看護師求人の各条件についてのカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

  • ホーム
  • »
  • 看護師求人の各条件について

カテゴリ:看護師求人の各条件について

看護師求人の各条件についてのカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

看護師求人の各条件について
■住宅手当の相場について住宅手当がある「看護師求人」は少なくありません。しかし、業種に関係なく求人全体で見れば住宅手当を支給するところは減っています。ですので…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■地方では車通勤が珍しくない!東京や大阪などの大都市圏では車通勤は一般的ではありません。特に東京23区内に住んでいる人は、車通勤どころか車がなくても生活に支障…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■なぜ週休3日の看護師求人が増えているのか?どこの病院も人材不足です。看護師さんを確保するのに相当苦労しています。医療費は右肩上がりで高騰しているわけですが、…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■土日休みが取れる医療機関が増えてる理由とは?「土日休みあり」の看護師求人は人気も高く、応募が殺到します。そして、年配の看護師さんよりも、圧倒的に若い看護師さ…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■土日休みを希望する看護師さんとは?基本的に病院の多くが一般企業のように「土日・祝日」が休みではありませんから、看護師さんが医療機関で働く人たち以外の人と交流…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■決算賞与を支給している病院は良心的?決算賞与は業績に応じて支給額が変動しますので、ボーナスのように給料の何ヶ月分といった形で支給されることはありません。内容…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■給料アップのためにも昇給は何より重要!基本給が昇給することによって、給料(年収)が増えます。ですので、昇給があれば確実に労働意欲が増しますし、職場の士気も高…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■資格を持ちながら看護師未経験者は意外に多い看護学校を無事卒業し、看護師の「資格」を取得するも、色々な理由から「看護師」として病院で一度も働いたことがない方も…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■新卒を多く受け入れる病院とは?新卒の看護師求人の多くは総合病院や大学病院など大きな病院が中心となっています。規模がそれほど大きくない一般の病院では新卒で看護…

記事を読む

住宅手当ありの看護師求人の注意点とは?基本給が低ければ意味が無い?




■住宅手当の相場について


住宅手当がある「看護師求人」は少なくありません。


しかし、業種に関係なく求人全体で見れば住宅手当を支給するところは減っています。


ですので、住宅手当を支給している求人を目にすれば良心的に思えますよね。


特に長期間の住宅ローンを組んでマンションや戸建住宅を購入された方にとっては、
少しでも支給されれば嬉しいですし、家計も助かりますよね。


勿論、賃貸物件(マンション・アパート)に家賃を支払って生活している方にとっても
住宅手当は多少なりとも負担を軽減できるので、ありがたいと感じると思います。


ちなみに住宅手当の相場ですが、1万円〜2万円程度です。


後述しますが、住宅手当だけを見てしまうと、





■住宅手当を本当に必要としてますか?


病院によっては住宅手当のような諸手当を細く設定しているところもあります。


職員の住宅までもサポートしようとする姿勢は評価に値します。


やはり住宅手当ありの看護師求人の大半は、規模の大きな病院が圧倒的に多いです。
個人経営の診療所やクリニックでは住宅手当ありの看護師求人は少ないです。


上述したとおり、住宅手当の相場が1〜2万円程度ですから、これを基準に比較して
みるといいでしょう。求人によっては、1万円を割る場合もありますからね。


ちなみに勤務年数が増えても、住宅手当が比例して増えるということはありません。


また住宅を購入された場合、敷地の面積や建坪の面積は一切関係ありません。





■必ず基本給と一緒に求人を比較する!


求人票を見るとすごく魅力的に感じますが、必ず基本給も見て下さいね。


住宅手当のような諸手当がほとんどなくても、その分基本給が多いところもあります
から、必ず他の求人(諸手当が少ない)と比較して検討しなければなりません。


住宅手当が支給されている求人だけを追いかけて、他を見ないと損します。


基本給は、勤務年数に応じた働きが病院側から認められれば、それなりに増えていき
ますが、住宅手当のような諸手当が増えても全体で見たら微々たる額になります。


また基本給はボーナスに反映されます。基本給が多ければ、その分ボーナスにも反映
され、反対に少なければ、ボーナスも少なくなるので、手当以上に重要です。


手当を増やすことで、年収を抑えている場合も少なくないので、注意が必要です。



車通勤可の看護師求人は地方では当たり前?通勤手当は地方で差がある?




■地方では車通勤が珍しくない!


東京や大阪などの大都市圏では車通勤は一般的ではありません。


特に東京23区内に住んでいる人は、車通勤どころか車がなくても生活に支障をきた
しませんが、地方では車がなければ通勤どころか買い物にも行けません。


当然のことながら地下鉄なんて便利なものはありません。


バスはありますが、本数が極端に少ないです。また乗車賃も高いです。


このため地方にある病院の多くが、従業員の車通勤を認めています。


もし車がなければ仕事になりません。それくらい車は庶民の足となっています。


車通勤は病院に勤務している従業員だけではありません。働く人たちの多くが多くが
車を利用している状況にあるため、一家に一台ではなく、一人一台が基本です。


地方では車通勤可の看護師求人は絶対です。この中に通勤手当が含まれています。





■冬場の車通勤は大変です


車通勤で困るのは寒さの厳しい真冬です。路面が滑りやすくなります。


ですのでスリップ事故にも注意しなければなりません。どうしても渋滞しやすくなり
ますから、ある程度余裕を持って出勤しなければ遅刻します。


北海道、東北、日本海側の寒い地域では、毎年とてつもない雪に覆われます。


車の運転が非常に困難ですが、皆さんタイヤを履き替えて通勤しています。


朝は雪に埋まってしまうこともありますので、雪かきを毎回することになります。


これだけでとてつもない重労働ですよね。お金をもらわなければやりたくないですが、
自分の生活がかかっているので、みなさん我慢しながら黙々と雪かきをします。


雪が積もる地域とそうでない地域とでは、当然通勤手当に差がでます。


雪国では車のガソリン消費量がハンパではありませんので、無理もありません。





■ガソリン価格が上昇したらどうなるの?


恐ろしいことに私が住んでいる地域ではガソリンが高騰しています。


今はかなり落ち着いてますが、一時はリッターあたり180円を超えました。


幸いにして車通勤が認められている病院では通勤手当も支給されます。


このため、ガソリン代が上昇すると、その分通勤手当もあげてくれます。


また駐車場に関してですが、病院から少し離れたところに職員専用の駐車場があり、
そこに駐めていますので、当然のことながら駐車場代は一切かかりません。


都会の病院は、一部の人を除いて車通勤が認められていないケースが多いです。


このため職員が何らかの事情により、仕方なく車で通勤した場合は、駐車料金を自ら
支払わなければなりません。都会は車での通勤のほうが何かと面倒です。







■車通勤と徒歩どちらが良いのか?


理想としては、病院から歩いていけるところに住むのが一番ですね。


通勤時間が短いので、その分ゆっくりできますし、疲労を抑えてくれます。


地方は道も大都市のように整備されてません。街頭も薄暗いので運転は慣れていても
神経を使います。帰宅するさいの運転は仕事で疲れているので、結構しんどいです。


但し僅かながらでも通勤手当があります。これはこれでバカになりません。徒歩では
通勤手当が支給されませんので、この点を考慮すれば、車通勤がベストです。


週休3日の看護師求人が増えている理由とは?働きやすさ求める人が急増中




■なぜ週休3日の看護師求人が増えているのか?


どこの病院も人材不足です。看護師さんを確保するのに相当苦労しています。


医療費は右肩上がりで高騰しているわけですが、病院の収益率は悪化しているので、
忙しいのに儲からない状況が続いていますので、どこも厳しいです。


そうした状況を改善するために勤務シフトをより「 細分化 」し、スポットで働いて
くれる非常勤看護師の仕事や、夜勤専従看護師の仕事が増えています。


多くの医療機関が看護師さんが働きやすい環境を整備することで、看護師さんの確保
に努めています。また同時に常勤で働く看護師さんのシフトも多様化しています。


最近では週休3日でありながら、常勤で働く看護師さんも増えています。


もちろん求人の多くはフルタイムであってもパートやアルバイトが中心です。


しかし、正職員としての看護師求人も少なからず存在します。


週休3日ですので、週休2日で働くよりも当然お給料は少ないですが、それでも一般
の会社に勤務するOLさんよりは稼げるわけですから、人気は非常に高いです。





■週休3日の看護師求人が多いのは?


総合病院や大学病院では週休3日の看護師求人はさすがに少ないです。


週休3日の看護師求人は、クリックのような小規模経営の医療機関が多いです。


総合病院や大学病院は入院患者の数が桁外れに多いので、さすがに常勤看護師で週休
3日だと、それぞれの患者さんの状態を把握することが難しくなってしまいます。


週休3日の看護師求人が多いのは、美容を中心としたクリニック、デイケアのような
介護施設や、透析センターなどで週休3日で看護師の求人を良くみかけます。


デイケアや訪問介護のような福祉関係の施設で求められる看護師さんの仕事は、一般
病院のそれとはかなり内容が異なりますので、慣れるまで苦労するかもしれません。


パートやアルバイトの時給が高いのは、美容系のクリニックです。


やはり介護関連は医療機関の水準よりも低いですが、働きやすい環境にあります。





■週休3日で働く場合の給料の目安


週休3日の職場で働くことができれば、身体をゆっくり休めることができます。


またプライベートを充実させることも問題なくできます。気になるのはお給料です。


常勤の場合は夜勤がありますので、その月の夜勤の数によって変動します。


お給料は額面で20万円から30万円の間くらい、年収で300万円前後です。


またパートやアルバイトの時給は、1500円から2000円の間です。


上述したとおり、美容関連のクリニックはかなり高めに設定されています。


また最近ではパチンコなどの遊戯施設にも医務室や託児所を設けています。


地方であっても、こうした施設では高めの時給を設定しています。


一週間のうちに休みが3日もあるので、どうしても週休2日で働いている看護師さん
よりもお給料は低いですが、一般の会社で働く女性のお給料よりは絶対多いです。


はっきりいって給料以上のメリットがあります。


週休3日の看護師求人は、子育て中のママさん看護師さんにぴったりです。


お休みが多ければ、家庭と仕事の両立も無理なく実現できます。


土日休みありの看護師求人は意外に多い?医療機関以外にも沢山ある?




■土日休みが取れる医療機関が増えてる理由とは?


「土日休みあり」の看護師求人は人気も高く、応募が殺到します。


そして、年配の看護師さんよりも、圧倒的に若い看護師さんが多いです。


こうした背景には子育など家庭の事情が理由としてあげられます。


人材不足を解消するために、勤務シフトをより多様化することで医療機関側も何とか
対応しているわけですが、このため土日は必ず働いている看護師さんもいます。


そうすることによって、職場に必要な数の人材を配置することができるわけです。


医療機関にこだわらなければ、看護師さんのが働ける職場は沢山あります。


むしろ「土日休み」にこだわるのであれば、医療機関にこだわらないほうがいいです。





■非常勤看護師なら土日でも休みが取りやすい


常勤の看護師さんよりも非常勤の看護師さんのほうが土日休みを取りやすいです。


実際に非常勤であれば土日休みありの看護師求人を探すのは難しくありません。


子育をはじめ家庭の事情を最優先して働かなければならないわけですから、常勤より
も非常勤の方が働きやすいので、無理なく仕事と家庭を両立することができます。


病院によっては、非常勤として働く看護師さんは、自分が働ける日を指定することも
認められていますので、自分のペースで無理なく働くことができます。


ただし、非常勤であっても残業が多いところもあります。


その点については、後々後悔しないためにも必ず確認してください。





■土日が休みの仕事とは?


病院以外では、福祉施設や一般の会社は土日が休みのところが多いです。


例えば産業看護師のように一般企業の医務室などで働く場合、会社の従業員と休みが
同じなので、当然のことながら「土日・祝日」は、お休みです。


またデイケアなどの「介護施設」などでも、土日・祝日が休みのところもありますし、
土曜日は平日同様に営業し、日曜・祝日が完全にお休みのところもあります。


病院勤務でも、外来勤務などは土日に休みを取らせてくれる医療機関もあります。


また、医療クリニックは、土日休みのところも少なくありません。


子育て中の看護師さんも自宅付近にあるクリニックであれば、保育園への送り迎えも
楽ですし、近所のスーパーに寄って買い物も無理なく済ませることができます。


土日休みありの看護師求人にママさん看護師の応募が殺到する理由とは?




■土日休みを希望する看護師さんとは?


基本的に病院の多くが一般企業のように「土日・祝日」が休みではありませんから、
看護師さんが医療機関で働く人たち以外の人と交流するのは容易ではありません。


独身時代であれば自分の時間を持てますので、ある程度融通がききますが、結婚して
出産すると、家庭を優先させなければならないので、そうもいってられません。


ですので、転職するにあたって土日休みを希望する方が非常に多いです。


結婚して子供がいる看護師さんの場合、仕事と家庭を両立させなければならないので、
できるだけ夜勤が少なくて、土日が休みであることを強く希望しています。


平日がお休みの場合、自分の身体を休めることはできても、旦那さんはお仕事ですし、
子供は保育園や学校がありますので、家族との時間を満足に取れません。





■土日が休みの求人は人気が高い!


家庭のある看護師さんは家族とすれ違いを極力避けるためにも土日休みが必要です。


ですので、子育が一段落し、復職するにあたってネックとなるのが、この点です。


平日であれば保育園で子供を預かってくれますが、土日は休みのところが多いです。
当然のことながら、小さな子供をおいて仕事に行くことはできませんよね。


ですので、保育園が休みの日に自分も休めるのが最も理想的なんですね。


ですので土日が休みの看護師求人には応募が殺到します。


託児所ありの病院で働けば、こうした問題も解消できますが、プライベートを家族で
過ごすことを優先させるために、どうしても「土日休み」が必要になります。





■医療機関だけにこだわない!


小さいお子さんがいる看護師さんは、できるだけ夜勤は避けたいと考えます。


このため「 土日が休みで夜勤が少ない 」という、 この二点に条件を絞ります。


しかし、医療機関だけでは条件を満たす求人が少ないです。


ですので、医療機関だけでなく、福祉施設や企業にまで条件を広げます。


できるだけ長く同じ職場で働くためにも、「家庭や家族」との時間を大切にしながら
でなければ到底「仕事と家庭」を両立することはできません。


ですので、若いママさん看護師にとって土日休みはどうしても必要なんですね。


逆に無理して「求人先」の条件に合わせても、すぐに苦しくなって辞めてしまうこと
になりますので、無理はしないで出来るだけ家庭の都合を優先して働きましょう!


決算賞与ありの看護師求人は経営状態が良い病院と判断できる?




■決算賞与を支給している病院は良心的?


決算賞与は業績に応じて支給額が変動しますので、ボーナスのように給料の何ヶ月分
といった形で支給されることはありません。内容も寸志に近いです。


支給される額がボーナスよりも低いとはいえ、支給されれば嬉しいものです。


上場している企業の中には大きく業績を伸ばしても、社員や株主に還元することなく、
そのまま「 内部留保 」に回してしまうケースも少なくありません。


決算賞与を支給してくれる病院はそれだけ従業員を大事にしているといえます。


また経営状態が良いことを意味しているので、不安なく働くことができます。


ただ気をつけたいのは、露骨に人集めのために決算賞与を支給しているところもあり
ますので、この点に関しては引っかからないように十分注意する必要があります。





■決算賞与のメリットについて


決算賞与は金額以上に従業員のモチベーションを確実に高めてくれます。


自分も頑張れば病院の業績に貢献できるといった思いが芽生えます。


そうなると従業員の患者さんに対する対応が良くなることでしょう。


そして、さらに評判が評判を呼び、さらに業績が上向くことになるかもしれません。


決算賞与という形で医療機関側が従業員たちの努力に応じて還元してくれるわけです
から、従業員の仕事に対するモチベーションが下がるはずもありません。


また決算賞与を支給することで離職率の低下にもつながります。


支給する側と受けとる側の双方にとって良い影響を与えてくれます。





■決算賞与ありの看護師求人の現状について


国内には大小合わせて8000以上の病院が存在しますが、その半数以上が赤字経営
に苦しめられているので、決算賞与ありの看護師求人は決して多くはありません。


しかし、今現在看護師さんが活躍できる場は確実に増えています。


一般の企業でも従業員の心と体の健康を管理する動きが広がっています。


そして、企業看護師を採用する企業が確実に増えています。


一般企業の方が病院よりも、決算賞与を支給されやすい状態にあります。


より安定した職場で働けるチャンスが広がることになります。


企業看護師の場合は、土日祝日は完全にお休みですし、夜勤などはありませんので、
肉体的にも精神的にも病棟勤務よりは圧倒的に負担が少ないです。


病棟勤務から企業看護師として一般企業に転職される方も多いです。


給料アップを狙うなら看護師求人の過去の昇給額を実績ベースで調べる




■給料アップのためにも昇給は何より重要!


基本給が昇給することによって、給料(年収)が増えます。


ですので、昇給があれば確実に労働意欲が増しますし、職場の士気も高まります。


特に昇給額が予想を超えると、モチベーションがより高まりますよね。


反対に昇給額が小さいと、「これくらいしか評価されていないのか」と思ってしまい
ますので、仕事に対するモチベーションは一気に下がってしまいます。


病院側も、従業員は昇給すれば、色々な点で良い働きをしてくれることを知っている
わけですし、上手く利用すべきだと思うのですが、非常に難しい状況にあります。


日本国内にある病院の実に半数以上が赤字経営で火の車だからです。


このため、毎年かならず昇給があるとは限りません。





■年齢や勤務年数によって昇給額が異なる


しかし働く側からすれば、昇給が全くないよりも、小額でも昇給があった方がいいと
思いますよね。昇給の額は勤務年数が長いからといって多いとは限りません。


実際にはその逆の場合が圧倒的に多いです。


ベテラン看護師さんの中には昇給があっても1000円以下ということもあります。


看護師さんの年齢によっても昇給額が大きく異なります。


若い看護師さんのなかには昇給額が5000円以上に設定される場合が少なくありま
せん。年収で6万円以上増えることになるので、決して小さくありません。





■ベテラン看護師の昇給に対する根強い不満


仕事の中身とその責任がほぼ同じでありながら、「昇給額」に大きな差があることに
ベテラン看護師さんの中には、不満に感じている方が意外と少なくありません。


お給料の総支給額が若手看護師さんよりも多いということを忘れています。


こういったことを経営陣はきちんと説明する義務があります。


しかし長年勤務していると、例え一従業員であってもは経営に関してある程度理解を
示してくれると一方的に思い違いをしている経営者が少なくありません。


これは病院だけでなく、一般の会社でもいえることです。注意しないと、ベテランの
従業員が一方的に不満を抱えたまま、職場の士気を著しく下げる行動を取ります。





■転職する場合は過去の昇給額を調べる


実際に病院によって、昇給のシステムも金額も異なりますので、転職するのであれば
過去のベースアップの実績も重要な「判断材料」となります。


ただ漠然と昇給を期待しても意味がありません。


逆に裏切られることのほうが多いです。そうならないためにも過去のペースアップの
実績を把握します。そうすればどれくらいが妥当かが見えてきます。


そういった情報は自分で調べるのは非常に難しいです。


しかし、「看護師求人サイト」を利用すれば簡単に調べてくれます。


「未経験者歓迎」の看護師求人は大丈夫?未経験者が就職する方法とは?




■資格を持ちながら看護師未経験者は意外に多い


看護学校を無事卒業し、看護師の「資格」を取得するも、色々な理由から「看護師」
として病院で一度も働いたことがない方も少なからずいらっしゃいます。


人生には色々なことが起こりますから、予定調和というわけにはいきません。


病気や事故による怪我によって、長期間働くことができない場合もあります。


大変な思いをして看護師の資格を取得したことから、看護師の資格が無駄になって
しまうと嘆く人が多いです。しかし、そんなことはありません。


最初はだれでも未経験者です。階段を一段ずつ登りながら一人前の看護師になります。
一般の会社に勤務していた方が30代後半になって看護師を目指す方もいます。


一人前の看護師となる頃には40代ですから、遅いということはありません。




■未経験者歓迎の求人について


「未経験者」の看護師求人も少なからずあります。


より多くの人材を求めている病院では、慢性的な「 人材不足 」を解消するためにの
手段として、「 未経験者 」を積極的に雇用しています。


そのためのサポート体制もしっかり整備されています。


看護師として医療機関で勤務した経験がないということで、引け目を感じる方も多い
のですが、例え未経験者であっても、研修期間を経て普通に働くことができます。


ですので、なんら引け目に感じる必要はございません。





■堂々と応募し面接をうけましょう!


未経験者歓迎の求人であれば、他の求人よりも圧倒的に敷居が低いので、多少の不安
があったとしても、遠慮せずに応募し、面接を堂々と受けてください。


しかし、冒頭で申し上げた通り、求人の数はそれほど多くありません。


地域によっては、ハローワークや一般の求人メディアで探すのが困難かもしれません。


そこでオススメしたいのが、看護師転職サイトです。


ナースではたらこは、保有している看護師求人の大半が未公開求人です。


未経験者歓迎の看護師求人を徹底的に探してくれます。


このため無理なく就職活動を進められます。自力でやるのは非常に大変ですが、専任
のキャリアコンサルタントがサポートしてくれるので安心です。


新卒の看護師求人について




■新卒を多く受け入れる病院とは?


新卒の看護師求人の多くは総合病院や大学病院など大きな病院が中心となっています。
規模がそれほど大きくない一般の病院では新卒で看護師が入ること自体少ないです。


地方には看護学校が併設されている大学病院も少なくありません。


養成所のようなものですから、毎年沢山の新卒者を向かい入れています。


このため人材不足で苦しんでいる多くの医療機関のような問題はありません。


ですので、もしこれから看護師を目指す方は、就職率が間違いなく高いので、看護学校
が併設されている病院を探し、その中ら看護学校を選ぶのも一つの手かもしれません。


看護学校を卒業すれば慣れ親しんだ病院で働けるので、そのメリットは大きいです。





■どこの病院も新卒の看護師を歓迎している?


就職について色々悩む方が多いですが、病院が併設した看護学校に通えば、学生さんも
次第にその病院で働くような気持ちになりますので、抵抗なく就職できます。


看護師として一人前になったら、他の職場への転職を検討するのもよいでしょう。


新卒を拒む病院は無いと思いますが、新卒がほとんどいない病院も少なくありません。


そうした病院で働く看護師さんの多くが中高年のベテラン看護師だったりします。


やはり新卒の場合、戦力となるまでには相当の時間がかかります。研修プログラムなど
人材の教育がしっかり整備されている病院へと自然に人が流れるようです。





■新卒の看護師求人を探すのは決して難しくない!


新卒を拒む理由がないので、沢山の職場で新卒の看護師を求めていると思います。
やはり若くて体力もありますし、仕事に関する色々なことを吸収するのが早いです。


勿論入植してから暫くの間は教えなければならないことが多いです。


しかし、戦力になってくれたらこれほど力強い存在はありません。


やはり若さは大きな武器です。意外に思われるかもしれませんが、新卒の看護師求人は、
けっこうありますので、求人を探すのにそれほど苦労しないですむと思います。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます