デイケアの仕事についてのカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

カテゴリ:デイケアの仕事について

デイケアの仕事についてのカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
デイケア看護師の給料・年収は本当に低いのか?働きやすいから離職率は低い?

デイケアの仕事について
■デイケアの役割についてデイケアとデイサービスは、よく間違えられることが多いですが、基本的にデイケアは、高齢者や身体障害者など要介護認定(1〜5)を受けた方が…

記事を読む

デイケアに転職する看護師が増えているため看護師求人へ応募が殺到!

デイケアの仕事について
■デイケアの仕事も急速に変化している?デイケアは介護施設の中でも働きやすい職場として非常に人気が高いです。老健施設の中には宿泊施設を完備しているところもありま…

記事を読む

デイケアで働く看護師の待遇は良い悪い?気になる給料・年収は?

デイケアの仕事について
■デイケア看護師の平均的な給与水準とは?デイケアは、介護関連施設の中でも働きやすいとされています。また待遇面も比較的良いので、求職者の間で非常に人気が高いこと…

記事を読む

デイケア看護師の求人が少ない理由とは?人気が高くて応募が殺到!

デイケアの仕事について
■デイケアの求人が少ない理由とは?デイケア看護師のお給料は、一般病院に勤務する看護師さんと比較すると「 夜勤 」や「 残業 」が無い分どうしても低いですが、それ以…

記事を読む

病院よりも看護師が働きやすい職場とは?なぜ潜在看護師が増え続けているのか?

デイケアの仕事について
■看護師さんが活躍する場は年々増えているご存知のとおり今や看護師さんの仕事は病院だけではありません。年々活躍の場は広がってますので、そうした影響から看護師さん…

記事を読む

デイケアの仕事はバイタルチェックが基本!こんな時には要注意!

デイケアの仕事について
■デイケアの施設では何が起こるかわからない!デイケアとデイサービスを混合して考える人が少なくありません。しかしデイケアは、日本語にすると通所リハビリテーション…

記事を読む

デイケアでの看護師の仕事とは?仕事と家庭を無理なく両立できます!

デイケアの仕事について
■デイケアの主な役割についてデイケアの主な目的は、リハビリテーションによる利用者さんの体の「機能回復」や、ご家族の介護負担を軽減することで、より介護をしやすい…

記事を読む

No Image

デイケアの仕事について
■メインの仕事は健康管理デイケアにおける看護師さんの仕事についてですが、基本的に利用者さんの健康管理がメインの仕事となっています。ですので医療的ケアを行う機会…

記事を読む

デイケア看護師の給料・年収は本当に低いのか?働きやすいから離職率は低い?




128.png



■デイケアの役割について


デイケアとデイサービスは、よく間違えられることが多いですが、基本的にデイケアは、
高齢者や身体障害者など要介護認定(1〜5)を受けた方が対象となっています。


施設側が利用者さんの送迎を行い、施設内ではリハビリテーションを中心にケアを行う
日中のみ介護サービスです。また通所リハビリテーションともいいます。


実際にデイケアを利用されている方の大半は要介護認定を受けられた高齢者さんですが、
デイケアには幾つか種類があり、高齢者だけでなく精神科専門の施設もあります。


デイケアでは心と体の両方の機能の回復を目的としたサービスを提供することにより、
利用者さんの日常生活での自立を促進し、自宅療養を軽減する役割があります。


しかし、利用者の大半が高齢者であるため、リハビリに関しては難しい面があります。
認知症が進んでいる方も少なくないので、専門職員の言うことを聞いてくれません。


ですので、老化による肉体的機能の衰えを回復させるのは容易ではありません。


ちなみにデイサービスでもデイケア同様に「リハビリ」は行われますが、食事や入浴、
排せつなど日常生活の介助、軽い運動、レクレーションが中心となっています。





■デイケアの職員の配置基準


デイケアの人員基準および配置基準については以下のとおりです。


●医師は専任もしくは常勤の医師が1名以上

●理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の配置基準は、10対1

●看護職員(正看護師・准看護師)介護職員の配置基準は、10対1



デイケアやデイサービスでは、利用者さん一人一人と時間をかけて接することができ、
病棟勤務とは違ったやりがいがあります。この点も大きな魅力となっています。


デイケアで働く看護師さんのメインの仕事は、「バイタルサイン」のチェックをはじめ、
利用者さんの健康管理です。病院で行われる医療行為は行っていません。


一般の病院で臨床経験が3年以上あれば十分対応することができますが、利用者さんの
大半は高齢者であるため、急な体調不良が日常茶飯事的に起こります。


また施設によっては、入浴サービスを行っているので、その介助を行う場合もあます。


そうした場合、「入浴やレクレーションを受けられるか?」、「帰宅させるか?」と、
いった判断、重症の場合は救急搬送の判断などが看護師さんに求められます。


転職を検討している看護師さんは少なくありません。しかし、安易に考えて転職すると、
失敗しますので、目的意識をしっかりもって求職活動に取り組む必要があります。





■デイケアに勤務するスタッフの給料は低い?


基本的にデイケアは、特養老人ホームや老人病院などの介護施設と異なり、夜勤があり
ません。日勤のみとなっている施設がほとんどなので、働きやすいです。


しかも、土日は営業していませんので、完全週休二日制となっています。


病院のように「変則勤務」がありませんので、休みがあっても休んだ気がしないという
ことはまずありません。体をゆっくり休めることができる点は大きな魅力です。


しかし、このメリットがデメリットでもあります。


夜勤がないので当然のことなが夜勤手当がありません。


病棟勤務の看護師さんのお給料は夜勤手当がかなりの部分を占めていますので、それが
あるゆえ、看護師さんのお給料は一般の会社員よりも高いと認識されているわけです。


デイケアに勤務している職員の給与水準は他の介護関連施設と比較すると低いですが、
従業員が働きやすい環境が整っているので、離職率が他よりもかなり低いです。





■デイケア看護師の給与水準について


夜勤手当などが無い分、給料はどうしても低いですが、それでも看護師さんの場合、
専門的なスキルを持っているので、他の従業員よりは高めに設定されています。


またそれぞれの地域によっても差があります。東京と地方では2〜3割以上差があり、
ちなみに東京のデイケア看護師のお給料は、月給25万円から30万円程度です。


年収で350万円から400万円といったところです。


次に地方のデイケア看護師の平均的な給与水準についてですが、月給18万〜25万円
程度です。また、年収についてですが、280万円から350万円程度前です。


それでも他の職種と比べるとかなり高いので、非常に人気が高いです。





■地域によって大きな差がある


東京や大阪などの大都市圏にあるデイケアは人口が多いこともあって、求人数も多く、
正看護師で25万以上、准看護師で24万以上の求人が多く見られます。


他の看護師の仕事と比較すると、月収も年収も確かに低いわけですが、一般的なOLさん
の給与水準(手取りで12〜13万円)と比較すると、かなり大きな差があります。


もしも病棟勤務から給与アップを求めていたり、キャリアアップを視野に入れての転職
であれば、デイケアへ転職することは到底オススメできません。


しかし、働きやすさを求めているのであれば、自信を持ってオススメできます。





■デイケア看護師の求人を探すのは困難


一般病院で働いていたときは、体と心が壊れるくらい大変な思いをして働いていた人が
デイケアで働くようになると、大半の人が元の健康な状態に戻ります。


「 人間関係の問題 」が無いわけではありませんが、働きやすいため、離職率が非常に
低いので、自分の希望にあったデイケア看護師の求人を自力で探すのは困難です。


看護師転職サイトを利用しても、タイミングよく転職することは難しいです。


デイケアに転職する看護師が増えているため看護師求人へ応募が殺到!




zinseiwohiyaku.png



■デイケアの仕事も急速に変化している?


デイケアは介護施設の中でも働きやすい職場として非常に人気が高いです。


老健施設の中には宿泊施設を完備しているところもありますが、デイケア施設の多くが、
宿泊施設は無いので、原則的に夜勤がありません。また、残業も少ないです。


また、デイケアは介護施設の中でも介護色がそれほど強くないため、利用者さんをケア
するにあたって、肉体的にも精神的にも負担がそれほど大きくありません。


医療や介護の仕事で職業病とされている「腰痛」に苦しむ従業員の数も少ないです。


このため離職率が非常に低く、募集がかかると応募が殺到します。


一般病院に勤務する看護師さんの間でも、デイケアは、人気の転職先候補の一つです。


実際にデイケア看護師として働くことに興味がある方が少なくありません。


特に一般病院で働き続けることに限界を感じている中高年の看護師さんにとって、夜勤
がなく、残業も少ないデイケアで看護師として働くことに強い魅力を感じてます。


しかし、デイケアの仕事は決して楽ではありません。


病棟での仕事とは、また違ったコミュニケーション技術が必要となります。


また、ここ数年の間に利用者の間で重度の疾患を患っている割合が増えています。


高齢社会が1990年代前半から急速に広がり、医療の進化によって日本人の平均寿命
は伸びましたが、肝心のことが一つ見落とされているような気がしてなりません。


重度の患者が増えているため、より医療と介護にかかる費用が増えている点です。


これを現場の最前線で働く従業員の方々に重くのしかかっています。


一人当りの負担がどんどん増えていまして、デイケアであっても例外ではありません。





■デイケアなら家庭と仕事を両立させやすい


デイケアで働くことに興味を持っている看護師さんの年齢層は実に幅広いです。


子育て中のママさんから中高年の看護師さんまで、デイケアで働くことに興味を持たれ
ているので、ライバルが多い仕事・職場であることを認識してください。


あまり過剰な期待をしすぎると、裏切られてしまいます。


結婚・出産をきっかけに看護師の仕事を離れている方の中には、子供が2〜3歳になる
ころに看護師として「復職」することを検討し始めるケースが多いです。


特に旦那さんがお若い場合、旦那さんのお給料だけで生活するのが厳しいです。


このため、奥様が家計を助けるために働きに出ることになります。


しかし、子供がまだ小さいので、家庭を優先させなければなりません。


一般病院で常勤看護師として働くのは、夜勤があるので非常に難しいです。


仮に週2〜3回のパート勤務であっても、仕事はハードなので身体に堪えます。


デイケアのように夜勤のない介護系の施設であれば、働きやすいと考えてるわけです。
確かに一般病院よりもデイケアの仕事の方が肉体的・精神的負担は小さいです。


このため仕事と家庭を両立させ、しかも完全週休二日(土日)なので、旦那さんの仕事
に休みが合わせられるので、仕事のことでもめることは、まずありません。





■デイケアでの看護師の役割について


病棟勤務からデイケアへとキャリアチェンジする看護師さんが少なくありません。


しかし、転職された理由は、単にデイケアには夜勤がない、残業が少ないといった理由
で選んだわけではありません。もしそうであれば、長く働き続けることは困難です。


元々介護関連施設で働くことに興味があって転職を希望される看護師さんも多いです。


というのも、どこの病院も高齢患者さんが占める割合が急速に増えているからでして、
実際に医療の現場では、どこもここ数年間で介護色がより強まっています。


ケアマネージャーの資格を取得するために勉強されている方も沢山います。


意識の高い看護師さんが沢山介護業界に流れてきているので、ライバルが多いです。


デイケアのような介護施設は、 病院とは異なり医療行為を行う機会は少ないですが、
看護師としての「臨床経験」や幅広いスキルがどうしても求められます


こうした理由から、看護師の資格があっても看護師未経験の方は難しいです。


また給料につきましても、夜勤がないうえに残業が少ないので、その分病棟勤務よりも
総支給額はかなり少ないですが、それ以上に魅力のある仕事であると断言できます。


ですの、デイケアの唯一のデメリットは、上述したとおり、一般病院で働く看護師さん
よりも、お給料の面で低い点くらいで、今後その差はさらに大きくなるかもしれません。





■デイケアの役割について


デイケアは、通所といって「身心機能の維持・回復を図り日常生活の自立を支援する
ために目的に応じたリハビリを行う施設」と、定義されています。


デイケアにはいくつかの種類があります。例えば「介護老人保健施設」でのデイケア
や保健所のデイケア、精神科のデイケアなど実際に調べてみると色々あります。


利用者は自分に合ったデイケアを選べます。例えば食事ありのデイケアと、食事無し
のショートケアがあるので、ご家族による介護負担が軽減されます。





■デイケアで働いている人達について


いずれにしましても、デイケアは日勤が基本です。残業は少ない施設が多いですから、
家庭があって育児中の看護師さんであっても、働きやすい職場の一つです。


そして、デイケアでは、様々な資格を持つ職種の方が働いています。チームケアを行い
ながら利用者のサポートを行います。施設によって従業員の職種も異なります。


看護師以外には、精神保健福祉士、作業療法士、ヘルパーなどが働いています。


デイケアで働く看護師の待遇は良い悪い?気になる給料・年収は?




omoiyariwomanabu.png



■デイケア看護師の平均的な給与水準とは?


デイケアは、介護関連施設の中でも働きやすいとされています。また待遇面も比較的
良いので、求職者の間で非常に人気が高いことから、求人はそれほど多くありません。


一方、デイケアで働く看護師さんの給料についてですが、決して低くはありません。
デイケアの施設で働く介護士さんよりも、かなり高めに設定されています。


しかし、デイケアは一般病院とは異なり、夜勤がありませんし、残業も少ないので、
病棟勤務の看護師さんのお給料と比較すると、どうしても下がってしまいます。


都心にあるデイケアよりも地方の方が給与面では圧倒的低いとされています。


例えば基本給が20万円程度に設定されていますので、デイケアで働く看護師さんの
年収は300万円前後です。もしかしたら少ないと感じているかもしれません。


しかし、これでもデイケアで働く介護職員のお給料と比較するとかなり高いです。


それくらい介護業界は医療よりも苦しい状況にあることを知る必要があります。


2015年度から「介護報酬」が引き下げられてしまったので、職員一人当りの負担
が今後さらに増えることが予想されますので、楽観しすぎるのは危険です。


とはいっても、デイケアの利用者さんは依然として沢山いますし、希望者が多すぎて
施設が足りない状況にあるくらい、需要は非常に大きいです。


また、自治体の支援もありますので、事業そのものが破綻することはありません。
一般の会社のように突然リストラされたり、会社が倒産することはほぼありません。






■デイケア一般病院よりも働きやすい?


デイケアは基本的に夜勤がありませんので、夜勤を苦手とする看護師さんからすれば、
非常に魅力的に感じることでしょう。実際に働きやすい環境にあります。


ですので以前一般病院に勤務していた看護師さんの中には体調を崩してしまったこと
を理由に一度は退職し、その後デイケアに転職するケースも少なくありません。


世間では看護師さんは高収入とされていますが、夜勤手当と残業手当が占める割合が
非常に大きいだけで、仕事に応じた給料を得ているとは到底言えませんよね。


何といっても「 2交代制 」、「 3交代制 」による過酷な変速勤務をこなさなけれ
ばなりません。その分「夜勤手当」など各種手当が高めに設定されているわけです。


一般病院の労働環境が劇的に改善される可能性は非常に低いです。


医療の世界は日進月歩で進化していて、しかも進歩すれば医療機器などのも進化する
ので、進歩すればするほど従業員のやることが増えるので、とにかく大変です。


たった数年で大きく変化するので、現役で働いている看護師さんですら、ついていく
のは容易ではありません。多忙の合間をぬって、勉強会や研修に参加します。


こういった状況ですから、5年以上のブランクがある看護師さんが「復職」する場合
は、知識や技術を取り戻すことより、新しいことを覚えるのに、まず苦戦します。


デイケアは、要介護認定を受けている高齢者さんの高齢化による老化を抑えるため、
衰えている機能を回復させるためにリハビリやレクレーションを行なう施設です。


このため、医療行為は行いませので、こうした点に関しては、かなり楽です。


40代に入ると体力・気力の衰えや、腰痛など病棟勤務特有の慢性的な「職業病」を
苦に常勤で病棟勤務を続けることに不安を感じる看護師さんが多いです。


こうした理由からデイケアを転職先候補とする看護師さんも少なくありません。





■一般病院から転職するケースが多い


デイケアで働けば、収入はどうしても病院勤務時代よりも下がりますが、夜勤がない
ので、肉体的にも精神的にも負担が小さいので、この点が最大の魅力です。


また、日常業務も固定化されているので、突発的な問題が起こらない限りは、時間外
勤務もほとんどありませんので、時間を有効に使うことが出来ます。


このため仕事と家庭を両立させることが十分可能です。


一般病院と比較してもデイケアの労働条件は決して悪くありません。


ただし、キャリアアップを目指している看護師さんには、デイケアは不向きです。


病棟や急性期外来で経験を積んだあとにデイケアで働くママさん看護師も多いです。


デイケアで働きながら、仕事と家庭を両立させ、ある程度子供が大きくなってから、
病院に再就職するケースも少なからずありますので、目的に応じて選べます。


ただし、腰掛け程度の意識で働けるような仕事ではありません。


目的意識をしっかり持たなければ、介護士さんをはじめ他の職員さんから、そうした
思いを見透かされますので、真剣に介護の仕事に取り組む必要があります。


もはや看護師さんが働けるのは、医療機関だけではありません。


介護を含め色々な分野で需要が年々拡大しています。


デイケアをはじめ、デイサービス、有料老人ホーム、特養老人ホームどの介護施設の
求人もありますし、また治験企業や産業看護師としても需要があります。


デイケア看護師の求人が少ない理由とは?人気が高くて応募が殺到!




ganbaxtutabundake.png



■デイケアの求人が少ない理由とは?


デイケア看護師のお給料は、一般病院に勤務する看護師さんと比較すると「 夜勤 」
や「 残業 」が無い分どうしても低いですが、それ以上に魅力が沢山あります。


事実、デイケアは他の介護施設や社会福祉施設よりも働きやすい職場とされています。


施設内で働く職員の大半は介護士の資格を持つ介護士さんですが、職員の離職率が非常
に低いことから、退職者が出ない限り、職員の募集をかけることはありません。


デイケアの施設は全国に7000程度しかないので、どうしても求人は少ないですし、
施設内で働く看護師さんの数は、多くても3人程度なので、余計に求人が少ないです。


このため仮に看護師求人が出ても応募が殺到し、すぐに決まってしまいます。


そして、デイケアは夜勤がないうえに残業もほとんどありません。


病院で働く看護師さんのお給料が高いとされているのは、「夜勤」や「時間外手当」が
占める割合が大きいからで、基本給だけで見れば、それほど高いわけではありません。


しかし、デイケアで働く看護師さんは、仮に地方でも「月収20万円」以上稼ぐことが
出来るので、こうした点に魅力を感じる看護師さんが少なくありません。


デイケアで働く看護師さんは、看護の仕事だけでなく、介護の仕事も行いますので、
やることはかなり多いですが、やりがいのある大変素晴しい仕事です。





■一般病院からの転職する看護師も多い


病棟での仕事は、夜勤が最低月3〜4回こなさなければなりません。


常勤で看護師として働くと夜勤と日勤の両方をこなすために、昼と夜が何度も逆転する
こととなり、仕事自体が精神的にも肉体的にも非常に過酷です。


このため、慢性的な体調不良に苦しめられてる看護師さんが少なくありません。


昼と夜が逆転するので、どうしても睡眠と食事の質を維持するのが難しく、健康管理が
大変ですよね。ベテランの看護師さんでも、突如体調不良に襲われたりします。


また病院内は病原菌がうようよしていますから、感染症対策をしっかり行っているとは
いっても、病気の巣窟ですから、病気になるリスクは他の仕事よりも高いです。


人材不足でありながら、病院側は業務効率を高めることを強く求めているので、結果
として誰かが犠牲にならざるえないような状況を自ら作っています。


こうした状況が続けば、退職せざるえない状態まで追い込まれてしまいます。


このため、一般病病院からデイケアに転職する看護師さんも少なくありません。


事実デイケアで働くようになってから、夜勤や準夜勤などの変則勤務が一切なくなった
ことにより、体調が良くなった人も多いので、この点だけとっても、魅力があります。


また、介護の仕事のやり甲斐を見つけた看護師さんも沢山いらっしゃいます。





■キャリアアップを目指す方には物足りない?


デイケアで働く看護師さんのメインの仕事はバイタルチェックです。また配薬・服薬、
健康管理、入浴や食事の介助などもデイケアで働く看護師さんの仕事です。


利用者の大半が要介護認定を受けた高齢者さんですが、病院の患者さんとは異なり、
入院が必要なレベルにはないため、医療行為がほとんど行われることがありません。


このため、看護師として、スキルアップを目指している方には向いていません。
というよりも、デイケアでの仕事に物足りなさを感じてしまうことでしょう。


特に介護の仕事を介護士さんと一緒に行なうことに対して抵抗を感じるようです。


また、デイケアで働いていながら、いずれ「 病院勤務へ復帰 」することを考えている
方をたまに見かけますが、これは施設内で働く人達に非常に失礼な話ですよね。


腰掛け程度で考えているのであれば、他のスタッフに迷惑になります。


デイケアで看護師としての経験があれば、特別養護老人ホームなどデイケア以外の介護
施設に転職するさいは、比較的スムーズに転職することが出来ます。


どうぞデイケアを通して介護の仕事に誇りを持ってください。


病院よりも看護師が働きやすい職場とは?なぜ潜在看護師が増え続けているのか?




makeruhiga.png



■看護師さんが活躍する場は年々増えている


ご存知のとおり今や看護師さんの仕事は病院だけではありません。


年々活躍の場は広がってますので、そうした影響から看護師さんの働き方も多様化し、
それに比例して「 看護師の求人 」も非常にバラエティに富んでいます


ちなみに日本国内には大中小含めて約8000以上の病院があります。


小規模な診療所(クリニック)を含めると、患者さの病気やケガを治療できる施設が
軽く10万以上あるわけですが、その大半が「人材不足」で苦しんでいます。


個人が経営する小規模なクリニックでは、少数精鋭が基本です。一見家族的な雰囲気
が漂っているように見えますが、一人の看護師さんが抱える仕事量が非常に多いです。


また医療機関の大半が東京や大阪などの大都市圏に集中しているので、医療の世界は、
広いようで狭い上に、組織が封建的であるため、窮屈に感じる方も少なくありません。


しかし、今や看護師さんの仕事は病院だけにとどまりません。


老人ホームなどの介護施設や一般企業、行政機関にまで広がっています。


しかも、こうした動きは、今後さらに拡大することが予想されます。


臨床経験が3年以上あれば、問題なく病院以外の職場へキャリアチェンジできます。


特に介護の世界では、高齢化社会が2025年頃にピークを迎える関係で、施設だけ
でなく、人材不足が深刻であるため、今後しばらくは転職しやすい状況が続きます。





■病院以外の仕事につきたいと思ったら?


看護師さんは、自分にあった仕事や職場を自由に選択することができるわけですが、
残念ながら自らその自由を放棄してしまう方が少なくありません。


すでに潜在看護師の数は「60万人」に達しています。


特にここ10年ほどで一気に増えていまして、その勢いは止まりません。


そうした背景には、医療技術や医療機器の進化に伴い仕事量が増え、看護師さん一人
当りの負担が増え続けていることが大きな要因とされています。


このため、何らかの事情により一度退職すると、そのまま看護師の仕事には戻らずに、
他の仕事についてしまうケースが増えているため、看護師不足がさらに進みます。


しかし、くどいですが病院だけが看護師さんが働ける職場ではありません。


ですが、自分にあった仕事や職場を探すのは簡単なことではありません。


数ある看護師の仕事の全てを経験することはできませんが、経験者の話を聞くことに
より、 自分に「向いている」か「向いていない」かを判断することができます。


講演や講習会などが無料で行われているので、是非参加してみてください。


例えば病棟勤務が年齢的にきつかったり、家庭の事情で困難となったため、デイケア
などの介護施設で働くことを検討しているのであれば、非常にためになります。





■デイケアとは?


デイケアは福祉施設ですが、看護師さんが働ける職場の一つです。デイケアは家庭で
療養している要介護、要支援認定を受けた患者さんが通所する施設です。


デイケアを利用する患者さんは、日中は施設にてバイタルチェックや健康チェック、
入浴、 食事、リハビリテーション、レクリエーションなどを行います。


そして、デイケア本来の目的は主に以下の二点です。


(1)患者さんが患っている体のある部分の機能回復を行なう


(2)家族の介護負担を減らすことで、より介護をしやすい環境を整える



臨床経験が求められますので、新卒の求人は少ないです。


またデイケアは介護施設の中でも離職率が低いので、中々空きがでません。


しかし、その分働きやすいですし、長く働くことができます。


デイケアの仕事はバイタルチェックが基本!こんな時には要注意!




taisetunanowa.png



■デイケアの施設では何が起こるかわからない!


デイケアとデイサービスを混合して考える人が少なくありません。


しかしデイケアは、日本語にすると通所リハビリテーションといい、デイサービスは、
認知症専門通所介護なので、それぞれの施設の役割は近いようで、異なります。


デイケア、デイサービスは1980年代イギリスで誕生しました。


欧米では、デイホスピタルが日本で行われているデイケアのサービスに近いです。


高齢者の老化に伴う体の機能低下をリハビリやレクレーションなどを通じて、ご家族の
介護の負担を抑えるレベルに回復させるのが主な役割となっています。


最近はデイサービスでもリハビリに力を入れているところが増えています。


このため、デイケアとの明確な違いが無くなりつつあります。


基本的にデイケアの利用者さんの大半は高齢者であるため、施設内で毎日行われている
レクリエーションなどの活動中に突発的に容態が悪化することがあります。


デイケアで働いている方の大半は介護士さんです。


当然のことながら、介護士さんは極一部を除いて医療行為は認められていませんので、
看護師さんが対応しなければならないので、どうしても臨床経験が必要になります。


そうした危険性が常にあることを意識しなければありません。


何かあった場合は速やかに他のスタッフに伝えます。看護師さんはデイケアの施設を
管理する責任者に「連絡」「報告」「相談」する義務があるからです。





■バイタルチェックが業務の基本


デイケアにおける看護師さんの役割は利用者さんの健康管理です。


日々の業務はバイタルチェックが基本となります。毎日のことなので非常に重要です。


高齢者の方にとって、季節の変わり目は気温の変化が激しいので、体調管理が難しい
です。このため利用者の体調の変化に、一秒でも早く気づかなければなりません。


そして、万一利用者が突発的に発熱を起こしたり、身体の痛みを訴えてきた場合は、
看護師さん自らが速やかに適切な処置を行わなければなりません。


服薬・配薬も重要な仕事です。配薬の段階で間違えてしまうと、服薬のさいにトラブル
となりますので、スマホの機能をフル活用して十分注意しなければなりません。


今現在、利用価値の高い無料のスマホアプリ(有料でも数百円)が沢山あります。


これらをフルに利用して、一日の仕事のチェックシートや利用者さんの特徴を管理する
ことによって、ば、かなりの割合でミスは防ぐことができますので、オススメです。





■利用者と上手に付き合うには根気が必要!


デイケアの多くが医師は常駐していません。このため利用者さんとそのご家族から色々
な相談を看護師さんが受けることになります。自分では手に負えないこともあります。


もし自分の手に負えないと判断したら、医師と相談して指定された病院へ受診してもら
うように促します。自分で何とかしようと思ってできることではありません。


そして、一刻を争うような状態にあることが明らかになった場合、ただ単に病院の手配
をするだけでなく、病院まで利用者さんに付き添うことがどうしても必要となります。


また日頃から利用者と場合によって、その家族に対して体調面や健康管理をアドバイス
することもあるのですが、悲しいことに中々聞き入れてもらえません。


看護師として培った経験と知識から、利用者にわかりやすく説明しているつもりでも、
素直に言うことを聞いてくれないこともあるので、どうしても根気が必要です。


コミュニケーションの取り方が病棟勤務にはない難しさがあります。


ここでは何よりも話を聞くことが大切なので、忍耐強く話を聞いてあげてください。





■介護の仕事をバカにしない!


反対に利用者さんによっては、看護師さんのきちんとした説明がなければ納得できない、
という人も少なくありません。いずれにしても、看護師さんの役割は重要です。


一般病院に勤務していた看護師さんからすると、 デイケアは介護、レクレーション、
リハビリが業務の中心であるため、下に見る傾向がどうしても強いです。


しかし実際にはそんなことはありません。積極的にコミュニケーションをとりながら、
施設の利用者全員の健康と安全を管理する、大変やりがいのある仕事です。


介護士さんの仕事を手伝うことも少なくないので、積極的に手伝って下さい。


そうすることによって、人間関係の素通しが良くなり、次第に働きやすくなります。


デイケアでの看護師の仕事とは?仕事と家庭を無理なく両立できます!




Image 32.png



■デイケアの主な役割について


デイケアの主な目的は、リハビリテーションによる利用者さんの体の「機能回復」や、
ご家族の介護負担を軽減することで、より介護をしやすい環境を整えることです。


高齢化社会は今後も容赦なく進むわけですから、地域に根ざした介護サービスを提供
するデイケアは社会的意義は非常に高いです。今後さらに重要性が高まります。


一時期増えたのですが、大都市では依然として施設自体が不足している状況です。


デイケアは、介護老人保健施設で行われ、本来の目的はリハビリテーションです。


一方、介護老人福祉施設や在宅サービスセンターで行われるデイサービスは、認知症
専門通所介護のための施設なので、デイケアとは本来の目的が異なります。


デイケアは、老人と精神科の二つに分かれてまして、それぞれ利用者同士が交流する
ことができるようになっているので、各施設にはアットホームな雰囲気があります。


日中に様々なレクリエーションやリハビリを通じて人と接することができます。


このため孤独から解放され、健康に対する意識を高めることができます。


その結果として自宅での介護が容易になるわけですが、実際には難しいです。





■デイケアが利用者に提供するサービスとは?


患者さんも、デイケア施設で他の利用者さんやスタッフとコミュニケーションを取る
ことによって、孤独から開放され、少なからず社会性を維持することができます。


デイケアに通所すると他の利用者とともに運動する機会がもてるので、身体の各機能
の維持や回復することで老化が進むのを飛躍的に抑えることができます。


精神的ににも良い効果をもたらしますので、デイケアは利用する価値が高いです。


利用者さんの中には、デイケアを利用する前の数年間は、ほぼ家族以外の人と接した
ことが無い方もいます。そうした方の場合、自分から心を開こうとしません。


施設でも人の和に入ることも、人と喋ることも拒絶されるケースも少なくありません。


このため施設で働く人達は、忍耐強く利用者さんと接することが求められます。





■デイケアでの看護師の仕事について


デイケアにおける看護師さんの役割についてですが、基本的に利用者さんの健康管理
が中心です。一般病院のような医療的ケアを行う機会はそれほど多くありません。


さらに看護師としての視点から利用者の生活をサポートしていきます


これまで一般病院で看護師として働いていた方がデイケアで働くと戸惑うことが多い
です。病院での仕事とはまた違った細かい雑務が多いので無理もありません。


バイタルチェックが中心となるため、特別な看護技術は必要ありません。


しかし、臨床経験が求められるので、これまでの病棟や外来での経験が役に立ちます。


基本的にデイケアでは夜勤がありませんし、時間外勤務もほとんどありません。


このためお給料は病棟勤務よりも低いですが、その分働きやすい環境にありますので、
仕事と家庭を両立させることができますので、かなり人気が高いです。


日本国内にあるデイケアの施設は、大中小あわせて7000程度です。


また、働きやすいので他の介護施設よりも離職率が低いため、何らかの事情で欠員が
出ない限り求人が出ることはありませんので、求人数もそれほど多くありません。





■最初は戸惑うことも多い?


一般病院でも高齢患者さんが多いので、デイケアに転職しても、問題なく働くことが
できますが、最初は利用者さんと接するにあたって色々と戸惑うことが多いです。


例えば自分から利用者さんと話そうとすると、あれこれ色々なことを考えてしまい、
何も喋れないで終わってしまうことも多く、結果として落ち込みやすくなります。


しかし、利用者さんの話を聞くことに徹すると、徐々に相手も心を開いてくれるので、
自然とコミュニケーションが取りやすくなりますので、あせらないで下さい。


また小さなミスを連発することもあるでしょう。しかし慣れていくしかありません。


頭だけで理解しようとすると、わかったような気になるだけなので、必ずメモを持参
して、メモに書きまくってください。自宅に戻ってからノートにまとめましょう。


そうすることで、より理解が深まりますので、次第にミスが少なくなります。


そして、仕事の効率化を高めるためにスマホが持つ各種機能やアプリを活用すれば、
短期間で驚くべきほど成果を上げることができますので、是非ご活用ください。


また現状ではデイケアのような福祉施設は介護職員が中心の職場なので看護師さんは
少ないです。施設で働く職員全員で一つのチームとして働くことが求められます。


デイケアでの看護師の仕事について、働く上での注意点とは?




■メインの仕事は健康管理


デイケアにおける看護師さんの仕事についてですが、基本的に利用者さんの健康管理
がメインの仕事となっています。ですので医療的ケアを行う機会も少ないです。


デイケアなどの「 介護施設 」では、必ず医師を配置することが法によって義務づけ
られているのですが、医師は基本的に施設内には常駐していません。


というのも病院での仕事を兼任しているからです。


このため、実際に医師の先生方が施設に訪れるのは限られています。


看護師さんは医師の先生と連絡を取りながら、指示に従って適切に対処します。





■緊急時は医師に代わって対処する


デイケアは病院ではないので一般病院のように入院患者がいません。


また救急搬送されることもありません。


しかし、利用者の大半が高齢者であるため容態が突然急変することがあります。


例えばリハビリやレクレーションを行っている間に突発的に起こります。


そうした場合、看護師さんが先頭にたって対応しなければなりません。


といっても看護師さんが実際に行える医療行為は限られていますので、医師の先生の
指示に従いながら、適切な対応しなければならないので、冷静さが求められます。





■利用者とのコミュニケーションが大切


デイケアのような介護施設も「 人材不足 」のところが多いです。


バイタルチェックや利用者さんが服用する薬の管理など、利用者さんの健康管理以外
にも色々なことを行わなければなりません。介護の仕事もその一つになります。


介護の仕事にまったく興味がない人には不向きかもしれません。


レクリエーションにも参加して、利用者と積極的にコミュニケーションを取ったり、
食事介助、トイレ誘導、湿布、爪切り、胃ろう管理なども行います。


中でも利用者さんとの「コミュニケーション」は難しいです。


病棟勤務時代よりも聞く力が大切となります。


とにかく利用者さんに沢山しゃべってもらうために質問を事前に用意しましょう。





■環境の違いに戸惑うこともある?


同じ介護施設であっても、仕事内容は各施設によって微妙に異なります。


ですので、後々問題にならないようにするためにも応募する際には、求人先について
しっかり調べることをおすすめします。これだけでもかなりトラブルを防げます。


病院から転職された看護師さんの場合、環境の違いに戸惑うことも多いです。


しかし、夜勤はありませんし、勤務シフトも複雑ではないので、慣れると体力的にも
精神的にも負担がそれほど大きくないので、働きやすいと感じる方が多いです。


こうした情報を自分自身で調べるのは正直大変です。


ですので看護師転職サイトを利用して転職活動することを強くオススメします。



メニュー
最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます