているのであれば、
ある程度経験を積んだら、都会の病院で働くことをオススメします。


お給料は高めに設定されていますし、設備なども最新鋭のものが揃っていますので、
看護師として、さらに成長できますし、日々の生活も充実させることができます。


看護師の給料に対する不満と対処法とは?給料アップ交渉は自分でやると失敗する可能性が高い!




■本当に看護師さんの給料は高いのか?


世間一般の人達からすると病院で働く看護師さんは「高給を稼いでいる」イメージが
依然として強いようなんですが、看護師さんの平均年収は 37.5歳で469万円です。


一方サラリーマンの平均年収が38歳で409万円なので、50万円以上上回っているため、
そう思われるのも無理はありませんが、看護師さんからすれば到底納得できません。


一般病院で常勤で働く看護師さんは、「夜勤」を週1〜2回程度行うので、夜勤手当
が給料に占める割合が非常に大きいですが、基本給自体は低く抑えられています。


その他にも色々な手当がつくのがかなり大きいようです。


ですので、夜勤手当を差し引けば、極々普通の給料水準にあります。


ですので、高給といわれても抵抗を感じてしまいますよね。





■一般の看護師さんの現実


どこの病院でも人手不足のため、看護師さん一人にかかる負担が非常に大きいです。


このため、サービス残業を余儀なくされるケースが少なくありません。


毎日仕事で忙しいうえに睡眠も不規則であるため、疲れが慢性的に取れません。


仕事が休みの日は寝溜めする看護師さんが少なくありません。


しかし、寝過ぎると余計に疲れるので、気がついたら慢性的な肉体疲労に悩まされる
人も多く、暴飲暴食に走って、摂食障害など精神疾患に苦しむ方も増えています。


こうした精神疾患の問題で一番やっかいなのは、自覚症状が出にくい点です。


人によってはトコトン仕事で追い込まれてしまい、職場以外で相談できる人がいない
ことから、自分ではどうすることも出来ないため、ひたすら悩み続けてしまいます。


ですので、多くの看護師さんが実際の働きと対価が見合ってなさすぎると嘆いている
のが現状で、世間の看護師さんに対するイメージとは大きくかけ離れています。





■看護師さんの給料に対する不満


大半の看護師さんが給料が仕事量に見合っていないと思っています。


しかし、数年前までは看護師さんの求人は、今ほどは多くありませんでした。


このため給料を上げてもらうための交渉や転職して今いる職場へ転職したいと思って
いても、こんなご時世だからと、何もせずにあきらめている方が少なくありません。


そうした中で看護師転職サイトが過去5年位で急激に増えたことによって、市場全体
が活性化することとなり、看護師さんの転職・就職が劇的に変化しました。


人間関係の問題やお給料に対する不満を理由に退職される人が多いです。


看護師転職サイトによって、転職に対する敷居がより低くなりました。


しかし、こういった給料に対する強い不満は、客観的に見た場合、社会人として失格
であるかのような印象操作が一部のメディアで行われています。


このため、一時期ブラック企業などの問題が社会問題にまで発展したのです。


給料を理由に辞めたからといって、それが原因で「 わがまま 」とと思われることも
まずありえませんので、きちんと給料交渉は行わるべきなんですよね





■自分の給料が適正か調べる方法とは?


看護師さんの給料は、経験年数やスキルで異なりますし、自分と同レベルのスキルや
経験年数の看護師さんがいくらお給料をもらっているか気になりませんか?


看護師転職サイトを利用することで、そういったことを簡単に調べることができます。


専任のキャリアコンサルタントが適切な診断とアドバイスをしてくれます。


今すぐ転職しなくても、看護師さんの働く環境と転職事情について詳しく教えてくれ
るので、知るだけでも将来のキャリアプランが明確になり、利用価値は高いです。


給料アップを目的に転職する場合、何度も給料アップを交渉してくれますので、煩わ
しい思いをせずに転職活動に集中することが出来る点も、大きな魅力です。


 タグ

給料は手当よりも基本給が高い方がよい?看護師のお給料の裏事情とは?




■看護師さんのお給料は高い?


世間の皆様は、看護師さんの年収は高いと思われているようです。


ちなみに看護師さんの平均年収は37.5歳で469万円で、サラリーマンの平均年収が
38歳で409万円となっていますので、平均年収だけで見ればかなり高いです。


看護師さんの9割超が女性ですが、一般の会社で正社員として働いている女性の年収は、
292万円となっていますので、年収は200万円近く差があります。


しかし、実際の看護師さんの平均年収は、もう少し多いのではないかと思います。


といいますのも、看護師さんの仕事は勤務シフトが複雑であったり、細く細分化されて
いるので、それに合わせて色々な手当が支給されているからです。


例えば夜勤を多くおこなっている看護師さんは、その分の夜勤手当てがつきますので、
実際の総支給額は、もう少し高くなると思いますので、その分年収も高くなります。


しかし、それでも平均年収が500万円を超えることはないでしょうね。


常勤看護師の場合、月給のかなりの部分を「夜勤手当」が占めていますので、夜勤手当
がなければ、平均年収は恐らく400万円を超えることはないでしょうね。






■看護師さんのお給料をアップするには?


世間では医療に携わる人たちは高額な給料をもらっていると考えているようです。


では対価に見合っている「 給料 」を看護師のみなさまが得ているかといえば、現実は
違いますよね。皆さん大なり小なり不満をかえていらっしゃいます。


まず何と言っても拘束時間は長いですし、常勤の場合は二交代制が主流となったので、
昼夜が何度も逆転したりしますし、これを繰り返すのは本当に大変ですよね。


慣れないと肉体的にも精神的にも常に疲れた状態で仕事をしなければなりません。


それほど過酷な状態で病気の患者さんに看護ケアをおこなわなければならないわけです
から、どれだけ給料が高くても、決して見合っているとは言い難いですよね。


もしも給料アップを希望するのであれば、最も現実的な方法は以下の通りです。


■給料の高い職場に転職をする

■夜勤の回数を増やす

■副業でアルバイトをする

■夜勤専従に変更する

■資格を取得する(資格手当が支給される場合のみ有効)





■なぜ基本給が高い方が良いのか?


当然のことながら、どれくらい給料が欲しいのかにより、取るべき行動と選択も大きく
異なります。また勤務されている 医療機関によって色々な手当てがあります。


こうした手当は、一見すると非常に魅力的です。


しかし、その分「 基本給 」が抑えられているケースが少なくありません。


経営側が露骨に低く抑えているところもあります。ようは、ボーナスや退職金を出来る
だけ低く抑えたいんです。そうれだけでもかなり人件費を抑えられますからね。


ボーナスや退職金のことを考えると、やっぱり基本給が高い方が断然いいです。


もし、以下の点があてはまるのであれば転職も一つの手段だと思います。


■給与が平均よりも大幅に低い

■何が何でも給料アップしたい

■ブラックすぎる職場にうんざり

■人間関係が悪くて人の出入りが激しい



働きやすい職場でできるだけ長く働いたほうがいいわけですから、看護師さんが働ける
職場環境や看護師求人市場について、しっかりと知る必要があります。



最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます