前向きになれる言葉と感動するお話のカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

  • ホーム
  • »
  • 前向きになれる言葉と感動するお話

カテゴリ:前向きになれる言葉と感動するお話

前向きになれる言葉と感動するお話のカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
幸せになる15の言葉

前向きになれる言葉と感動するお話
     【 幸せになる15の言葉 】  (1)幸せだから感謝するのではなく     感謝するから幸せに感じる    (2)相手にくだす価値判断は    すべて自…

記事を読む

天才!アインシュタインの名言

前向きになれる言葉と感動するお話
    【天才!アインシュタインの名言】  (1) 私は頭が良いわけではない。 ただ人よりも長い時間、問題と向き合うようにしているだけである  (2) 6歳の…

記事を読む

努力し続ける天才!櫻井翔の名言

前向きになれる言葉と感動するお話
     【 努力し続ける天才!櫻井翔の名言 】  (1) 勝てるか勝てないかじゃない、 やるかやらないかだ   (2) 一人で見る夢はただの夢だけど みんなで…

記事を読む

男が香る!長渕剛の名言

前向きになれる言葉と感動するお話
     【 男が香る!長渕剛の名言 】  (1) 俺はやりたかったんだ。だからやった。それでいいんじゃないかな。 失敗したら、また前を向けばいいだけだ   (…

記事を読む

男気あふれるEXILEの名言

前向きになれる言葉と感動するお話
    【 男気あふれるEXILEの名言 】  (1) 悔しい思いをした 時の初心を忘れずに 頑張り続ければ 一時の結果はどうであれ 自分の人生において 素晴らしい…

記事を読む

感謝できる幸せ...

前向きになれる言葉と感動するお話
 【 感謝できる幸せ... 】  感謝すると言うことは 最大級の肯定です   感謝は 最大級の人間成長レベル にまで引き上げてくれます    (1)感謝するというこ…

記事を読む

優しい言葉をかけてほしい

前向きになれる言葉と感動するお話
      【 優しい言葉をかけてほしい 】  「 愛の反対は憎しみではない   それは無関心である 」   マザー・テレサの この言葉はご存知ですね   誰だっ…

記事を読む

幸運体質になりましょう!

前向きになれる言葉と感動するお話
    【 幸運体質になりましょう! 】  ところで「アファメーション」 という言葉をご存知ですか?   ここでいうアファメーションとは 「肯定的宣言」のことで…

記事を読む

母の無償の愛を感じて...

前向きになれる言葉と感動するお話
 【 母の無償の愛を感じて... 】  人生で起こることは 何か大切なことを気づかせて くれるために起こるようです   桜が舞う季節のことでした   病院主催のお…

記事を読む

自分を復活させる!凄い25の言葉

前向きになれる言葉と感動するお話
     【 自分を復活させる!凄い25の言葉 】  (1) 世間への革命は、人手も時間もかかる。 自分への革命は、1人で今すぐできる。  (2) ぼうっと生き…

記事を読む

幸せになる15の言葉

 
295.png
 
 
 
 
【 幸せになる15の言葉 】
 
 
(1)幸せだから感謝するのではなく
 
   感謝するから幸せに感じる
 
 
 
(2)相手にくだす価値判断は
 
   すべて自分に対する価値判断
 
 
 
(3)不平不満の多い人というのは
 
   「ただ感謝が足りない」だけ
 
 
 
(4)何が起こったかではなく
 
   起こったことに対し
 
   あなたがどうするか
 
 
 
(5)幸と不幸は表裏一体
 
   独立しては存在できない
 
 
 
(6)「できない」苦しみが無かったら
 
   「できた」喜びは生まれない
 
 
 
(7)人生で恐れることは
 
   実は何もなくて
 
   学ぶことがあるだけ
 
 
 
(8)「築いた者」より
 
   「気づいた者」が 成長する
 
 
 
(9)ただしい人生から、
 
   たのしい人生へ
 
 
 
(10)いつかやるではなく
 
   “今”できることからやる
 
 
 
(11)現実は 外の世界で
 
   起こっているのではなく、
 
   心が創り出している
 
 
 
(12)「幸」「不幸」は存在しない
 
   その人の心が決めているだけ
 
 
 
(13)楽な日々は過ぎ去る
 
   充実した日々は積み重る
 
 
 
(14)答えはすべて自分の中にある
 
 
 
(15)すべてはうまくいっている
 
 
 
今回ご紹介させて頂いた言葉の中で、12の「幸」「不幸」は存在しない、その人の心が決めているだけ、これが一番心に響きました。本当にそのとおりだと思います。


私自身数年前まで幸せという言葉に振り回されすぎていました。過去数年間に渡って仕事で大きな成果を求められていたので、これが大きなプレッシャーとなりました。


逃げたくなるような辛いことも多かったのですが、大きな幸せより小さな幸せに気づける自分でありたいと強く思うようになり、心が軽くなり、すべてのことが楽になりました。


幸せは自分の心がきめる、といったことが良く言われていますが、小さな幸せをいつでも感じられるようになるために、日々一つ一つのことを大切にしたいと強く思います。



天才!アインシュタインの名言

 
Image68.png
 
 
 
【天才!アインシュタインの名言】
 
 
(1)
 
私は頭が良いわけではない。
 
ただ人よりも長い時間、
問題と向き合うように
しているだけである
 
 
(2)
 
6歳の子供に説明できなければ、
理解したとは言えない
 
 
 
(3)
 
誰かの為に生きてこそ、
人生には価値がある
 
 
 
(4)
 
たとえ国家が要求しても
良心に反することを
してはいけない
 
 
 
(5)
 
間違いを犯した事の無い人というのは、
何も新しいことをしていない人のことだ
 
 
 
(6)
 
想像力は、知識よりも大切だ。
 
知識には限界がある。
 
想像力は、世界を包み込む
 
 
 
(7)
 
美人にキスしながら
安全運転ができる人間は、
キスに十分集中していない
 
 
 
(8)
 
人の価値とは、
その人が得たものではなく、
その人が与えたもので測られる
 
 
 
(9)
 
学校で学んだことを
一切忘れてしまった時に、
なお残っているもの、
それこそ教育だ
 
 
 
(10)
 
平和は力では保たれない。
 
平和はただ理解し合うことで
達成できるのだ
 
 
 
− アインシュタイン −
 
 
 
【参照】
 
アインシュタイン150の言葉
 
 
 
今回は、ドイツ生まれのユダヤ人物理学者、アルベルト・アインシュタインさんの名言を集めさせていただきました。アインシュタインさんは、学術的な世界だけでなく、音楽、絵画といったアートの世界にも大きな影響を与えています。
 
 
世界的な天才物理学者として名を馳せるまで長きに渡る紆余曲折がありました。学生時代はお世辞にも優秀な生徒とはいえなかったのですが、その当時からすでに自分の世界をしっかり確立していたため、数学と物理はずば抜けていたようです。
 
 
とにかく自由を尊重する性格はこのころからすさまじかったようで、特に当時のドイツは厳格な軍国主義が蔓延っていたため、兵役義務を逃れるためにドイツ国籍を破棄しています。
 
 
後にスイス国籍を取得するまで無国籍だったようです。チューリッヒ大学を出てから数年間働きながらたっぷり研究・論文のための時間がとれたのですが、これが功を奏して世界的な物理学者として成功の階段を登り始めます。
 
 
やはり成功した人たちというのは、下積み時代に忍耐強く何かに没頭する時間が長いですよね。成功する人とそうでない人の違いはここにあるのかもしれません。
 
 
 
「アインシュタイン 相対性理論 第1回 part1」
 

 
 

努力し続ける天才!櫻井翔の名言

 
Image 106.png
 
 
 
 
【 努力し続ける天才!櫻井翔の名言 】
 
 
(1)
 
勝てるか勝てないかじゃない、
 
やるかやらないかだ
 
 
 
(2)
 
一人で見る夢はただの夢だけど
 
みんなで見る夢は現実になる
 
 
 
(3)
 
勉強を寝る前にやって、寝て、
 
もう一回朝やると睡眠で
 
記憶が整理される
 
 
 
(4)
 
一人で見る夢はただの夢だけど
 
みんなで見る夢は現実になる
 
 
 
(5)
 
みんなの大好きな
 
嵐のイメージに引っ張られて、
 
自分たちを見失わないようにしたい
 
 
 
(6)
 
みんなに好かれようとニコニコ笑って
 
来年消えてゆくくらいなら、
 
誤解を恐れずに大事なものを貫きたい。
 
 
 
そこで離れていく人がいたとしても
 
 
 
(7)
 
オレの経験がもしかしたら
 
友達の役に立つかもしれない
 
 
 
(8)
 
日に日に、
 
「時」はせまってきている。
 
 
日に日に、
 
「時」が削られていく。
 
 
ひとつひとつが、きっと最後
 
 
 
(9)
 
才能があるかどうかっていうのは、
 
努力の限界まで行ってみないと
 
分からない...
 
 
 
(10)
 
ちょっとかじったくらいじゃ
 
才能があるかなんて分からない。
 
 
限界まで努力して行って
 
その先に才能があるんだって。
 
 
 
− 櫻井翔さん −
 
 
 
今回は、嵐の桜井翔さんの名言を集めさせていただきました。櫻井さんといえば、アイドルとして超多忙の合間を塗って慶応大学を確か現役で合格されているんですよね。
 
 
出勤前に朝の情報番組を見ていたら、たまたまその会見の場面が報じられていたので、驚いた記憶があります。「いつ勉強してたんだろう...」と。
 
 
正規の手続きを踏んで合格し、しかも一度も留年することなく4年できちんと卒業したわけですから本当に桜井翔さんは、すごい頭脳の持ち主なんですね。
 
 
今回の名言で一番感銘を受けたのは、(10)です。人は「自分には才能がない」とすぐに諦めてしまうわけですが、この言葉にあるとおり努力の限界を超えてから言うべきですね。
 
 
私は何かにつけあきらめるのが早いので、この言葉には背筋が伸びる思いです。芸能界という競争が厳しい世界を生き抜いてきた人の言葉には重みがありますね。
 

男が香る!長渕剛の名言

 
無題.png
 
 
 
 
【 男が香る!長渕剛の名言 】
 
 
(1)
 
俺はやりたかったんだ。
だからやった。
それでいいんじゃないかな。

失敗したら、
また前を向けばいいだけだ
 
 
 
(2)
 
まず、自分をとりまく
環境を変える。
居場所を変える。
簡単なことだ。

心の痛みをしょい込むより、
肉体の痛みを毎日実感しながら、
昨日よりも強い精神を宿らせろ
 
 
 
(3)
 
君が愛にしがみつくより、
まずは君が強くなれ
 
 
 
(4)
 
20代の時はさ、
こんなクソ田舎、
冗談じゃねえよって
いって出てきたんだけど、
 
母親が亡くなり、
父親も居なくなりそうな
状況に直面した時に、
 
故郷というものが
たまらなく愛しくなって、
いつしか感謝の気持ちに変わり、
 
しまいには恩返しをしたい
って気持ちが湧いてきたんだ
 
 
 
(5)
 
「すごい」って
言われるのはやっぱり
すごいんですよ。
 
「すごい」の三文字ね、
それを色んな人に言わせたい。
 
そこに集まる
連中たちへ向けられる
最高の3文字を僕は
つくりたいんです。
 
シンプルだよね
 
 
 
(6)
 
人間は命がけの表現、
本気でかかってくる者に対しては、
逃げるか、行くかしかないんですよ
 
 
 
(7)
 
命かけなきゃつまんないよ
 
 
 
(8)
 
男は、意地のためには、
プライドは捨てる。
 
恥をかいても
目的に向かっていくことを
諦めちゃだめだ
 
 
 
(9)
 
人間の『生き死に』さえも
銭に換えるこの国だから、
ありったけの命をたたいて
今、叫ぶのだ
 
 
 
(10)
 
長渕剛って男は、
またきっと何かやるんだろうな
って気はしてる
 
 
 
【出典】
 
長渕語・録
 
 
 
今回は、シンガー・ソングライターの長渕剛さんの名言を集めさせていただきました。今回ご紹介させていただく動画をYoutubeで偶然目にしたのですが、長渕さんの故郷である鹿児島を思う気持ちが素晴らしいですね。
 
 
元プロサッカー選手の前園真聖さんと同郷なんですが、前園さんが現役時代に思い悩んでいたころに直接ではないんですが、自ら描き上げた絵を送るという形で救いの手を差し伸べていたんだそうです。
 
 
こうした長渕さんの同郷出身者に対する優しさにも感動しました。また、長渕さんは日々激しいトレーニングによって強いメンタルを維持しているようなんですが、いまだ心にこびりついた繊細な部分も隠そうとはせず、自分の弱さとして見せる点にも人としての凄さを感じます。
 
 
 
【出典】
 
 「 前園真聖と長渕剛の関係 」
 
 
 
 
 

男気あふれるEXILEの名言

 
Image 113.png
 
 
 
【 男気あふれるEXILEの名言 】
 
 
(1)
 
悔しい思いをした
 
時の初心を忘れずに
 
頑張り続ければ
 
一時の結果はどうであれ
 
自分の人生において
 
素晴らしい出来事も起こる
 
 
「HIRO」
 
 
 
(2)
 
数々の出逢いに助けられ
 
自分の人生が創られていく
 
 
「HIRO」
 
 
 
(3)
 
ATSUSHIの声が
 
失くなるくらいなら、
 
俺が踊れなくなった
 
ほうがいいです。
 
 
ATSUSHIは
 
俺の誇りだから。
 
 
「HIRO」
 
 
 
(4)
 
つらいことも嫌なことも
 
生きているから感じられる。
 
そのことを忘れては
 
いけないと思った
 
 
「ATSUSHI」
 
 
 
(5)
 
感謝の気持ちを
 
口にするだけでなく
 
行動にうつさなければ
 
それは本当の意味で
 
感謝していることには
 
達しないと思う
 
 
「ATSUSHI」
 
 
 
(6)
 
忘れたくない。
 
人が人を思いやる優しさ。
 
自分が自分を大切にできる強さ
 
 
「TAKAHIRO」
 
 
 
(7)
 
EXILEを続けます。
 
たとえ失明したとしても
 
後悔はないです。
 
この病気を持っている
 
自分の姿を見せる
 
ことによって、
 
自分と同じ病気を
 
持っている人や
 
その他の人たちに
 
勇気を与えられたら
 
と思いますし、
 
自分の使命でもあると
 
思ってます。
 
 
「MATSU」
 
 
 
(8)
 
僕にとって進む道は
 
EXILEという道。
 
上り坂だろうと
 
下り坂だろうと
 
足元が良くも悪くも
 
僕はこの最高な仲間達と共に
    
ずっと前進し続けるだろう
 
 
「AKIRA」
 
 
 
(9)
 
本気で成長したいと思い
 
変わりたいと思えば
 
それは現実のものとなる
 
 
「NAOTO」
 
 
 
(10)
 
今の悔しさが
 
必ず自分自身を
 
大きくしてくれると
 
信じて頑張り続けてほしい
 
 
「HIRO」
 
 
 
【出典】
 
ビビリ
 
EXILE 夢の向こうの志
 
天音。
 
 
 
今回は、EXILEの名言をピックアップさせていただきました。昨年Makidaiさん、Matsuさん、Usaさんが卒業されたので、EXILE結成当時のメンバーはATSUSHIさんだけになってしまいましたが、依然として日本の音楽シーンで独自の輝きを放っていますよね。
 
 
EXILEはデビューした当時から歌と踊りが素晴らしかったわけですが、個人的にHIROさんの起業家としての活動にも注目していまして、今でもインタビュー記事はチェックしてます。
 
 
突然思いついたことを持ち前の行動力で行動に移して成功したわけではありません。
 
 
まだ無名に近かった20年以上前に活動していたころに夢というよりも苦しみを逃れるために抱いた希望を実現するために必死でもがいていたことがようやく形になった様子がよく分かります。
 
 
本当にHIROさんは信念の人ですよね。EXILE以外のグループ、ユニットも全て成功しています。今は経営とプロデュースする側に回って世界的なアーティストを誕生するためのプロジェクトにも取り組まれているようです。
 
 
日本のアーティストが欧米のアーティストのように世界を股にかけて活動する日が来るのもそんなに遠い話ではないように個人的に思っています。
 
 
 

感謝できる幸せ...

 
311.png



【 感謝できる幸せ... 】
 
 
感謝すると言うことは
 
最大級の肯定です
 
 
 
感謝は 最大級の人間成長レベル
 
にまで引き上げてくれます
 
 
 
 
(1)感謝するということは、
 
  「最大級の肯定をする」
 
   ことを意味します
 
 
 
   すべてのものごとが
 
   うまくいくようになります
 
 
 
 
(2)感謝することで
 
   自動的に最大級の人間成長レベル
 
   へのプロセスに入ります
 
 
 
 
(3)感謝することは
 
   自動的に人間成長をうながし
 
   どんどん自分の人間成長レベル
   
   が上がります
 
 
 
 
(4)感謝することで
 
   肯定的な気づきが増えます
 
 
   「自分がどうすればいいのか」
 
   「うまくいかない原因は何か」
 
 
「何が大切なのか」
 
 
   「どうすればうまく
 
    いくようになるのか」
 
    などが分かるようになります
 
 
 
 
(5)感謝することで
 
   否定的情報を肯定的情報に
 
   書き換える事ができます
 
 
 
 
(6)感謝することは部分的ではなく
 
   全体的な効果があります
 
 
 
 
(7)感謝をすることは
 
   意識と無意識の
 
   クリーニングになります
 
 
 
【感謝のフィールドを作る】
 
 
全体的に感謝を続けていれば
 
自分を取り巻く環境に
 
感謝のフィールドが
 
形成されるようになります
 
 
 
自分の周りに
 
感謝のオーラができると
 
周りの人々は
 
あなたの味方になります
 
 
 
物質は輝きを増して
 
どんどん質や量に
 
良い変化が起こります
 
 
 
そうなると
 
物事はとても
 
スムーズになります
 
 
 
人間関係・健康・豊かさなど
 
あらゆる面で改善されます
 
 
 
「毎日を楽しもうさんより一部転載」
 
 
今回ご紹介させて頂く、こちらの記事は「感謝」という言葉が好きになったきっかけとなったものでして、それ以前は感謝についてあまり深く考えたことがありませんでした。
 
 
自己啓発を含めたビジネス関連書籍を読みまくっていた時代が私にもありまして、そうした書籍には、「感謝」することの大切さを説いたものが少なくありませんでした。


それが綺麗ごとのように思えたのですが、そうではなかったんですね。


「感謝できる=大切にすることが出来る」ために人や物が集まり、さらに感謝することで、成長レベルが大きくなり、商いや事業はどんどん大きくなっていくわけなんですね。


屁理屈をこねなずに、素直に感謝できる人間になりたいと、強く思った次第です。


優しい言葉をかけてほしい

 
 
243.png
 
 
 
 
【 優しい言葉をかけてほしい 】
 
 
「 愛の反対は憎しみではない
 
  それは無関心である 」
 
 
 
マザー・テレサの
 
この言葉はご存知ですね
 
 
 
誰だって自分の存在を
 
無視されるのは辛いもの
 
 
 
嫌われても憎まれても
 
自分の存在が認められている分
 
まだましなのです
 
 
 
では 相手に
 
「 私はあなたに関心を
 
  持っていますよ 」
 
ということを伝えるには
 
どうしたらいいのでしょう
 
 
 
答えは簡単です
 
相手に言葉で伝えること
 
優しい言葉で伝えて
 
あげることです
 
 
 
ある100歳の
 
おばあちゃんの言葉です
 
 
 
「 お金もいらない
 
  着物もいらない
 
  命だってもういらない
 
 
 
  でもお願い
 
  優しい言葉をかけてほしい 」
 
 
 
100年生きてきて
 
最後に彼女が欲しかったものは
 
優しい言葉だったのです
 
 
 
それなら100年も待たないで
 
今日から周りの人に
 
優しい言葉をかけてみませんか
 
 
 
「あなたに会いたくて来たよ」
 
「あなたと過ごせて とても嬉しい」
 
「あなたといると とても楽しい」
 
 
 
「あなたで 本当によかった」
 
「すべてあなたのおかげです」
 
「本当にいいお仕事していますね」
 
 
 
「うわあ すごい よくできたね」
 
「どうすれば あなたのようになれるかな」
 
 
 
「嬉しい でも頑張りすぎないでよね」
 
「すごく美味しい おかわり!」
 
 
 どれも何気ない一言ばかりです
 
 
 
それで相手の気持が癒されるのなら
 
どんどん口にしたいですね
 
 
 
そしてもっといいことに
 
それを言っている自分自身が
 
実はどんどん輝いてくるのです
 
 
 
優しさという心の筋肉が
 
強く大きくなっていくから
 
なのでしょうか
 
 
 
出典:「 また あなたと仕事したい! 」
     と言われる人の習慣

著者:「 高野登さん・志賀内康弘さん 」

出版:「 青春出版社 」
 
 
 
今回紹介させていただいた投稿は、高野登さん・志賀内康弘さんの共著からの抜粋です。


100歳まで生きた人が望んでいるのは、優しい言葉をかけてもらうこと文中に書かれていて、正直ショックでした。それくらいその方が孤独だということですよね。


互いに言葉を掛けあったり、ちょっとしたふれあいがなにより大切なんだと思いました。人として生きていく上で、それが一番大切なものなのかもしれません。


ある高齢患者さんは、病院で医師の先生や看護師さんから言葉をかけてもらえるだけで嬉しいといってました。また治療のさいに肌に触れてもらえるのも嬉しいようです。
 
 
人の優しさというのは、凄いことなんだなと実感しました。
 
 
 

幸運体質になりましょう!

 
60.png
 
 
 
【 幸運体質になりましょう! 】
 
 
ところで「アファメーション」
 
という言葉をご存知ですか?
 
 
 
ここでいうアファメーションとは
 
「肯定的宣言」のことです。
 
 
 
つまり、自己暗示のようなものです。
 
 
 
ポジティブ思考のように
 
無理に考えなくていいので
 
気軽に出来ます。
 
 
 
精神力は一切必要ありません。
 
 
 
目標達成に向かって自分を動機づけ、
 
その気にさせるための有効な方法として
 
アメリカで開発されたそうです。
 
 
 
例えば以下のような言葉を発します。
 
 
 
「私はとても幸運だ!」
 
 
「職場の人間関係が
 どんどん良くなっている!」
 
 
「幸せな結婚をする!」
 
 
という命令を脳に与えると、
 
脳は、これらに必要な
 
あらゆる情報を集めます。
 
 
 
それもものすごいスピードで...。
 
 
 
人間の能力に大きな差はありません。
 
 
 
しかし「信じる力」の差や
 
「思い込み」の差は
 
 あまりにも大きいです。
 
 
 
しかし、どんな目的でも
 
実現しようとする目的達成装置は
 
どんな人にも備わっています
 
 
 
心身を快にして願いが
 
叶う体質になるためには
 
もの事のよい面に目を向け、
 
未来に希望をもつ
 
「 楽天思想 」
 
 を身に付ければいいのです。
 
 
 
では実際に紹介されてる
 
アファメーションをご紹介します。
 
 
 
想像の中でロケットの
 
発射ボタンを押しながら
 
「幸運遺伝子、スイッチオン」
 
 
 
願いがかなった場面を思い浮かべて
 
「幸せいっぱい、夢いっぱい」
 
 
 
元気よく足踏みしながら
 
「ラッキーラッキー大ラッキー」
 
 
 
山の頂上に立って、
 
満足感にひたる自分を想像して
 
「最後はかならず上手くいく」
 
 
 
水平線の向こうに
 
輝く太陽をイメージして
 
「人生これから黄金期」
 
 
 
欧米では、一般の方々の間でも
 
当たり前のように行われています。
 
 
 
真面目に取り組む必要はありません。
 
かえって効果が下がります。
 
楽しみながらやるといいでしょう!
 
 
 
是非自分の目的・目標にあった
 
アファメーションを作成し、
 
幸運体質に生まれ変わりましょう!
 
 
「 佐藤富雄博士 」
 
 
 
『 参照本 』 最強の幸運体質をつくる魔法のアファメーション
 
 
 
生前の佐藤先生は、とても70歳を過ぎているとは思えないほど精力的に活動されていましたよね。


沢山の著書を献上し、ベストセラーを連発しました。そこから沢山のことを学ばせて頂きました。


口癖によって、なりたい自分のふりをする習慣を身につけたおかげで、困難に直面しても、それに対応できる力を身につけることができました。
 
 
久しぶりに「最強の幸運体質をつくる魔法のアファメーション」を読み返したいと思います。
 
 

母の無償の愛を感じて...

 
557.png



【 母の無償の愛を感じて... 】
 
 
人生で起こることは
 
何か大切なことを気づかせて
 
くれるために起こるようです
 
 
 
桜が舞う季節のことでした
 
 
 
病院主催のお花見会に参加するため
 
病室から小さくなった母を車椅子に
 
乗せて近くの神社に足を運びました
 
 
 
母は34歳のときに
 
難病のベージェット病が発症
 
 
 
母がずっとつけていた日記には
 
ほとんど毎日のように微熱や頭痛が
 
あると書かれていました
 
 
 
私は妹と一緒にその日記を見ると
 
 
「 無理をすると発症するから 」
 
 と医者には言われていることも
 
 記されていました
 
 
 
子供たち二人が学校から
 
帰ってきたら
 
お腹を空かさないよう
 
いつもお菓子が買ってありました
 
 
 
お菓子はいつも妹と半分にして
 
分けて食べていました
 
 
 
看護婦をしていた母にとって
 
毎日のようにお菓子を買っておくこと
 
だけでも大変だったはずです
 
 
 
母は病気のため
 
身体がだんだんと
 
動かなくなっていきました
 
 
 
やがて身体に必要な栄養は、
 
毎日3度の点滴で補うように
 
なっていました
 
 
 
幼い頃に大火傷を負い
 
頭皮に後遺症が残った
 
母のこれまでの人生はきっと
 
辛かったことのほうが多かったはず
 
 
 
それでも
 
人を傷つけることは
 
決して言いませんでした
 
 
 
誰に対しても優しかったのは
 
人の痛みがよくわかったから
 
なのかもしれません
 
 
 
母の病気が進行するにしたがい
 
身体の自由が利かなくなった
 
 
 
母の身の回りの
 
お世話をすることが
 
多くなりましたが
 
 
 
そのうち
 
母を幼い子供のように
 
接するようになっていました
 
 
 
お花見会では
 
看護師さんたちが
 
桜が舞うポカポカ陽気の中
 
おでんをふるまってくれていました
 
 
 
「おでんが欲しい?」
 
 と聞くと 食べたいという
 
 
 
久しぶりに人間らしく
 
口から「おでん」を食べさせて
 
あげられることに嬉しさを感じました
 
 
 
おでんを小さく小さく刻んで
 
スプーンの上にのせ
 
口元に運びます
 
 
 
「 おいしい 」
 
 
母が本当に美味しそうに食べ
 
嬉しそうな表情をするので
 
自分も本当に嬉しくなり
 
嬉しくて 嬉しくて
 
涙がにじんできました
 
 
 
口元にスプーンでおでんを運ぶとき
 
母が自分が赤ちゃんのときに
 
今の自分が母に「おでん」を
 
運ぶのと同じようにスプーンで
 
口元に運んでいたときの映像が
 
入ってきました
 
 
 
それと同時に
 
子を思う母の愛情が
 
ポンと心に入ってきました
 
 
 
時を越えて...
 
母の愛を受け取った瞬間でした
 
 
 
そこには
 
愛しかありませんでした
 
 
 
子が存在しているだけで
 
愛おしく感じる心
 
 
 
自分のすべてを注ぎ込む
 
愛情がそこにはありました
 
 
 
母の無償の愛を感じて
 
泣き崩れました
 
 
 
おでんをのせたスプーンを
 
口元に運びながら
 
無理に微笑もうとすると
 
余計に涙が溢れます
 
 
 
こんなにも愛されていたんだ
 
と思うと涙が止まりませんでした
 
 
 
もっと親孝行すればよかった
 
もっと作ってくれた料理を
 
おいしいって言って
 
あげればよかった
 
 
 
それなのに
 
こんなにもこんなにも
 
愛されていたんだ
 
 
 
そう思うと涙があふれて
 
止まりませんでした
 
 
 
「こんなに...こん..な.に..
 
 素晴らしい...行事をしてくださり
 
 本当に..ありがとうございました..」
 
 
 
感謝の手紙を
 
院長先生宛に出しました
 
 
 
心から接してくれる
 
看護師さんたちを
 
院長先生に褒めていただき
 
たかったのです
 
 
 
それ以降
 
母は友人から
 
呼ばれていたように
 
看護師さん達からは
 
 
「あっこさん」
 
と呼ばれるようになっていました
 
 
 
 
母の最期の友人たちでした
 
 
『 人には優しくしよう 』
 
これが 母から学んだことです
 
 
 
それから数年後
 
最愛の妹にガンが見つかった
 
 
 
聞いたとき
 
目の前が真っ暗になりました
 
 
 
目を開けているのに
 
何も見えませんでした
 
 
 
祖父母 両親をすでに
 
亡くしている自分にとって
 
 
たった一人で
 
この世に残されるような
 
虚無感を感じたのです
 
 
 
全く現実を
 
受け入れられませんでした
 
 
 
手術は成功しました
 
 
 
いまは 再発の可能性がなくなる
 
5年が無事に過ぎればと思っています
 
 
 
心の底から気がついたことがあります
 
 
 
それは人生で一番大切なことは
 
 
 
「一番大切なことを
 
 一番大切にすること」
 
 
 
好かれていない人の
 
ご機嫌を取るより
 
自分を愛してくれている人
 
のために「時間」をもっと使おう
 
 
 
でっかいことを
 
しようとするよりも
 
 
いつも見守ってくれている人が
 
喜ぶことをするために
 
「時間」をもっと使おう
 
 
 
「ありがとう」
 
「ごめんなさい」が
 
ちゃんと言える人になろう
 
 
 
人に迷惑だけは
 
かけない人生にしよう
 
 
 
嬉しいときには
 
嬉しいとちゃんと伝えよう
 
 
 
愛している人に
 
愛しているとちゃんと伝えよう
 
 
 
人生で一番大切なことだから
 
親が子供に一番最初に教える
 
ことなんだと心に落ちます
 
 
 
出典:「輝く未来ビトより転載」
 
 
 
高齢化社会が進んだことにより、介護で苦しんでいる方が増えているわけですが、残念ながら介護する側の苦しみは、その人だけにしか分かりません。


自分の時間が制限されてしまうので、介護の苦しみを打ち明ける機会も限られてしまうため、悩みや苦しみを自分の中にとどめてしまい、余計に苦しんでしまいます。
 
 
この物語に登場する方のように、難病を患っている場合は、自宅と病室を往復しなければならないため、余計に自分の時間が削られることになります。


これほどまで苦労されている方が、母親を看病しながら、母親から「無償の愛」を受け取っていると感じ取った瞬間の下りに涙が止まりませんでした。


失ってから、親の有り難さや、偉大さを感じられても、後悔しか残りません。


そうならないためにも、感謝の思いを大切にしながら、接していきたいと思います。
 
 

自分を復活させる!凄い25の言葉

 
554.png
 
 
 
 
【 自分を復活させる!凄い25の言葉 】
 
 
(1)
 
世間への革命は、
人手も時間もかかる。
 
自分への革命は、
1人で今すぐできる。
 
 
(2)
 
ぼうっと生きるな。
 
「意味のある人生を送るのだ」と、
 
 自分に言い聞かせろ。
 
 
(3)
 
喜びは、挑戦の中にある。
 
挑戦がなければ、喜びもない。
 
 
(4)
 
夢に向かう道のりは、登山だ。
 
坂は、苦しむものではなく、
楽しむもの。
 
 
(5)
 
今日で死ぬとしたら、
今日は本当にすべきことをするか。
 
 
(6)
 
限界の多くは、思い込み。
 
 
(7)
 
人は、1滴のしずくだ。
 
小さくても、
波及は水面全体に広がる。
 
 
(8)
 
鍵を開けられるのは、
鍵だけとは限らない。
 
 
(9)
 
迷惑にならないぎりぎりが、
考え方と行動範囲を、
ぐっと広げる。
 
 
(10)
 
危険な道は、
ボクシングと同じ。
 
危険ではなく、
エキサイティングなのだ。
 
 
(11)
 
虫眼鏡のような
生き方をする。
 
弱い力も、
一点に集中すれば、
大きくなる。
 
 
(12)
 
偉人になるのではない。
 
偉業を果たすのだ。
 
 
(13)
 
一番熟した果実は、
一番手の届きにくい場所
にあるもの。
 
 
(14)
 
自分とまったく
同じ育ちの人はいない。
 
誰にでも、自分にしか
できないことがある。
 
 
(15)
 
弱気で、うまくいく試合はない。
 
弱気で、うまくいく人生もない。
 
 
(16)
 
大きすぎる願いを声に出した後は、
なんでも実現できそうな気がする。
 
 
(17)
 
一生懸命に頑張っている人を
あざ笑うと、自分の夢も遠ざかる。
 
 
(18)
 
現実がつらいから、逃げるのではない。
 
逃げるから、現実がつらくなるのだ。
 
 
(19)
 
後回しにしていいかどうかは、
今しかできないかどうかで
決めるといい。
 
 
(20)
 
汗は、感動の涙と同じ。
 
運動は体にとって、感動的なこと。
 
 
(21)
 
風は単なる空気の流れではない。
 
地球が呼吸をしているのだ。
 
 
(22)
 
その気になれば、
火事場のばか力は、
いつでも出すことができる。
 
 
(23)
 
この世のすべてが
 
限りがある貴重なもの
 
真っ暗な夜でさえも、
 
経験できる残り回数がある。
 
 
(24)
 
私たちは生まれてから死ぬまで
プレゼントを頂き続けている
 
 
(25)
 
時間をかけない偉業もある。
 
スタートダッシュも偉業の1つだ。
 
 
 
 
出典:HappyLifeStyle
 
「生きる元気が出る30の言葉」
 
 
 
今回紹介させて頂いた投稿は「HappyLifeStyle」さんから転載させていだきました。仕事、恋愛、趣味などの人生にまつわる色々な学びを提供してくれる素晴しいサイトです。


歴史に名を残すような偉人たちの特徴として、「失敗に強い」点があげられます。例えば発明王と称されたエジソンは、気が遠くなるような失敗を繰り返しました。


ある日、新聞記者がなぜそんなに失敗できるのかと、質問すると以下の通り答えました。


「失敗したんじゃない、上手くいかない方法を見つけただけだ」


それくらいエジソンは、毎日研究に没頭していたわけですが、時には他人からの誹謗中傷にも耐えながら、自分の信じた道を歩み続けることが出来た点は凄いですよね。


エジソンはようやく世界中で認められる偉大な発明家になっても、事業を成功させるのは容易ではなかったようで、支払いができなくなるようなこともありました。


そうしたときでもエジソンは自分のペースを崩すこと無く、我が道を一歩一歩進んでいたことで、人類史上に残る偉業を達成することができたんですね。


今回のまとめで特に共感したのは以下の言葉です。
 
 
 
(6)
 
限界の多くは、思い込み。
 
 
(12)
 
偉人になるのではない。偉業を果たすのだ。
 
 
(15)
 
弱気で、うまくいく試合はない。
 
弱気で、うまくいく人生もない。
 
 
 
何かに落ち込んでも、出来るだけ早く立ち直ることによって、復活させることができます。そのためにも、普段の取り組む姿勢が大事ですよね。しっかり心掛けたいです。
 
 
 
メニュー
最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます