ワンポイント動画のカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

カテゴリ:ワンポイント動画

ワンポイント動画のカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

ワンポイント動画
毎日一生懸命仕事をしているにもかかわらず、頭のなかで色々なことを考えてしまい、不安に悩まされている看護師さんは少なくありません。睡眠に悪影響を及ぼしますので、…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
毎日一生懸命同じ仕事をしているにもかかわらず、要領よく仕事がこなせないため、上司や先輩から厳しく注意されている看護師さんがどこの職場にもいます。特別動きが悪い…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
病院には沢山の人がいます。また毎日入れ替わり立ち替わり患者さんが訪れますので、腹の立つことも少なくありません。怒りが大きなストレスとなります。ストレスに強くな…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
医師や看護師による医療ミス、医療事故が大手メディアで取り上げられることが珍しくなくなりました。それくらい頻繁に起こってしまう背景には色々な原因があります。殘念…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
  ここにきてナーシングフットケアの重要性が高まっています。日本各地でフットケアのセミナーが開催されていますが、沢山の看護師さんが自腹で参加し、スキルの向上に…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
入院生活はどちらかといえば辛いことの方が圧倒的に多いです。また入院生活が長期化すればするほど「この病院じゃだめなんじゃないか」といった具合に医師の治療方法や病…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
看護師さんの9割超が女性ですが、女性がやるにはあまりにも過酷な仕事です。実際に看護師さんの仕事は肉体的にも精神的にも非常にハードです。男性看護師でも新卒で入っ…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
看護師しとして同じ時期に入職し、同じ職場に配置され、ほぼ同じ仕事を毎日こなしているにもかかわらず、成長する看護師さんとそうでない看護師さんがいます。その差が非…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
病院には医療関係者や沢山の患者さんがいます。仕事するうえでなにより高いコミュニケーション能力が求められます。人を介して全ての仕事は成立するので、しっかりコミュ…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
デング熱が日本を震撼させたと思ったら、世界ではエボラウィルスの脅威に怯える状況が続いていますが、すでに沢山の医療従事者が命を落としています。感染リスクを大幅に…

記事を読む

仕事中に色々と不安なこと考えてしまい悩んでいる看護師さんが取るべき行動とは?



毎日一生懸命仕事をしているにもかかわらず、頭のなかで色々なことを考えてしまい、
不安に悩まされている看護師さんは少なくありません。


睡眠に悪影響を及ぼしますので、睡眠が浅く、寝ても疲れが思うように取れません。
そうなると健康状態にも悪影響を与えるので、余計に不安なことを考えてしまいます。


人材不足で苦しんでいるため、職場はいつでもどこでもギスギスしています。


医療事故が国内の病院で増えているのも、こうしたことが大きな原因です。


不安をできるだけ小さくするためには、直感力を高めて声に出すことです。


例えば「あれ?おかしいな?」と思ったことが当たることが少なくありません。


これを頭でやろうとすると、頭は同じような不安要素を描こうとします。


そうではなく、声に出すことで、何がおかしいのか、その原因を脳が探し出します。


ベテランの看護師さんの中には直感力に優れた人が多いですよね。


いつもぶつぶつ独り言をいっている姿をよく目にします。


これはストレスを解消する意味もあるのですが、それ以上に不安の原因を脳が探して
くれるので、非常に有効です。直感力を高めれば自然と不安が小さくなります。


直感は自分と向き合っている証拠です。直感力が高まれば自分に対する自信も高まり
ますので、仕事のミスやトラブルを未然に防げるようになります。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





仕事の要領が悪くて上司に怒られる看護師さんの特徴とは?




毎日一生懸命同じ仕事をしているにもかかわらず、要領よく仕事がこなせないため、
上司や先輩から厳しく注意されている看護師さんがどこの職場にもいます。


特別動きが悪いわけでもなく、傍から見ている分には、それほど要領が悪いように
は見えないのですが、仕事が遅くて要領が悪いことに悩んでしまいます。


仕事が遅くなってしまったり、要領が悪いのは、頭で考えてしまうからです。


頭の中であれこれ考えてしまうと、その分やらなくてもいいことをやるはめになり、
余計に仕事を進められなくなってしまうのです。これが大きな障害となります。


また、やらなくてもいいことを沢山やっています。恐らくこうした背景には、仕事が
遅くて要領が悪いことを気にしすぎている点があげられます。


周囲に迷惑をかけていることを痛感しているころから、その埋め合わせとして、やら
なくてもいいことをやって、少しでも挽回したいという思いがあるからでしょう。


ですので、まずやらなくていいことはやらないと決めましょう。


仕事がスムーズにこなせるようになって、余裕が生まれてからやればいいです。


今回の動画では、仕事を要領よくこなすために必要なヒントが満載です!



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





 カテゴリ
 タグ

上司や同僚だけでなく患者さんに対する怒りに苦しむ看護師さん



病院には沢山の人がいます。また毎日入れ替わり立ち替わり患者さんが訪れますので、
腹の立つことも少なくありません。怒りが大きなストレスとなります。


ストレスに強くなることはできませんので、できるだけ早く忘れることが肝心ですが、
上司や同僚だけでなく、患者さんに対する怒りでいっぱいだとそうもいきません。


「なぜこれだけ一生懸命仕事をやっているのに、いちいちこんなことを言われなければ
ならないのか?」と思うことも多いでしょう。実際理不尽なことが多いです。


しかし怒りを抱えたままでは精神衛生的にもよくありません。


余計なことを考えてしまい、気がついたらミスを連発していたなんてことになりかねま
せん。そうならないためにも、自分と他人の違いを認める必要があります。


「ああぁこういうふうに考える人が世の中にいるんだ」と思えれば、怒りは軽減します。


また、「自分はぜったいにこういう人にはなりたくない、この人はそのことを私に教え
てくれたんだ」と思えるようになれば、感謝の気持すら湧いてきます。


なんでもかんでも前向きに考えろということではありません。


「こんな人が世の中にいるんだな」と、自分と相手が違うことを認めるだけでOKです。


そうすれば、徐々に怒ることも少なくなります。


最初は無理と思うかもしれませんが、自己啓発関連の書籍に書かれているように、
なんでもかんでも相手を「許す」というわけではないので、入りやすいと思います。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





看護師さんがんなぜ医療事故に巻き込まれてしまうのか?



医師や看護師による医療ミス、医療事故が大手メディアで取り上げられることが珍しく
なくなりました。それくらい頻繁に起こってしまう背景には色々な原因があります。


殘念ながらただ単に「人手不足」では済まされません。細かいことでいえば職場の人間
関係があまりにも悪いため、意志の疎通が従業員同士できていません。


これでは連携して働くことは困難です。またチーム医療が叫ばれて久しいですが、医師
があまりにもチーム内で幅をきかせすぎると大事なことを報告をしなくなります。


本来これは大問題ですが、恐ろしいことに一度周囲の人間から色々な理由から嫌われて
しまうと、人は「この人とは関わりたくない」と潜在的に思います。


そうすると自ら何かを告げることをしなくなります。というか避けようとします。


また同じような業務を日々行っているため、慣れから緊張感がなくなります。


すると次第に色々と思い込みが激しくなります。しっかり確認すれば問題ないことを、
確認せずに「大丈夫」といって自分勝手に進めてしまいます。


緊張感を持って仕事をするためにも、些細なことでも確認しあうことが大切です。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





ナーシングフットケアで患者さんのADLとQOLを高めましょう!

 
 
ここにきてナーシングフットケアの重要性が高まっています。


日本各地でフットケアのセミナーが開催されていますが、沢山の看護師さんが自腹で
参加し、スキルの向上に努めています。それだけ多くの職場で求められています。


とくに高齢の糖尿病患者さんの場合、半寝たきり状態の方も少なくありません。


血行が著しく悪化するため、糖質制限食と薬物療法だけでは不十分です。


患者さんの足の状態を細くチェックし、患者さんの状態をしっかり把握します。


そうした状態で、フットケアを行なうことで、症状の進行を抑えることが出来ます。


足の裏、指の間、足の爪まで隈なく観察して、しっかりケアしてください!


フットケアで一躍病院の人気看護師になった人もいるくらい必要とされるスキルです。
興味のある方は是非「山口晴美先生 セミナー」と検索してみてください。


抽出されたセミナー情報から直近のセミナーの受講案内を確認してみてください。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





患者さんが突然暴れだした場合の看護師さんがとるべき対応とは?



入院生活はどちらかといえば辛いことの方が圧倒的に多いです。


また入院生活が長期化すればするほど「この病院じゃだめなんじゃないか」といった
具合に医師の治療方法や病院に対する不信感が増すことになります。


そうなると「このまま治らないかも...」といった不安に悩まされることになります。


こうしたストレスを解消する手段が入院患者さんの場合どうしても限られています。


同室の人たちと何気ないお喋りを楽しむことができればいいのですが、同室の人たち
と合わないと余計に孤独を感じることとなり、入院生活がさらに苦しくなります。


そうなれば当然のことながら精神状態はさらに悪い方へと向かいます。


おとなしそうな患者さんがある日突然暴れだすこともあります。


こうした場合、大きな声で注意してはいけません。


また正面に立ってはなりません。殴られる可能性が高いからです。


人間は興奮状態にあるときに正面に立たれると恐怖感から怒りが倍増します。


ですので、患者さんに殴られた経験のある人は大抵正面に立っています。


かならず横から小さな声でやさしく語りかけて下さい。


自分の存在を認められていることが理解できれば、徐々に怒りは治まります。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。






 カテゴリ
 タグ

毎日仕事がしんどい看護師さんへ!「仕事が楽しくなる10の法則」



看護師さんの9割超が女性ですが、女性がやるにはあまりにも過酷な仕事です。
実際に看護師さんの仕事は肉体的にも精神的にも非常にハードです。


男性看護師でも新卒で入って3ヶ月程度で辞めてしまうくらいハードなわけですから、
ある程度のレベルに看護技術が達すればOKというわけにはいきません。


また、常に学び続ける姿勢がなければ、常に進化し続ける医療の世界では働き続ける
ことが困難です。過酷な仕事ではありますが、視点をかえれば楽しくなります。


楽しく仕事をするための方法について今回の動画は解説されています。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





 カテゴリ
 タグ

成長する看護師さんと成長しない看護師さんの違いとは?



看護師しとして同じ時期に入職し、同じ職場に配置され、ほぼ同じ仕事を毎日こなして
いるにもかかわらず、成長する看護師さんとそうでない看護師さんがいます。


その差が非常に激しいです。一体この差はどこからくるのでしょうか?


まず成長する看護師さんは先輩や上司のアドバイスを真剣に聞きます。


色々教えてもらったあとに感謝の言葉を忘れません。別に媚を売っているわけではなく、
教えてくれることに心から感謝しているため、目上の人から大変可愛がられます。


一方、成長しない看護師さんは、とにかく上から何か言われるのが嫌です。


さすがに顔にはだしませんが、内心「カチン」ときています


何度同じことをいわれても違うことをやるので、いつまでたっても仕事がみにつかない
ので、ある日イライラから爆発して先輩や上司に反発する方が少なくありません。


教えて頂く立場にありながら態度の悪さが原因で反感を買うことになります。


そうなれば誰からも教えてもらえなくなるため、成長もすぐにストップします。


看護師として成長し続けるにはどうしても「素直」さが必要なようです。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





説明しても理解してくれない患者や同僚にキレそうな看護師さんへ!



病院には医療関係者や沢山の患者さんがいます。


仕事するうえでなにより高いコミュニケーション能力が求められます。


人を介して全ての仕事は成立するので、しっかりコミュニケーションが取れないと、
後になってトラブルになります。ですので、中々思ったようにいきません。


例えば一生懸命説明しているのにまったく理解してくれないときがあります。


同じ職場の人間に人の話をきちんときかない人がいます。


それ以上に患者さんの中には人の話を聞いてくれない人がいます。


特に最近は高齢化が進んだことにより、こうした傾向が顕著です。


こうした場合は怒った方が負けとなります。場合によっては大問題となります。


ですので、辛抱しなければなりません。理解させようと必死になればなるほど、
イライラするので、相手には怒りの思いしか伝わらなくなります。


すると相手は突然怒り出す場合もあります。


イライラしないためにも、深呼吸して下さい。6秒で怒りは治まります。


また普段から相手の話を誰よりも聞く習慣を心掛けて下さい。


すると誰よりも人の話を聞いてくれる人とという印象を与えることができます。


次第に病院全体に広がるようになり、コミュニケーションが取りやすくなります。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





 カテゴリ
 タグ

必要以上に院内感染を恐れる看護師さんへ!



デング熱が日本を震撼させたと思ったら、世界ではエボラウィルスの脅威に怯える
状況が続いていますが、すでに沢山の医療従事者が命を落としています。


感染リスクを大幅に抑えられるとされていた最新鋭の設備もエボラの猛威にはかなわ
ないのかと思っていましたが、感染者の中には防護服を着ていなかった人もいます。


当たり前のことをしっかりやっていれば感染することはなかったかもしれません。


反対に日本では、エボラの感染者は依然としていません。


しかし、院内感染に怯える看護師さんが増えています。


必要以上に心配し過ぎると凡ミスを連発するなど仕事に影響します。


院内感染対策の基本はなんといっても手洗いです。


手指消毒剤を使用すれば、効果はよりいっそう高まります。


しかし、忙しいとどうしても軽視しがちです。


しっかりやることで安心感が徐々に産まれて高い発揮をしてくれます。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます