夜勤専従看護師についてのカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

カテゴリ:夜勤専従看護師について

夜勤専従看護師についてのカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
夜勤専従看護師と夜勤パートでここまで差が出る!働く目的をしっかり明確にしないと長くは続かない!

夜勤専従看護師について
■夜勤専従看護師と夜勤パートの違い看護師さんの仕事は一般の会社で働く人たちからすると想像もつかないほど体調管理が難しい仕事です。それもそのはず常勤の看護師とし…

記事を読む

夜勤専従看護師として仕事とプライベートを充実させる方法

夜勤専従看護師について
■夜勤専従が働きやすいとされる根拠とは?一般病棟で常勤で働いている看護師さんの大半は、夜勤と日勤(3交代または2交代)の両方を行っているわけですが、ここ最近は…

記事を読む

夜勤専従看護師として転職する魅力とは?夜勤専従看護師のメリット・デメリット

夜勤専従看護師について
■なぜ夜勤を嫌う看護師が多いのか?夜勤を嫌う看護師さんは少なくありません。理由は人によって色々ありますが、確かに夜の病院は怖いですよね。一部照明を落としている…

記事を読む

夜勤専従看護師の求人の大半が非常勤?常勤と非常勤でここまで差がある!

夜勤専従看護師について
■夜勤「72時間ルール」について看護師さんの勤務形態は多種多様で、常勤だけでなく非常勤、派遣など色々な働き方があるわけですが、そうした中で夜勤専従看護師が注目…

記事を読む

夜勤専従の仕事は慣れないと生活が極端に乱れるので要注意!

夜勤専従看護師について
■夜勤専従看護師の仕事の裏事情とは?夜勤専従看護師の仕事は、その名の通り夜勤だけを専門に行います。夜勤専従看護師の求人の大半は非常勤ですが、常勤の求人も少なか…

記事を読む

常勤看護師にはない夜勤専従看護師として働く大きなメリットとは?

夜勤専従看護師について
■夜勤専従看護師のメリットとは?どこの病院も深刻な人手不足に苦しめられているわけですが、その打開策の一つとして、日勤で働いていくれる看護師さんを効率よく確保す…

記事を読む

夜勤専従看護師の求人は給料アップなどの条件交渉がしやすい!

夜勤専従看護師について
■条件交渉がしやすい!どこの病院も深刻な人手不足に悩まされています。特に常勤で働く看護師さんの間では夜勤や準夜勤などの変則勤務を嫌がる傾向が強いため、勤務シフ…

記事を読む

なぜ夜勤専従看護師が求められるのか?夜勤手当が高いので効率よく稼げるため人気拡大中!

夜勤専従看護師について
■夜勤専従看護師の需要が高い理由とは?夜勤専従看護師は、その名の通り夜勤のみを行う看護師さんのことです。常勤での夜勤専従の求人は、非常に少なく、求人の大半はパ…

記事を読む

夜勤専従看護師と夜勤パートでここまで差が出る!働く目的をしっかり明確にしないと長くは続かない!




498.png



■夜勤専従看護師と夜勤パートの違い


看護師さんの仕事は一般の会社で働く人たちからすると想像もつかないほど体調管理が難しい仕事です。それもそのはず常勤の看護師として働く場合夜勤が必ずあるからです。


夜勤のときと日勤のときで起床する時間が異なるので、睡眠だけで疲労回復するのが難しいとされているため、心と身体の健康を保つのが非常に困難な仕事です。


このため体調管理が上手くいかずにうつ病などの気分障害に苦しめられるケースも多いことから、依然として夜勤を敬遠する常勤看護師さんが圧倒的に多いです。


このため「夜勤専従看護師」の需要と人気がこれまで以上に高まっているといっても、ピントこないかもしれませんが、業務効率を高めるために夜勤専従の仕事は欠かせません。


夜勤専従看護師として働くことのマイナス面ばかりが強調されていましたが、状況は10年前と比べると本当に比較にならないほど改善されていますので、メリットも多いです。


事実夜勤専従の仕事の方が逆に働きやすいと感じている看護師さんが意外と多いです。


基本的に、夜勤専従看護師の勤務形態はパート・アルバイトもしくは常勤の二つに別れます。


しかし、夜勤パート・アルバイトと夜勤常勤の差はとてつもなく大きいのも原状です。


ちなみに看護師さんの勤務シフトは医療機関によって微妙に異なりますが、概ね以下のとおりとなっています。



「3交代制」

●日 勤(8:00〜16:30)

●準夜勤(16:00〜0:30)

●深夜勤(0:00〜8:30)



「2交代制」

●日勤(9:00〜18:30)
 
●夜勤(18:00〜9:30)



また、早出、遅出といった変則勤務を組み合わせている病院も少なくありません。

» 

夜勤専従看護師として仕事とプライベートを充実させる方法




743.png



■夜勤専従が働きやすいとされる根拠とは?


一般病棟で常勤で働いている看護師さんの大半は、夜勤と日勤(3交代または2交代)の
両方を行っているわけですが、ここ最近は日勤専従、夜勤専従で働く人が増えています。


夜勤専従で働くメリット・デメリット色々ありますが、日勤と夜勤の両方を行なうよりも、
夜勤専従で働く方が色々な面でメリットが大きいといった声が広がっています。


その根拠となっているのが睡眠です。人間の体は毎日一定の時間帯に寝ることによって、
健康を維持しやすいようになっており、睡眠リズムが狂うと生活リズムも狂います。


ですので、夜勤と日勤の両方を一つのシフトで行なうのは、元々無理があるんですね。


どんなに若い方でも、睡眠リズムと生活リズムが崩れてしまうと、肉体的にも精神的にも
疲労がたまりやすくなり、次第に働くために必要な体力と気力が削がれていきます。


人には脳波、ホルモン分泌、細胞の再生するための一定のリズムがあります。


これをサーカディアンリズムというのですが、これらによって、人間は睡眠だけでなく、
色々な生活(食事、排泄など)パターンを決定する重要な役割を果たしています。


睡眠時間がずれるだけで、サーカディアンリズムが狂ってしまいます。


サーカディアンリズムという活動時間と睡眠時間のリズムが重要だからです。


深夜勤が当日に組まれている場合、夕方に日勤を終えて、深夜勤に備えるために深夜まで
眠ろうと思っても難しいですよね。眠る時間を遅らせる事は出来ても、逆は難しいです。


人間のサーカディアンリズムに従って活動する方が健康を楽に維持できます。


このため、夜勤専従であれば一定の時間に寝ることが容易になるので、肉体的にも精神的
にも夜勤と日勤を両方組まれたシフトよりも働きやすいとされているわけです。


健康指導において、適度な運動とバランスの良い食事を心がけることは良く言われますが、
睡眠の質を高める努力をしろと言われることはほとんどありません。


しかし、はっきりいって睡眠はこの中で最も大切だと個人的には思っています。





■昼間に寝ても疲れがとれない理由とは?


反対に夜勤専従で働くと肉体面で問題があると指摘する声もあります。


やはり、人間の体は夜に寝て朝起きるのが一番健康に良いのは間違いありません。


とうのも昼間に眠ると徐波睡眠が大幅に増すこととなり、レム睡眠が減少するからです。


これが昼間にどんなに長く寝ても疲れが中々とれないとされる大きな要因となってます。
そして、こういった傾向は一回の夜勤で働く時間が長くなるにつれて顕著になります。


一方、夜勤明けの昼間は我慢して起き続け、当日の夜に寝たほうが本来の睡眠に近いため、
肉体的疲労が回復しやすくなります。これにより精神的にも安定します。


ですので、夜勤専従で働く場合でも夜に寝る日があったほうがいいようです。





■夜勤専従看護師は本当に過酷なのか?


夜勤専従看護師さんの働き方が看護師さんの間で注目を集めています。夜勤専従の場合、
夜勤手当が割高に設定されていることもあって、かなり高給が期待できます。


しかし、常勤の看護師さんの間であれほど毛嫌いされている夜勤だけを専門に行うわけ
ですから、夜勤専従に興味がある看護師さんからは当然次のような疑問がわきます。


(1)夜勤だけだと体調管理が難しいのでは?

(2)次の夜勤まで睡眠を取るのが難しいのでは?

(3)プライベートな時間がなくなってしまうのでは?




■生活パターンを上手に切り替える方法


夜勤専従看護師の場合、基本的に「夜勤」以外の勤務は行わないので、当然のことながら、
それまでの生活パターンが一転し、「昼夜」が逆転することとなります。


そのためいつ寝るかが非常に重要になります。先に述べた通り、昼間に寝ると睡眠の本来
持っている機能が著しく低下するので、どれだけ長く寝ても疲れが中々とれません。


このため、夜勤専従看護師として働いている方々の多くが、次の夜勤までどれだけ時間が
空くかに合わせる恰好で、その都度「睡眠パターン」を切り替えています。





■上手に睡眠パターンを切り替えるには?


例えば夜勤が連続する場合は、夜勤が終了した後に帰宅してから軽く家事をすませます。
そして、昼間はしっかり睡眠をとり、当日の夜勤に備えて体を休めます。


次の夜勤まで24時間以上あいている場合は、帰宅後に軽く仮眠をとって夜また寝るか、
帰宅しても、当日の夜まで寝ないで我慢し、その分夜はぐっすり寝ます。


こうすることによって、睡眠の質をある程度維持することができます。





■慣れれば交代勤務よりも体は楽です!


文章にして読むと何だか非常に過酷なように思えるかもしれませんが、交代勤務よりも
体は楽です。こうした生活リズムにもすぐ慣れますので、体調管理も楽です。


また、プライベートに関しても次の夜勤まで日があいているときに、まとめて行うので、
非常に充実した生活を送ることができますので、仕事への不満もかなり小さいです。


夜勤専従看護師として転職する魅力とは?夜勤専従看護師のメリット・デメリット




zishinninaru.png



■なぜ夜勤を嫌う看護師が多いのか?


夜勤を嫌う看護師さんは少なくありません。


理由は人によって色々ありますが、確かに夜の病院は怖いですよね。


一部照明を落としているので、建物の中は全体的に薄暗いですし、雰囲気的に何か出る
のではないかと思わせるものがあります。そう考えると動けなくなりますよね。


昔と違って最近は病院で最期を迎える人が多いです。すでに約80%以上に達していま
すので、看取りを経験したことのない看護師さんの方が全体では少なくなりました。


1回の勤務で、数人の患者さんを看取った経験のある看護師さんも多いです。


患者さんを看取ったことにより、霊的なものを意識するようになるケースが少なくあり
ません。これによりお化けに対して余計に恐怖心が芽生えることになります。


また、夜勤中に急変にあたることも少なからずあるので、これがプレッシャーになり、
責任の重さに強いストレスを感じてしまうので、夜勤そのものが嫌になります。


どこの病院でも夜勤で配置される看護師さんの人数は少ないです。


また、最近では大半の病院が当直体制を採用していることから、医師が病棟に常駐して
いないケースが多いわけですから、そうした状況で急変が起こると大変です。


口で言うのは簡単ですが、その緊張感たるや、身体中が震えてしまいます。


すぐに当直医に連絡をとって、医師がすぐに治療に取り掛かれるように準備します。


医師の治療の介助だけでなく、他の患者さんの対応も同時に行わなければならないので、
まず戸惑います。日勤なら他の看護師さんが手伝ってくれますが、夜勤では無理です。





■夜勤専従看護師のメリット・デメリット


これだけ明確に夜勤を嫌う理由があるにもかかわらず、最近「夜勤専従」で働いている
看護師さんが増えており、しかも仕事とプライベートを充実させながら働いています。


まず夜勤専従看護師として働く最大の魅力は、高額な「夜勤手当」があげられます。


もちろん 夜勤手当は実際に勤務される病院によって差がありますね。


ただし、常勤での求人が極端に少ないのが夜勤専従の難点です。


正職員と非常勤では「福利厚生面」で大きな差が生じますので、常勤で出来るだけ長く
働くことが理想ですが、非常勤であっても十分稼ぐことができます。


夜勤専従看護師は、給料がいいとされているわけですが、それには理由がありまして、
夜勤専従の求人の大半が「 二交代制 」となっているからなんです。


そうすることで、シフトを作成するうえで日勤で働く看護師さんを多く確保出来ます。


1夜勤が16時間労働なので拘束時間が非常に長いわけですから、つまり体力面だけで
はなく、精神的にも結構大変なので、こうした点が夜勤専従のデメリットとなります。


しかし、2交代制のほうが、しっかり休めると感じている方が実際には多いです。


こうした理由から1回あたりの勤務の賃金が高めに設定されています。





■夜勤専従看護師ならプライベートを充実できる!


それ以外にも夜勤専従で働くことで色々なメリットがあります。


例えば日中の時間を有効に使えます。これがプライベートを充実できる理由です。


こうした夜勤専従独自のメリットに魅力を感じることから、若い看護師さんの間では
夜勤専従の仕事は結構人気が高く、求人が出ればすぐに応募が殺到します。


ベテランの看護師さんからすれば、意外に思われるかもしれません。


また、夜勤だけなので、日勤に体内時計を合わせる必要がありません。


勤務シフトに振り回されることなく、毎日ほぼ同じ時間帯に寝ることができるので、
体調管理も楽ですし、平日の日中に自分の好きなことが出来るのは大きな魅力です。


常勤看護師の方では、プライベートの充実化をここまでするのは無理ですからね。


若い女性看護師であれば、なおさらのこと魅力を感じるのかもしれませんね。





■夜勤専従看護師の日給の相場について


ちなみに一般病院の場合、1勤務あたり3〜4万円位が相場となっています。


大都市圏にある大学病院の大半が1勤務あたり4万円が相場となっています。


一方、民間病院は大学病院よりも1勤務あたりの賃金が若干下がります。


基本的に賃金が平均よりも高いところは、仕事量が多いので激務を強いられます。


ですので、夜勤専従看護師の求人を選ぶさいに給料だけで選ぶと失敗します。また、
老健や老人病院では2〜2万7千円程度なので、一般病院よりもかなり低めです。


しかし、老健などの福祉系の施設の大半は医療行為をほとんど行いません。


介護施設独特の人間関係の問題は多少なりともありますが、病棟勤務とは比較になら
ないくらい肉体的にも精神的にもかなり楽なので、狙い目ではあります。


夜勤専従看護師の求人の大半が非常勤?常勤と非常勤でここまで差がある!




zyoseinohimitu.png



■夜勤「72時間ルール」について


看護師さんの勤務形態は多種多様で、常勤だけでなく非常勤、派遣など色々な働き方
があるわけですが、そうした中で夜勤専従看護師が注目を集めています。


しかしながら、夜勤を嫌がる看護師さんが多い中で、自ら進んで夜勤だけを行うこと
「自体信じられない」と思ってらっしゃる看護師さんが少なくありません。


夜勤には、「72時間ルール」があり、制限の範囲内で勤務シフトを作成します。


2交代制を採用している病院では、大抵1夜勤16時間なので、4回が限度です。


また3交代制を採用している場合は、1夜勤8時間なので、9回が限度となります。


しかし、「救命救急センター」をはじめ、ICUなどの集中治療系の病棟に関しては、
「72時間ルール」が適用されていないので、夜勤の回数制限はありません。


そして、緩和ケア病棟、認知症治療病棟なども同様です。





■看護師の移動が活発化する?


昨年「診療報酬」が改定されたことで、患者さん7人対して1人の看護師さんを配置
する「7対1病床」が急速に増えており、すでに全体の4割まで達しています。


入院基本料は1日あたり1万5,660円に設定されています。


診療報酬が病院の生命線ですから、診療報酬が高い「7対1病床」にすれば、その分
収入も増えて病院経営も安定するわけすから、今後さらに増えることでしょう。


一方、従来の「10対1病床」は、急速に減少しています。


しかし、現時点で地域によっては、すでに供給過多となっていますので、今後は経営
破綻する病院も出てくることでしょうから、現時点で良い悪いの判断は難しいです。


今後病院のサービスの質がより問われることは間違いありません。


すでにネットでは、利用者(患者)向けに病院を評価するサイトがいくつもあります。


サービスの質が低いと評価されると、利用する患者さんの数が減ります。


そうなれば、病院の経営は厳しい状況に追い込まれるでしょう。


ですので、今後さらに病院同士の競争が激化することが予想されます。そうなると、
少しでも良い条件で働きたいと考える人が当然増えることになります。


これは当然ですよね。医師や看護師さんの移動が活発化することになります。





■夜勤専従看護師が誕生した理由


どこの病院も看護師さんが不足しています。夜勤の出来ない看護師さんを常勤で雇用
すれば、夜勤と日勤の両方を行っている看護師さんがカバーしなければなりません。


しかし、上述したとおり常勤看護師さんが行える夜勤の回数には限度があります。


このため、どうしても夜間に配置する看護師の人数が不足することになります。


そうした問題を放置しては勤務シフトを組むことは当然できません。


少しでも看護師さんの負担を増やすことを考えなければ、人材を確保できません。


そうした問題を解消するために夜勤を専門に行なう夜勤専従看護師が誕生しました。


夜勤専従看護師を増やして、常勤看護師の夜勤の回数を抑えます。


ですので、夜勤専従看護師の果たす役割は非常に大きいです。


2012年の法改正にともなって、夜勤専従看護師の夜勤の制限が撤廃されたことを
きっかけに、夜勤専従看護師の需要は、右肩上がりで急速に増えています。


また「夜勤手当」も割高に設定されていることから、給料もかなり高額になります。





■夜勤専従看護師は給料が良いは本当か?


しかし、当然いいことばかりではありません。


夜勤看護師は「夜勤」だけを専門に行わなければならないのと、病院側の事情により、
常勤の求人もあるにはありますが、現状では求人の大半は非常勤です。


また、夜勤は少数精鋭で対応しなければならないので、それなりの臨床経験が求めら
ることから、採用条件が思いのほか厳しいので、この点をクリアする必要があります。


このため大半の夜勤専従看護師さんは、非常勤として勤務することになります。


何回でも夜勤が可能となりますので、 病院側は夜勤専従看護師を雇うことによって、
常勤の夜勤回数を減らし、日勤専門の常勤看護師を雇用することができます。


気になる待遇についてですが、常勤の場合は「福利厚生」はもちろんのこと、基本給
にプラスして色々な手当が支給されるので、常勤の夜勤専従看護師は稼げます。


基本給が25万円程度、各種手当が3万円〜5万円程度、これに夜勤手当が10万円
〜15万円程度支給されるので、月給35万円から40万円程度支給されます。


これに賞与が年間100万円程度支給されるので、年収500万円は下りません。


一方、非常勤の場合は、月1回から働けるので、自由度の高さが魅力です。


夜勤1回あたりの日給が3万円から4万円が相場となっています。


週1回程度働くだけでも、普通の会社の女子社員なみに稼くことができますが、一定
の条件を満たさないと福利厚生はない場合が多いので、注意が必要です。


夜勤専従の仕事は慣れないと生活が極端に乱れるので要注意!




Image 36.png



■夜勤専従看護師の仕事の裏事情とは?


夜勤専従看護師の仕事は、その名の通り夜勤だけを専門に行います。


夜勤専従看護師の求人の大半は非常勤ですが、常勤の求人も少なからずありまして、
常勤の夜勤専従看護師の給料体系についてですが、以下二つのパターンがあります。


基本給 +(夜勤手当 × 夜勤回数)+ 諸手当

基本給 +(1夜勤給与 × 夜勤回数)


当然のことながら夜勤専従であっても常勤であるため、福利厚生が充実しています。
常勤の夜勤手当は1万5000円〜2万円が相場で、地域によって差があります。


非常勤の場合は、1夜勤給与 × 夜勤回数となっているため、お給料は夜勤を行った
分だけ支払われます。一回あたりの夜勤給与は、3万円前後となっています。


非常勤であっても週1日働くだけで軽く10万円を超えてしまいます。


常勤のように各種諸手当や福利厚生がありませんが、その分縛りがありません。


非常勤は、72時間ルールに縛られないことから、雇用する病院側も人材不足を解消
する打開策として、非常勤の夜勤専従看護師の雇用を積極的に行っています。


常勤の夜勤専従看護師として、できるだけ長期間にわたって働くのであれば、自分に
あった生活パターンをみつけ、そのパターンにあわせて生活する必要があります。


そうすることによって、肉体的にも精神的にも負担を軽減することができます。


また、同じ夜勤専従看護師の仕事でも、職場によって微妙に異なります。


もし仮に非常勤で色々な職場を転々とする場合であっても、生活パターンを確立して
おけば、無理なく対応できますので、早い段階で決めてしまいましょう。





■一人暮らしの方が自分にあった生活パターンを見つけやすい!


例えば独身で一人暮らしの方は比較的自分の生活パターンを見出しやすいです。


最初は抵抗があるかと思います。しかし、慣れてしまえば時間を有効に使えるなど、
生活パターンを固定化することのメリットのほうが多いと、実感することでしょう。


一人暮らしの場合は、生活パターンに合わせて生活するのは比較的簡単にできます。


誰にも気兼ねしなくてもいいので、ストレスになりません。


しかし、ご家族と同居されている方は難しいです。


ご家族に配慮しなければならないからです。病院の夜勤は、一般の会社で働いている
人達からすると、かなり特殊な仕事ですので、その点を考慮する必要があります。


ご家族の理解がなければ難しいので、事前に話し合う必要があります。


とくに結婚し、子育て中の方は難しいですから、非常勤で月数回働く程度であっても、
家庭の仕事を優先させなければならないので、時間を確保するのが大変です。


できるだけ効率よく色々な雑務をこなしていく必要があります。






■食事の取り方も重要です!


夜勤専従看護師として働き始めると、「食事」で悩まれる方が少なくありません。


といういのも一日の食事回数や食事量がどうしても増えるからです。


常勤であっても夜勤専従の仕事に慣れるまで早い人でも2〜3週間かかります。


長い人だと2ヶ月目に入ってようやく慣れる人もいますが、その間は強いストレスを
感じるため、「過食」に走ってしまう方が少なくありません。


そうすると微妙ではあるものの、呼吸がそれまでと変化しますので、人によっては、
勤務中に突然息苦しく感じることもあるので、ちょっとしたパニックに陥ります。


しかし、これは体が突然の変化に驚いている証拠であって、驚く必要はありません。


生活が一定のリズムで安定するようになると、こうしたことはなくなります。





■慣れないと急に太ったりします!


しかし、生活のパターンが一定しても、一回あたりの食事の量だけは減らないことも
あってか、急に太ったりしますが、焦ってダイエットする必要はありません。


急に痩せるとリバンドしやすくなるので、無理なダイエットはオススメできません。


この点に関しては、一回あたりの食事の量を徐々に減らすことをオススメします。
慣れるまでは偏食しがちになりますので、食事のバランスにも十分気を使って下さい。


食事のパターンを一定にすると、無理なダイエットを繰り返さなくてすみます。


例えば夜勤のときの食事は軽めにし、それ以外の食事で調整する。


または夜勤のときは思いっきり食べて、それ以外の食事で調整するといった具合です。


看護師さんは、夜勤であっても勤務中にかなり動いていますので、運動不足にはなり
にくいですが、ストレスを抑えるためにも、ストレッチなど適度な運動が大切です。


常勤看護師にはない夜勤専従看護師として働く大きなメリットとは?




Image 23.png



■夜勤専従看護師のメリットとは?


どこの病院も深刻な人手不足に苦しめられているわけですが、その打開策の一つとして、
日勤で働いていくれる看護師さんを効率よく確保する動きが広がっています。


そのために「夜勤を行わなくても良い」という条件がどうしても必要になります。


実際に常勤でも夜勤を行わずに働いている看護さんが増えているわけですが、その代わ
りに夜勤のみを行う「夜勤専従看護師」の数も平行して増えています。


夜勤専従看護師の需要が拡大するとともに、夜勤専従看護師さんの数が年々増えている
わけですが、こうした傾向は今後もしばらく続くことが予想されます。


特に二交代制を採用している病院では常勤看護師の負担を抑えるために必要です。


事実常勤看護師として働いている人の中には夜勤を嫌がる人が少なくありません。


ですので需要があるからといって、これほどまで夜勤専従看護師として働くことを希望
されている人が増えている背景には、やはりそれなりの理由があります。


夜勤専従看護師として働くメリットは以下のとおりです。


(1)お金を効率よく稼ぐことが出来る

(2)他の仕事のとの兼業でダブルワークが可能

(3)人間関係の問題がさほどない

(4)家事など日中に用事を済ませることができる

(5)日勤よりも仕事がハードではない





■お金を効率よく稼ぐことができる


夜勤手当は高止まりした状態なので今後さらに上昇する可能性は低いかもしれません。


しかし、それでも他の業界では考えられないくらい高額な日給が支給されます。


月10日前後勤務して年収400万円から500万円の仕事を探すのは困難です。


女性が就ける仕事から探そうとすると、まず不可能といってもいい状態です。


しかし、1回あたりの夜勤手当が高めに設定されている夜勤専従看護師として働けば、
十分実現することができますが、それほど効率よくお金を稼ぐことができます。


このため夜勤専従看護師として働いているのは圧倒的に若い看護師さんが多いです。


しかし中には子育て中のママさん看護師が月数回程度ではありますが、夜勤専従看護師
として働くケースもあります。こうすることでブランクが生じることを防げます。


まだ若いので、旦那さんのお給料だけで生活するのが難しいことから、夜勤専従の仕事
は、効率よく稼ぐことができるので、潜在的な需要は非常に大きいです。


月10万円程度稼ぎたいのであれば、月3回程度働けばいいので、十分可能です。





■ダブルワークが可能


また夜勤専従看護師の仕事をしながら実家の仕事を手伝っている方が実際にいます。


また、常勤の看護師として働きながら、月2回程度他の病院で夜勤のアルバイトをして
いる方もいます。目的に合わせて色々と働き方を選べる点も大きな魅力です。


そして、キャリアアップするために大学院へ進学を検討されている方や、すでに大学院
で勉強されている方も学費や生活費を稼ぐために夜勤専従看護師として働いています。


こうした個人的な目的にあわせて効率よく働けるのも大きな魅力のようです。





■人間関係の問題を避けられる


御存知の通り夜勤では、配置される医療スタッフの数が圧倒的に少ないです。


看護師一人あたりの負担はその分大きいかもしれませんが、日勤で働くほどではありま
せんし、人間関係の煩わしい問題が少ないので、心理的ストレスも小さいです。


ある程度臨床経験がなければ夜勤専従看護師として働くことはできません。


しかし、それほど高いコミュニケーション能力を必要としていませんので、職場の同僚
だけでなく、患者さんへの対応で苦しめられることが絶対的に日勤よりも少ないです。


こうした理由から夜勤専従看護師として働く看護師さんも少なくありません。





■家庭と仕事を両立できる


女性看護師さんの中には、家庭と仕事を両立させるために夜勤専従看護師として働いて
いる方が少なくありません。結婚・出産を機にやることが沢山増えます。


子育が一段落したと思ったら、今度は年老いた両親の介護など色々ありますよね。


日中はそうした用事をすませて夜働けば、自分のペースで働くことができます。


月10万円くらい稼げれば十分と考えている看護師さんにピッタリです。


夜勤専従看護師の求人は給料アップなどの条件交渉がしやすい!




sukidakaraienai.png



■条件交渉がしやすい!


どこの病院も深刻な人手不足に悩まされています。


特に常勤で働く看護師さんの間では夜勤や準夜勤などの変則勤務を嫌がる傾向が強い
ため、勤務シフトに柔軟性をもたせてニーズに対応しようと病院側も必死です。


その打開策として夜勤だけを行う夜勤専従看護師が誕生しました。これにより常勤で
働く看護師さんの負担を軽減し、流出に歯止めをかける効果を狙ってます。


実際に積極的に採用している病院も多く、こうした傾向が日本全国に広がっています。


とはいっても、夜勤の現場は配置されるスタッフの数が少ないわけですから、看護師
としてある程度のキャリアがないと、夜勤専従看護師は務まりません。


また、人気が高まっているとはいえ、その大半は非常勤としての求人なので、優秀な
人材に出来るだけ長く働いてもらうために、好条件を打ち出さなければなりません。


ですので、自分のこれまで築きあげてきたキャリアに自信があれば、条件交渉の段階
で給与や待遇について、自分の希望に合わせて有利に交渉することも十分可能です。





■給料アップ交渉もしやすい!


それくらい今現在多くの病院で夜勤専従看護師は重宝されているわけですが、病院側
と上手く交渉すれば、提示されていた給与よりも割増にしてもらえます。


病院側としても良い人材には出来るだけ長く働いてもらいたいと考えていますので、
すでに「入職」したあとでも「給料アップ」の交渉が十分可能です。


一回の夜勤が16時間であるため、月に10回以上働くのは厳しいですが、それでも、
日給が3万円から4万円が相場なので、かなりの金額を稼ぐことが出来ます。


ですので、お給料に関しては交渉しないほうがもったいないです。


面接の場で切り出すことができなかったとしても、チャンスはあります。





■二交替勤務の方が仕事はきつい?


夜勤専従看護師は文字通り夜勤だけを行うわけですが、夜勤は体力的に辛いと一般的
に思われていますが、実は日勤と夜勤を行なう常勤看護師さんの方が大変です。


人間は毎日一定の時間に寝ることで体の機能が安定して正常に働こうします。


しかし、日勤と夜勤をこなす交替勤務の場合、昼と夜が何度も逆転します。


そうなると疲れが中々とれません。肉体的にも精神的にも疲弊します。


健康を維持するためには、質の高い睡眠が絶対的に必要です。


長時間寝れたから疲れが取れるというわけではないのです。日が登っている時間帯に
寝ても夜に寝て朝に起きるような心地良さは殘念ながら得られません。


いくら寝ても疲れが取れないのは、こうした理由によるものです。





■夜勤だけのほうがなぜ楽なのか?


一方、夜勤専従看護師は夜勤だけ行うため、昼と夜が逆転したままの状態が続くわけ
ですから、規則的な勤務のほうが「体力的」にも「精神的」にも楽なんです。


昼間に寝るにしても、アイマスクや耳栓、アロマを利用することによって、睡眠の質
を高めることができます。またぬる目のお風呂で半身浴も効果的です。


疲れとストレスが次第に緩和され、習慣化することで健康を維持することができます。


夜勤は長時間拘束されますが、それでも日勤ほど仕事はきつくはありません。


夜勤が入ることによって、昼と夜が逆転する生活を送ることに苦痛に感じる人が多い
ですが、その一方で夜勤専従の仕事を好む人は少なくありません。


どうせ働くなら、高いお給料をもらいながら、プライベートを充実させたいと考える
看護師さんも多いです。夜勤専従の仕事は、そうした方にピッタリの仕事です。


これから夜勤専従看護師さんの人気がさらに拡大するかもしれませんね。


なぜ夜勤専従看護師が求められるのか?夜勤手当が高いので効率よく稼げるため人気拡大中!




shixtutosuruzibunwayada.png



■夜勤専従看護師の需要が高い理由とは?


夜勤専従看護師は、その名の通り夜勤のみを行う看護師さんのことです。常勤での夜勤
専従の求人は、非常に少なく、求人の大半はパートやアルバイトなどの非常勤です。


一般の病院で働く看護師さんの中には夜勤を苦手としている方が多いので、自ら進んで
夜勤専従で働いている看護師さんがいることを不思議に思われるかもしれません。


しかし非常勤であっても夜勤手当が高めに設定されているので、夜勤専従看護師として
働くメリットは沢山ありますので、ここに来てかなり人気が高まっています。


ご存知のとおり常勤看護師の場合、一ヶ月の勤務シフトにおける夜勤回数に限度があり、
病院側は看護師さん一人につき夜勤を8回以上に設定することができません。


常勤で働く看護師さんが不足している病院では、必然的に夜勤に配置できる看護師さん
が極端に不足することになり、余計一人当りの負担が増えることになります。


そうなれば、退職する看護師さんが増えるだけで、業務効率が悪化します。


しかし、非常勤であれば夜勤に関する制限がありませんので、基本的には何回でも夜勤
勤務が可能となるため、非常勤で働いてくれる看護師さんを幅広く募集をかけます。





■人手不足問題の抜本的な解決策に!


夜勤専従看護師を積極的に採用することによって、病院側は常勤看護師の夜勤の回数を
減らしたり、日勤専門の常勤看護師を積極的に雇用することができます。


夜勤を減らすことで常勤看護師の負担が減りますので、離職率も改善される傾向が強い
ので、夜勤専従看護師の果たす役割は、いうまでもなく非常に大きいです。


これまで家庭の事情などで「夜勤ができない」という理由から、退職せざるえなかった
看護師さんも多く、人手不足と職場環境の問題を悪化させる大きな原因の一つでした。


勤務シフトをより細分化することにより、こうしたニーズに合わせることができます。


夜勤専従の仕事も、そうした人て不足対策の一環です。


また働く側にも色々メリットがあります。週2回程度働くだけで「月収30万円以上」
稼げる仕事は、そう多くありませんので、他の業界の人から驚かれます。


ちなみに夜勤専従の仕事は、1勤務16時間で日給は3万円から4万円が相場です。
看護師の数が極端に少ない地方の大型病院では、4万円以上のところもあります。





■夜勤専従看護師の需要は今後も拡大


こうした問題を抜本的に解決するために夜勤専従看護師を雇用する動きが国内で急速に
広がったのです。そのおかげで日勤専門の常勤看護師さんを増やすことができます。


16時間勤務は確かに大変ですが、夜間に行わなければならない仕事量は限られている
ので、週一回なら、高齢の看護師さんでも十分対応することができます。


幅広く募集をかけ、夜間の職場はできるだけ、夜勤専従看護師さんに働いてもらうよう
にすれば、常勤で働く看護師さんの負担が大幅に軽減されることになります。


これにより看護師さんの離職に歯止めをかけることができると期待されています。


常勤の日勤看護師が増えれば、当然のことながら夜勤の現場が手薄になるわけです。


そうした問題を上述した理由で夜勤専従看護師がカバーしてくれるわけです。


こうした傾向がさらに進むことよって、職場環境が大きく改善されることが期待されて
いるため、夜勤専従看護師の需要は、今後さらに大きくなりそうです。


ナースではたらこ
メニュー
最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます