看護師求人の各条件についてのカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

  • ホーム
  • »
  • 看護師求人の各条件について

カテゴリ:看護師求人の各条件について

看護師求人の各条件についてのカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
看護師はなぜ長期休暇を取るのが難しいのか!その答えは日本は世界ワースト1位の有給消化率にあり!

看護師求人の各条件について
日本は世界ワースト1位の有給消化率!日本の労働者は、有給を取得するのに依然として高いハードルがあります。エクスペディアジャパンが毎年行っている調査によりますと…

記事を読む

まかない(食事補助)がある病院で看護師が働くメリットとは?まかないは絶対にあったほうがいい!!

看護師求人の各条件について
まかない(食事補助)とは?「まかない(食事補助)あり」の看護師求人を目にしたことがございますか?「?...」何のことか分からないという方が少なくありません。患者…

記事を読む

ブランク可の看護師求人について!ブランクがあっても復職できる?

看護師求人の各条件について
■ブランクがある看護師の復職は難しくない?今現在深刻な人材不足に多くの医療機関が苦しんでいます。そうした中で潜在看護師の数はすでに60万人に達しています。すで…

記事を読む

短期の看護師求人がなぜ人気が高いのか?色々な目的に合わせて働けます!

看護師求人の各条件について
■短期の看護師求人は人気が高いです!短期の看護師求人は、看護師さんの間でかなり人気が高いです。何といっても自分の都合に合わせて好きなときに働けるので、ちょっと…

記事を読む

交替勤務手当ありの看護求人のメリットとは?病院の経営状態が良いと判断できる?

看護師求人の各条件について
■交代勤務手当について交代制勤務を導入している医療機関の一部で「交代勤務手当」が支給されていますが、「交代勤務手当」は必ずしも支払わなければならない「手当」で…

記事を読む

意外に低い病院の離職率の裏事情とは?常勤にこだわると苦しくなる!

看護師求人の各条件について
■常勤看護師の離職率は意外に低い?基本的に病院は勤務シフトが他の業種・職種よりもかなり複雑ですよね。しかも、仕事に関しては肉体的にも精神的にも非常にハードです…

記事を読む

アルバイト看護師として働くさいの注意点とは?時給が他の業種とは比較にならないほど高い?

看護師求人の各条件について
■常勤看護して働くのが困難になったら?現役で働く看護師さんの約9割は女性です。男性看護師の数も過去十年で大きく伸びたと言われていますが、それでも全体の8%程度…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■産休代替看護師とは?派遣の仕事も過去数年間で大幅に規制が緩和されたことによって多様化しています。今まで以上に派遣が医療業界に占めるウエイトが大きくなることが…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■日勤専従の看護師求人が増えている日勤専従の看護師求人が、ここ最近かなり増えています。雇用する病院側も人材不足を改善するために本当に必死です。業務がストップし…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■病院での役職について一般病院で働く看護師さんも勤務年数や技能などが病院側から一定の評価を受けると、看護主任や看護師長、看護部長といった「 役職 」が与えられま…

記事を読む

看護師はなぜ長期休暇を取るのが難しいのか!その答えは日本は世界ワースト1位の有給消化率にあり!




591.png



日本は世界ワースト1位の有給消化率!


日本の労働者は、有給を取得するのに依然として高いハードルがあります。エクスペディアジャパンが毎年行っている調査によりますと、日本の労働者の有給消化率は39%です。


しかも有給消化数ゼロが17%ですから驚きです。勿論この数字は同社が調査を行った国の中で最悪です。ちなみに1位のブラジルは有給消化率が100%です。


なにゆえこれほどまでに差があるのか、ため息しかでませんね。この数字は厚生労働省が発表される数値(46%)よりも悪いですが、客観性が高いので信ぴょう性があります。


また、厚生労働省から発表されている有給休暇の取得日数は平均8.6日であることから、どこの業界も人手不足で苦しめられているので、今後さらに悪化する可能性があります。


こうした現象は慢性的に人手不足な看護師さんも同様に厳しい状況にあります。「有給なんて取れる状態じゃない」といった声をあちこちで耳にしています。


ちなみに2013年に行なわれた『看護職員の労働実態調査』によりますと有給休暇の取得日数は平均8.86日で、「10日以上」は44.5%となっています。


ちなっみに、ほぼ完全消化に近い「20日以上」は、たったの5.6%しかありません。一方、「5日以下」が31.4%、驚愕のゼロも3.3%となっています。


しかし、来年以降(2016年4月から施工)厚労省の主導のもと企業や団体に対して有給休暇の取得を義務付ける方向で動いていますので、今後改善されるかもしれません。



592.png

【出典】エクスペディア

» 

まかない(食事補助)がある病院で看護師が働くメリットとは?まかないは絶対にあったほうがいい!!




582.png



まかない(食事補助)とは?


「まかない(食事補助)あり」の看護師求人を目にしたことがございますか?


「?...」何のことか分からないという方が少なくありません。


患者さんの食事介助と勘違いされている方も少なくありません。


まかないは食事を病院側が職員向けに用意することで、仕事の合間に食事が取れるようになっています。病棟で働く看護師さんにとってまかないは本当にばかになりません。


二交代制を採用している病院で夜勤を行なうとなると、1日中時間に追われながら仕事をすることとなり、しかも朝食と夕食を自分で用意しなければなりません。


コンビニでお弁当を買うにしても500円程度かかりますし、お茶だのお菓子だの色々買っていたら1食軽く1000円は超えてしまいますので、かなり痛いです。


とくに外科は内科と異なり、朝から晩まで手術があるので、その対応に四苦八苦しますので、ストレスを抑える意味でも食事は非常に重要になります。


手術は必ずしも時間通りに終わるわけではないので、手術が長引けば休憩が削られることになりますので、場合によっては空腹であっても、食事が取れません。


食事をとらないまま残業することになると、帰宅がさらに遅れるわけですから、これでは身体がもちません。そこで病院側が食事を用意してくれるわけです。


食事の内容に関しては病院によって異なります。院内食堂がある病院であれば毎食分病院側が支給してくれるところもあれば、300円程度支払うところもあります。


また、回数券が支給されてその範囲内で食事が出来るところもありますし、おにぎり、サンドウィッチなど仕事をしながら食べられる物を病院側が用意してくれる所もあります。


食事手当として1万円前後支給してくれるところもあります。いずれにせよ忙しく働く看護師さんからすれば、こうしたまかないは大変ありがたい存在です。

» 

ブランク可の看護師求人について!ブランクがあっても復職できる?




f3.png



■ブランクがある看護師の復職は難しくない?


今現在深刻な人材不足に多くの医療機関が苦しんでいます。


そうした中で潜在看護師の数はすでに60万人に達しています。


すでに70万人を超えているという声もあります。いずれにせよ危機的状況です。


毎年約5万人もの方々が看護師資格を取得しても、実際に看護師として働くのは半分程度であるため、看護師さんが増えても、それ以上にに潜在看護師が増え続けています。


このため多くの医療機関が人材不足解消のために、復職プログラムを設けてます。


病院や自治体が再就職を支援する恰好で研修やセミナーを定期的に行なうことによって、長期間のブランクがあっても入職した後、ズムーズに働くことができます。


特に女性の看護師さんの場合、結婚・出産を機にどうしても長期間にわたるブランクが生じますので、こうしたブランクがある看護師さんの復職をサポートします。


ですので、ブランクが長いからといって、復職をあきらめる必要は全くありません。


5年以上ブランクが生じても全然問題ありません!!


看護師さんの仕事は専門性も高く、明治以来いつの時代でも人材が不足しています。


一般の会社では、例えどんなに優れた人材でも、ある程度の年齢を超えると、「正社員」として再就職するのは難しいですが、手に職がある看護師さんはそうした点で強いです。


このため女性でありながら40歳を過ぎていても、再就職は十分可能です。


» 

短期の看護師求人がなぜ人気が高いのか?色々な目的に合わせて働けます!




105.png



■短期の看護師求人は人気が高いです!


短期の看護師求人は、看護師さんの間でかなり人気が高いです。


何といっても自分の都合に合わせて好きなときに働けるので、ちょっとしたお小遣い稼ぎ
からスキルアップまで短期の看護師求人には幅広い需要があります。


子育て中の看護師さんや、長期間のブランクがある看護師さんが再就職支援の研修を受け
られたのちに「復職」することを目的に最初は短期で働く方もいます。


徐々に勘を取り戻してから、常勤で働けば途中で挫折するリスクを抑えられます。


また普段は常勤で働いている看護師さんがダブルワークするケースなどもあります。


同じ職場で働き続けても大幅な「給料アップ」は期待できませんので、月に1〜2回程度
短期で働くケースも結構多いです。色々な目的に合わせて働けるのが魅力ですね。





■短期の看護師求人の特徴とは?


看護師転職サイトは一般の求人サイトとは比較にならないほど看護師さんのお仕事に限定
した沢山の求人情報を抱えていますので、例え短期であっても利用する価値は高いです。


1日から数日間程の「単発アルバイト」を中心に短期の看護師求人を探すことができます。


また、最近では期間限定で働ける「単発スポット派遣」の求人が若い看護師さんを中心に
人気が高まっていますので、想像している以上に求人数があるのに驚かれることでしょう。


単発アルバイト、単発スポット派遣の仕事で多いのが、医療機関、検診業務、福祉施設、
各種イベント(スポーツ、コンサートなど)ツアーナース、企業などです。


この中で意外と求人の数が多いのが「福祉施設」です。福祉施設と一口にいっても、種類
が非常に豊富(老人福祉施設、障害者福祉施設、身体障害者施設、精神障害者施設)です。




(1)福祉系の看護師求人が増えている?


介護老人保健施設や特別養護老人ホーム、訪問介護などの老人福祉施設の多くが人材不足
に苦しめられているので、単発スポット派遣で必死に看護師さんを確保しています。


時給もかなり高めに設定されているので、短期であってもそれなり稼ぐことができます。


ただし、福祉施設の利用者さんのケアは決して楽では無いことを知っておいてください。


医療依存度は小さくても、重度の障害を抱えているケースが少なくありません。


日常生活における基本動作が利用者さんの生活介助(入浴、食事など)を行うわけですが、
これらの仕事は肉体的にも精神的にも非常にハードなので、毎日クタクタになります。




(2)若い女性に人気の求人とは?


次に国内外の旅行に付き添うツアーナースやイベントナースの求人も人気が高いですが、
何が起こるかわからない危険性がありますが、それ以上に魅力が沢山あります。


イベントなどで待機するイベントナースも看護師の単発派遣として人気があります。


旅先やイベント会場で突発的なトラブルが起こることもありますので、色々と責任の重い
仕事ではありますが、それ以上に参加するメリットは大きいので人気があります。




(2)短期間で稼げる求人とは?


医療機関の求人は勤務シフトにあわせて色々あります。中でも夜勤専従での単発派遣は、
夜勤一回あたりの手当が割高なので高額収入が期待できる求人として人気が高いです。


ここ最近は民間が経営する有料老人ホームなどの福祉施設でも求人が増えていますので、
できるだけ効率よくお金を稼ぎたい人に夜勤専従の仕事は向いています。




(3)ダブルワークも無理なくできる求人とは?


健診センター、巡回健診といった「健診業務」の単発派遣も人気があります。検診の仕事
には必ずといっていいほど採血がありますので、採血が苦手だと正直厳しいです。


最近では「採血なし」の仕事も少なからずありますが、基本的に検診を受ける人達の大半
が健康な人達ですから、これを機に採血を極めるくらいの気持ちで働くのも一つの手です。


他の仕事と異なり、検診の仕事は肉体的にも精神的にもそれほど負担は大きくないので、
常勤の仕事と平行して長期間ダブルワークで働いている人も少なくありません。





■短期の看護師求人も看護師転職サイトが一番!


当然のことながら短期であるため求人の大半はパートやアルバイトです。


看護師さんの仕事は多様化しているので、働き方もそれに合わせて多様化してます。


こうした短期の看護師求人は「看護師転職サイト」を活用すれば簡単に入手できるため、
効率よく働けるようになったのも需要が拡大した大きな理由の一つです。


雇用する病院側にとっても大変都合が良く、状況に応じて人材を効率良く増やせますので、
繁忙期の人材不足を解消するための一つの手段として重宝されています。


毎回違う職場で働くこともできますし、月1〜2回同じ職場で働く方もいます。





■短期で働くメリットとは?


看護師さんの働ける場は確実に広がっています。一般病院だけではありません。


町中にある小規模経営の個人経営の「クリニック」だったり、介護などの「福祉関連」の
施設だったり、一般企業の医務室でも看護師さんを強く求めています。


短期だと働ける場所も幅広いですので、色々な面で敷居が低いので働きやすいです。


ダブルワークされている方は他の職場の状況を知ることによって、常勤として働いている
職場と比較できますので、仕事に対してより厳しい目をもつことができます。


また、もし人間関係の問題が初日から生じたとしても、短期間で仕事は終わりますので、
悩まなくて済みます。こうした点も短期の看護師求人の大きな魅力です。


交替勤務手当ありの看護求人のメリットとは?病院の経営状態が良いと判断できる?




ningenikiteru.png



■交代勤務手当について


交代制勤務を導入している医療機関の一部で「交代勤務手当」が支給されていますが、
「交代勤務手当」は必ずしも支払わなければならない「手当」ではありません。


支払われないケースが多いうえに、支払われる金額も職場によって異なります。


「交代勤務手当」を支給している医療機関の大半が総合病院や大学病院などの大型病院
ですが、大型病院だからといって必ず支給されているわけではありません。


また支給される交替勤務手当の金額についてですが、病院によって微妙に異なります。


夜勤1回あたり1000円から3000円程度が交替勤務手当として支給されます。


ですので、月にすると5000円前後が相場となっております。


1万円を超えるケースは、それほど多くありませんが、仮に月5000円だとしても、
年間にすると6万円ですから、決してバカにできない金額です。


夜勤手当とは別に支給してくれるわけですから、多くの方があまりこだわりません。





■なぜ交代勤務手当は支給されるのか?


多くの病院が高額な夜勤手当を支払っています。


看護師さんの給料でかなりの部分を夜勤手当が占めています。


これにプラスして「交代勤務手当」を支払う医療機関側の意図はなんでしょう?


多くの病院が深刻な人材不足に悩まされている中で、夜勤を嫌がる看護師さんは少なく
ありません。このため夜間に配置する職員の確保が容易ではありません。


できるだけ離職率を抑えるたに、夜勤手当とプラスして「 交代勤務手当 」を支給し、
看護師さんを労う意味もあります。それなりの効果はあるようです。


ですので、交代勤務手当を支給してくれる病院は、良心的と判断することは出来るかも
しれませんが、手当にばかり目を奪われてしまうと間違った判断を下してしまいます。


かならず他の求人と比較しながら、転職先候補を検討するようにしましょう。





■交代勤務手当がある病院は経営が安定している


「交代勤務手当」を支給している医療機関は、経営が健全でなければできません。


「交代勤務手当」を支給している医療機関は、経営状態が良い可能性が高いです。


日本国内には8000以上の病院(診療所を除く)がありますが、その大半は赤字経営
に苦しんでいるため、人材を確保するために好条件を提示することができません。


このため交替勤務手当を別途支給してくれるということは、それだけ余裕があると判断
することは出来ますが、必ず経営状態についても調べるようにしてください。


なぜなら経営状態の良いところは従業員の待遇も良いところが多いです。


経営状態が悪いところよりも、有利に人材を確保することができます。


このため職場に配置されている人材の数も多く、より働きやすい環境にあります。


職場全体に余裕があれば、人間関係も良いことから、仕事上のトラブルも少ないです。
できるだけ長く一つの職場で働き続けるためにも、働きやすい職場を選びましょう。


このため「交代勤務手当」は良い職場であるか否かを判断する一つの目安となります。


看護師求人を選ぶさいに「交代勤務手当」の有無を確認し、仮に支給されていなくても、
看護師転職サイトの担当のコンサルタントに経営状態について確認してください。


意外に低い病院の離職率の裏事情とは?常勤にこだわると苦しくなる!




338.png



■常勤看護師の離職率は意外に低い?


基本的に病院は勤務シフトが他の業種・職種よりもかなり複雑ですよね。


しかも、仕事に関しては肉体的にも精神的にも非常にハードです。


このため、同じ職場で常勤の看護師として働き続けるのは非常に困難です。ですので、
人の出入りが激しい業界とされているわけですが、比較すると意外な点に気づきます。


例えば病院をはじめとした医療機関で働く従業員の「離職率」は、一般の会社よりも
高そうに思われるかもしれませんが、実は常勤で11%、新卒で8.1%です。


「就職先人気ランキング」で上位を占める企業の方が高いです。


中でも飲食系のサービス業などは高く、中には30%を超える企業もあります。


人気企業ゆえ、人材はいくらでもいるため、簡単に退職願いが受入れられるのに対し、
病院の場合は人材不足が深刻なので、そう簡単にはやめさせてくれません。


ですので、もし転職・就職されるにあたり、求人先を調べる場合は、求人先の離職率
と上述させていただいた平均離職率とを比較して判断されると良いでしょう。


働きやすさを調べるための一つの目安となります。





■アルバイト看護師の方が働きやすい?


常勤でも最近は日勤専従で働ける病院が増えていますが、やはり数に限りがあります。


家庭の事情(子育て、介護など)で常勤で働き続けることが困難になることも少なく
ありません。ですので、一つの職場で常勤として働き続けることが難しいんです。


一方、アルバイトやパートとして働く場合は、かなり自由度が高いです。


例えば「夜勤のみ」、「日勤のみ」、「日曜日のみ」といった形で働けます。


病院の意向と看護師さんの希望がマッチしやすいようになっています。


こうすることで病院側は職場に配置する人材を確保しやすいようにしています。


色々な事情から、どうしても常勤として働くのが厳しいと感じた場合、一旦退職して
パート、アルバイトなどの非常勤で自分のペースで働くのも一つの手です。


常勤として働ける体制が整ってから、常勤に復帰すれば負担を大幅に抑えられます。





■医療機関以外でも沢山の需要がある!


看護師さんの活躍する場は着実に増えています。すでに病院だけではありません。


このため医療機関以外の職場で働くことを希望する看護師さんも増えています。


大型のスーパーやホームセンターなど、人が沢山集まる場所には医務室が用意されて
いまして、従業員とお客様の健康と安全を守るために看護師さんを雇用しています。


正社員だけでなく、アルバイトやパートも募集していります。


同じように沢山の従業員を抱える大企業では、従業員の健康を守るために医務室や、
健康管理質を設けてまして、そうした所でも看護師さんの需要があります。





■アルバイト看護師求人を探すには?


その他にもデイサービスのような介護施設、健診車で健康診断、医薬品会社の医薬品
に関する電話対応の仕事などアルバイト看護師の仕事は実に多種多様です。


こうした傾向が年々高まっているため、看護師さんが働ける場所が確実に増えている
だけでなく、働き方も多様化しているので、自分の都合に合わせて働けます。


日本国内には8000以上の病院がありますが、そのうちの半数以上が赤字経営です。
そうした状況にありながら深刻な「人材不足」に苦しんでいます。


このため病院では常時アルバイト看護師を幅広く募集しているわけです。


最後にアルバイト看護師の求人を探す方法についてですが、やはり情報がカギとなり
ますので、「 看護師求人転職支援サイト 」がオススメです。


アルバイト看護師として働くさいの注意点とは?時給が他の業種とは比較にならないほど高い?



67.png


■常勤看護して働くのが困難になったら?


現役で働く看護師さんの約9割は女性です。男性看護師の数も過去十年で大きく伸び
たと言われていますが、それでも全体の8%程度なので1割に達していません。


しかも看護師の資格を取得するまでに大変な思いをしたにも関わらず、看護師として
常勤で生涯働き続ける人は、殘念ながらそれほど多くありません。


事実、潜在看護師の数は右肩上がりで増え続けており、すでに60万人に達してます。


女性の場合は結婚や出産など様々な事情によって、常勤での勤務が困難となります。


例えば子供が小さいときには「 子育 」がありますし、子供が無事成人したころには
両親の「 介護 」もありますので、そうなると常勤で働くのは困難です。


無理して働き続けても、必ずといっていいほど身体を壊してしまいます。


そうなれば「 夜勤 」ができなくなってしまいますので、どんなに頑張っても病院側
から「 常勤 」として働くことを拒否される可能性が高まります。


ですので、無理せずアルバイト看護師(非常勤)として働く方が得策です。





■看護師の資格を最大限に活かしましょう!


常勤で長年勤務しながら、事情があって退職し、その後看護師の仕事に復帰すること
なく、近所のスーパーでレジ打ちのパートで働いている方が少なくありません。


本当にもったいないですよね。スーパーのレジ打ちですと、せいぜい900円くらい
ですが、アルバイト看護師さんの時給は2000円前後が相場となっています。


常勤看護師のように勤務シフトの縛りもきつくありません。


自分のペースで働くことが出来る点もアルバイト看護師として働く大きな魅力です。


看護師の資格を持っていると、これほどまで有利に働くことができるんです。


どこの病院も経営は厳しい状況にあるので、勤務シフトを細分化し、こま切れで人材
を人材不足が深刻な職場に配置して、何とかその場をしのいでいる状態です。


しかし、これがアルバイト看護師のような非常勤にとって非常に有利です。


週二日からOKだったり、午前中だけでもOKだったり、自分の都合に合わせて働けます。





■アルバイト看護師の求人はたくさんあります!


アルバイト看護師として働ける医療機関は常勤の求人以上に沢山あります。


アルバイト看護師として働けば、今現在あなたがおかれている状況に合わせて働ける
ので、家庭を再優先し、家庭と仕事の両立が無理なくできます。


アルバイト看護師の求人は、経営規模が大きな大型病院だけではありません。


個人経営のクリニックや老人福祉施設、介護保険施設でも募集しています。


また、一般企業などでも幅広く募集していますので、長期間のブランクを生じさせる
ことなく、アルバイト看護師として働き続けることをおすすめします。


とくに結婚された若い女性看護師さんの場合、旦那さんのお給料だけで生活するのは、
厳しいケースが多いので、アルバイト看護師として働いて、家計を支えてます。


出来るだけ時給の高い職場で毎日4時間程度働けば、それなりの額になります。


扶養控除の範囲内で働けば、無理なく家庭と仕事を両立することができます。


派遣で産休代替看護師として働く魅力とは?色々な職場で働けます!




■産休代替看護師とは?


派遣の仕事も過去数年間で大幅に規制が緩和されたことによって多様化しています。


今まで以上に派遣が医療業界に占めるウエイトが大きくなることが予想されており、
規制緩和がさらに進むと、派遣看護師でも時間単位で働けるようになります。


看護師さんにとって働きやすい環境が将来的に整備されると、期待されています。


派遣のメリットについてですが、派遣を利用すれば「期間限定」の仕事に比較的容易
に就くことができるので、転職・就職活動にかかる時間を短縮できます。


派遣の利用についてですが、まず最初に派遣会社に登録しなければなりません。


そこで自分の希望を伝えれば、それに合わせた仕事を紹介してくれます。


派遣の場合は働き方に関して、それほど制限されることはありません。


仕事期間が6ヶ月から1年位であれば「産休代替看護師」としての仕事があります。


ここでいう「産休代替看護師」とは、産休などを理由に長期間にわたって職場を離れ
なければならない常勤看護師の代わりとして病院や施設などで働きます。





■色々な職場を経験できる!


大手の「 派遣会社 」が看護師さんを派遣する職場として代表的なのが、大型病院の
病棟や外来勤務です。経営規模が小さい個人経営のクリニックもあります。


また医療機関だけでなく、特養や老健、デイサービスなどの介護施設もあります。


医療機関だけでなく、介護をはじめ様々な分野で看護師さんが不足しています。


「集団検診」や「訪問看護」などの仕事も期間限定であります。


実際に派遣の仕事は幅広いです。様々な職場で働くことができるので、看護師として
のプラスにこそなれど、マイナスになることは決してありません。


再び常勤看護師として働くさいに、派遣で働いた経験が大いに役に立つことでしょう。





■自分探しのチャンスがいっぱい!


派遣の仕事を通じつて、看護師としての適性を見出す人が少なくありません。


自分に向いている仕事や職場を知るいいきっかけになります。


派遣の仕事が終了しても、おなじような職場で働けばいいわけです。


例えばこれまで長い間大型病院で働いてきた看護師さんが、派遣の仕事を通じて介護
施設での仕事に「 やりがい 」を見出すことも少なくありません。


普通に常勤として働きながら他の職場を転々としたら、キャリアに傷がつくだけです。


しかし、派遣の仕事は契約期間をすぎれば、他の職場へ移行しなければならないわけ
ですから、キャリアに傷つくことはありませんし、逆にプラスに動きます。


看護師さんの仕事は専門性が非常に高いので経験がなにより評価されます。


派遣の仕事を通じて新らしい自分を発見するチャンスでもあります。ただ我慢して、
働き続けるよりも、派遣の仕事をきっかけに変化を求めるのも一つの手です。


日勤専従の看護師求人が増えている理由とは?家庭と仕事の両立を実現!




■日勤専従の看護師求人が増えている


日勤専従の看護師求人が、ここ最近かなり増えています。


雇用する病院側も人材不足を改善するために本当に必死です。


業務がストップしてしまっては意味がありませんから、勤務シフトをより柔軟にする
ことで看護師さんの様々なニーズに対応し、働きやすい環境を目指すています。


日勤専従の仕事はパートやアルバイトといった非常勤であれば昔からありました。


最近は正職員として働けるので、家庭と仕事を両立させることが十分可能です。


これまで看護師さんの仕事は、日勤と夜勤を行なうのが当たり前とされていました。
勤務シフトが非常に複雑なので、「体調管理」が何より難しいですよね。


ですので結婚・出産・子育によって、大半の看護師さんは常勤で働くことを諦めざる
えなかったわけですが、長期間のブランクから復職するのも容易ではありません。


こうしたことが看護師さんが不足している状態に拍車をかける最大の要因でした。





■日勤専従の看護師求人を探すのは難しくない!


近年では、子育が無事終わっても、すぐに両親の介護を行わなければならないケース
が増えていますので、働き方を多様化しないと人材確保が難しいです。


このため日勤専従の「看護師求人」は確実に増えています。


すでに多くの「病院」が採用しています。入院設備がないクリニックやデイサービス
のような介護施設などでは日勤のみですから、家庭と仕事の両立を目指せます。


日勤専従看護師なら、朝出勤前に子供を保育所に連れていき、仕事を終えて帰宅する
さいに迎えに行くことができます。託児所がある病院なら、さらに手間が省けます。


また大型病院でも外来で積極的に雇用する姿勢が見られます。


こうした病院側の努力だけではすでに限界でして、やはり人材をしっかり確保できる
体制を整えるためにも、医療や介護に国が資金を投入する必要がどうしてもあります。





■看護師求人サイトを利用するメリットとは?


非常勤でもよければ、さらに日勤専従の看護師求人を探すのは容易になります。


非常勤の方が勤務時間や休日、給料などに関して自分の希望にあわせやすいです。


そこで何より大切なのが情報です。求人情報を入手するのは結構骨が折れます。


看護師求人サイトを利用すれば、希望の条件にあう「 日勤専従 」看護師求人を探し
てくれますので、あとは面接を受けに行くだけとなります。


各社公式サイトにて無料会員登録し、自分の希望する「条件」を伝えます。


専任の転職コンサルタントが条件に合う日勤専従の職場を調べてくれます。


しかも「 完全無料 」です。面倒な手続きや自分では確認しずらいことも、求人先に
確認してくれますので、転職活動に関するありとあらゆる手間が省けます。


看護師の役職手当の金額について!残業代がつかないデメリットとは?




■病院での役職について


一般病院で働く看護師さんも勤務年数や技能などが病院側から一定の評価を受けると、
看護主任や看護師長、看護部長といった「 役職 」が与えられます。


役職に応じて役職手当が支給されるのですが、病院によっては、副主任、副看護師長、
看護部長補佐といった形で役職をさらに細分化しているところが少なくありません。


こうした場合は副主任から役職手当てが支給されることになります。


また看護部長と副院長を兼務するところも増えていますので、給料体系も病院によって
微妙に異なりますが、間違いなく看護師さんの地位は今後さらに高まると思います。


また役職がついた場合の「残業手当」についてですが、通常役職につくと、それ相応の
役職手当が支給されることになりますので、時間外手当は支給されなくなります。


病院によっては、副主任までは残業手当が支給されるところが多いです。





■役職手当がつくと残業手当がゼロに


多くの病院では、看護主任になると残業手当は支給されません。


日本国内にある病院の半数以上は赤字経営に苦しんでいます。


このためどこの病院もコスト削減に必死です。役職が与えられると、それ相応の責任
を負わされることになるので、これまで以上に忙しくなります。


様々な研究、研修・講習、会議があるので、これに必ず顔を出さなければなりません。


同時に付き合いも広がりますので、さらに時間が取られてしまいます。


そして、主任になるとさらに職場での責任が大きくなります。


これまでだったら、全く気にすることがなかったことにまで、気を配らなければなりま
せんので、何かとストレスとなり、体調管理が余計に難しくなります。


このため、昇進することを拒む看護師さんも少なくありません。





■役職手当は病院によって大きく異る


主任になると責任や雑務が増える分、時間が取られるので、チームワークの悪い職場
で働くと問題が多発するので、その尻拭いに時間を取られるので、本当に大変です。


どこの病院でも主任以上の役職つくと残業手当がつかなくなります。


このため仕事に対するモチベーションが低下する人も少なくありません。


もし役職についていてい転職されるのであればこの点に関して確認すべきですね。


気になる役職手当の「金額」についてですが、地域や病院の規模によって支給される
金額が異なりますが、かなりばらつきが大きいのが特徴です。


主任で3万円から5万円、看護師長で5万円から10万円、看護部長で10万円前後
くらいが役職手当として一般的なようですが、病院によって大きく異なります。


病院によっては昇進しても1万円ずつしか手当の額があがらないところもあります。


昇進したことで仕事量と責任が増えても、時間外手当が支給されなくなり、その分を
カバーする昇給額が少ないと、昇進しない方が総支給額が多いケースもあります。


その場合はすぐに上司に相談されることをオススメします。


メニュー
最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます