看護師の再就職についてのカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

カテゴリ:看護師の再就職について

看護師の再就職についてのカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
潜在看護師の再就職を難しくするものとは?効率良く再就職する方法とは?

看護師の再就職について
■再就職は気負いすぎると挫折します!看護師さんの多くが、「結婚・出産」をきっかけに家庭に専念することになります。このため必然的に長期間にわたるブランクが生じる…

記事を読む

看護師が研修を受けるメリット・デメリット!

看護師の再就職について
■どの業界でも研修が増えている理由とは?一般病院の多くがコンプライアンスの厳格化にともない、これまで以上に「院内研修」を強化していますが、こうした動きが広がる…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■経済的理由から再就職する看護師が多い?結婚をきっかけに退職される看護師さんは少なくありません。特に出産する予定がなくても、家庭に入り、専業主婦として家事を行…

記事を読む

ハローワークを利用して中高年の看護師さんが再就職するのは難しい?

看護師の再就職について
■一つの職場で働き続けるのが困難な理由再就職を検討している40代から50代の看護師さんは少なくありません。とくに現役で大学病院などの大型病院で働いている看護師…

記事を読む

40代で長期のブランクのある看護師でも病院へ再就職できるのか?

看護師の再就職について
■40代でブランクがあっても再就職は可能看護師さんの仕事は専門性が高く、何より経験が問われますし、依然深刻な人材不足にあるため、40代の看護師さんが転職するの…

記事を読む

うつ病になった看護師でも再就職できるのか?段階を踏みながら自信を取り戻すことが先決!

看護師の再就職について
■看護師の仕事がうつ病になりやすい理由看護師さんで「うつ病」を患っていながら働いている人は少なからずいます。看護師さんの仕事は、激務な上に日勤と夜勤を行なうた…

記事を読む

潜在看護師向けの研修が増えている理由とは?病院で働き続けるのが難しい理由とは?

看護師の再就職について
■潜在看護師が増え続けている理由とは?ついに潜在看護師の数が60万人に達してしまいました。毎年3万人以上の看護師さんが誕生しても人材不足解消は追いつきません。…

記事を読む

40歳を過ぎた看護師の転職事情について!一般の会社員よりも断然有利!!

看護師の再就職について
■一般の会社で40歳を過ぎて再就職は困難!男女を問わず一般の会社で働く40代の方が再就職するのは本当に大変です。欧米では、40代でもキャリアチェンジする人が珍…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■新卒の看護師の離職率が上昇中!日本看護協会から発表された新卒の看護師さんの離職率(2013年度)は、7.9%で前回よりも0.4%上昇してまして、病床規模が大きいほど低…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■産後に仕事と家庭を両立させるために必要なこととは?一般病院で常勤として働く看護師さんの場合、夜勤など変則勤務に合わせて働かなければならないので、本当に大変で…

記事を読む

潜在看護師の再就職を難しくするものとは?効率良く再就職する方法とは?




17.png



■再就職は気負いすぎると挫折します!


看護師さんの多くが、「結婚・出産」をきっかけに家庭に専念することになります。


このため必然的に長期間にわたるブランクが生じることになるわけですが、これは何も
看護師さんだけではありません。一般の会社で働く女性にもあてはまります。


これが女性の「社会進出」を妨げる大きな要因の一つとなっています。


そして。子育てに手がかからなくなると「再就職」するための準備にとりかかります。
どうしても子供が大きくなるに従って色々とお金がかかるので無理もありません。


とはいっても、まだ再就職を検討し始める段階です。


つまり、当面はお金の心配はないので、無理して働かなくてもいい状態にあります。


このため再就職を検討するだけで終わってしてしまう可能性が非常に高いです。


長期のブランクがありながら再就職するには、しっかりとした目的がなければ難しく、
いざ再就職しようと思っても、色々と考えてしまうので、後ずさりしてしまいます。


あまりにも気負いすぎると高い確率で挫折しますので、最初からいきなり常勤で再就職
するよりも、パートやアルバイトで働きはじめることをオススメします。


非常勤看護師としてであれば、ある程度自分のペースで無理なく働けます。


また、長期のブランクを生じさせなくてすみますし、ある程度自信ついてきたところで、
常勤として就職し直すこともできますので、あせる必要はまったくありません。


自分の自由にできるお金を稼ぐくらいの気持ちで働きに出るほうが、看護師として復職
することが容易になります。余裕がありながら、無理に常勤で働く必要はありません。






■退職してすぐに再就職する場合の注意点とは?


看護師として再就職される方は、子育てや家事など家庭の仕事を優先させなければなら
ないために長期にわたるブランクが生じてしまった方ばかりではありません。


実は退職したばかりの看護師さんも多いです。長期間にわたって同じ職場で働き続けた
看護師さんのなかには在職中に転職活動しない方も少なくありません。


求人は沢山ありますので、再就職するうえで特に困ることはないと思います。


しかし、いくらブランクがないからといっても、再就職するためには準備が必要です。
何も考えずに条件がよい求人票の中から次の職場を選んでしまうのは大変危険です。


前職よりも職場環境が悪いところへ就職することになる可能性が高いからです。


せっかくの機会ですから、さらに看護師として一段上を目指してみるのもいいですね。


そのためには適切な職場を選ばなければなりません。色々な情報を精査しながら準備が
必要ですし、研修に参加して、より高度な看護技術や知識を勉強することも大切です。





■再就職セミナーは絶対に受けたほうがいい?


ブランクがあってもなくても再就職先を探す前に「再就職セミナー」を受講されること
をオススメします。ブランクがある方は、一から看護を学びなおすことができます。


ブランクがない方の場合は、看護技術や知識を人に教える方法を学びます。


そうすることによって、これまで身につけたものがより確かなものになります。


また、看護師としてさらにスキルアップするうえでも非常に役に立ちますし、他の病院
では「どうやってやるのか?」を知るだけでも非常に勉強になります。


医療は急速に進歩しており、その度に職場での業務も少しずつ変わります。


ですので、研修セミナーを受講することによって、最新の医療機器の取り扱い方だけで
なく、看護知識、看護技術に関することをしっかり学ぶことが出来ます。


研修セミナーの調べ方は以下のとおりです。



(1)市役所など役場に問い合わせる

(2)大学病院などの医療機関に問い合わせる

(3)住んでいるエリア付近にある看護協会に問い合わせる

(4)ネットを利用して自分で探す

(5)看護師転職サイトを利用して再就職の相談から始める


申し込みに関してはネットで申し込むのが一般的です。


子育て中の方は、是非市役所に足を運んでください。


働きながら受けられる子育て支援の行政サービスは、意外と知らない方が多いんです。
行政側も広報誌やハガキなどで案内するだけなので、知らないのも無理ありません。


利用できるものは、すべて利用するくらいの気持ちで挑んでください。


そうすれば、より仕事と家庭を両立することが可能となります。





■円満退職は絶対です!!


再就職のための職場探しは大事です。自分にあった条件で職場探しをしましょう。


現職の方の退職についてですが、3か月前には退職について上司に相談しましょう。


相談といっても退職することを上司に伝えるだけです。また法的には2週間前に伝えれ
ば良いことになってはいますが、余裕をもって3ヶ月前には伝えましょう。


中々難しいですが、円満退職できるように、説明する理由もしっかり考えましょう。


上司の方は後任人事について考えなければなりません。


完全な売り手市場にありますので、後任の人材を確保するのは容易ではありません。


ですので、円満に退社するためにも退職願は早いほうがいいです。


退職願いを出してから休日を中心に就職活動をします。


看護師転職サイトを利用すれば、仕事と就職活動を並行して行なうことができます。


何度も退職・再就職を繰り替えすことになると、これまでのキャリアに傷がつきます。


そうならないためにも、再就職するにいたった原因についてしっかり考えましょう。
そうすることによって、次の再就職先をきちんと選ぶことができます。


看護師が研修を受けるメリット・デメリット!




taisetunahito.png



■どの業界でも研修が増えている理由とは?


一般病院の多くがコンプライアンスの厳格化にともない、これまで以上に「院内研修」
を強化していますが、こうした動きが広がることで様々な弊害がでてきています。


まず、業務効率を高めることを求めていながら、コンプライアンスを強化しすぎると、
ブレーキとアクセルの両方踏み込むことになってしまい、トラブルが多発します。


医療機関のみならず一般企業でも当然のことながら研修は行われています。


社内での研修・講習・セミナーにより力を入れる企業が増えていますが、これにより、
企業とお客様との距離がかえって遠くなり、特にサービス業は苦戦しています。


現場での声が経営陣にあがってくるまで時間がかかりますので、中々改善されません。


医療機関でも全く同じようなことが起こっています。


病棟だけでなく、外来でも患者さんとの距離が遠のいっているケースが増えています。
ですので、対応に不満を持つ患者さんが増えているので、クレームが多発します。


気がついたら「今月に入って患者さんの数が激減している」と、いったことが当たり前
のように起こっていますので、今一度見直す時期に入ってます。





■個人向けの研修・セミナーも人気が高い


研修、セミナーは、いい面もたくさんあります。


特に医療機関の多くは、慢性的な人材不足に苦しめられています。


人材不足を解消するための一つの手段として、潜在看護師の「復職支援」を目的とした
研修・講習・セミナーに力をいれる医療機関がこれまで以上に増えています。


復職支援を行政と協力しながら行っている病院は、職場内でもそうした意識が高いです。
再び一人前の看護師になってもらうために、一生懸命教えてくれるケースが多いです。


教育体制が整備されていない病院で働くのは非常に難しいです。特に長期のブランクが
ある看護師さんが復職して働き続けるのは、正直難しいと言わざるえません。


復職支援以外にも色々な勉強会・研修が行われています。


ちなみに看護師さんの場合は、勤務先の病院によって微妙に異なります。


「年に最低何回受けなければならない」と、予め決められているところも多いです。


研修の中身についてもキャリアに応じて難易度が上がっていきます。また、自ら身銭を
切る形でスキルを高めることを目的に色々なセミナーを受講されている方が増えてます。


このため「看護師セミナードットコム」のようなサイトが注目をあつめています。


「看護師セミナードットコム」

http://www.kangoshiseminar.com/


サイト内で検索回数が多い「キーワード」がランキング形式で紹介されていますので、
看護師さんがどのようなスキルや知識を学びたいとのかが人目で分かります。





■レポート提出が非常に面倒


看護師さんの研修の場合、ただ参加すればいいというものではありません。


研修報告書を提出しなければならないところが多く、これが結構面倒なんです。


具体的にどのようなことを報告するのかといいますと、まず研修にて勉強したことや、
今後病院内の業務で取り入れるべきことなどを提報告書にまとめます。


この作業が結構大変です。夏休みの「読書感想文」感覚で挑むと痛い目にあいます。


再就職する看護師さんが研修を受けるうえで最もやっかいなのがこれです。


しかし、紙に書くことによって学んだことを頭の中で理路整然とまとめられます。


漠然と考えるだけでは、記憶として何も残りませんので、非常に理にかなってます。





■研修の多くは若い看護師が中心


やはり研修を受ける看護師の大半は20代〜30代の若い看護師さんが中心です。


このため40歳を過ぎている看護師さんの中には、若い人たちにまじって研修を受ける
ことに対して抵抗がある方が少なくありません。その気持ちは分かります。


しかし、最近では研修内容によっては強制的に受けさせられるケースも多いです。


例えば病院に講師を呼んで行われる研修は、お金を支払っているため、強制参加です。


研修内容は実に幅広いです。例えば患者さんや職場の職員たちとのコミュニケーション
能力を高めるための講習会だったり、看護ケアの仕方など色々あります。





■転職・再就職するなら研修が多い所が良い!


キャリアアップを目指す看護師さんの多くが、こうした研修に積極的に参加してます。


しかし、古い体質の医療機関では、現場至上主義のところも多いです。


このためこうした研修などを軽視するところも少なくありません。


人材育成も現場に一存されているケースが多く、例えば仕事に関して色々質問すると、
誰に聞いても違う答えが返ってくるので、混乱することになってしまいます。


研修がないので、何の指導も受けずに本番を迎えるため、初日からドタバタします。


しかも、ちょっとのミスでめちゃくちゃ怒られるので、若い人材が育てません。


再就職するのであれば、研修に力を入れているところが絶対にオススメです。


結婚して退職した看護師が再就職するさいの注意点とは?




■経済的理由から再就職する看護師が多い?


結婚をきっかけに退職される看護師さんは少なくありません。


特に出産する予定がなくても、家庭に入り、専業主婦として家事を行なうわけですが、
若いご夫婦の場合は、旦那さんもお若いのでお給料がそれほど多くありません。


無理して切り詰めれば、夫婦二人なら何とか生活できるかもしれません。


しかし、ただ我慢するだけでは、あまりにも生活が味気ないですよね。


ですので、家計を支えるために看護師として再就職するわけです。


日本経済は長期にわたるデフレ不況で賃金は下がり続けました。


消費税が3%から5%に引き上げられた1997年から本格的にデフレに突入します。
以降15年にわたって、働く人達の賃金が下がり続けたわけです。


一般労働者の平均年収は400万円を割り込む寸前まで落ち込んでいます。


平均年収でこれですから、全体の6割以上の方々が年収400万以下ということです。
社会に出て5年未満の会社員のお給料で生活するのは厳しくて当然ですね。


子供が生まれたらなおさら大変なので、夫婦で支えあう必要があります。


このため結婚して一度は退職するも、出産前に再就職される方も多いです。





■夫の仕事にあわせて再就職するケースが多い


最近では「寿退社」という言葉を聞く機会がほとんどなくなりました。


昔は結婚したら女性は退職するケースが少なくありませんでしたが、上述した理由から
結婚した後も出産するまでは夫婦共働きが当たり前となっていますね。


看護師さんも同様です。結婚を理由に退職されるケースは年々減っています。


先に述べた通り、結婚して一度は退職するも、すぐに再就職するケースが多いです。


どこのご家庭でも旦那さんのお仕事を優先させなければなりません。


このため、結婚後に新居に移り住むこととなり、職場の距離があまりにも遠すぎると、
家庭と仕事を両立させるのが非常に困難であるため、退職することになります。


「臨床経験」が3年以上ある看護師さんの再就職は、一般の会社で働く女性には考えら
れないほど恵まれた環境にありますので、問題なく再就職できます。


新居から近い職場に転職すれば、出産されたあとも復職しやすいですし、その頃には、
生活基盤がしっかり築けているので、生活設計にあわせて無理なく働けます。


また、常勤にこだわらずに、週2日〜3日、もしくは午前中のみといった形で、パート
やアルバイトで看護師として働けば、長期のブランクを生じさせずにすみます。


そうすれば、もし仮に旦那さんが仕事で転勤することになったとしても、転勤先近くに
ある病院で同じような形で非常勤の看護師として無理なく働くことができます。


しかし、長期のブランクが生じてしまうと、非常勤とはいえ仕事についていくのは容易
ではありません。自分のペースで働きつづけることで、こうした問題を避けられます。





■看護師なら無理なく再就職できる


結婚生活に慣れてくると、次第に余裕が生まれてきますので、旦那さんに理解してもら
えれえば、自ら働きにでるケースが少なくありません。


特に看護師さんの仕事は、すでに病院だけではありません。


事実年々看護師さんの働き方が多様化していますので、家庭の事情にあわせた働き方が
十分できます。これを生かさないのは本当に勿体無いですよね。


今後派遣法が改正され、時間単位で派遣でも働けるようになりますので、看護師の仕事
はハードではありますが、家庭を優先させながら働けるようになります。


つまり、これからどこの職場も人材の出入りが急速に高まることになります。


そうなれば、従業員が働きにくい職場の「離職率」は、高まる一方なので、人間関係の
問題を含む、職場の問題があまりにも酷いところは、人材がより集まらなくなります。


また結婚後すぐに出産し、育児をすることになっても1日数時間働きながらブランクを
生じさせないために頑張っている看護師さんが少なくありません。


もちろん旦那さんの理解がなければ家庭と仕事を両立するのは難しいです。


ご存知の通り世界的に社会情勢が先行き不透明であるため、できるだけ働こうと頑張る
女性が増えていますし、今後そうした動きがさらに活発化することでしょう。


奥さんが働いてくれることで、旦那さんの「家族を食べさせなければならない」という、
重圧から開放してくれますので、夫婦の絆がより深まることでしょうね。


やはり看護師の資格があれば、いつでも働くことができるので、非常に魅力的です。


確かな経験と技術がある看護師さんは、特に再就職しやすいです。


ハローワークを利用して中高年の看護師さんが再就職するのは難しい?




keikengazyama.png



■一つの職場で働き続けるのが困難な理由


再就職を検討している40代から50代の看護師さんは少なくありません。


とくに現役で大学病院などの大型病院で働いている看護師さんは、40代に入ると、
どうしても体力と気力の衰えに直面されるケースが少なくありません。


また腰痛など、看護師さん特有の「職業病」に悩まされている方も同様です。


病棟の仕事は肉体的にも精神的にもハードなので、無理もありません。


このため、夜勤がなくて残業もそれほど多くない病院以外の仕事に再就職することを
視野に退職することを検討される方が多く、最近は特にこうしたケースが増えてます。


2000年以降、急速に規制緩和が進められ、日本国内の「労働環境」が大きく変化
したことから、一つの職場で働きつづけることが、より困難な状況にあります。


無理して働き続けて、体と心を壊してしまっては、何の意味もありません。


20代〜30代の職員が中心の職場では、中高年が働きつづけるのは難しいです。


これは医療機関に限ったことではありません。若い人達がバリバリ活躍している業界
をメディアは注目企業として良くとりあげますが、離職率の高さが凄まじいです。


40歳前に退職させられるというか、そうするのが当たり前の空気が職場全体にあり、
残念ながら病院によっては、そうした傾向が広がりつつあります。





■なぜハローワークはダメなのか?


そこで退職するさいに、どうしてもわだかまりを残さずに退職したいという思いから、
多くの看護師さんが一度退職してから、再就職を進めようと考える方が多いです。


その時点で勤務年数が長ければ長いほど、こうした傾向が強いです。


そうした中で最近では看護師さん専門の転職サイトが増えています。


しかし、中高年の方々は、こうした「看護師転職サイト」よりも、「ハローワーク」
の方が親しみやすいことから、ハローワークを利用してしまいます。


ハローワークは公共の機関でありながら、オンラインによる「求人票閲覧システム」
をいち早く導入していますし、職業紹介サービスの質は決して低くありません。


求人票についても「雇用対策法」によって年齢制限が認められません。


しかし、年齢不問とはいっても、あくまでも建前上のことです。


本当は若い看護師さんを雇いたくても、露骨にやると警告を受けることになるので、
表向き「 年齢不問 」としているケースも少なくないのが現状なんです。


また、ハローワークの職員方々は、看護師さんの仕事に精通しているわけではありま
せんし、求人先の病院について詳しい情報を持っているわけでもありません。


応募する意思がなければ、求人表に書かれていることを確認してほしいと思っても、
上手くはぐらかして、確認してくれないことも少なくありません。


また全業種を幅広く取り扱っている中で、看護師のような高度な専門職に関する求人
は少ないため、どうしても情報量が少ないので、この点が大きなデメリットです。


ハローワークは、求人の総合商社のようなものですから、無理もありません。


そして、窓口の職員の方も看護師さんが働ける職場に関して明るくないので、こちら
から質問しない限りは、答えが返ってこないので、中々前に進みません。





■看護師の再就職は看護師転職サイト!


ですので、30代後半〜40代の看護師さんがハローワークを利用して再就職される
ケースはそれほど多くはないので、看護師転職サイトの利用を強おオススメします。


看護師転職サイトへの登録は「完全無料」です。もちろんこれだけはありません。


転職完了まで徹底的にサポートしてくれるうえに利用できるサービスは全て無料です。
当サイトが唯一オススメさせていただいているのは「ナースではたらこ」です。


お祝い金がプレゼントされるからではありませんよ。


医療機関に関する情報量と中身の濃さで群を抜いています。


なぜならナースではたらこのスタッフが直接医療機関を取材しているからです。


自ら足を運んで取材しているので、他社よりも情報の質が優れています。


勿論医療機関以外にも看護師さんが働ける職場の情報もしっかり網羅しています。


親会社が転職・求人広告の大手なのも安心して利用できる大きな理由の一つです。


多少年齢が高くてブランクがあっても、病棟勤務の経験があれば問題ありません。


専任のキャリアアドバイザーが再就職をサポートとしてくれます。





■ブランクがある中高年の看護師でも問題なし!


求人先によっては、「再就職支援制度」や「復職支援制度」を設けています。


もしも最新の医療や看護ケアに関する技術や知識を得たいと考えているのであれば、
こうした再就職や復職のための「支援制度」を利用して勉強することが出来ます。


40代後半の看護師さんと30代前半の看護師さんのどちらが再就職するうえで不利
かといえば、圧倒的に前者ですが、看護師転職サイトを利用すれば問題ありません。


不利な点を補ってくれますので、再就職を進めやすくしてくれます。


勿論何でもかんでも人任せではいけません。自らやる気があるところ見せてください。


積極的な姿勢をみせれば、キャリアアドバイザーもより動いてくれます。


逆に消極的であればあるほど、キャリアアドバイザーも動いてくれなくなります。


この点をふまえて積極的に再就職を進め、新しい職場で大きな花を咲かせましょう!


40代で長期のブランクのある看護師でも病院へ再就職できるのか?




yumegaarukara.png



■40代でブランクがあっても再就職は可能


看護師さんの仕事は専門性が高く、何より経験が問われますし、依然深刻な人材不足
にあるため、40代の看護師さんが転職するのは、それほど難しくありません。


即戦力をどこの職場も喉から手が出るほど欲している状態にありますので、これまで
のキャリアが評価されれば、希望の職場に転職することが十分可能です。


しかし、ブランクがある40代の看護師さんの場合はどうでしょうか?


例えば晩婚化が進んだため30代で結婚されるケースが日本全国で増えています。


初産の平均年齢も30歳を超えており、社会全体が大きく変貌しようとしています。


看護師さんも例外ではありません。30代で結婚された場合、それなりに蓄えもある
ことから、「出産・子育」に時間をかけられる余裕があるケースが多いです。


子供が大きくなり、家計を助けるために看護師として復職される方は大勢いますが、
そうすると軽く5年以上のブランクが生じるので、この時点で40代に入ってます。


40代に達していると他の業界では正社員として働くのは中々難しいですよね。


しかし、看護師さんの場合は、本人のやる気次第で十分常勤看護師として働けますが、
現役の看護師として働いていた当時と医療を取り巻く環境が大きく変わっています。


看護技術や知識もかなり忘れていることでしょうから、それなりの覚悟が必要です。


ただし、家庭を最優先に考えるなら、常勤にこだわらない方が良いでしょう。





■医療機関以外にも沢山働ける場があります!


再就職するにあたって医療機関にこだわる必要はありません。


看護師さんが活躍出来る場は年々増えています。臨床経験が色々な場で生きるんです。


今では公共の場には医務室や健康管理室が当たり前のように完備されています。


大型スーパー、百貨店、レジャー施設などは大都市だけでなく、地方にも多いです。


また検診車で一般の会社を訪問して従業員を検診する仕事もありますし、一般企業の
医務室で従業員の健康を管理する産業看護師として働くこともできます。


一般企業は病院とは異なり、「完全週休二日制」ですし、残業も少なく、夜勤もあり
ませんので、働きやすさで言えば病院よりも働きやすい環境が整っています。


パートであっても、時給も1500円以上が相場となっていますので、女性が働ける
仕事の中でも賃金そのものがかなり高めに設定されています。


また、看護師専門の派遣に会社に登録して、産業看護師としての経験を積みながら、
必要な資格を取得して、正社員として就職するのも一つの手です。





■40歳を過ぎて再就職できるのか?


そして、デイサービスなどの介護施設などでも看護師さんの仕事があります。


医療行為はほとんど行われません。利用者のバイタル測定が主な仕事となります。


また病棟勤務のように「夜勤」や「時間外勤務」もありませんので、正社員であって
も家庭と仕事を両立させることは、病棟勤務ほど難しくありません。


病棟勤務とは勝手が異なるので、最初は戸惑うかもしれませんが、すぐ慣れます。


もし、病院勤務にこだわるのであれば、長期のブランクがある看護師さんを教育する
システムがきちんと整備されている病院を選ぶ必要がどうしてもあります。


そうした病院で一から出直すくらいの気持ちでないと働き続けるのは難しいです。


日進月歩で医療は進化していますので、看護技術や医療機器の取り扱いなどで戸惑う
ことも多いでしょうから、看護師さんを育てる環境がないと厳しいです。


また、数年以上にわたるブランクが生じると看護師として「再就職」すること自体、
不安を感じてしまいます。そして考えれば考えるほど不安になります。


その結果として看護師として復職することを先延ばししてしまいます。


これは非常に勿体無いことです。なぜならあなたの力を必要とする場所が他にも沢山
あるからです。これまでの看護師としての経験を生かさない手はありません。


うつ病になった看護師でも再就職できるのか?段階を踏みながら自信を取り戻すことが先決!




hanaretekara.png



■看護師の仕事がうつ病になりやすい理由


看護師さんで「うつ病」を患っていながら働いている人は少なからずいます。


看護師さんの仕事は、激務な上に日勤と夜勤を行なうため生活が非常に不規則なので、
とにかく「健康管理」が難しく、心と体のバランスをとるのが困難です。


常勤の看護師さんは、当たり前のように夜勤をこなしていますが、人間の体は本来一定
の時間に寝るようになっていますので、質の高い睡眠を維持するのが困難です。


常に夜勤だけを行い、寝る時間帯が一定であれば、まだいいのですが、日勤のために、
また寝る時間帯を戻すため、人によっては「睡眠障害」に陥ります。


看護師さんの仕事は非常に過酷であるため、病を患いやすい仕事の一つといえます。





■若い看護師の方がうつ病になりやすい?


若い人のほうが体力があるので、過酷な仕事であっても若さでカバー出来そうですが、
年配の看護師さんよりも、若い看護師さんの方がうつ病になる可能性が高いです。


一生懸命がんばりすぎるので、とてつもない緊張状態が心と体を苦しめます。


また、最近はシステム化が進んだため、記憶に残りにくいため、つねに何かをやり残し
てしまったような、不安を感じます。これも大きなストレスになります。


就寝前に急に思い出したりすると、不安で眠れなくなってしまいます。


そうならないためにも、スマホの機能(ボイスメモ、写真、カレンダー、スケジュール
管理)を最大限利用して、こうした不安を解消するように努めて下さい。


一方、年配の看護師さんは、経験があるので良い意味で力の抜き方が上手です。


仕事だけでなく職場の「人間関係」に関しても、一定の距離を保ちながら接するので、
ストレスを上手に抑えることができます。このため、うつ病になりにくいようです。


やはり経験がうつ病などの心の病に対する抵抗力をつくるのかもしれませんね。





■看護師三年目に入ったら特に注意する!


若い看護師さんの場合、あらゆる面で経験が足りないので、「 力加減 」が分からずに
苦労します。何ごとも一生懸命やるため、心と体の負担が大きくなります。


このため、うつ病になる可能性もベテラン看護師さんよりも高いといえます。


とくに看護師になって3年目以降になると責任ある仕事をまかされるようになります。
より高度な看護ケアに関する知識を身につけることを求められます。


このため、研修や勉強会にも参加しなければなりませんので、よりプライベートの時間
が削られることになります。このため看護師3年目は大きな分岐点となります。


毎日の業務をこなすだけでも精一杯の状況にありながら、こうした責任ある仕事が増え
ていくことで、プレッシャーが更に大きくなり、心の負担も平行して大きくなります。


しかし、若い看護師さん全員がうつ病を患うわけではありませんので、経験だけが原因
ではありません。やはり生まれてから看護師になるまでの生活環境が影響します。





■うつ病を放置する危険性について


看護師さんに限らず、うつ病を患う大きな要因として、人間関係の問題、過酷な仕事、
家庭の問題などがあげられます。初期の段階で何らかの対策を打つのが重要です。


放置してしまうと心身ともに疲弊してしまい、一気にうつ病の症状が進みます。


人それぞれにうつ病になる直接的な原因は異なるため、決定打となる原因が不明です。


うつ病は治療を行うことで、看護師として再就職することは十分可能です。


そのためにも専門医にしっかり診てもらって、適切な治療を受ける必要があります。


また再就職するにあたって職場選びは非常に重要になります。


医療機関にこだわらずに幅広く検討されることをオススメします。もし自信がないので
あれば、短期でパートやアルバイトで看護師として働くのも一つの手です。


ある程度慣れてきてから常勤の仕事にシフトすれば無理なく再就職出来ると思います。


潜在看護師向けの研修が増えている理由とは?病院で働き続けるのが難しい理由とは?




anatanishixtute.png



■潜在看護師が増え続けている理由とは?


ついに潜在看護師の数が60万人に達してしまいました。


毎年3万人以上の看護師さんが誕生しても人材不足解消は追いつきません。


しかも過去五年間にわたって最もう層の厚い団塊世代の看護師さんが大量に定年退職
したため、ベテランの力が削ぎ落とされる格好となり、どこの職場も混乱してます。


前から分かっていたことではありますが、その対応におわれています。


当然のことながら、どんなに優れた医師の先生がいても、それをサポートしてくれる
看護師さんがいなければ病院の業務は到底成り立ちません。


このため自治体と協力しながら潜在看護師の復職支援に力を入れることになりました。


そもそもなぜ、潜在看護師がこれほどまで増えてしまったのかといえば、肉体的にも
精神的にも仕事がハードなうえに、病院特有の複雑な人間関係が大きな原因です。


このため病院で働き続けることに抵抗を感じる看護師さんが増えています。


一方、病院以外の職場を求めて転職する看護師さんは増え続けています。





■再就職者が働きやすい環境が整いつつある


そうした状況にありながら、看護師として復職することを希望することを検討されて
いる方もいますが、再就職するにあたって色々な不安があるかと思います。


こうした方々にアプローチするために、病院と自治体が協力する形で「復職支援」の
ための研修やセミナーを日本国内のいたるところで開催しています。


実際に多くの病院で潜在看護師向けに何らかしらの「研修・講習」があります。


適切な看護ケアができない看護師さんをそのまま働かすわけにはいきません。


万一問題が生じたら病院の質が問われてしまうからです。


ですので、看護師として「 これなら大丈夫 」というレベルに達してから職場に配置
されますので、長期のブランクや看護師未経験であっても大丈夫です。





■再就職者向けの研修が増えている


病院側も看護師の質を一定の水準に維持するために必死です。


患者さんは、一般の会社でいえば「お客様」でもあるわけですから、接し方のまずさ
を指摘され、大きなトラブルが生じることもしばしばあります。


人材不足を解消するためとはいえ、病院側からすれば潜在看護師を積極的に雇用する
のはリスクが大きいです。特に社会経験の浅い若い看護師さんの場合は大変です。


どんなに真面目に一生懸命やっても患者さんに反感を買うことが少なくありません。


患者さんやその家族からのクレームは仕方ありませんが、そうしたことが積み重なれ
ば病院の評判が著しく悪化することとなり、患者さんの獲得に大きく影響します。


ですので、多くの病院で再就職者向けの研修は増えています。





■向上心のある看護師はいつでも大歓迎


また「日本看護協会」では生涯学習支援として様々な研修を行っています。


数万円程度で受けれられますので、自腹で勉強されている方も少なくありません。


また勤務先の病院で最低年1回は日本看護協会が主催する研修に参加することを義務
づけているところもあります。最近ではオンデマンドで勉強することもできます。


つまり常に勉強しなければならない環境がすでに整備されているわけです。


やる気と情熱さえあれば何の問題ありません。向上心のある看護師さんは大歓迎です。
どの研修を覗いても、やる気のある若い看護師さんが沢山参加しています。


40歳を過ぎた看護師の転職事情について!一般の会社員よりも断然有利!!




hazimewatonari.png



■一般の会社で40歳を過ぎて再就職は困難!


男女を問わず一般の会社で働く40代の方が再就職するのは本当に大変です。


欧米では、40代でもキャリアチェンジする人が珍しくありませんが、日本では、
よほど前職で高い「実績」がない限り、ほぼ不可能と考えた方がいいかもしれません。


ですので仮に転職するにしても、キャリアアップのための転職ではなく、会社が倒産、
もしくは倒産寸前、リストラなどを理由とした再就職が多いようです。


ですので、40代のサラリーマンの方の悩みは非常に深刻です。


長い人になると20年以上同じ会社で勤務していたわけですから、退職を決意すること
自体容易なことではありませんし、就職活動そのものが非常に大変です。


このため退職したことを後悔するケースも多いのが現状です。


独身の方は自分の生活だけ考えればいいですが、家族があって、しかも高校生や大学生
のお子さんがいる場合は、下手をすると身動きが取れなくなってしまいます。


失業保険を受給している間に就職が決まらなければ、アルバイトを掛け持ちしながら、
就職活動をすることとなり、それでも決まらないと契約社員で働くことになります。


そうなると、前職よりも収入が3割4割減となってしまいますので、正直特別な理由が
無いかぎり、30代後半に入っての転職をオススメすることはできません。







■看護師さんは40歳を過ぎて再就職できるの?


一方、看護師さんの場合は何より「臨床経験」が高く評価されますので、待遇面で特別
こだわらなければ「再就職」に対するハードルはそれほど高くありません。


しかし40代の看護師さんが再就職を決意する理由は深刻な場合が少なくありません。


40歳をすぎれば、慣れ親しんだ職場で定年まで働きたいと考えるのが普通です。


40代の看護師さんの中には中間管理職として働いているケースが多いです。


そうした場合、上と下に挟まれる恰好で大きな責任に苦しめられてしまいます。


また、40代に入ると誰でも体力的にもガクンと落ちる年代なので、「このまま看護師
として働き続けることができるのか?」真剣に悩んでしまうのです。


このため精神的に追い込まれてしまい、仕方なく退職することを選択します。


もちろん持病の治療や介護など家庭の事情によって退職する方も多いです。


仕事だけでなく家庭でも色々な問題を抱えてるため、心が休まる暇がありません。





■やむえず退職するケースが圧倒的に多い


40歳でさらにキャリアアップするために転職するといったケースは少なく、むしろ、
40歳を超えると家庭の都合や健康面など私的なことで退職するケースが多いです。


女性看護師の場合は旦那さんが栄転することとなり、退職されるケースも多いです。


いずれにしても仕事を理由に退職するのは30代前半くらいまでです。


40歳くらいになれば、皆さんそれなりのポジションについています。


それまでに何度も壁にぶつかり、仕事を「 辞める辞めない 」で悩み苦しみながらも、
自ら乗り越えてきてますので、余程のことがない限り自ら退職しようとは考えません。


40歳を過ぎてから自らの意思で転職する場合、大抵健康に問題があります。


肉体的にも精神的にもハードな病棟勤務を定年まで続けるのは正直大変です。


このため出来るだけ長く働けるようにと、自分の健康状態に合わせて、働きやすい職場
に転職しようと考えます。つまりそこまで過酷な状況に追い込まれていたわけです。






■40歳を過ぎた看護師が働きやすい職場とは?


では40代の看護師さんが再就職先する場合、どういった職場が良いのでしょうか?
常勤、非常勤を問わず激務をこなさなくても良い職場を中心に選ぶ傾向が強いです。


例えば常勤であっても「 夜勤 」や「 時間外勤務 」が少ない職場です。


大学病院や総合病院などの大型病院では難しいですが、求人数は少なくても個人が経営
するクリニックならぴったり条件にあてはまりますので、十分実現可能です。


また何らかの持病がある方の場合は身体にかかる負担が小さい仕事を探します。


デイサービスや老人ホームの介護施設は夜勤がないところが少なくありません。


しかし、看護の仕事だけでなく介護の仕事も行わなければならない職場が多いです。


このため慢性的な腰痛などで苦しんでいる方にはオススメできません。


その他にも企業や行政機関などの施設内にある「医務室」や「健康管理質」での仕事も
ありますので、特別不安に感じる必要は全くありません。


新卒の看護師が再就職する理由とは?離職率がさらに上昇している?




■新卒の看護師の離職率が上昇中!


日本看護協会から発表された新卒の看護師さんの離職率(2013年度)は、7.9%で前回
よりも0.4%上昇してまして、病床規模が大きいほど低いことが明らかになりました。


看護学校を卒業して1年以内に退職してしまう方が約10人1いることになります。
大きな夢と希望を抱いて看護師になったわけですから、非常に殘念な結果です。


看護学校を卒業するのもかなり大変ですが、それ以上に実際の現場は大変です。


当然のことながら職場に配属されたばかりの看護師さんは何もできません。


学校で勉強したことを実践できるようになるまでには相当時間がかかります。


まず同じ病気を患っているにもかかわらず、患者さんの症状はそれぞれ異なります。
こちらの質問に対しての答えも異なるので、戸惑ってしまうことが多いです。


それぞれの患者さんにあった看護ケアを行う必要があります。


しかし、それらのことは経験を通じてしか学ぶことはできません。





■先輩によって言うことが違うので常に混乱する


新卒の看護師さんは、とにかく毎日が勉強ですから、ある程度のことができるように
なるまでは、常に先輩に指導してもらいながら働くことになります。


先輩の看護師さんが言ったことと全然違うことをやって怒られることもあります。


先輩や上司によって言うことが違うので、混乱することも多いでしょう。


そのときに「誰々さんはこういいました」とは絶対に言ってはいけません。


火に油を注ぐかのごとく、目の前の先輩看護師を怒らせることになります。


でも仕事の流れを覚えるまでには仕方のないことですよね。


病棟によって仕事のやり方も微妙に異なるので、それに対応できるようになるための
一つの訓練と考えると、人によって言うことが違うことに腹も立たなくなります。


皆さん、おなじような経験をしながら実際の仕事で通用する技術を身につけています。





■人に慣れればそれまでの苦労が全て報われます!


新卒の看護師は仕事に慣れるのも大変ですが、一番大変なのは人に慣れることです。


同じ職場のスタッフは働きながら次第に慣れていきます。


しかし、病院には沢山の人が働いていますので、他の部署の職員に対しては相当時間
がかかります。名前と顔を覚えてもらうためには、それなりの努力が必要です。


職場の職員と良好な関係を築けるようになると次第に患者さんに対して恐怖感が除々
に和らいでいきます。ここまで来るとそれまでの苦労が報われます。


全てのことが初めてなわけですから、混乱しないほうがおかしいくらいです。


それほど責任感の重い仕事に携わっているわけですから、むしろ誇りに思うべきです。


職場の先輩の言葉に怒りを覚えることもあります。指導してもらっている身にあると、
頭では分かっていながらも、心に余裕がないので、怒りを感じてしまいます。


それまで我慢していたものが一気に吹き出してしまい、先輩や上司と衝突します。


そして、勢いあまって退職してしまうケースが少なくありません。





■新卒の看護師がやむえず退職するケースについて


新卒の看護師は、仕事をこなすのが精一杯です。


このため相手の気持ちを考えているゆとりがありません。


毎日叱られているという思いから、どんどん仕事に対する自信がなくなります。


そうなれば仕事に行くことが「憂鬱」になります。


「いやだな」という想いは、いやなことをどんどん引き寄せてしまいます。


そうなると何をやるにも、強い抵抗を感じることになってしまいます。


しかも夜勤などの変則勤務を行なうので、生活も次第に不規則になります。


職場では常にストレスがたまり、睡眠不足などが重なって心と体のバランスを崩し、
重度の「体調不良」になってしまう看護師さんも少なくありません。


こうした場合は、やむえず退職して再就職することになりますが、しっかりと将来的
な目標・目的がなければ、同じ問題を繰り返すことになるので注意が必要です。


まず一人で悩んでも解決しないと知るべきです。誰かに相談して自分の置かれている
現状を理解し、それに対してどういった対応をとるかが重要です。


おすすめは看護師転職サイトを利用して相談にのってもらうことです。


取るべき行動が明確になりますので、相談するだけでも十分価値があります。


産後の看護師が働きやすい職場とは?仕事と家庭を両立させるには?




■産後に仕事と家庭を両立させるために必要なこととは?


一般病院で常勤として働く看護師さんの場合、夜勤など変則勤務に合わせて働かなけ
ればならないので、本当に大変です。これにプラスして時間外勤務が必ずあります。


また日曜出番もあるわけですから、産後すぐに働くのは正直厳しいです。というのも、
これまでの生活に育児が加わるので仕事と家庭の両立がより困難になるからです。


パートやアルバイトなどの非常勤であれば、希望が通りやすいです。


しかし、それでも残業は避けられませんので、ご家族とよく相談してください。


ご主人も若いので、お給料もそれほど高いわけではありません。


家計を支えるため、産後すぐに働かなければならない状況にあります。


しかし、仕事と家庭の両立は周囲の人の理解がなければ難しいです。事実最近の若い
看護師さんは、出産してすぐに離婚してしまうケースが珍しくありません。


実家に戻られて、両親に子供をみてもらい、そのまま働くケースが多いです。


そうならないためにも、しっかり話し合いの場をもってください。





■産後に働きやすい職場とは?


もし今現在大型病院に勤務されていて、産休・育児休暇を取得して、同じ職場で働き
続けることを検討されているのであれば、必ず職場の上司に相談しましょう。


同経験をされている先輩方が沢山いる職場であれば産後も復帰しやすいです。


もし、独身者が多くて人の出入りが激しい職場であれば、警戒する必要があります。
出産したばかりの看護師さんが働きにくい職場かもしれないからです。


産後すぐに働くのであれば、大学病院など大型病院はあまりオススメできません。


働きやすさから言えば自宅付近にあるクリニックがオススメです。


まずクリニックの大半は入院設備がありませんので、夜勤や日曜出勤がありません。
院内に託児所がなくても、自宅付近の保育園に子供を預けることができます。


買い物なども帰宅途中に済ませることができるので、何かと好都合です。


仮にパートであっても、時給はかなり高いので十分家計を支えることができます。





■産後1年を過ぎたら短い時間でも働いたほうがいい理由


母親でいられる時間は限られていますので、その「 貴重な時間 」を出来るだけ長く
子供と一緒に過ごしたいと考えるのは、母親として当然のことです。


しかし、子どもたちはいずれ大きくなり、手がかからなくなります。


そうなったときに「 再就職 」するもの良いのですが、ある程度子育てに手がかから
なくなったら、短い時間でも看護師として働くことをオススメします。


そうすることで看護師として身につけた技術や知識を錆びつかせないですみます。


一方で産後は子育てに専念し、一度も看護師の仕事に復帰されないケースも多いです。
これは非常にもったいないですし、医療の世界にとっては大きな損失です。


看護師さんの仕事は一生続けられるパスポートのようなものです。


本人さえやる気があれば、70歳を過ぎても現役で働くことができます。


例え長期間にわたるブランクが生じたとしても、問題無く再就職できます。


働くことで収入が増えれば金銭面でも余裕が生まれますので、家庭も安泰です。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます