看護師求人の各条件についてのカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

  • ホーム
  • »
  • 看護師求人の各条件について

カテゴリ:看護師求人の各条件について

看護師求人の各条件についてのカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

看護師求人の各条件について
■夜勤専従看護師とは?夜勤専従看護師は、その名の通り夜勤だけを専門に働く看護師のことです。夜勤は常勤で働く看護師さんのお給料のかなりの部分を占めていますよね。…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■期間限定看護師求人はこんな方にぴったり!女性看護師さんの場合、結婚・出産をきっかけに家庭に入れば、どうしても家庭を優先させなければならないので、常勤で勤務す…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■期間限定看護師求人について病院は一般の会社のような繁忙期はないのですが、それでも冬場にはインフルエンザやノロウイルスなどが流行しますので、この時期には外来が…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■交替勤務手当とは?常勤で働く看護師さんのお給料は、「夜勤手当」が占める部分が非常に大きいです。最近は二交代勤務を採用する医療機関が多いのわけですが、その分一…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■諸手当は看護師さんの仕事を労うもの看護師さんの給与には一般の会社に勤める会社員の方には馴染みのない「 諸手当 」が沢山あります。中にはその病院独自のユニークな…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■扶養手当が支給されケースとは?病院によっては家族手当同様に「 扶養手当 」が支給される所が少なくありません。特に最近は「 結婚・出産・離婚 」を経て、シングルマ…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■家族手当を支給している病院は年々減っています看護師さんの給与は基本給にプラスして諸手当が色々と組み込まれています。「 家族手当あり 」の看護師求人は、意外と多…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■常勤よりも非常勤の方が活躍出来る場が多い?看護師さんの働き方が年々多様化しています。活躍の場は病院だけではありません。福祉施設から一般企業まで活躍する場が確…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■社会保険完備は必須条件基本的に社会保険完備は正職員(正社員)として雇用される場合は、当然の権利となるわけですが、社会全体があの手この手で正職員(正社員)を減…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■年齢不問の看護師求人は十分あります!一般職で「 年齢不問 」の求人は数そのものが非常に少ないです。実際に転職・再就職される場合、求人を探すのは簡単ではありませ…

記事を読む

夜勤専従の看護師求人の特徴とは?月に数回働くだけでここまで稼げる?




■夜勤専従看護師とは?


夜勤専従看護師は、その名の通り夜勤だけを専門に働く看護師のことです。


夜勤は常勤で働く看護師さんのお給料のかなりの部分を占めていますよね。


それもそのはず夜勤手当がかなり割高に設定されているからですが、このため1ヶ月
に数回働くだけで一般の会社で働く女性の給料を軽く超えてしまいます。


看護師さんの仕事は、日勤と夜勤を行なうため、労働時間が長いのが特徴です。


また、病院を訪れる患者さんは様々な病気を患っています。


病原菌がそこら中に蔓延しているわけですから、感染するリスクが低くありません。
そうした環境で働くわけですから、それなりに手当も厚くなければ誰も働きません。





■夜勤手当について


夜間の病院には最低何人かの人材を配置しなければなりません。


しかし、人材不足であるため、ぎりぎりの人数で対応せざるえない状況にあります。


このためどこの医療機関でも「 夜勤手当 」を高めに設定しているわけですが、夜勤
手当に関しても、都会にある病院と地方にある病院では差があります。


基本的に都会にある病院の方が高めに設定されています。また病院の「経営規模」の
大きさによっても違いますし、国公立病院や民間病院の間にも差があります。





■夜勤手当の相場について


病院の経営状態が悪ければ、支給できる夜勤手当も低いです。常勤看護師の夜勤手当
は1万5千円程度ですが、地方の病院では1万円を割るケースも少なくありません。


しかし、夜勤専従看護師は夜勤だけを行なうため、拘束時間も非常に長いことから、
夜勤手当が高めに設定されています。2万円〜3万円が相場となっています。


今現在多くの病院が「 2交代制 」を採用していますが、「 3交代制 」を採用して
いる病院もあります。基本的に2交代制の方が拘束時間が長いです。


しかし、その分夜勤手当が多くなるといったことはほとんどありません。


期間限定看護師求人はこんな方にぴったり!好きなときに働けます!




■期間限定看護師求人はこんな方にぴったり!


女性看護師さんの場合、結婚・出産をきっかけに家庭に入れば、どうしても家庭を優先
させなければならないので、常勤で勤務することが難しいですよね。


少しでも空いている時間を有効に使い、家計を支えるまでとはいかなくても、お小遣い
を稼ぐ程度に働くのも悪くありません。むしろ積極的にそうすべきだと思います。


そうすることによって、長期のブランクを生じさせなくてすみます。


子育てが一段落してから、本格的に復職するさいにスムーズに復帰できます。


そうした目的に派遣や短期アルバイトなどの「期間限定看護師求人」はピッタリです。


また家庭の事情でブランクが生じ、復職する前の「 リハビリ目的 」でもいいですし、
退職して次の仕事が見つかるまでの間だけも「 期間限定看護師求人 」ならOKです。





■期間限定看護師求人なら無理なく働けます!


期間限定看護師求人は、「専門看護師」や「認定看護師」などキャリアアップのために
集中して資格取得に向けて勉強されている看護師さんにもオススメです。


派遣や短期アルバイトなどの期間限定看護師求人の賃金は高めに設定されています。


とくに夜勤専従の仕事は高めに設定されていますので、月に数回働けば十分です。


看護師の仕事から離れることなく働き続けるためにも非常に有効な手段です。


また看護師として毎日激務をこなしていれば、心と体のバランスが崩れ、少しのんびり
したいと考えている看護師さんも少なくありません。特に最近増えています。


長い人生色々ありますから、そうした時間が持てることは幸せなことだと思います。





■派遣で働くメリット・デメリット


期間限定看護師求人は、終わり(退職する日)が最初から決まっています。


つまりゴールが最初から決まっていますので、例え勤務先が問題のある職場であったと
しても、お金のためと割りきって最後の日まで頑張り続けることができます。


常勤で働く場合は、長期間働くわけですから、入職後にとんでもない職場と分かれば、
絶望しますが、期間限定であればそうしたリスクもありません。


ただし派遣の場合は、派遣会社が斡旋した職場で働くことになりますので、自分で選ぶ
ことが出来ない点が唯一のデメリットです。しかし色々な職場で働けます。


色々な職場で働いた経験が全て財産になりますので、常勤として再び働くことになった
さいにも、派遣で働いていたときの経験が生かされるので、前向きに捉えましょう!


期間限定看護師求人のメリットとは?人間関係の問題を避けられる?




■期間限定看護師求人について


病院は一般の会社のような繁忙期はないのですが、それでも冬場にはインフルエンザ
やノロウイルスなどが流行しますので、この時期には外来が平時よりも増えます。


そうなるとどうしてもオーバーワークになりますので、派遣や短期アルバイトなど、
期間限定で看護師さんを補充する病院は少なくありません。


派遣や短期アルバイトといった非常勤であれば期間限定で働ける求人は多いです。


子育などを理由に長期間にわたるお勤めが難しいのであれば、派遣や短期アルバイト
などの期間限定看護師求人から希望にあった職場を選んで看護師として働けます。


実際に派遣看護師や短期のアルバイト看護師の需要は少なくありません。





■人間関係の問題に悩まされることが少ない


派遣の仕事は多様化してまして、期間限定や短期間である場合が多いです。期間限定
看護師のメリットは、煩わしい職場の人間関係に悩まされずにすむ点です。


同じ職場で長期間にわたって他の職員と勤務していれば、合わない人がでてきます。


その人が辞めても、昨日まで協力して働くことができた人が、突然非協力的になり、
挨拶を交わすのすら嫌になったりすることは、本当によくあることです。


期間限定看護師として働けば、こうした問題に苦しめられることはありません。


もしかしたら職場に一人二人相性が合わない人はいるかもしれません。


しかし例えそうであっても、すでに辞めることが決まっていますので、深刻に悩まず
にすみますし、嫌なことや腹のたつことがあっても上手に受け流すことができます。






■期間限定看護師の賃金について


派遣看護師として期間限定で働けば、長期間にわたるブランクが生じずにすみます。


年間を通じて働きたいときに自分のペースで無理なく働けるのは魅力ですよね。


より毎日の生活が充実します。また派遣看護師の待遇についてですが、一般の会社で
正社員として働く女性の給料よりも高めに設定されています。


パートやアルバイトなどの非常勤看護師として働いた場合でも、ボーナスは支給され
ませんが、かなりの高収入が見込めますので、この点も大きなメリットです。



交替勤務手当ありの看護師求人について!交代勤務手当の相場とは?




■交替勤務手当とは?


常勤で働く看護師さんのお給料は、「夜勤手当」が占める部分が非常に大きいです。


最近は二交代勤務を採用する医療機関が多いのわけですが、その分一人の看護師さん
にかかる負担が増えるため、夜勤手当に関しては以前よりも高額になっています。


夜勤の形態として「深夜勤」と「準夜勤」があります。


「深夜勤務手当」、準夜勤には「準夜勤務手当」といった形で支払われます。


二交代制を採用している病院で働く場合、看護師さんの負担は増えます。


それを労うために夜勤手当とは別に「交代勤務手当」を支給する病院もあります。


基本給が平均よりも少し上くらいで尚且つ夜勤手当とは別に交代勤務手当が支給され
ているのであれば、かなり良心的な病院であると判断することができます。




■交替勤務手当の相場とは?


「交代勤務手当」は必ず支払わなければならないものではありません。


法的に義務化されていないので支給されていない医療機関の方が多いです。


「交代勤務手当」は、看護師求人を探すうえで一つのポイントとなります。


本来支払う必要がないものを支払うということは、それだけ病院側に余裕があり、
また看護師さんを労う想いがあるので、「職場環境」が良い可能性が高いからです。


交代勤務手当は、5000円前後です。額としてはそれほど大きくありません。


しかし夜勤手当がきちんと支給されていて、それに交替勤務手当がプラスされるわけ
ですから、年間にすると大きな差がありますので馬鹿にできませんよね。





■夜勤のモチベーションが高まる?


これまで「 交代勤務手当 」が支給された経験がない看護師さんが、転職後に初めて
支給されると結構うれしいようです。「金額」の問題ではないようですね。


やはり夜勤の大変さを理解されているように感じるのでしょう。


勿論そのように思わない人も沢山いますが、いずれにしろ「 夜勤 」の仕事をするの
であれば、手当が多く支払われる職場に誰だって興味がわきますよね。


少なくとも「交代勤務手当」が支給されないところで働くよりは、夜勤に対する抵抗
はかなり抑えることができると思いますので、交代勤務手当の役割は大きいです。


よくある看護師求人の諸手当について!基本給を中心に比較検討する!




■諸手当は看護師さんの仕事を労うもの


看護師さんの給与には一般の会社に勤める会社員の方には馴染みのない「 諸手当 」が
沢山あります。中にはその病院独自のユニークなものもあります。


ですので「 諸手当 」が占める給与の割合は決して小さくありません。


看護師さんに支給される諸手当の代表的なものとして、家族手当、住宅手当、役職手当、
資格手当、交代勤務手当、夜勤手当、通勤手当、皆勤手当などがあります。


看護師さんが働く職場の多くが深刻な人材不足に悩まされているため、病院側も人材を
確保するために必死です。少しでも有利な条件を提示出来ないと人が集まりません。


特に東北地方にある病院はこうした問題が顕著でして、夜勤で配置しなければならない
看護師さんを確保するのに相当苦労されており、不満の声が広がっています。


現状では一人あたりの夜勤回数を多くすることで対処するしかないからです。


こうした不満を抑えるために諸手当を支給するところが多いのですが、病院側も決して
経営が良い状態にあるわけではないので、捻出するのに苦労しています。





■地方の病院の交通費事情について


都会では考えられませんが、地方にある病院では職員の大半が車通勤です。


中には車で1時間近くかけてくる人もいるので、交通費は非常に重要です。


交通費にはガソリン代が含まれるケースが多いのですが、そうでない場合もあります。
このため「原油価格」が高騰している局面ではガソリン代も値上がりします。


ですので、ガソリン代が値上がると、交通費もその分増えないと大変なんです。


数円程度の変動なら問題ないですが、それ以上となると本当に死活問題となります。


そうならないために多くの病院がガソリン代の「値上がり分」をプラスする形で交通費
を支給してくれます。こうした手当があるので安心して働けるんです。


中には出来るだけ車での外出を抑えるために買い物は通勤途中にあるスーパーを利用し、
それ以外はネット通販を利用することで車での外出を抑えている方もいます。



■交代制勤務手当とは?


常勤で働く看護師さんは夜勤が入ると寝る時間帯を変えることになります。


夜勤を終えた当日は、昼間に寝ることになるので疲れがなかなか取れません。


不規則な勤務シフトにより、肉体的にも精神的にも安定させるのが困難です。


このため夜勤手当とは別に交代勤務手当を支給している病院が少なくありません。


交替勤務手当は、看護師さんの過酷な仕事を労う意味もありますので、交替勤務手当を
支給してくれる病院は、個人的にかなり良心的だとと思います。


ただし給与のベースとなるのはあくまでも「 基本給 」ですから、諸手当だけを見るの
ではなく、他の条件なども考慮したうえで総合的に判断する必要があります。


扶養手当ありの看護師求人の特徴について!手当よりも基本給が大事!




■扶養手当が支給されケースとは?


病院によっては家族手当同様に「 扶養手当 」が支給される所が少なくありません。


特に最近は「 結婚・出産・離婚 」を経て、シングルマザーとして働く女性看護師さん
が多いので、常勤で勤務されている場合は扶養手当が支給される可能性が高いです。


シングルファザーとして常勤で勤務する男性看護師さんの場合も同様です。


また本人が結婚していなくても、両親と同居して家長として両親を扶養している場合も
支給されるケースがありますので、必ず求人先に確認しましょう。


ちなみに一人あたりの手当は5000円前後なので、それほど高くはありません。


しかし、年間にすると結構な額になりますので、本当にありがたいですよね。


大きく昇給することはないので、こうした諸手当が付与されるのは助かります。


しかし手当ばかりに目がいってしまうと失敗する可能性が高いので注意しましょう。





■扶養手当を基準に求人を選ぶと失敗する?!


家族と同居しているだけの場合は、扶養手当が支給されることはまずありません。


扶養していることを証明できなければ適用されません。


また、全ての病院で扶養手当が支給されているわけではありません。


実際のところ扶養手当を支給していない病院が多いです。


どちらかというと扶養手当を支給しない方向に動いています。


雇用される側からすれば、「総支給額」が増えるのであれば、扶養手当であれ、なんで
あれ手当が支給されるのは嬉しいわけですが、注意点がいくつかあります。


求人を選ぶさいに「扶養手当」を基準に選ぶのはオススメできません。


仕事内容や勤務体制、労働条件、基本給などの条件を総合的にみて判断する必要があり
ます。家族手当以上に職場に魅力を感じなければ、当然のことながら長続きしません。





■扶養手当を支給している求人先の特徴とは?


扶養手当ありの看護師求人の特徴としては、扶養手当以外にも色々な手当を支給してる
傾向が強いです。夜勤や準夜勤などの変則勤務を労うための物が比較的多いです。


例えば「交代勤務手当」などです。諸手当が多いと良心的に思えてしまいますよね。


これは夜勤手当とは別になっています。交替勤務手当は、日々過酷な労働を強いられる
交代勤務を行なう看護師さんを労うために支給されるものです。


また「超過勤務手当」「時間外手当」「残業手当」は、所定労働時間外の勤務を行った
ことに対して支給される手当ですが、看護師さんの給与の多くの部分を占めています。


ですので、総支給額はかなりの金額になりますが、基本給をベースにボーナスや退職金
が算出されるので、基本給が低いと結果的に損することになります。


そうならないためにも、きちんと基本給と諸手当をトータルで検討しましょう。



家族手当ありの看護師求人の注意点!手当よりも基本給が大事!




■家族手当を支給している病院は年々減っています


看護師さんの給与は基本給にプラスして諸手当が色々と組み込まれています。


「 家族手当あり 」の看護師求人は、意外と多いです。


ここでいう家族手当とは、ご家族を扶養している看護師さんに対して支給されます。
ですので、ご家族と同居されている看護師さんは対象外となります。


結婚して家族が増えれば当然生活費がその分かかりますから、それを補うためのもの
です。基本給には反映されないので、ボーナスにも反映されません。


家族手当は必ず支給されなければならないものではありません。


むしろ最近では家族手当を支給しない病院の方が多いですし、一般職の求人に関して
いえば、年々家族手当を支給している会社が減っている状態です。





■家族手当の相場はおいくら?


家族手当の相場についてですが、平均して1人あたり5000円前後です。


家族が多ければ多いほど増えるので、支給されればありがたたいです。


しかし「家族手当」が支給されることによって、基本給がその分削られるのであれば
何の意味もありません。ボーナスがその分抑えられてしまうからです。


年間の総支給額が少なくなってしまうかもしれません。


また退職金にも基本給がベースになりますので、勤続年数が長ければ長いほど損する
ことになりかねませんので、あまりにも家族手当に固執し過ぎると失敗します。


また求人先も「家族手当」のような手当を支給すると求職者の印象が良くなることを
心得ていますので、そうした思惑にひっかかからないように注意しましょう。





■家族手当よりも基本給を重視しましょう!


家族手当のような諸手当よりも基本給を中心に考えてください!


といっても家族手当に魅力を感じている看護師さんは非常に多いです。


それだけ多くの看護師さんが安定を求めているわけですよね。


病院によっては「 家族手当 」を支給しているところも少なくありませんが、基本的
に家族手当は従業員に向けた一種のサービスのようなものです。


基本給が平均以上でありながら家族手当を支給しているのであれば、断定することは
できませんが、かなり良心的な病院であると評価することができます。


家族手当を支給している病院は少なくないので、求人は問題なく探せます。


しかし繰り返しになりますが、家族手当だけで看護師求人を選ぶのではなく、総合的
に「 求人先 」を評価して納得した上で応募するように心掛けて下さい。


非常勤の看護師求人の注意点とは?常勤よりも働きやすくストレスも小さい!




■常勤よりも非常勤の方が活躍出来る場が多い?


看護師さんの働き方が年々多様化しています。活躍の場は病院だけではありません。
福祉施設から一般企業まで活躍する場が確実に広がっています。


病院における看護師さんの雇用形態としては、常勤と非常勤がありますよね。


常勤は一般の会社でいうところの正社員にあたります。


一方、非常勤はアルバイトやパートのことです。


非常勤の仕事は常勤よりも幅が広いです。派遣やイベントなどの救護室、夜勤専従、
日勤専従、介護施設(福祉施設)、健康診断健診など盛りだくさんです。


最近は一般企業で産業看護師として企業や施設にある医務室での仕事も増えてます。


また、学校や保育園などでも看護師さんの仕事はありますので、病院以外の仕事にも
目を向けることによって、より働きやすい環境を手にすることができます。





■非常勤看護師は時給が高い?


看護師さんの仕事は非常勤であっても時給が非常に高いです。


病院によって差はありますが、時給2,000円前後支給されるので、毎日フルタイムで
20日以上働けば、常勤看護師の基本給くらいは十分稼ぐことができます。


しかし、非常勤として働く場合、もし仮に同じ職場で長期間に渡って働いたとしても、
ボーナスが支給されませんので、年収で見た場合どうしても常勤より少なくなります。


これは大きなデメリットです。しかし、常勤看護師のような縛りがありません。


休みも取りやすいので、自分の都合に合わせて働くことができます。


病院以外の仕事は、時給が若干低いですが、それでもかなり高い水準にあります。


業種によっても異なりますが、1,500円から2,000円くらいが相場とされています。


関連した資格を取得している場合は、さらにプラスされます。





■非常勤の方が働きやすい?


今の時代、一般の会社でパートやアルバイトでフルタイムで働いても、自分一人生活
するのがやっとですが、看護師さんは非常勤でもかなり余裕を持って生活できます。


しかしいくら給料が良くても「労働環境」があまりにも悪ければパートやアルバイト
であっても長続きしません。非常勤看護師の魅力は金銭面だけではないのです。


もし労働環境が自分ピッタリあっていると感じたならば、長く働くことができます。


身体に大きな負担がかかっている状態であれば、このように思えないからです。


逆に物足りないと感じるのであれば、常勤として働いた方がよいかもしれません。


非常勤看護師は、子育て中のママさん看護師が沢山います。自分のペースで働きたい
と考えているのであれば、やはり常勤看護師よりも非常勤看護師がオススメです。


社会保険完備の看護師求人の注意点とは?あって当たり前と思わない!




■社会保険完備は必須条件


基本的に社会保険完備は正職員(正社員)として雇用される場合は、当然の権利となる
わけですが、社会全体があの手この手で正職員(正社員)を減らす方向で動いてます。


一般の会社でも正社員として雇用される場合は、ほぼ間違いなく社会保険完備となって
いるわけですが、アルバイトや派遣社員が正社員よりも多い会社が増えてます。


しかも、派遣法が改正されたので、今後さらにこうした傾向が強まりそうです。


そうした状況の中で社会保険完備されていないケースがまれにあります。


ですので、社会保険完備の看護師求人でなければエントリーしてはなりません。


求人サービスを利用せずに自分で看護師求人をさがす場合、気をつけたいのは社会保険
完備はあって当然のこととして、見過ごしてしまうことです。


求人を探す際は必ず「社会保険完備」であることを確認しましょう。


将来的なことを考えると国の社会保障だけでは不十分ですが、それでも大切です。


転職・就職するにあたって社会保障完備は当然なければならない必須条件です!





■こんなときに社会保険は絶対に必要


大半の病院で社会保険が完備されていますので、もし病気を患い、診てもらったので
あれば、支払った額の何割かは還付されるので、領収書はしっかり保管して下さい。


当然のことながら診療できる科であれば勤務先の病院を利用することになります。


その方が「費用」も割安ですし、外来受診であれば仕事中でも診てもらえます。


その方が効率が良いので、時間を無駄にしないですみます。


通院するためだけに休まなければならなくなると貴重な休みを無駄にしてしまいます。
そうならないためにも、勤務先の病院で診てもらうほうが何かと好都合です。


しかし、自分が患っている症状に該当する科がない場合も当然あります。


勤務先の病院で診てもらえない場合は、他の施設や病院を利用することになります。





■社会保険完備の看護師求人は簡単に探せます!


診察にかかった費用や処方された薬の代金などの領収書は保管しておきましょう。


毎年2月〜3月に行われる「 確定申告 」するさい際に必要になります。


最後に社会保険完備の看護師求人を探す際の注意点についてですが、ほぼ間違いなく
社会保険が完備されていますので、求人票で確認するだけでOKです。


逆に社会保険が完備されていない看護師求人を探す方が難しいです。


基本的に病院などの医療機関は、こと「 福利厚生 」に関しては、一般の会社以上に
しっかりしていますので、特別心配する必要はありません。


非常勤で働く場合でも社会保険を適用してくれる病院もあります。


非常勤であっても1週間の所定労働時間が20時間以上であれば適用条件を満たして
ますので、必要であれば適用してもらえるところで働くべきです。


年齢不問の看護師求人の注意点とは?楽観視しすぎると入職後に失敗する




■年齢不問の看護師求人は十分あります!


一般職で「 年齢不問 」の求人は数そのものが非常に少ないです。


実際に転職・再就職される場合、求人を探すのは簡単ではありません。


このため中高年の方が再就職する上で大きな壁となっており、30歳台後半に入ると
極端に少なくなります。しかもお給料は大抵この年代で頭打ちとなります。


こうした点でも看護師さんは非常に恵まれています。


何といっても看護師さんの仕事は専門性が非常に高いので、何より経験がものをいう
仕事ですから、求人先もこれまでの経験をしっかり評価してくれます。


しかも、今現在どこの医療機関でも人材不足に苦しめられていますので、経験のある
看護師さんは喉から手がでるほど欲しがっているので、引く手あまたの状態です。


実際に年齢不問の看護師求人は数も多いので無理なく探すことができます。


事細かく各条件が設定されている求人が圧倒的に多い中で、年齢不問の看護師求人を
見かけると何ともいえない「 安心感 」のようなものがあると思います。





■看護師求人は年齢制限が高い?


大きな病院では、定年が「60歳」に設定されているところが多いです。65歳まで
正社員として働ける病院の方が定年後のことを考えるとメッリットが大きいです。


医療関係の求人は年齢制限が他の業界の求人よりも高いですよね。


もちろん職場によって微妙に年齢に関する条件が異なりますので、職場によっては、
20代〜30代の若い看護師さんを求めている医療機関もあります。


悲観する必要は全くありませんが、あまりにも楽観視するのは良くありません。


大学病院などの大型病院はお給料はいいですが、その分仕事量が多いので、ある程度
の年齢に達すると、このまま働き続けることに限界を感じる方が少なくありません。


もちろん職場によって労働条件は異なるので、一概にはいえませんが、ある程度満足
できるキャリアを実現したら、働きやすい職場に転職される方も少なくありません。




■年齢不問でも職場に慣れるまでは大変!


当然のことながら「年齢不問」の看護師求人=楽ではありません。


新しい職場での仕事に身体がついていけない場合も十分ありえます。


どんなに頑張っても身体は正直なので、ごまかすことができません。


肉体的な疲労がとれるのに相当時間がかかります。


また転職する場合、前職と同じ条件で働けるわけではありません。


しかし、同じ仕事だから大丈夫と、楽観視する方が少なくありません。


残念ながら新しい職場の環境に慣れるまでには、相当時間がかかります。


この間はけっこうしんどい思いをします。


例えば患者さんの介護を行うとします。前職でも全く同じことをやっていたとはいえ、
微妙に環境などが異なりますので、少しでも勝手が違うと色々戸惑います。


また、これまで使っていなかった筋肉に負担がかかり、余計に疲労がたまります。


年齢不問であっても、新しい職場に慣れるまでの間は色々と大変です。


こうした点を考慮したうえで求職活動を進める必要があります。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます