条件で選ぶさいの注意点のカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

カテゴリ:条件で選ぶさいの注意点

条件で選ぶさいの注意点のカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
寮ありの看護師求人のメリットとは?求人選びに失敗すると自由がない!

条件で選ぶさいの注意点
■寮がある病院で働く魅力とは?今現在、独身寮や母子寮を所有する医療機関は少なくありません。病棟は24時間365日稼働させなければ患者さんの命を守ることが出来ま…

記事を読む

資格手当あり看護師求人でよくある勘違いとは?看護師と准看護師の差はなぜここまで大きいの?

条件で選ぶさいの注意点
■看護師と准看護師の資格手当は基本給に含まれる看護師と准看護師の資格手当は基本給に含まれているケースが圧倒的に多いです。ですので、看護師と准看護師とでは、「基…

記事を読む

No Image

条件で選ぶさいの注意点
■看護師さんの募集について看護師さんの募集は幅広く行われています。求人先も医療機関だけでなく、一般企業や行政機関まで幅広く、今後さらに確実に活躍の場が広がるこ…

記事を読む

No Image

条件で選ぶさいの注意点
■2交代制の職場が増えている一般病院の勤務シフトは、一般の会社では考えられないくらい複雑です。総合病院や大学病院など大型病院は24時間体制で稼働させなければな…

記事を読む

No Image

条件で選ぶさいの注意点
■社宅あり看護師求人のメリット社宅は病院の敷地の中か、近場に所有しているケースが多いです。しかし、残念ながら「社宅あり」の看護師求人は、それほど多くありません…

記事を読む

No Image

条件で選ぶさいの注意点
■医療機関によって条件が異なる!転職にはリスクが伴います。転職したからといって、今現在置かれている状況が改善されるわけではないからです。その逆もあることを認識…

記事を読む

寮ありの看護師求人のメリットとは?求人選びに失敗すると自由がない!




857.png



■寮がある病院で働く魅力とは?


今現在、独身寮や母子寮を所有する医療機関は少なくありません。


病棟は24時間365日稼働させなければ患者さんの命を守ることが出来ません。


各部署に配置する人材を効率良く、そして、流動的に配置するためにも、できるだけ病院
の近くに寮を設けて、そこから従業員を通わせる方が双方にとってメリットがあります。


二交代制、三交代制勤務によって深夜や早朝に出退勤をすることから、通勤時間をできる
だけ短くすませることによって、肉体的にも精神的にも負担が小さくなります。


ですので、看護師さんは、病院の近くに住んだほうが断然いいですよね。


病院側も看護師不足を少しでも解消したいといった思惑から、寮を所有することによって、
遠くに住む人達でも就職・転職をしやすい環境を整えることができます。


こうした取り組みが長期的に安定した人材の確保を実現しやすくなります。


また大学病院や総合病院のような大型病院を中心に独身寮・母子寮を完備しています。


病院によっては敷地内に寮があるところも少なくありません。病院付近には大抵スーパー、
コンビニなどがあり、寮で生活すれば通勤だけでなく買い物なども非常に便利です。


周辺地域にある一般的な賃貸マンション・アパートの家賃よりも、かなり安く設定されて
いるので、シングルマザーの方でもお金の心配をすることなく、安心して働けます。


また後述しますが、家賃補助という形でサポートするところも少なくありません。





■看護寮ありの看護師求人を探す注意点


しかし、寮と一言でいっても色々なタイプがあります。


例えば築年数が10年未満のおしゃれなワンルームマンションのようなところもあれば、
昭和の時代に建設された築40年前後の古いアパートタイプの寮もあります。


また勤務先の病院から離れていたり、すでに定員オーバーで入居できなかったりします。


大型病院だけでなく、民間の中堅規模の病院でも病院近くにあるマンションやアパートを
借りあげて従業員に格安で利用させてくれるケースも少なくありません。


また従業員向けに「家賃補助」を行っている病院も多いです。


自由を求める人にとっては、寮で窮屈に生活するよりも、家賃補助が好まれるようです。
できるだけ生活しやすい環境で働くためにも、生活プランを見直しましょう。


そのうえで看護師求人サイトを利用して、希望にあった求人を探してもらいましょう。





■母子寮はシングルマザーの強い味方!


看護師の約92%が女性です。女性は結婚・出産をきっかけに生活が一変します。


安倍政権下では、女性の社会進出を最大限バックアップするとしていますが、女性の社会
進出を妨げているのは、間違いなく出産と子育てに対する社会的支援が乏しいことです。


また何らかの理由で離婚するケースも少なくありません。そうなると「シングルマザー」
として働きながら子育てと両立させなければならないので本当に大変です。


しかしシングルマザーの貧困化が年々深刻化している状況にありながら、行政が運営する
母子生活支援施設は少ないうえに、情報も少ないので、存在すら知られていません。


また母子寮に入りたくても住んでいる地域に無いケースも少なくありません。


社会がそうした厳しい状況にありながら医療機関の中には24時間体制の託児所を病院内
に設置し、独身寮と母子寮の両方を所有しているところもあります。


シングルマザーの方でも安心して働けます。母子寮があるということは、同じような境遇
にある看護師さんが沢山働いているということなので、何かと心強いです。





■寮と社宅の違いについて


病院の敷地内に寮や社宅があれば、通勤が非常に楽になりますので、肉体的にも精神的
にも負担が大幅に軽減されますが、寮と社宅の違いをご存知でしょうか?


基本的に寮は食事や風呂、トイレが共同で、毎日寝起きする部屋に関しては、個人部屋
だったり、一つの部屋に数人で一緒に生活するケースが比較的多いです。


一方、社宅はキッチン、風呂、トイレが共同ではありません。


これら全てが一つの部屋に全て収まっているので完全に独立しています。


社宅の方が寮よりも個人のプライバシーを保てますし、部屋の中では完全自由です。


しかし寮の場合は寮のルールに従わなければなりません。場合によっては部活のような
厳しい上下関係に苦しめられることもあるので、求人選びは慎重にならざるえません。





■寮生活を充実させれば全てが楽に!


最近の傾向としては、寮でも新しい建物はほとんど個室となっています。


しかも寮費は無料のところが多く、テレビやエアコンなどの家電や家具なども全て備え
付けてあるので、一々買わなくてすみますので、入居してすぐに生活できます。


寮生活でお金がかかるのは、食事代くらいです。


ですのでアパートやマンションを自分で借りて生活するよりも、沢山貯金ができます。


使えるお金が多いということもないのでしょうが、寮には個性的な人が多かったように
思います。それぞれの趣味にお金を惜しみなく使っていました。





■寮生活の最大のメリットとは?


寮が職場が病院の敷地内にあれば、3交代勤務で夜中に出勤するのも非常に楽です。


自分の部屋で白衣に着替えて歩いて出勤できます。


通勤時間が短いので、その分「身体」を休める時間が増えます。


また交通費がゼロなので、その分出て行くお金も減るのでいうことなしです。


もし居心地のいい寮に運良く入れたのであれば、結婚するまで寮にいたほうがいいです。


寮で長く生活していた方の中にはマンションを現金で購入された方が何人かいました。
生活を無理に切り詰めなくても貯金ができます。これも大きなメリットです。


唯一のデメリットは住人全員が「病院関係者」なので、仕事とプライベートの境界線が
はっきりしない点くらいです。これは慣れればどうってことのない問題です。


問題となるのは、先に述べた通り、寮のルールや人間関係が厳しい場合です。


資格手当あり看護師求人でよくある勘違いとは?看護師と准看護師の差はなぜここまで大きいの?




naitemoichinichi.png



■看護師と准看護師の資格手当は基本給に含まれる


看護師と准看護師の資格手当は基本給に含まれているケースが圧倒的に多いです。


ですので、看護師と准看護師とでは、「基本給」に差があるわけですが、仕事に関する
内容に大きな差はないわけですから、昔ほど大きな差はなくなりつつあります。


基本的に看護師と准看護師の資格は、別途「資格手当」として支給されません。


看護師もしくは准看護師の資格がなければ、看護師として働くことはできませんから、
これらの資格にプラスアルファとなる資格に対して資格手当が支給されます。


「そんなの当たり前でしょ?」と思われるかもしれません。


しかし...はじめて転職される方の中には、「資格手当」のある看護師求人は看護師、
准看護師の資格そのものに対して資格手当が支給されると勘違いされる方がいます。


看護師と准看護師では、本来職場で出来る看護ケア(実際の現場では差はない)に差が
ありますので、「基本給」は看護師の方が准看護師よりも高めに設定されてます。


つまりこの差額が看護師、准看護師の資格手当の差となります。


看護師さんが働ける職場は、大学病院、公立・私立の病院、診療所などです。


最近は、企業の医務室や健康管理室、保健所、老人保健施設など、高齢化社会が進むに
つれて、一般の人達の間でも健康に関する意識が急速に高まっています。


このため、看護師と准看護師の活躍の場は、年々着実に増えていますので、将来的に
看護師としてどうなりたいか、目標と目的を明確にする必要があります。


そうしないと、各職場にある見えない職場カーストに嫌な思いをすることになります。
そうならないためにも、目標・目的にあわせてキャリアを高めて行きましょう。





■基本給に差がある理由について


基本的に看護師の資格は「国家資格」です。看護高等学校、看護専門学校、看護短大、
大学で勉強し、卒業すると看護師国家試験の受験資格が得られます。


一方、准看護師は看護高等学校で勉強し、卒業すると都道府県知事試験の受験資格が
得られ、試験に合格すると都道府県知事から准看護師の免許が交付されるます。


つまり看護師のほうが資格取得するまでに勉強する期間も長く、医学や看護に対する
知識が深いわけですから、基本給(資格手当含む)に差があります。


看護師と准看護師では、学校で習得している看護に関する知識も技術も異なります。


しかし、職場での実務に関しては大きな差はありません。このため、准看護師は看護師
よりも安い賃金で雇用できることから、個人病院や診療所では広く就職先があります。


ただし、高い「看護基準」を満たすことで、一段高い「診療報酬」を得たいとする病院
では、残念ながら准看護師を採用していないところも現状では少なくありません。


繰り返しになりますが、実際の職場で看護師、准看護師の仕事に差はありません。


しかし、より長時間にわたって学ばなければならない分、医療に関する知識やスキルは、
看護師の方がありますので、それに見合った仕事に就くことができます。


このため法律上は、准看護師は看護師の指示に従って補助的な仕事を行うことになって
いることから、准看護師が師長などの「役職」につくことはできません。





■時間をかけて納得する求人を選びましょう!


実際に勤務される医療機関によって「基本給」が微妙に異なります。


しかし、どの職場でも、実務に関しては看護師と准看護師の仕事内容に特別大きな差は
ありませんが、病院によっては著しく准看護師の基本給が低いケースもあります。


また給与、昇格に関しては、看護師と准看護師とでは明確な差があります。


この点についても、きちんと調べる必要があります。


後になって嫌な思いをしないためにも大切です。


ですので多少時間がかかったとしても、入職されたあとに自らの選択を後悔しないため
にも、ご自身で納得できる仕事内容と基本給を支給してくれる職場を選ぶべきです。


求職活動を行なうのであれば、看護師求人の質が何より大切です。この点に関しては、
ハローワークよりも、看護師専門転職サイトを利用されることをオススメします。


看護師さんの募集条件と採用事情について!定年退職まで同じ職場で働くのが難しい理由とは?




■看護師さんの募集について


看護師さんの募集は幅広く行われています。求人先も医療機関だけでなく、一般企業や
行政機関まで幅広く、今後さらに確実に活躍の場が広がることが予想されています。


看護師さんの仕事は専門性が非常に高く、何よりも経験がものをいう世界なので、他の
業界・職種のように「年齢」など特別な「制限」もほとんどありません。


同じ病院で50年以上勤務する70代の現役バリバリの看護師さんも実際にいます。


しかし、そうはいっても常勤看護師として働き続けるのは、肉体的にも精神的にも非常
にハードです。特に大学病院のような大型病院の変則勤務はきついです。


このため、40代に入ると同じ職場で働き続けるか、もう少し楽に働ける職場を探すか
選択を迫られますが、退職する道を選ぶ方が少なくないのが現状です。


しかし、看護師さんの仕事は他の職種よりも多様化しているので、パート・アルバイト
であれば、60歳を過ぎている方でも自分のペースで働くことができます。


裏をかえせば、それだけ看護師さんが不足しているからなんです。


事実多くの病院が看護師さんを確保するのに必死です。


ですので、多くの医療機関で夜勤専従、日勤専従といったかたちで勤務シフトに柔軟性
をもたらし、できるだけ看護師さんが働きやすい環境を整えています。





■日本全体で人材不足が起こっている?


現在多くの業界が人材不足で悩まされ、倒産する会社が増えています。


黒字でも働いてくれる人がいなければ、その会社の業務は回らないからです。


人材不足が深刻な「 社会問題 」となりつつあります。


デフレがピークだった頃は外食産業などのサービス業が活況でしたが、時給を上げても
人材が集まらないので、店舗を閉鎖せざる状況に追い込まれています。


消費増税により、景気が大きく後退しましたが、パート・アルバイトの時給だけは依然
として上がり続けているようです。こうした傾向は今後も続くとされています。


そうした中で医療機関も同様に人材不足に悩まされていまして、一刻の猶予もないほど
危機的状況にあります。残念ながら人材不足のため閉鎖する病棟が出てきました。


その地域住民は、これまで通りのような医療サービスを受けられなくなります。


酷い場合は他県まで車を数時間走らせなければならなくなります。


残された従業員は閉鎖した病棟からの紹介で他の病院に移ることになります。


看護師さんは特に需要が大きいので引受先があるので非常に恵まれています。





■新しく入ってくる人の方が条件が良い?


病院側が人材を確保しようと、必死になればなるほど別な問題が生じます。


例えば今いる看護師さんよりも、よい「勤務条件」で募集をかけてしまうといったこと
がよくあります。その事実を知れば誰だって面白くありませんよね。


「後から入ってきた人が自分より給料が多かった」なんてことが珍しくありません。


もしそうした状態にあることが明らかになったら、すぐに上司に相談してください。


殘念ながら「そのうち分かるだろうと」と思って黙っていても、何もかわりません。


冒頭で申し上げた通り、昔は「日勤だけ」、「夜勤だけ」働く人はパートやアルバイト
だけでしたが、今では常勤でも日勤専従、夜勤専従で働いている人が増えています。


ですので、看護師さんの転職は今後より有利に展開出来る環境が整いそうです。


2交代制と3交代制どちらが働きやすい?夜勤の厳しい裏事情とは?




■2交代制の職場が増えている


一般病院の勤務シフトは、一般の会社では考えられないくらい複雑です。


総合病院や大学病院など大型病院は24時間体制で稼働させなければなりません。


このため「 交代制 」を採用しています。ここ最近は2交代制の病院が増えてます。
3交代制よりも2交代制のほうが従業員の数を少なく抑えることができます。


日本国内にある8000以上の病院のうち約半数は赤字です。人件費を抑えなければ
ならないので、2交代制を採用する病院が今後も増えそうです。


働きやすさに関しては、それぞれメリット・デメリットがあります。


2交代制と3交代制を比較した場合、3交代制の方が当然勤務時間が短くなります。


3交代の場合は、8時間区切りとなっているため、日勤が終わって一度帰宅し、深夜
に入ることになるので一日に自宅と病院を往復しなければなりません。


自宅から病院までの距離が遠いと通勤だけでも大変です。


このため人によっては、3交代制の方が働きやすいです。





■3交代制のほうが拘束時間が短い


2交代制のほうが3交代制よりも長時間に渡って働くことになります。


常勤の場合は毎月一定の回数をこなさなければなりません。


そうした場合、1回あたりの勤務時間が短い3交代制の方が働きやすいです。


特に夜勤は職場に配置される看護師の数が日勤よりも少ないので、仕事に対する責任
など、看護師一人あたりにかかる負担がより増すことになります。


2交代制の場合は、1回の夜勤が16〜17時間労働で拘束される時間が長いです。


仮眠を最低2時間取るように定められても思うように取ることができません。


特に救急指定の病院は、夜間の救急搬送が容赦なく入ってくるので、仮眠を取ろうと
思ったら突然忙しくなったりします。このため仮眠が取れないことが多々あります。


子育の真っ最中の看護師さんには、2交代制は拘束時間が長すぎます。


朝までに自宅に帰れませんので、子供に寂しい思いをさせてしまいます。


やはり色々な点を考慮して、3交代制の職場の方が働きやすいです。





■3交代制の職場を探すのは難しい?


2交代制、3交代制には、それぞれメリット・デメリットがあります。


どちらが良いとは言えませんが、2交代制が今後主流になる可能性は高いです。


しかし3交代制の職場も依然として多いので、求人の数もそれなりにあります。


ですので、3交代制の職場を探すことに関しても全く問題ありません。


生活環境にあわせて、働きやすい職場を選ぶべきです。ですので、求人先を選ぶさい
には、こうした点を踏まえた上で、しっかり検討しなければなりません。


社宅あり看護師求人のメリットとは?求人選びに失敗すると毎日が地獄!




■社宅あり看護師求人のメリット


社宅は病院の敷地の中か、近場に所有しているケースが多いです。


しかし、残念ながら「社宅あり」の看護師求人は、それほど多くありません。


それでも社宅がある病院に勤務するのは、かなりメリットが大きいです。


一人暮らしの場合、社宅があれば生活費がかなり抑えられますし、社宅の住人全員が
病院関係者ですから、多少窮屈な思いをするかもしれませんが、何かと安心です。


社宅から病院までの距離が近いので通勤が楽という点も見逃せません。





■社宅に住めば通勤が断然楽!


地方の場合、職場である病院が住宅街から離れているケースが少なくありません。


急患が立て続けにあったり、長時間にわたる「 残業 」で遅くなったときに車を運転
するのは本当に辛いですから、病院のそばに社宅があるのは色々な面で楽なんです。


車の場合、道路が渋滞することがありますから、いつもと同じ時間帯に家を出ても、
遅刻してしまうことがありますが、社宅であればそうしたこともありません。


通勤時間が短くてすみますので、その分仕事に専念できます。


また、仕事で疲れた体を、すぐに休めることができます。


車や電車で通勤する場合、こうはいきませんからね。





■社宅あり看護師求人のデメリット


メリットがあれば、デメリットがかならずあります。


まず住人全員が同じ病院に勤務している人たちなので、当然人の目をきにしないわけ
にはいきません。かなり自由が制限されますので、窮屈に感じるかもしれません。


また、仕事帰りに買い物をして帰るといったこともできません。


こういったことに嫌気して、社宅から出て行く人もいます。


しかし、デメリット以上にメリットがあると思います。なんといっても社宅の大半は
「無料」か、ありえないくらい安価に設定されているので、金銭面で断然お得です!


ただし、社宅を優先しすぎて求人選びに失敗すると大変です。


仮に職場と社宅の人間関係が最悪だったとすると、一日中嫌な思いをしなくてはなり
ません。あまりにも酷いと自分の部屋にこもりっきりなんてことになりかねません。


安易に選んでしまうと後になって後悔することになるので十分注意して下さい。


資格手当ありの看護師求人を探すさいの注意点!手当よりも大切なのは?




■医療機関によって条件が異なる!


転職にはリスクが伴います。転職したからといって、今現在置かれている状況が改善
されるわけではないからです。その逆もあることを認識する必要があります。


リスクを犯してまで転職するわけですから、少しでも条件が良い職場へ転職したいと
考えるのは当然ですし、そうでなければ転職する意味がありません。


お給料が今より下がるのであれば、転職する意味がないどころか間違いなく自己嫌悪
に陥ってしまうことでしょう。しかし気をつけないとそうなってしまうのです。


例えば、スキルアップのために資格を習得された看護師さんの中には、少しでも給料
をアップさせるために、「資格手当」で求人を選ぶケースが少なくありません。


しかし、「医療」や「介護」に関連した資格であれば、中身を問わず全て資格保有者
として認め、一定額の資格手当を支給するというわけには殘念ながらいきません。


例えば「ケアマネージャー」の資格を取得しても、介護関連の施設では、それ相当の
手当が支給されますが、医療機関では認められないケースも多いです。





■手当ばかりに目を奪われると損をする?


資格手当をはじめ、各種手当の支給額が低くても、基本給が高く設定されている場合
もあります。基本給はボーナスにも影響するので、言うまでもなく重要です。


勿論各種手当の額も大切ですが、各種手当てに目を奪われて、基本給が今勤務されて
いる医療機関よりもトントンか少し低いところに転職してしまうのも問題です。


年収ベースでマイナスになってしまう可能性があるので十分注意してください。


また同じくらいの規模の病院に勤務しながら、同じ資格を有していても、Aさんは資格
手当が支給されていても、Bさんは支給されないといったケースもあります。


こういったことは、転職先候補を絞り込むさいに、確認しなければなりません。


入職した後に認めてもらえるように交渉するのは困難ですので注意してください。





■資格手当はいくらくらいが相場?


専門看護師や認定看護師の場合、1万円前後の手当が支給されます。


専門看護師や認定看護師として認定されるまでの道のりは決して平坦ではありません。
大学院で2年間勉強するための学費や生活費などの費用もかかります。


ですが、手当としては1万円程度しか支給されないケースがほとんどです。


これだけを見ると非常に存した気分になるかもしれませんが、毎月のお給料にプラス
されるだけでなく、一人の看護師としての評価は確実に上がっていきます。


そして、より高度な看護ケアを行うことができるようになれば、昇給のさいに基本給
に大きく反映されますし、自分から交渉するさいも有利に進めることができます。


なぜなら絶対的な価値を持っているからです。





■下調べが何より大切!


資格手当て以上に仕事に対するやりがいや、社会的な信用のほうが断然大きいので、
専門資格の取得を検討されている方は、前向きに検討されたほうが良いでしょう。


大半の医療機関で何らかしらの手当が支給されてますが、額面に関しては、医療機関
によって異なりますので、よく調べてから応募されたほうが良いでしょう。


自分で調べるのは難しいですが看護師転職サイトを利用し、キャリアコンサルタント
に相談すれば、適切なアドバイスをしてくれますので、安心です!!


メニュー
最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます