看護師の再就職についてのカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

カテゴリ:看護師の再就職について

看護師の再就職についてのカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

看護師の再就職について
■産後すぐに復帰される看護師さんが増えている?看護師さんは、結婚・出産をきっかけに退職するケースが少なくありません。これまでは産後に再就職するさいは、かなりの…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■大型病院で正規職員として働くのは難しい!看護師さんが懲戒解雇されるケースは本当に稀です。何らかしらの問題をおこしたため、懲戒解雇されると再就職するさいに苦労…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■履歴書で再就職は決まるくらい重要です!看護師さんの間では転職・就職で履歴書を軽視する向きが年々強まっています。しかし、実際には履歴書を見て採用を決める採用担…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■再就職支援する研修を受ければだいじょうぶ?長期間看護の仕事から離れていれば、どうしても採血などの「手技」や仕事に必要な「勘」を取り戻すまで、それなりに苦労し…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■再就職するえで最大の悩みとは?長期のブランクがある方が再就職するにあたり、仕事に関する知識を大幅に忘れていることに焦りを感じます。これが再就職することを躊躇…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■面接でもコミュニケーション能力が問われる看護師さんの仕事は医療の専門職でありながら、究極のサービス業でもあります。患者さんと接するにあたって、しっかりコミュ…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■安心して再就職できる環境が整っています!再就職の支援を受ける方法については、一番確実なのは各都道府県の「看護協会」や「医療機関」、各市町村の「自治体」にお問…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■再就職のための環境がしっかり整備されています!インターネットが普及する以前は、長期のブランクがある看護師さんの再就職を支援するサービスは少なかったので、実際…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■再就職支援の研修を受講する方法潜在看護師の中には完全に看護師の仕事を諦めてしまった人も多いです。殘念ながら既に別の仕事に就いている方が沢山います。しかし反対…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■潜在看護師の数が右肩上がりで増えている!看護師さんの求人市場は依然として売り手市場が続いています。残念ながら新聞やテレビなどの大手メディアでは、「 医師不足 …

記事を読む

看護師が出産後に再就職するまでの期間とは?育児休暇を取得すべきか?




■産後すぐに復帰される看護師さんが増えている?


看護師さんは、結婚・出産をきっかけに退職するケースが少なくありません。


これまでは産後に再就職するさいは、かなりの期間を置いていました。


子育てに時間をかける余裕がある程度あったからです。


しかし最近は若い旦那さんのお給料だけで家族を養える家庭が少なくなっています。
このため産後それほど期間をおくことなく、復職するケースが増えています。


短期間で復職する場合は退職することなく、育児休暇を取得します。


しかし勤務先によって「育児休暇」に関する規約がそれぞれ異なります。


このため、看護師として職場に復帰するタイミングも異なりますが、産後半年以内に
復職される方もいれば、1年以上経過してから仕事に復帰する方もいます。


当然のことながら育児休暇を取得される方は産後すぐに働く意志のある方です。





■子育てに時間をかけたい場合は退職するケースが多い


産後は子育てに専念したい方も依然として多く、出産をきっかけに退職するケースも
少なくありません。こうした場合は子育てが一段落してから再就職します。


子育てに対する考え方は人それぞれ異なります。


また、初産の場合は、何もかもが初めてのことなので、慎重に進めていきます。


このため、子育てにも時間をかける傾向が強いですが、第二子以降の出産となると、
精神的に余裕があるので、復職するまでの期間が第一子の時と比べると短いです。


職場に託児所があれば育児休暇を短縮できますが、託児所がないケースもあります。


そういう場合は保育園に預けられるようになるまで復職するのが困難です。


小さな子供を預けられる環境が整わければ働くことはできません。


また「どうしても働かなければ生活ができない」といった状態にない場合も同様で、
こうした場合も無理に再就職せずに時間をかけて子育てに専念します。





■離婚を避けるためにも行き当たりばったりはダメ!


出産から産後に関しては、できるだけ計画的にことを進めたほうがいいです。


行き当たりばったりになってしまうと夫婦関係が上手くいかなくなります。


本来であれば幸せいっぱいのはずが、最悪の場合「離婚」となってしまいます。


というのも女性が就く職業の中で看護師さんは「高給取り」の部類に入ります。


社会に出たばかりの人が無理なく一人で生活することが出来る職業は限られてます。


このため、離婚率が他と比較して高いのも問題となっています。一人の女性として、
社会人として自立しているがゆえに離婚になりやすいという問題があります。


ですので、行き当たりばったりにことを進めてしまうと、後になって色々な「問題」
に直面することとなり、夫婦仲に亀裂が生じやすいので注意が必要です。


こういったことを避けるためにも、出産や育児に関しては夫婦でしっかりと話し合い
ながら決めていくことが望まれますので、この点に関しては十分注意して下さい。


懲戒解雇された看護師が再就職するさいの問題とは?再就職できるの?




■大型病院で正規職員として働くのは難しい!


看護師さんが懲戒解雇されるケースは本当に稀です。


何らかしらの問題をおこしたため、懲戒解雇されると再就職するさいに苦労します。


まず履歴書を作成するさいに、懲戒解雇された事実を記入しなければなりません。


また面接のさいには必ずその経緯を面接官に正確に説明する義務があります。


自らの「不祥事」によって、前職の病院に多大な被害を及ぼしてしまったのであれば、
深く反省していることをしっかり求人先に伝えなければなりません。


そのうえで理解してもらわなければ、内定を勝ち取ることはできません。


大きな病院は周辺地域の信用が非常に重要になります。


個人が経営する「小さな診療所」であれば、何か問題がおこれば簡単に引っ越すことが
できますが、大学病院や総合病院は、そういうわけにはいきません。


ですので、問題のある人を雇用するのを避けようとする向きが非常に強いです。


推薦人を立てれば面談まではいくかもしれませんが、そのまま即採用とはなりません。


普通に求職活動を進めた場合は、書類審査の段階で不採用となります。





■懲戒解雇された看護師が働ける職場とは?


では「もうあきらめなければならないのか?」というと、そんなことはありません。


小さな診療所であれば、オーナーに理解してもらえれば就職できます。


勿論なぜ懲戒解雇になってしまったのかは、正直に話さなければなりません。


そこで、「 この人はもう反省しているから大丈夫だろう 」と思ってもらえなければ、
採用されませんので、現時点で自分は悪くないと思っているなら厳しいです。


考え方らを改めなければ看護師として再就職することは困難です。


これまでのことをしっかりと反省し、一生懸命求職活動を行った結果、自宅周辺にある
小規模のクリニックに再就職出来たと仮定します。これで安泰とはなりません。


医療業界というのは恐ろしく狭い業界ですので、仮に懲戒解雇されたことを同じ職場の
職員に伝えなくても、後になって知ることになります。それくらい狭い世界です。


もしかしたらそうしたことをきっかけに、職員の態度が変わり、職場で孤立することに
なるかもしれませんが、真面目に働いて信頼回復に務めるしかありません。





■社会的に信用を取り戻すのが何より難しい


仕事以外においても信頼を取り戻すのは大変ですが、真面目に生活すれば大丈夫です。


その時が来るまで諦めないで真面目に働き続ければ、懲戒解雇されたことも自分を見直
すきっかけを与えてくれたと感謝の気持ちが湧いてくることでしょう。


また再就職するうえで求職活動を挫折しないためにも、最初はアルバイトや派遣で働く
のも一つの手です。非常勤であれば大型病院でも受けれてくれる可能性があります。


ここで真面目に働けば、必ず信頼を回復することができます。


医療機関の多くは人材不足に悩まされているので、その働きぶりが評価されれ、信頼を
勝ち取ることが出来れば、正職員として雇用される可能性が高まります。


また一人で悩んではいけません。自己嫌悪に陥って前に進めなくなります。


最寄りの「看護協会」や「市役所」「看護師転職」サイトなどに相談しましょう。


 タグ

長期のブランクがある看護師さんの再就職は履歴書がより重要です!




■履歴書で再就職は決まるくらい重要です!


看護師さんの間では転職・就職で履歴書を軽視する向きが年々強まっています。


しかし、実際には履歴書を見て採用を決める採用担当者も少なくありません。


履歴書をみてはねられてしまったら、面接まで辿り着くことができません。


履歴書を見て「話てみたい」と、興味をもってもらわなければ前に進みません。


ですので、いうまでもなく「履歴書」は非常に重要です。


文章の怖いところは話す言葉よりも、人を不快にさせてしまう可能性が高い点です。


ですので、履歴書の記入に記入に関しても言葉を選ぶ慎重さが求められます。


長期のブランクがあって再就職される場合は、過去に経験した仕事について記入し、
どれくらの期間仕事から離れているか明確に知らせる必要があります。


そうすることにより、求職者がどの診療科で主にどういったことをやり、何年くらい
経験を積んできたかについて、採用担当者は正確に把握することができます。





■しっかり即戦力になれるとアピールする!


いくら人材不足に苦しめられているといっても、採用側が希望する人材像とかけ離れ
ている看護師さんを雇うほどは余裕がないので、マッチングが重要になります。


長期のブランクがあっても、できるだけ短い期間で即戦力となりうる可能性がある方
を採用したいと考えるので、その可能性があるかを見極めようとします。


ですので、そうした姿勢を履歴書でしっかりアピールしなければなりません。


採用担当者はそうした点を考慮したうえで履歴書を見ます。


そして、履歴書から求職者の人物像を把握しようとするので、人によってはこの時点
ですでに採用するしないの判断は、90%程度決まっているとされています。


くどいですが、それほど履歴書は重要なんです。長期のブランクがある看護師さんが、
再就職するうえで、とくに履歴書の書き方が重要になりますので注意してください。





■自分に不都合なことを隠そうとしない!


とはいっても、特別なことをする必要は全くありません。できるだけ丁寧に各項目を
記入し、採用担当者に疑いの目をかけられないように、正直に書くべきです。


これまでの経歴をよく見せたいがために水増しするようなことは絶対にやめて下さい。
少しくらいならバレないだろうと、高をくくると面接の場で痛い目にあいます。


面接で面接官から問いただされ、しどろもどろになってしまったら、嘘をついていた
ことが明らかになってしまうわけですから、その時点で「不採用」決定です。


採用側からすれば、履歴書は求職者の誠実さを判断するための材料でもあるんです。


人材を見極めるのに慎重なところもあれば、反対に即決に近いところもあります。


経営にある程度余裕がありながら、人材不足で大変な病院は履歴書だけで採用を決め、
面接の場で「できるだけ早く来て欲しい」と懇願されるケースもあります。


特に地方の場合はこうしたケースが少なくありません。


後になって問題とならないように履歴書は正確に正直に記入して下さい


長期間にわたって信頼関係を築きながら安心して働くために大切なことです。



ブランクが長い潜在看護師の再就職を実現するためには準備が大切!




■再就職支援する研修を受ければだいじょうぶ?


長期間看護の仕事から離れていれば、どうしても採血などの「手技」や仕事に必要な
「勘」を取り戻すまで、それなりに苦労しますが、不安に感じる必要はありません。


再就職した後にスムーズに仕事ができるように準備すれば問題ありません。


入職する前に看護技術や看護に関する知識を一から学び直すことによって自信を取り
戻すことができます。そうするとそれまでの不安が嘘のように解消されます。


学び直すといっても、基本がしっかり叩きこまれているわけですから、それほど時間
はかかりません。あせらずにゆっくり自分のペースで進んでいけば大丈夫です。


病院や自治体が開催する再就職を支援する研修を受講すれば、採血などの手技、医療
機器の使用方法方や薬など、看護に関する知識を学び直すことができます。





■ネットの無料サービスを利用してスキマ時間に勉強する


スキマ時間を利用して色々学べます。例えばYoutubeには沢山有益な情報が後悔されて
います。看護技術に関するレクチャービデオは有料でもおかしくないものもあります。


動画を見ながらイメージトレーニングすると、記憶がよみがえるのと同時に勘を取り
戻しやすくなります。また自分で色々探すことにより、目的意識が明確になります。


実際の現場で働くうえで役に立ちます。全くなにもしないで差就職するのと、自分の
出来る範囲で勉強した上で再就職するのとでは得られる結果に大きな差がでます。


前者は何をするにもストレスに感じるため、途中で挫折する可能性が高いです。


後者は最初はミスすることも多いかもしれません。


しかし働きなが徐々に自信を取り戻すことができます。ですので、まずは看護師さん
の復職を支援してくれる、こうした研修やセミナーを受講しましょう。





■受講すれば再就職の道がひらけます!


研修と聞くと身構えてしまうかもしれませんが、気軽に受講すること出来ます。


研修は、半日から数日間程度です。研修内容によって日程が異なります。


何といっても受講料が無料なので、まったくリスクがない点が大きな魅力です。


最近の医療動向についても学べますし、潜在看護師の復職を支援するためのテキスト
を利用すれば、自宅で学び直すことができるので、時間を有意義に使えます。


そうした素晴しい研修であっても、「潜在看護師」の中には、お子さんがいるため、
受講するのをためらっている方も多いのですが、これは非常にもったいないです。


研修によっては託児所で子供を預かってくれるところもあります。


ですので、看護協会や市役所、病院に直接問い合わせてみましょう。


看護師転職サイトを利用して再就職に関して相談すれば、自分でやるには面倒な作業
をすべて代行してくれるので、看護師転職サイトに相談するのも一つの手です。


潜在看護師の再就職を妨げる悩みとは?ノーリスクで再就職を実現するには?




■再就職するえで最大の悩みとは?


長期のブランクがある方が再就職するにあたり、仕事に関する知識を大幅に忘れている
ことに焦りを感じます。これが再就職することを躊躇させる大きな生涯の一つです。


しかし、また一からやり直しする必要はありません。


ブランクが長いからといっても、5年以上の「臨床経験」があれば、自治体や医療機関
が提供する再就職支援サービスを受ければ問題なく取り戻すことができます。


こうした研修・セミナーは、すべて無料で受講できます。研修の中身に関しては色々と
言われていますが、個人的には大した問題では無いと思っています。


まず現役の看護師さんから直接現場で行われる看護の基本技術を指導してもらえます。


また仕事の内容などについて色々と相談できる点だけとっても大きなメリットです。





■再就職を支援する研修やセミナーについて


大切なのは、同じ様な状況にある看護師さんが沢山受講されている点です。


相談し合える仲間が一人でもできれば大きな財産となります。


互いに切磋琢磨し合いながら再就職を実現することでしょう。


これはお金などには換算することができない大きなメリットです。


通勤可能圏内にある医療機関や市役所に問い合わせてみるのも一つの手です。


またホームページに詳細情報が開示されていますし、看護師転職サイトを利用すれば、
再就職するためのプランを構築した上で、ステップバイステップ形式で進めます。





■入職した後に学び続けることが大事


人の命を守るのが医療及び看護の役割ですから止まることがゆるされません。


医療は常に進化しているからです。原因不明の疾病が続々と誕生していますから、
医療に携わる人たちは常に進化することが求められています。


ですので、再就職の研修を受けるだけでなく、自主学習が非常に大切です。


単に与えられた課題をこなすだけではありません。


看護師として将来的にどうするか、具体像が明確になります。


そうした上で、すでに復職された先輩看護師の話をきけるので、余計具体化さらます。


研修を受講することにより、看護知識や看護技術だけでなく、最新の医療機器の取り
扱いについても指導してもらうことも出来ますので、入職後も安心です。


例えば看護の仕事から離れる前には電子カルテを扱ったことすらない方もいます。


そういった看護師さんでも、簡単に操作できるようになります。





■再就職セミナーは完全無料でノーリスク


また講習では看護技術や看護知識の理解を深めるだけではありません。


病棟やICU、医局や院内託児所も見学も行いますので、実際には至れり尽くせりです。
事実見学した病院にそのまま就職する看護師さんも少なくありません。


複数の研修を受けながら、再就職についてじっくり考える看護師さんも多いです。


いずれにしても再就職を支援する研修やセミナーは受講するだけならノーリスクです。


あれこれ悩んで前に進めないくらいなら、研修だけでも受けるべきです。



ブランクが長い看護師が再就職の面接で面接官を虜にする方法とは?




■面接でもコミュニケーション能力が問われる


看護師さんの仕事は医療の専門職でありながら、究極のサービス業でもあります。


患者さんと接するにあたって、しっかりコミュニケーションを取らなければ当然色々
な問題が生じるわけですから、面接の場でもコミュニケーション能力が問われます。


とはいっても専門のインストラクターのように振る舞う必要はありません。


取るべき行動はシンプルです。面接官から尋ねられた質問に対して、きちんと答える
だけです。そのさいに適切なスピードで、はっきり答えて下さい。


声の大きさに関してですが、面接官よりもほんの少しだけ大きな声になることを意識
してください。無理に大きな声をあげる必要はまったくありません。


よく面接関係の書籍には、「 大きな声で答える 」と書かれていますが、それよりも
分かりやすく答えることのほうが重要です。そのために応募書類が重要になります。





■しっかり応募書類を作成することで面接で勝利する


志望動機をしっかりまとめることによって、面接官があなたに対する質問をしやすく
するわけですが、これにより、面接官の質問をある程度コントロールできます。


やり方についてですが、非常にシンプルです。


志望動機の欄で結構なので、面接官が質問しやすいように看護観やこれまで経験して
きたことをまとめ、これらのことを求人先の病院で最大限貢献したいとします。


例えば「脳神経外科病棟」で働いていたと仮定します。


いかに過酷な状況で毎日真剣に患者さんと向き合ってきたかを説明し、そこで培った
スキルと知識を求人先の病院で最大限貢献したいとするわけです。


そうすると必然的にこれを確認するために集中的に質問されます。すでに自己分析が
しっかりされており、自分の考えが明確になっているため好感がもたれやすいです。


後はそれに対して答えるだけなので、無駄がないうえに双方にとってもやりやすさを
感じることでしょう。そうなれば「好印象」を与えるには十分です。





■最高の自分をアピールする方法とは?


皆さん一番苦労するのが自分をアピールすることです。


我々日本人の多くが自己アピールに苦労しています。


そうした中で我々日本人が一番心に響くのは他人の「苦労話」です。


みなさん心の底では「お涙頂戴」が大好きなんですよね。


もちろん露骨過ぎるのは嫌われますので、これまでの経験で一番大変だったこと、
そしてそれをどう乗り越えたのか、出来るだけシンプルにまとめて伝えましょう。


人間誰しも失敗を犯すわけですが、問題はそれをどう対処したかですよね。


逃げずに向き合ったからこそ今があるわけです。それを最大限にアピールしましょう。


また求人先の病院や施設についてもしっかりリサーチしてください。


面接官の質問に適切な答えで返すためにも、絶対に必要です。


悲しことに、求人先のホームページすら見ないで応募する方が少なくありません。


当然「こんなことも知らないで応募してきたの?」となります。


こうした点を含めて事前にしっかり準備しておけば、本番も大丈夫です!


長期のブランクがある看護師でも再就職しやすい環境が整ってます!




■安心して再就職できる環境が整っています!


再就職の支援を受ける方法については、一番確実なのは各都道府県の「看護協会」や
「医療機関」、各市町村の「自治体」にお問い合わせいただくことです。


各支援サービスについて新設に教えてくれます。また看護師転職サイトを利用すると、
あなたの代わりに色々と調べてくれますので、不安であればこちらがベストです。


ブランク期間が長ければながいほど再就職することに対して不安があるかと思います。


しかし、現状では各都道府県の看護協会をはじめ積極的に「潜在看護師」の再就職を
支援していますので、安心して再就職するためのサービスを利用できます。


最近では慢性的な人材不足を解消するために多くの医療機関が必死です。団塊世代の
方々が過去5年間に渡って大量に引退したため、人材が手薄な状況が続いています。


このため地方では名のある大学病院でも「復職セミナー」を頻繁に開催していますし、
市役所でも講習会が行われていますので、万全な体制が整っています。





■ネットで簡単に調べることができます!


インターネットの普及によって、これまで以上に再就職しやすい環境が整いました。


インターネットで「地域名 看護師 再就職支援」と入力すれば関連情報が抽出される
ので、その中から色々と希望にあったサービスを探しだすのも一つの手です。


意外と見落とされているのが、県の看護協会のホームページです。


しっかり更新されているので、最新情報がいつでも入手できます。


また研修内容や実際にセミナーを受講した看護師さんが復職するまでの体験談なども
閲覧できるので、復職までの明確なゴールをしっかりイメージすることができます。


申し込みに関してもホームページからの簡単にできます。


県が実際におこなっている再就職を希望する潜在看護師の支援活動に関するこれまで
の経緯が記載されているので、復職までの道のりが自分で描くことがます。


復職支援セミナーを受講して、「復職したい」という意識を高めることが出来る点が
大きなメリットです。再就職を実現するための大きな原動力となります。





■最短距離で再就職する方法とは?


最短距離で再就職したいのであれば、「復職支援プログラム」がある医療機関に就職
することです。ブランク期間が長くても研修期間を経て入職することになります。


つまり、すぐに職場に配置されることはありません。


業務の流れを把握してから職場へと配置されるので、ストレスが大幅に軽減されます。


またプリセプター制度を導入している病院も増えています。


先輩看護師が入職したばかりの新人について指導してくれますので、職場に一人置き
去りにされるようなことはありませんので、安心して働くことができます。


潜在看護師さんの最も気になるのは仕事と家庭との両立についてじゃないでしょうか。
この点に関しては、ママさん看護師が多い職場ほど働きやすいと判断できます。


具体的には子育て支援として、病院の中に託児所があったり、福利厚生に手当が含ま
れているケースもあります。ので、こうした医療機関に就職すれば問題ありません。


潜在看護師が再就職を支援する各サービスについて!不安や悩みを解消!




■再就職のための環境がしっかり整備されています!


インターネットが普及する以前は、長期のブランクがある看護師さんの再就職を支援
するサービスは少なかったので、実際に復職するのは本当に大変でした。


復職を決意してから就職活動までの道のりも遠く、求人探しをはじめ、自分で何から
何までやらなければならないので、諦めてしまうケースが少なくありませんでした。


しかし、今では当時とは比較にならないほど環境が大きく変わり、再就職を支援する
ためのサポート体制が整備されていますので、再就職は決して難しくありません。


再就職を支援するサービスの代表が再就職を支援する研修やセミナーです。


こうしたサービスは、深刻な人材不足を解消するためのもので、中身に関しては統一
されているわけではなく、市町村や、県の看護協会によって微妙に異なります。


またネットの高速化がここ数年で一気に進んだことによって、病院での臨床実習だけ
でなく、eラーニングを採用することで、よりフォローしやすい環境が整っています。


こうした研修やセミナーの受講生は、ストレスなく復職するために看護に関する基礎
技術を動画で空いている時間を利用して自宅にいながら学ぶことができます。





■完璧になんでもやろうとすると苦労する!


また、研修を修了した後についてですが、残念ながら全ての看護師さんが再就職する
わけではありません。「自分にはもう無理だ」と諦める方もいます。


しかし研修を受けたことで看護師として自信を取り戻す方も多いです。就職希望者は、
研修やセミナーを開催した医療機関などに就職の申込みを行なうことができます。


実習に関しても、各医療機関がそれぞれ独自のプログラムを用意しています。


受講者の皆さんは、実践しながら「看護技術」の基礎演習を行なうことができます。


そうすることで徐々に感覚を取り戻すことができるように設計されています。





■さらに学びの質を高めていく!


実習は、一人で行うわけではありません。必ず他の受講生達と一緒に行いますので、
交流しながら受講できるのも、こうした研修を受講する大きなメリットです。


同じような状況にある方が参加しているので、再就職すうるえでの色々な悩みや不安
を共有しながら軽減できますし、人によっては生涯の友ができます。


最近では様々な感染症が社会問題になっており、メディアをにぎわす機会が多いです。
一般の人達から対策するために意見を求められる機会も実際に多いです。


このため最近では感染管理についても研修で学ぶことができます。


それ以外でも医療機器の取り扱い方から心肺蘇生法などの研修もありますので、
再就職できたからもういいではなく、さらに学びの質を高めていくことが大切です。


再就職を支援する研修やセミナーを受講する方法!理想の再就職を実現!




■再就職支援の研修を受講する方法


潜在看護師の中には完全に看護師の仕事を諦めてしまった人も多いです。


殘念ながら既に別の仕事に就いている方が沢山います。しかし反対に長期のブランク
がありながら、再就職することを検討している方も少なくありません。


そうした方のために再就職を支援する研修が日本全国いたる所で行われています。


こうした研修・セミナーを受講して、少しでも看護師としての「 自信 」を取戻して
いただきたいと思います。しかしどうやって受講すればよいのでしょうか?


実は結構簡単でして、最近では病院のホームページに記載されている所が多いです。
こうした病院は自ら積極的に潜在看護師を雇用していると判断することができます。


また市役所や役場などの福祉課で問い合わせれば担当者が丁寧に教えてくれます。


そして、もう一つが「看護師転職サイト」です。


復職するにあたって入職した後もサポートしてくれるので安心ですし、あなたの代わ
りに色々調べてくれますので、遠回りせずにスムーズに再就職できます。





■数年前よりも再就職しやすい環境が整っている?


多くの病院が慢性的な人材不足に苦しんでいます。


そして看護師に関しては特に酷い状態にありますので、潜在看護師の中から再就職を
希望している方を積極的に雇用する動きが日本全国の医療機関で広がっています。


しかし、看護の仕事は専門性が高いうえに人の命がかかっています。


当然ミスが許されません。ですので入職した後にスムーズに働けるようにするために
研修やセミナーを開催しています。そうした病院がここにきて急速に増えています。


間違いなく5年前よりも復職しやすい環境が整備されています。


こうした研修は看護師の資格があればだれでも受講できます。


年齢制限はありませんし、一部を除いて無料なので受講しない手はありません。


病院が主催する研修を受講したからといって、必ずしもその病院に就職しなければなら
ないというわけではありませんし、変なプレッシャーをかけられることもありません。


気軽に受講できますので、悩んでいるくらいなら絶対に受講すべきです。


大抵の方が「もっと早く受講すれば良かった」とおっしゃっています。





■研修を受けて再就職する看護師の特徴について


再就職する看護師さんの理由は色々あります。


結婚、出産、子育てのために看護師の仕事を一度は離れても、子育てが一段落すれば、
今度は家計を助けるために何らかしらの仕事をしなければなりません。


殘念ながら旦那さんのお給料だけで生活出来る時代は終わってしまたんですね。


また家族の中で長期療養が必要となったり、両親が高齢のために長期間に渡って在宅
看護を行っていた人は、それらの必要がなくなると、再就職される方もいます。


看護師の家庭環境などにより、退職してから再就職するまでの期間の差は異なります。
ブランクが長ければ長いほど、再就職することに不安を感じることになります。


勿論、ブランクが小さくても、職場復帰できるか考えてしまいます。


何かと不安はあるでしょう。しかし行動すれば時が必ず解決してくれます。




■大切なのは看護師としての自信を取り戻すこと!


再就職すれば生活環境が一変するかもしれません。20代〜30代の若い方ならいい
ですが、中高年になれば何か新しい行動を起こすことに抵抗を感じることでしょう。


新しい職場で新しい人間関係を築いていかなければならないわけですから当然です。


病院で働くとなると入院患者さんの名前や疾患名などを全て把握する必要があります。


患者さんの看護計画を把握しなければなりません。


何でもないことのように思えますが、ここが結構落とし穴だったりします。


長期間仕事から離れていれば、すぐには覚えられません。


しかし、なんでこんなこともできないのかと、自己嫌悪に陥ってしまうのです。


焦ってはいけません。別に衰えによって記憶力が悪くなったわけではないのです。


すぐに慣れますので、自分を責めるようなことはしないでください。


色々と考えてしまうので、さらに仕事上のミスを誘発しかねません。考えたらきりが
ありませんので、まずは研修に参加して看護師としての自信を取り戻しましょう!


ブランクの長い看護師が再就職支援の研修を受けるメリットとは?




■潜在看護師の数が右肩上がりで増えている!


看護師さんの求人市場は依然として売り手市場が続いています。


残念ながら新聞やテレビなどの大手メディアでは、「 医師不足 」については大きく
報じることはあっても、「 看護師不足 」に関してはそれほどでもありません。


このため看護師不足は社会的な大きな問題でありながら軽視されています。


そうした中で看護師の仕事を辞める人が増えています。


潜在看護師はついに60万人を超えてしまいました。こうした背景には看護師さんの
仕事が精神的にも肉体的にも激務であることを如実に物語っています。


70万人を突破する勢いで増えているのが現状です。


これでは看護師不足が解消されるわけもありません。





■退職した看護師さんが別の仕事に就くケースも


もったいないのは、結婚・出産をきっかけに看護師の仕事を辞めてしまった方が沢山
いながら、こうした潜在看護師を看護の仕事に引き戻せないことです。


皆さん子育が一段落すれば、外に働きに出るケースが少なくありません。


長期間デフレが続いたため、日本経済の構造が大きく変わり、旦那さんのお給料だけ
では、生活していくのが厳しいため、家計を支えるために再就職する方もいます。


しかし、悲しいことに看護師の仕事に戻らない方も非常に多いのです。


近所のスーパーやコンビニで4時間程度働く人もいます。


長期間におよぶブランクがあるため、中々思うように職場になじめず、再就職しても
数ヶ月で退職する方も多いです。こうした問題をあげたらきりがありません。





■再就職を支援する研修のメリット


それくらい追い込まれてます。このため潜在看護師を職場に引き戻すために病院だけ
ではなく、自治体と一緒になって本格的に看護師の再就職支援をしています。


退職してから5年以上のブランクがある看護師さんが、実際に再就職するのは非常に
大変です。色々な不安があるので就職活動を進めることが中々できません。


そうした状況にありながら、潜在看護師の中から少しでも多くの人たちに再就職して
もらえるように取り組んでいるのが「再就職支援セミナー」です。


そのほとんどが無料で受けられるので受講するリスクがありません。


セミナーの内容は新しい医療機器の取り扱い方、看護技術についてなどです。


一口に再就職支援研修・セミナーといっても、内容はかなり幅広いです。


このため選択肢も多いので利用するメリットはかなりあります。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます