看護師の再就職についてのカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

カテゴリ:看護師の再就職について

看護師の再就職についてのカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
看護師未経験で就職して働くために必要なこととは?なぜ途中で投げ出してしまうのか?!

看護師の再就職について
      看護師資格を取得しても看護師として働かない人は意外に多い?  大変な思いをして「看護師国家試験」に合格したにもかかわらず、実際に看護師として働くこ…

記事を読む

介護施設や企業で看護師として再就職するさいの注意点とは?選択の幅を広げると再就職に対する敷居が下がります!!

看護師の再就職について
      再就職するにあたっての大きな壁とは?  病棟勤務が長かった看護師さんが長期のブランクを経て「 再就職 」する場合、大きな壁となるのが入職後に上手くや…

記事を読む

看護師の再就職のための面接対策!他の応募者に差をつけるための面接攻略法!

看護師の再就職について
しっかりと準備することが何より大切!看護師さんにかぎらず、転職・就職活動で最も大きな壁となるのが面接です。滅多に経験することではありませんから、面接当日に緊張…

記事を読む

看護師さんが病院を解雇されるケースとは?二つの解雇の種類について!

看護師の再就職について
■業務上の問題で看護師さんが解雇されてしまうケースとは?看護師さんが解雇されてしまうケースは本当に稀です。しかし、ご存知の通り、多くの医療機関で「人材不足」に…

記事を読む

専業主婦が再就職して看護師として復職するさいの注意点とは?

看護師の再就職について
■専業主婦が再就職するきっかけ結婚・出産をきっけに一度は病院を退職し、以降長い期間専業主婦として頑張ってきたママさんも、子育が一段落すると看護師として「再就職…

記事を読む

産後すぐに看護師として復職すべきか?育児に専念して再就職すべきか?

看護師の再就職について
■結婚したら必ず役所に足を運びましょう!看護師さんの「平均勤続年数」は、約7.4年となっています。看護師として働き始めてから7年から10年ですから、30歳前後…

記事を読む

うつ病になった看護師が再就職した後の再発リスクと予防策について

看護師の再就職について
■仕事もリハビリ期間が必要です看護師さんに限らず、一般の会社に勤務されている会社員の中にもうつ病を患いながら、働いている方は沢山いらっしゃいますので、心配する…

記事を読む

ブランクの長い看護師さんが再就職の面接での服装や身だしなみについて

看護師の再就職について
■見た目が何より大事な理由面接当日の服装や身だしなみについてですが、第一印象でその人の運命が決まります。それくらい見た目が大事なんです。事実これまで以上に見た…

記事を読む

うつ病を患った看護師が看護師として働き続けるために必要なこととは?

看護師の再就職について
■まじめな人ほど苦しんでしまう理由とは?うつ病をはじめとした精神疾患で通院している人が毎年300万人を超えています。平成8年から平成17年の約10年間で一気に…

記事を読む

看護師は年齢が高くても再就職できる?年齢制限がない職場とは?

看護師の再就職について
■年齢不問の職場の特徴一般職の場合、再就職するうえで大きな障壁となるのが「年齢」です。30代後半に入るとより厳しくなるります。このためリストラで退職したサラリ…

記事を読む

看護師未経験で就職して働くために必要なこととは?なぜ途中で投げ出してしまうのか?!

 
 
 
740.png
 
 
 
看護師資格を取得しても看護師として働かない人は意外に多い?
 
 
大変な思いをして「看護師国家試験」に合格したにもかかわらず、実際に看護師として働くことなく他の道へと進む人たちもいます。
 
 
ちなみに平成27年度は、60,947人が受験し、実際に合格されたのが54,871人です。合格率が90.0に達していまして、ここ数年は非常に安定しています。
 
 
これだけ沢山の人たちが看護師国家試験に合格しているにもかかわらず、依然として看護師不足は解消されていません。
 
 
意外に思われるかもしれませんが、看護師国家資格を手にしたとしても全員が病院や診療所などの医療機関で看護師として働いているわけではありません。
 
 
理由は色々ありますが、例えば病気や怪我などで長期間にわたって就職できなかったり、ご家族の介護などを理由に就職しなかったり、こうした厳しい現実があるんですね。
 
 
看護の分野とは異なる分野に就職してしまうケースも少なくありません。驚くべきことに看護師の資格は取得していても臨床経験がない方も結構います。
 
 
 
 
 
未経験可の看護師求人は少なくない?
 
 
こうした深刻な看護師不足が深刻な状況にあり、日本全国で5万人近い看護師が足りないとされています。それを実証するように最新の有効求人倍率のデータ約2.8倍です。
 
 
この数字だけ見ても分かるとおり、看護師さんの求人は沢山あります。
 
 
ですから、看護師資格を取得していれば求人先は豊富にあります。つまり未経験者にも就職するチャンスは大いにあるということです。事実「未経験者可」の求人もあります。
 
 
看護師資格を取得してから医療機関に勤務することなく、一般企業に勤めていた場合「看護師として働いてみたい」という思いにかられる方も少なくありません。
 
 
しかし、看護師として病院に転職したいと考えれば考えるほど臨床経験が無いという事実が重くのしかかり、転職活動を進めることができない方が多いです。
 
 
このためどうしても心理的ハードルは高くなります。すでに新卒ではないですし、看護師として臨床経験がまったくないので採用される可能性は低いだろうと考えます。
 
 
これが心のブレーキとなってしまいます。また仮に採用されても看護技術に自信がないので、実際に働けるかどうか不安だとういう方も多いです。
 
 
転職活動を進める前であきらめるならまだしも、内定をもらってから「やっぱりやめた」と看護師として働くことをあきらめる方もいます。これは本当に失礼な話です。
 
 
ですので、覚悟がなければ転職活動は進めないほうがお互いのためになります。しっかり検討して、それでも看護師として働きたい場合のみ転職活動を進めましょう。
 
 

» 

介護施設や企業で看護師として再就職するさいの注意点とは?選択の幅を広げると再就職に対する敷居が下がります!!

 
 
 
645.png
 
 
 
再就職するにあたっての大きな壁とは?
 
 
病棟勤務が長かった看護師さんが長期のブランクを経て「 再就職 」する場合、大きな壁となるのが入職後に上手くやっていけるかといった思いからくる「 不安 」です。
 
 
看護師として厳しい職場で色々な経験があるだけに考えれば考えるほど上手くいかなかったときのことばかり想像してしまうので不安ばかりが大きくなります。
 
 
また、子育など正当な理由があって看護師の仕事から離れていたにしても、雇ってくれる所がそもそもないのではなと、なにもせずに諦めてしまう方も少なくありません。
 
 
このため看護師として再就職することなく、派遣などで一般の会社で働くケースも多いです。また、近所のスーパーでレジ打ちのパートをされている方も少なくありません。
 
 
これは非常にもったいないです。今現在看護師さんのパートの時給は2000円前後ありますので、看護師として働けば普通の得られる賃金の半分以下で働くことになります。
 
 

» 

看護師の再就職のための面接対策!他の応募者に差をつけるための面接攻略法!




391.png



しっかりと準備することが何より大切!


看護師さんにかぎらず、転職・就職活動で最も大きな壁となるのが面接です。


滅多に経験することではありませんから、面接当日に緊張するのも無理ありませんが、きちんと自己アピールしなければ、採用されるチャンスを逃してしまいます。


そうならないためにも、面接当日までに「面接対策」をきちんと行う必要があります。


ポイントを抑えた「面接対策」をきちんと行うことで、かなり緊張をおさえられます。また、アピールすべきポイントをしっかりアピールすることができます。


とはいっても面接では、面接官から一方的に質問を受けるケースがほとんです。


しかしどこの病院も人材不足ですので、看護師さんの面接は、一般の会社の面接のように高圧的な態度で質問してくるようなことはありません。この点は恵まれています。


これまでの経歴からどれくらいのことができるのかを調べるために面談形式で色々と質問を受けます。普通に接することができれば、問題なく答えられます。

» 

看護師さんが病院を解雇されるケースとは?二つの解雇の種類について!




104.png



■業務上の問題で看護師さんが解雇されてしまうケースとは?


看護師さんが解雇されてしまうケースは本当に稀です。


しかし、ご存知の通り、多くの医療機関で「人材不足」に苦しめられています。


このため職場全体に余裕がまったくといっていいほどありません。


そうなれば看護師さん一人一人に大きな負担がかかり、ストレスばかりが大きくなります。心に余裕がなくなれば職場での人間関係の問題もより深刻なものとなります。


そうするとどうしても心が病みやすくなってしまうことから、人によっては「うつ病」を患ってしまいます。そうした過酷な状況の中で毎日激務をこなしています。


ですので、どうしても業務上のミスが生じやすくなってしまいます。


そうなればトラブルに発展することも少なくありません。


一人の従業員を責めることはできませんが、その責任を取らなければなりません。


このように責任を取る形で解雇となるケースは少なからずあります。


しかし、問題を放置し続けた病院側にも多少なりとも問題があります。


» 

専業主婦が再就職して看護師として復職するさいの注意点とは?




murinisukini.png



■専業主婦が再就職するきっかけ


結婚・出産をきっけに一度は病院を退職し、以降長い期間専業主婦として頑張ってきたママさんも、子育が一段落すると看護師として「再就職」することを検討し始めます。


再就職を検討し始めるのには何段階かありまして、最も多いのがお子さんが2〜3歳になるころです。丁度子育てがそれまでよりも手がかからなくなる頃ですよね。


ブランクもそれほど長くないので、再就職するにあたって、不安も大きくありません。しかし、病院に託児所や保育所がなければフルタイムで働くのは中々難しいです。


一般の保育園に通いながらですと、お子さんが万一発熱など体調を崩し、保育園側から迎えにくるように呼び出されても、直ぐに対応することができません。


病院に託児所があって、入職後すぐに利用できるところを探す必要がありますね。


また旦那さんをはじめ家族の理解が必要です。しっかり相談しなければなりません。


ですので、焦って常勤で働くのはオススメしません。


それよりも2〜3日程度パートで働き始めることをオススメします。


長期ブランクを生じさせないためにも、敷居が低いパートで働くのは非常に有効です。ですので、子育てから完全に解放された時点で常勤として働くほうがいいでしょう。


» 

産後すぐに看護師として復職すべきか?育児に専念して再就職すべきか?




385.png



■結婚したら必ず役所に足を運びましょう!


看護師さんの「平均勤続年数」は、約7.4年となっています。看護師として働き始めてから7年から10年ですから、30歳前後に退職されるケースが集中しています。


その要因の一つとして、「結婚」があげられます。看護師の約92%が女性であるため、結婚・出産をきっかけに「退職」されるケースが少なくありません。


看護師さんが働ける職場には女性が多いことから、看護師さんは産後も復職しやすい職業の一つとされています。事実24時間体制の院内託児所を設けている病院も多いです。


しかし、看護師さんの仕事は肉体的にも精神的にもハードなので、仕事と家庭を両立させるのが非常に難しいので、旦那さんと子育について真剣に話し合う必要があります。


そのためにも結婚して新婚生活がスタートしたら、必ず「市役所」に足を運んで下さい。


そして、出産・子育てに関する支援サービスについて説明を受けて下さい。


後になって知らなかったではすまされません。各自治体によって、こうした子育て支援に関するサービスの中身が微妙に異なりますので、直接問い合わせる必要があります。


役所のホームページには詳しく記載されていませんので、意外に知らない人が多いです。


結婚された女性向けに定期的に無料セミナーなどを開催しているケースもあるにはありました、配布される広報誌を毎回くまなく読んでいるような人しか知りえません。


一応、告知はしているのですが、上述した理由の通り広く世間に知れ渡ることはないので、自ら積極的に問い合わせ無い限り、生活するうえで色々損することになります。


出産に関する費用の軽減、子育ての負担の軽減、住居(公団など)などを、しっかり利用すれば、より家庭生活が充実しますので、ご主人とも何度も話し合いましょう。


» 

うつ病になった看護師が再就職した後の再発リスクと予防策について




845.png



■仕事もリハビリ期間が必要です


看護師さんに限らず、一般の会社に勤務されている会社員の中にもうつ病を患いながら、働いている方は沢山いらっしゃいますので、心配する必要はございません。


しばらく療養するために休職される方もいれば、完全に退職してから療養に専念される方もいます。しかしあまりにも長期化すると復職する意欲はどうしても低下するようです。


長期間療養されて再就職されるのであれば、いきなり常勤で働くのは難しいです。


「うつ病を再発させてしまったらどうしよう」という思いが意識の中にあるからです。


やはり同じような環境にある職場で働くとなると再発するリスクは高いです。


» 

ブランクの長い看護師さんが再就職の面接での服装や身だしなみについて




36.png



■見た目が何より大事な理由


面接当日の服装や身だしなみについてですが、第一印象でその人の運命が決まります。それくらい見た目が大事なんです。事実これまで以上に見た目が問われています。


患者さんの中には看護師さんの身だしなみにクレームをつけてくる方も実際にいます。


ちょっとしたことがきっかけで大きなトラブルになる可能性もあるんです。


ですので、面接だけでなく、入職後も好感がもてる服装を心がけてください。


看護師さんの服装や身だしなみに関しては、職場全体のイメージを左右します。


看護師さんは清潔感が病院側からなにより求められます。


患者さんから信頼されるためにも清潔感が大切です。仮に看護師として優れたスキルがあっても、見た目が汚らしかったら良い印象は与えることは当然できません。


ですので、面接の場では当然のことながら見た目の印象が問われることになります。覇気がなく疲れ切った表情で面接に挑めば、いい結果はまず得られません。


» 

うつ病を患った看護師が看護師として働き続けるために必要なこととは?




sabisiikimochi.png



■まじめな人ほど苦しんでしまう理由とは?


うつ病をはじめとした精神疾患で通院している人が毎年300万人を超えています。平成8年から平成17年の約10年間で一気に100万人以上増えています。


すでにうつ病は深刻な社会問題に発展してるので、他人事ではありません。


うつ病や摂食障害などの精神疾患に苦しむ看護師さんが増えています。


看護師さんの仕事は日勤に加えて夜勤や準夜勤などの「変則勤務」がありますので、どうしても生活リズムが崩れやすく、肉体的にも精神的にも大変過酷な仕事です。


それゆえに、うつ病などの精神疾患を患いやすいとされています。


うつ病を患いやすい人の特徴として、真面目な性格の人があげられます。


いつも真面目で一生懸命な看護師さんは、何でも物事を重く受け止めてしまいます。真面目で誠実であるがゆえに、職場の従業員や患者さんからも信頼されています。


このため職場の従業員や患者さんから色々と頼まれることになります。


八方美人というわけではないのですが、人から頼まれると断ることができません。


どこの職場にもそうした目にみえない仕事に対する圧力があります。


そして仕事がさらに増えることとなり、自分の時間がどんどん削られてしまいます。無理に無理を重ねてしまうと心に大きな負担をかけてしまうことになります。


これは決して良いことではありません。どんどん心の負担を大きくしてしまいます。


しかも、自己犠牲の精神が強いので、「自分が我慢すればいい」といった思いから、そのまま放置してしまうケースが多く、それゆえに「うつ病」を患いやすいです。


そうならないためにも仕事の取り組み方を真剣に考える必要があります。



» 

看護師は年齢が高くても再就職できる?年齢制限がない職場とは?




686.png



■年齢不問の職場の特徴


一般職の場合、再就職するうえで大きな障壁となるのが「年齢」です。


30代後半に入るとより厳しくなるります。このためリストラで退職したサラリーマンの方の中には派遣社員やアルバイトで生計を立てているケースが増えています。


一方、看護師の場合は職場によっては猫の手も借りたいぐらい人手が足りないところが多いため、極端なケースでは「看護師の資格」があれば採用されてしまいます。


ですので、仮に40代、50代であっても十分再就職することができます。


しかし、人手不足であるため、看護師さん一人あたりの負担が非常に大きいです。


そうなると職場によっては非常に激務であるため、離職率が高いです。


こうした職場で働くのであれば、それなりに覚悟する必要があります。


ですので入職後に後悔しないためにも、なぜ離職率が高いのか調べる必要があります。


自分で調べるのは難しいので、看護師転職サイトを利用して調べてもらいましょう。


» 

最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます