円満退職する方法のカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

カテゴリ:円満退職する方法

円満退職する方法のカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

円満退職する方法
■看護師さんが退職を決意する理由看護師さんに限らず、だれだって毎日働いていれば一度や二度は「 退職 」について考えたことがありますよね。そういった思いを乗り越え…

記事を読む

No Image

円満退職する方法
■8割以上の看護師が辞めたがっている現実デフレ化が過去20年間にわたって進み、コンプライアンスが厳格化したことにより、いつの間にか労働者に厳しく、働きにくい環…

記事を読む

看護師が退職を決意する理由とは?勢いあまって転職するのは危険です!




■看護師さんが退職を決意する理由


看護師さんに限らず、だれだって毎日働いていれば一度や二度は「 退職 」について
考えたことがありますよね。そういった思いを乗り越えながら日々頑張っています。


皆さん社会に出たばかりの新人時代は「仕事が楽しくて仕方ない」という人は少ない
です。新人時代から仕事に楽しさを求めると逆に苦しくなるように思えます。


仕事や人に慣れるまでは毎日仕事を辞めることを考えている方が圧倒的に多いです。


「この仕事を選んだ事自体が間違っていたのではないか?」と相談をよく受けます。


しかし泣き事ばかり言っていた人が数年たつと後輩を指導する立場になり、仕事量は
多くて毎日てんてこまいになりながらも、充実した毎日を送っています。


本当の意味で仕事に慣れるのは新卒で入職して3年くらいたったときです。


看護師さんに限らず、社会で働く人達が退職を決意する理由は以下の通りです。


(1)給与に対する不満

(2)人間関係の悩み

(3)問題の多い労働環境

(4)過酷な勤務による体調不良

(5)家庭の問題

(6)結婚・出産etc.





■従業員の負担が更に大きくなる


一般企業の多くが過当競争を生き抜くために、人件費削減を余儀なくされています。
このため従業員一人あたりの負担がさらに大きくなってしまうのです。


しかし給料は上がりません。従業員の不満は大きくなるばかりです。職場の雰囲気は
当然良くないです。そうなると人間関係の悩みに苦しむ人が続出します。


病院も例外ではありません。経営陣からは常に業務の効率化を求められているので、
そのプレッシャーだけでも病院で働く従業員には、大きなストレスを与えます。


人材を補充してくれと懇願しても中々聞き入れてもらえないところが多いです。


日本国内にある病院(診療所を除く)の半数以上が赤字経営に苦しんでいますので、
職場の規模のあわせて人材を配置することが出来ないのが現状です。





■人間関係の問題は複雑化している


人間関係は、一度こじれてしまうと元に戻すのは本当に難しいですよね。良好な関係
だったのに、ちょっとしたことで衝突し、その状態がずっと続くことが多いです。


人間関係は相手があってのことなので、自分一人で解決することができません。例え
ば自分に非がないにもかかわらず、自分から折れて相手に謝罪したとします。


自分から折れたのだから相手も和解に応じるだろうと思っていたら、逆にこれまでの
不満をおもいっきりぶつけられ、さらに悪化してしまうこともあります。


コンプライアンスが厳格化したため、一人あたりの負担が増えるなどの影響でがんじ
がらめになっています。このため人間関係の問題もかんり複雑になっています。





■自分で解決するのはほぼ不可能


上司に相談しても、できるだけ面倒な事に巻き込まれたくないために、きちんと取り
合ってくれないこともあります。相談するだけむだだったなんてことも...


ですので、職場の人間関係が一度こじれたら、退職や転職、配置換えがない限りは、
常にストレスや不安を抱えたまま勤務を継続することになってしまいます。


しかし、だからといってすぐに転職活動に入ってしまうのも問題です。


よりよい職場に転職するには看護師の「転職市場」の動向を把握した上で、転職する
目的・目標をたて、それに合わせてしっかり行動する必要があるからです。


また将来のことを考えて慎重に行動しなければなりません。


ですので、まず看護師転職サイトを利用して相談から始めることをオススメします。


8割超の看護師が仕事を辞めたがっている?職場環境の悪化が大きな原因?




■8割以上の看護師が辞めたがっている現実


デフレ化が過去20年間にわたって進み、コンプライアンスが厳格化したことにより、
いつの間にか労働者に厳しく、働きにくい環境になってしまいました。


こうした影響から「会社を辞めたい」、「仕事を辞めたい」と考えている人は、どこの
業界でも増えているようです。しかし看護師さんが働く医療機関は、さらに深刻です。


「日本自治体労働組合総連合」が平成23年に独自に行なったアンケート調査により、
看護師さんが、いかに過酷な状況に置かれているかが明らかになりました。


何と驚くべきことに、当時「 自治体病院 」に在籍していた看護師さんの約80%が
仕事を辞めたいと思っていたことがこのときの調査により明らかになったのです。


仕事をやめたい主な理由として「 仕事がきつい上に人手が足りない 」と、答える人
が圧倒的に多かったことから、自治労も驚きを隠せませんでした。


しかしながら人材不足が改善される気配は依然として見受けられません。


このころから全くといっていいほど抜本的な問題解決に向けた動きがないんですね。





■労働環境が改善される可能性は低い!


驚くべき調査結果によって、 さすがの自治労連も看護師さんの増員や、 労働時間の
短縮などを行い、労働環境の改善が急務であることを認識したようです。


しかし、すでにこの調査から3年以上経過しているわけですが、目新しい動きはあり
ませんので、今後も労働環境が飛躍的に改善する可能性は低いでしょう。


問題を常に先送りしてきた結果であることを理解しようとしていないのも問題です。


また、日本国内にある8000以上の病院の大半が赤字経営に苦しんでいます。


大型病院が破綻するケースもあり、地域によっては域内で医療を受けられないところ
も出ている状況であるため、医療機関側だけを責めることが出来ない状況です。


となると、やはり政府を動かして、きちんと「医療・介護」に予算をつけるしかない
のですが、財務省による「財政破綻」プロパガンダによって阻害されています。





■退職を決意してからが本当の戦い


80%以上の看護師さんが大なり小なり仕事の問題をかかえ、仕事を辞めたいと考え
ているわけですが、今の仕事を辞めさえすれば、幸せになれると漠然と考えます。


しかしこれはこれで「ある意味問題」です。というのも仕事を辞めて他の職場へ転職
しても、同じような問題に苦しめられる可能性が十分あるからです。


「なぜ退職しなければならないのか?」真剣に考えて、転職する目的と目標を明確に
する必要があります。そして、退職を決意してからが本当の戦いが始まります。


違う病院で働くか、また看護師資格と病棟勤務の経験を生かして、他の業界で働くか、
しっかり検討する必要があります。そうしなければ同じ失敗を繰り返します。


ただし安心して頂きたいのは看護師資格と3年以上過酷な病棟勤務を経験されたこと
自体が大きな財産です。どうかそのことに自信と誇りを持って下さい。





■退職することを先延ばししてしまう原因とは?


多くの看護師さんが辞めたくても自分で退職することを抑えてしまうからです。


その理由は退職するにあたって色々なことを考えてしまうからです。


職場が慢性的な人手不足にあることから、あなたが退職したあとに職場の同僚に迷惑
がかかることや、退職が決まってからの周囲の自分に対する態度などを考えます。


そうなればどうしても腰が引けてしまいますので、 思うようにことが進みません。
より大きなストレスを感じてしまい、 体調不良となるケースも多いんです。


このため、退職を切り出すのが困難となり、退職するのを先延ばししてしまいます。


短期決戦で動こうとすると、高い確立で失敗しますので、できれば半年くらいの余裕
が欲しいです。そのためにも、まず情報を入手し、計画を練る必要があります。


今現在求人市場がどのような状況にあるかを知るために看護師転職サイトへ登録して、
これから看護師としてどのように働いていくか相談することから始めてみてください。


メニュー
最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます