その他のカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

カテゴリ:その他

その他のカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
託児所あり看護師求人の人気が高い理由とは?仕事と家庭の両立を実現!

その他
■結婚・出産で生活が激変!女性看護師の場合、結婚・出産が大きな転機となり、それまでの生活が一変します。看護師さんの仕事は、勤務シフトがとても複雑なので、旦那さ…

記事を読む

地元の病院に転職する看護師が手にするメリット・デメリットとは?

その他
■地元に帰って転職する人達の特徴とは?都会の病院でしっかり看護師としての経験を積んでから、地元に帰って地元にある病院へ転職する人達が増えています。これはごく一…

記事を読む

看護師として定年退職後も働ける幸せとは?定年後に直面する現実とは?

その他
■定年後に悠々自適に生活している人の特徴看護師さんの中には若いうちから堅実な生活を送っている方が少なくありません。ご存知のとおり病棟でも外来でも常勤での仕事は…

記事を読む

No Image

その他
■第二の人生も真剣に考えましょう!ついに男女ともに平均寿命が80歳を超えました。本当はこれほどおめでたいことはないのですが、生活するためには「 お金 」がどうし…

記事を読む

託児所あり看護師求人の人気が高い理由とは?仕事と家庭の両立を実現!




585.png



■結婚・出産で生活が激変!


女性看護師の場合、結婚・出産が大きな転機となり、それまでの生活が一変します。


看護師さんの仕事は、勤務シフトがとても複雑なので、旦那さんの「理解」と「協力」
がなければ「家事」と「仕事」を両立させるのは非常に困難です。


そして、妊娠・出産により長期間にわたって「産休」に入ります。


妻としてだけでなく母親としての立場も加わりますので、産休が明けて仕事に復帰する
にしても、家庭と仕事の両立が産休前よりもさらに困難になります。





■家庭と仕事を両立させるには?!


子供が生まれれば生活の中心は子供になります。


当然のことながら子育を何よりも優先させなければなりません。


しかし家計を支えるために看護師として働くママさんが少なくありません。


特に若いご夫婦の場合、旦那さんのお給料だけで生活するのが困難であるため、家計を
支えるために早い段階で復帰されるケースが年々増えているように見受けられます。


そのため、「託児所」が非常に重要になります。


「託児所あり」の看護師求人の中から希望にあった求人先を選ばなければなりません。
幸いなことに同じ敷地内に託児所を併設する病院が全国的に増えています。


同じ敷地内に託児所があれば、こどもに何か異変があっても、すぐにかけつけることが
できますので、安心して働くことができます。これが何より大きなメリットです。





■院内託児所は子育て中の看護師さんの強い味方!


子育て中の看護師さんが働くにあたって、病院内に託児所がないとやはり厳しいです。


東京や大阪のような大都市圏であっても、保育園の数は限られていますので、子育てを
しながら、同時に看護師として働くのは決して容易ではありません。地方なら尚更です。


しかし、託児所が提供するサービス内容は病院によってかなり差があります。


このため利用料金にもかなり差がありますし、お子さんを預かる条件も異なります。


常勤として働いている看護師さんのみ受入れてくれる所もありますし、逆に職種(医師、
薬剤師、事務職など)に関係なく受け入れてくれるところもあります。


また、お子さんの年齢に関しては、0歳から預かってくれるところが大半なので、出産
したばかりの看護師さんでも院内託児所を利用すれば問題なく働くことができます。


しかし、上述したとおりお子さんを預かる条件は病院によって微妙に異なりますので、
「預かってもらえない」なんてことにならないためにも事前に調べる必要があります。





■院内託児所について注意点


看護師さんにとってもお子さんにとっても病院内託児所は、メリットが多いです。


子育て中の看護師さんの中には、できるだけ肉体的・精神的負担を抑えるために、院内
託児所がある病院を就職先候補の第一条件に挙げる人が年々増えています。


消費増税による景気の冷え込みから、社会情勢が大変厳しい状況にあるだけに、家庭を
支えるために、子育て中の身でありながら、働きにで出る女性が増えています。


看護師さんも例外ではありません。こうした動きは今後さらに活発化しそうです。


しかし、病院の施設内に託児所があるというだけでは、安心できない問題があります。


というのも大半の院内託児所は専門の業者に委託しているからです。


大学病院や総合病院などの大型病院では、自ら運営している所もありますが、現状では
少ないので、施設内外の設備や保育カリキュラムもそれぞれ異なります。


ですので、病院見学の際に託児所を訪れて、自分の目で確かめられたほうがいいです。


看護師転職サイトを利用すれば、詳細な情報を教えてくれますし、これまでの経験から、
働き方に合わせ、どのような職場で働くべきか、アドバイスしてくれます。





■託児所がある病院で働くメリットとは?!


託児所がある病院で働くメリットは沢山あります。


まず職場に出勤するさいに託児所に立ち寄り子供を預けていきます。


そして、仕事を終えたら託児所に子供を迎えに行き一緒に帰宅できます。


子供と一緒に通勤することができますので、自宅付近にある保育園や幼稚園を利用する
よりも時間の無駄がないので、よりこどもと一緒に過ごす時間が増えますよ。


また病院によっては休憩時間に託児所に寄ることが認められています。


ですので、仕事中に不安がよぎって仕事に集中できないといったことがありません。


仕事でミスして気分的に落ち込んでいときに子供の笑顔に励まされることも多いので、
子育て中の身で看護師として復職するのであれば、託児所は絶対はずせません。





■託児所ありの看護師求人に応募が殺到!


積極的な金融緩和によって再び円安に引き戻され、株価は上がり、景気が一時的に良く
なりましたが、消費増税が17年ぶりに行われたことによって、全てが壊れました。


原油は一時的に大きく急落しましたが、円安によって輸入コストが上昇したため、同時
に物価も上昇することとなり、庶民の暮らしがますます苦しくなっています。


そうした中、扶養の枠を超えて働く女性が増えています。


将来に対する不安から、しっかり生活を支えようと皆さん必死です。


このため託児所ありの看護師求人に応募が殺到します。


看護師転職サイトを利用して「託児所あり」の看護師求人をしっかり選びましょう!


 カテゴリ

地元の病院に転職する看護師が手にするメリット・デメリットとは?




sukinandesu.png



■地元に帰って転職する人達の特徴とは?


都会の病院でしっかり看護師としての経験を積んでから、地元に帰って地元にある病院
へ転職する人達が増えています。これはごく一部の地域に限ったことではありません。


全国的に広がりつつあります。特に東北大震災以降は、「郷土愛」のようなものを取り
戻す動きが日本全国で高まっており、地元に貢献したいという思いで溢れてます。


まず、地元の病院で働くメリット・デメリットについてですが、地元の病院であれば、
患者さんと接する機会が飛躍的に増え、看護しやすい環境にあるケースが多いです。


その理由は、都会の病院ほど「コンプライアンス」が徹底されていないケースが多く、
患者さんの多くが、その地方の人達独特のおおらかさがあるため、接しやすいです。


勿論全ての病院がこのような状況にあるわけではありません。


しかし、都会ほど人のつながりが「希薄」ではありません。


しかも、その地域の地名や特産物、地域の人たちの人情や人間性、地域の特徴なども、
しっかり把握しているわけですから、患者さんとも接しやすいと感じることでしょう。


特に都会の病院で長年働いていた人は、肉体的にも精神的にも負担が抑えられます。


実際に地元で転職するにあたって、転職先候補を選ぶうえでも、非常に楽です。


地元の病院の情報を入手するのは、それほど大変ではありません。


知り合いで働いている人が必ずいるといってもいいくらい、せまい地域社会なので、
詳しい人の話はすぐに耳に入ってきますので、迷わず選ぶことができます。





■地元の病院で働くメリットとは?


年老いた両親を介護するために地元に戻ってくるケースも少なくありません。


この場合は独身の方が圧倒的に多く、すでに家庭がある場合は。やはり難しいです。


しかし、ご家族に何かあった場合は、すぐに駆けつけることができるので、都会で生活
していたときのように電車や飛行機を乗り継いで、駆けつける必要はありません。


また自分が病気になった場合も都会では自分から誰かに連絡しないかぎり、全てのこと
を自分一人で何とかしなければならないので、何かと不安なことが多いです。


しかし、ご家族がそばにいれば、それだけで安心です。


地方の病院は、都会の病院とは比較にならないほど深刻な人材不足に苦しんでいます。
ですので、地元で看護師として働くことで最高の形で地元に貢献できます。


地元の病院で働いているうちに患者さんや外来の人たちの中には、数年ぶりに会う友人、
知人も多く、自分の知り合いが病院で働いていることほど心強いことはありません。


当然親しみがわくでしょうから、安心して通院することができるでしょう。





■地元の病院で働くデメリットとは?


転職する病院を探すにあたって、地元の人に聞くこと以上に確かなことはありません。


「あの病院は経営があまり良くない」、「あの病院は人手が足りないから仕事が大変」、
「あの病院はいつも評判が良い」といった確かな情報を入手することができます。


こうした地元の人を介した情報はハローワークや看護師転職サイトよりも優れてます。



勿論いいことばかりがあるわけではありません。


まずプライベートが都会で生活していたようにはいきません。地元での付き合いを優先
させなければならないので、しばらくは窮屈に感じることでしょう。


また地元の病院で働くとなると、気になるのが「お給料」がどうなるかですよね?。


殘念ながら都会の病院で働いていたときよりも、高い確率でお給料の額は下がります。
しかし、物価は全般的に都会よりも低いので、トータルでは大きく変わりません。


また、都会のようにお金を使って楽しむところが少ないので、出費も抑えられます。


しかし、気をつけなければならないのが、パチンコです。


田舎では今だに大型店が連日満員になるほどパチンコの人気が高いです。


地元の友人にパチンコに誘われて、その面白さにハマってしまい、気がついたら毎日の
ように入り浸っている、なんてことにならないように十分注意して下さい。


地元に戻ってくる理由は、人それぞれ異なります。


看護師としてキャリアアップするために都会の病院で頑張ってきた看護師さんの中には、
すでに地元に戻っているにもかかわらず、都会の生活が忘れられないケースもあります。


都会の病院で働いていたときが輝かしい思い出となり、逆に現状に不満を感じるケース
も少なくありません。そうならないためにも、しっかり検討する必要があります。


 カテゴリ

看護師として定年退職後も働ける幸せとは?定年後に直面する現実とは?




kirainahitoni.png



■定年後に悠々自適に生活している人の特徴


看護師さんの中には若いうちから堅実な生活を送っている方が少なくありません。


ご存知のとおり病棟でも外来でも常勤での仕事は非常にハードですから、「50歳まで
常勤で働き続けるのは厳しいな...」と、多くの看護師さんが感じています。


こうした理由から、比較的若いうちからコツコツと預貯金される方が多いのです。


ですので、独身の女性でも30代前半でマンションを購入される方が結構います。


寮や社宅で生活されていた看護師さんなら無理なく実現できます。


このため「定年退職」した後に看護の仕事をしなくても、毎日悠々自適に生活されてる
方が少なくありません。こういったことは、看護師でなければ到底できません。


女性が一般の会社で正社員として働いた場合、中々このようにはいきません。


多くの方が継続して働き続けることになるわけですが、賃金に関する条件は定年前より
良くありませんので、不安と不満を抱えながら働き続けることになります。


しかし、看護師さんの場合は、仮に非常勤で働くにしても、それなりに高い収入を得る
ことができます。人によっては両親の介護と孫の世話を両方やっている方もいます。


これほどまでに定年後に充実した生活を送れるのも、現役時代に大変な思いをしながら、
毎日一生懸命働いた結果でもあるのですが、非常に恵まれているといえます。





■働き続けることのできる幸せ


逆に70歳を過ぎても現役バリバリで働いている看護師さんもいます。気力と体力さえ
あれば、いつまでも看護師として働き続けることができるのも大きな魅力です。


それだけ多くの「 医療機関 」では人材不足が深刻なわけですが、それ以上にベテラン
看護師さんの経験が求められているわけですから、他の仕事より働きがいがあります。


しかし、すべての人が悠々自適に生活出来るというわけではありません。


人によっては若いころ散財してしまう方もいます。全然貯金がない方も結構います。


そうした方でも看護師として培ったたキャリアを生かせば、問題なく定年退職後も生活
できます。常勤でなくても、非常勤看護師として働けば十分稼ぐことができます。


例えパート・アルバイトであっても、時給が1600円から2000円程度に設定され
ているので、一日4時間しか働かなかったとしても、それなりの額が稼げます。


シルバーのパート、アルバイトの時給は800円程度なので、倍以上稼げるわけです。


ですので、定年を迎えたからといって、完全に看護師を引退するのは勿体無いです。


心と体の健康のためにパートやアルバイトで働き続けることをオススメします。





■定年退職後の生き方について


1990年代前半までに定年退職された方は、預貯金に頼ることなく年金(公的年金+
企業年金+個人年金)だけで十分生活できるくらいのお金を支給されていました。


当時の企業年金と個人年金は大変素晴らしく、全部合わせる手取りで40万円以上支給
されるので、働かなくても預貯金を崩すこと無く十分生活できてしまうわけです。


しかし、すでに企業年金も個人年金も魅力あるものではありません。


老後の暮らしを真剣に考えないと大変な時代に入ってます。


実際に70歳くらいまでは、誰もが働く世の中になりつつあります。


しかし、正社員として定年退職する前と同じ条件で働ける人は殆どいません。


「嘱託」で定年退職した後も同じ会社で働ければ良い方です。大半の方は退職後にそれ
までと違う仕事でアルバイトしながら細々と生活している方が圧倒的に多いです。


しかし看護師さんは働こうと思えば、それまでの経験を生かして働くことができます。
また働き方が多様化しているので非常勤で働けば自分のペースで働けます。


しかも時給が高めに設定されているので、十分生活することができます。


ですので、定年退職したあとにもイキイキ生活されている方が多いんです。


 カテゴリ

看護師として働くなら民間病院と国・公立病院のどちらがお得?定年後に大きな差がでる理由とは?




■第二の人生も真剣に考えましょう!


ついに男女ともに平均寿命が80歳を超えました。本当はこれほどおめでたいことは
ないのですが、生活するためには「 お金 」がどうしても必要です。


現行では65歳から年金が支給されるわけですが、受給額は一律ではありません。


加入している「年金の種類」(厚生年金、共済年金など)勤めている職場、勤務年数、
役職など様々な条件によって異なり、これは看護師さんも例外ではありません。


民間病院よりも、国公立病院のほうが福利厚生が充実しています。


このため支給される「 年金額 」はかなり高額です。


看護師を目指した当初は誰も定年退職後の生活のことを真剣に考えません。


しかし、定年退職後の人生は長く、15年以上あるわけですから、心配しすぎるのも
よくありませんが、「こうやって生きていきたい」といった目標があるといいですね。





■できるだけ長く看護師として働くべき?


民間病院と国公立病院とでは、支給される年金の額に大きな差があると頭で分かって
いても、実際に支給されてみないと、どれだけ生活に影響するか実感できません。


知り合いの中に看護学校卒業後に大学病院に就職した方が結構います。


しかし、その大半が様々な理由により民間病院を転々としています。


定年まで働き続けなかったことを後悔している看護師さんが少なくありません。


定年までいれば相当の額の退職金と年金の額が支給されたからです。


最近の記事
過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます