企業看護師についてのカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

カテゴリ:企業看護師について

企業看護師についてのカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

企業看護師について
■関連資格を取得してやる気をアピール!殘念ながら産業看護師の求人は数がそれほど多くありません。看護師転職サイトのような看護師さん専門の転職・求人サービスを利用…

記事を読む

No Image

企業看護師について
■産業看護師として働くメリット(1)!病棟勤務に限界を感じた看護師さんの転職先として「企業看護師」の人気が高まっています。中でも企業や施設の医務室で働く産業看…

記事を読む

No Image

企業看護師について
■企業看護師の求人を探すなら?企業看護師と一口にいっても色々ありまして、年々多様化しています。企業看護師で最も一般的なのが企業の医務室で働く「産業看護師」で、…

記事を読む

No Image

企業看護師について
患者さんとそのご家族が「民間療法」に傾倒しているケースに少なくありません。長期間に渡って入院生活を余儀なくされ、一向に症状が改善されないと物事を前向きに考える…

記事を読む

No Image

企業看護師について
■企業看護師の求人を探すなら?企業看護師になる方法についてですが、看護師としての臨床経験が求められますので、看護師の資格があれば誰でも企業看護師として働けるわ…

記事を読む

No Image

企業看護師について
長期間にわたって入院している患者さんの精神状態はどうしても不安定になります。入院期間が長引けば長引くほど、良からぬことを考えては不安になります。それまでおとな…

記事を読む

No Image

企業看護師について
■治験関連の企業看護師について企業看護師は、文字通り企業で働く看護師さんのことです。一般企業の医務室で従業員の健康管理をするだけが企業看護師の仕事ではありませ…

記事を読む

No Image

企業看護師について
■職場環境が病院よりも断然良い?病院と異なり、一般の会社は週休2日(土日)が圧倒的に多いです。ですので、こうした会社に勤務する企業看護師さんは毎週土日がお休み…

記事を読む

No Image

企業看護師について
■企業看護師の仕事とは?「企業看護師」という言葉を耳にしたことがございますでしょうか?企業看護師は「産業看護師」ともいわれていますが、地方では大きな工業団地が…

記事を読む

企業内医務室で産業看護師として働くために必要な関連資格について




■関連資格を取得してやる気をアピール!


殘念ながら産業看護師の求人は数がそれほど多くありません。


看護師転職サイトのような看護師さん専門の転職・求人サービスを利用された場合、
「非公開求人」となるため、自分の希望にあった求人を探すのに時間がかかります。


産業看護師の求人の多くが好条件を提示しています。


夜勤ゼロで残業も少ないうえに給料も良いです。しかも休みもしっかり取れます。


当然人気が高いので、募集がかかれば応募が殺到します。


ですので、ライバルに差をつけるためにも関連資格を取得することが求人先に対する
大きなアピールポイントになりますので、是非検討されることをオススメします。





■産業看護師の関連資格の特徴について


(1)産業カウンセラー


産業看護師として働くために必要となる資格が「産業カウンセラー」の資格です。


産業カウンセラーは初級、中級、上級とレベルに応じて段階に分かれています。


産業カウンセラーの資格は、比較的所得しやすいことから、実際に産業看護師として
働いている方だけでなく、これから産業看護師を目指す人も取得します。




(2)衛生管理者


衛生管理者は、文字通り会社や施設の衛生管理を行います。産業看護師は会社や施設
の医務室で働くわけですが、その仕事は従業員の健康管理だけではありません。


仕事中にケガや突発的な病気を発症することも日常的にあります。


最近では従業員の心の問題が社会的にも大きな問題となっています。


こためメンタルヘルスにも力を入れているところが増えています。


心と体の健康を保つために衛生面にも気を配らなければなりません。臭くて汚い所で
いい仕事ができるわけがありませんし、心と体の健康も保てません。


職場の環境改善に一役買うためにも衛生管理者の資格は必要です。




(3)禁煙支援認定士


禁煙支援認定士は従業員の禁煙をサポートするのが主な仕事です。


日本では依然として欧米程喫煙に対する意識が低いです。このため男女ともに喫煙者
の数が多い事から、企業が先頭にたって従業員の禁煙を促すケースが増えています。


禁煙支援認定士の資格も比較的簡単に習得することができます。




(4)交流分析士

交流分析士はカウンセリング資格の一つです。交流分析士は、人間本来の性格を把握
したうえで、その人にあったアドバイスを行なうのが主な仕事です。


殘念ながら交流分析士の資格を取得する方が年々減っています。




(5)理学療法士


理学療法士の資格があれば怪我や病気によって体の機能が低下している従業員の機能
回復に向けた指導ができるのですが、それゆえに難易度が非常に高いです。


このため資格を取得していれば、転職・就職するうえでかなり有利です。





■入職してからも勉強し続ける姿勢が大切!


産業看護師として働くうえで役立つ資格は色々ありますが、一口に企業といっても、
その業種の数は膨大にありますし、企業によって経営方針も異なります。


また入職する前に取得可能な資格を取得すれば、真剣であることをアピールできます
し、入職後も仕事に役立つ資格を習得するための勉強を無理なく継続できます。


産業看護師として働く上で終わりはないので、こうした姿勢が何より大切です。


産業看護師として働くメリット・デメリットとは?病棟勤務よりも楽なのか?




■産業看護師として働くメリット(1)!


病棟勤務に限界を感じた看護師さんの転職先として「企業看護師」の人気が高まって
います。中でも企業や施設の医務室で働く産業看護師の人気の高さはダントツです。


産業看護師として働くメリットは夜勤のような変則勤務が一切ないことです。


また残業も多くありませんし、休日は企業によって微妙に異なりますが、大半の企業
は土日・祝日はお休みなので、ほぼカレンダー通りに休むことができます。


病棟勤務では変則勤務によってプライベートが制限されることが少なくありません。


しかし、産業看護師は日勤のみなので友人や家族と楽しく過ごすことができます。


こうしたプライベートを充実させることができる点も産業看護師の魅力です。





■産業看護師として働くメリット(2)


産業看護師の「お給料」についてですが、原則的に日勤のみでありながら、基本給は、
平均的な病院勤務の看護師さんよりも若干高い点が魅力としてあげられます。


ただし、病棟勤務の看護師さんのお給料はかなりの部分を夜勤が占めています。


夜勤がある分、トータルでは病棟勤務の看護師さんの方が多いです。


しかし、働きやすさを求める多くの看護師さんが産業看護師に魅力を感じています。


特に夜勤を毛嫌いしている看護さんからすれば非常に魅力を感じることでしょう。


ですので、病棟勤務の看護師さんの転職先として人気が高まっています。





■産業看護師として働くメリット(3)


産業看護師は看護師の資格と知識を最大限に発揮することができます。


しかも相応の資格を取得し、しっかり経験を積むことによって、責任あるポジション
に就くことができますし、それによって大幅に昇給する点も大きな魅力です。


このため実際に産業看護師として働いてる方の多くがスキルアップすることに喜びを
感じていますので、仕事に対する充実感が他の仕事よりも間違いなくあります。


一般病院で長年働いてきた看護師さんが産業看護師としてキャリアチェンジした場合、
大抵最初は戸惑いますが、これまで経験したことのない経験に刺激を覚えます。


一般病院の仕事は肉体的にも精神的にも非常に過酷であるため、定年まで働き続ける
ことに限界を感じていた方が多く、看護師の仕事から完全に離れる方もいます。


こうした理由から、肉体的負担が小さい産業看護師の仕事は最高の転職先といえます。


一般企業で働くことは病院で働くのとはまた違ったやりがいを感じることも多いです。





■産業看護師として働くデメリットとは?


当然のことながら、どんな仕事にもメリットがあればデメリットもあります。


産業看護師として一般企業で働く場合のデメリットも当然あります。


一般企業の医務室で働く産業看護師は2〜3人で構成されています。


少数精鋭といえば聞こえはいいですが、職場に配置されている人数が少ないことから、
どうしても一人当りの責任が重くなりますし、仕事量もその分多いです。


産業看護師の仕事は従業員の体調や健康管理が基本です。


このため病院勤務のときとは違った仕事に対する「 緊張感 」があります。


同じ会社に勤務する従業員と接することになるわけですが、患者さんと接するのとは、
また違った難しさがあるためコミュニケーション能力がより重要になります。


冒頭で産業看護師のお給料は高いと申し上げましたが、こればっかりは実際に勤める
会社によって異なり、かなり大きな差が生じますので、注意しなければなりません。


このため人によっては総支給額で下回ってしまう可能性があります。


ですので、「産業看護師の求人」を探す際には、こうした点についてしっかり調べる
必要があります。そして、完全に納得した上で思うすることを心がけましょう。


 タグ

企業看護師のお給料の相場は?なぜここまで年収に差があるの?




■企業看護師の求人を探すなら?


企業看護師と一口にいっても色々ありまして、年々多様化しています。


企業看護師で最も一般的なのが企業の医務室で働く「産業看護師」で、その次に多いと
されるのが、治験を事業として行っている会社の「治験看護師」です。


おなじ企業看護師といっても仕事の内容が大きく異なります。


ですので、当然お給料にも大きな差があります。


今回は気になる企業看護師のお給料事情について解説させていただきます。




(1)産業看護師の平均給料の相場


まず企業の医務室で働く産業看護師のお給料は、平均月収で約25万円程度です。


これに「諸手当」などがプラスされ、年収ベースでは400万円から500万円が相場
とされています。ちなみに一般病院で働く看護師さんの平均年収は472万円です。


あまり変わらないと思うかもしれませんが、産業看護師は夜勤がありません。


夜勤は常勤で働いている看護師さんのお給料のかなりの部分を占めています。


しかも、産業看護師は土日・祝日はお休みですし、残業もほとんどありません。


こうした点を考慮して考えた場合、産業看護師のお給料はかなり良い部類に入ります。




(2)治験看護師の平均給料の相場


次に治験関連企業で働く治験看護師のお給料についてですが、まず治験関連企業で働く
場合の職種についてですが、治験コーディネーターと臨床開発モニターが一般的です。


ただ単に「専門知識」を必要とするだけでなく、治験における交通整理のような役割を
果たさなければならないため、高いコミュニケーション能力がどうしても必要です。


治験看護師の平均年収は400万円から600万円が相場とされています。


経験や取得された資格によって責任ある仕事を任されるようになるので、かなりその差
に幅があり、治験コーディネーターになりたての方は年収300万円程度です。


一般企業(特に外資)では、従業員により高度な物を求めます。停滞することは絶対に
ゆるされないので、必要とする資格を取得すれば終わりというわけにはいきません。


これは一般病院で働く看護師さんも同じですよね。





■現場では常に高度なものが求められます


看護師さんが転職して治験コーディネーターとして働くことになれば、当然それなりの
知識や技術が必要となるわけですが、実際の現場はそれ以上のものを求めます。


このため経験を通じてより高度な技術や知識を身につけていくことになります。


そうすることで、より責任のあるポジションに就くことになります。


そうすると年収も一気に飛躍して800万円〜1000万円程度見込めます。


一般病院なら看護部長クラスかそれ以上の年収を得ていることになります。


治験業界で決して珍しいことではありません。


実際に高給を得ている治験コーディネーターの方が多いです。


ちなみに治験コーディネーターには日本臨床薬理学会が発行する認定資格があります。


この認定資格を受験するために実務経験が必要となりますので、治験コーディネーター
として働きながら、資格取得に向けて常に勉強しなければなりません。


収入に大きく差が出るため、従業員の方々のモチベーションは非常に高いです。


 タグ

患者さんが民間療法を心の支えにしている場合の対応について




患者さんとそのご家族が「民間療法」に傾倒しているケースに少なくありません。


長期間に渡って入院生活を余儀なくされ、一向に症状が改善されないと物事を前向きに
考えることが難しくなりますので、心が何らかしらの拠り所を求めてしまいます。


ですので、民間療法に走るのも無理もありません。


しかし、そうはいっても治療の妨げになってしまうかもしれないわけですから、認める
わけには生きませんが、頭ごなしに否定するのもそれはそれで問題です。


注意すれば「あんたらに治療してもらっても全然よくならないからやってるんだよ」と、
逆に患者さんを必要以上に怒らせてしまう可能性が高いからです。


治療に対する不信感を爆発させてしまったら意味がありません。


それ以上に治療を受けてもらえなくなるのも大きな問題です。


治療に問題のあるようでしたら、すぐに師長さんに報告しましょう。


そうでなければ、「ちょっとした気晴らしのようなもの」と心得てください。、



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





 タグ

企業看護師になるには?企業看護師として働き続けるたに必要なこととは?




■企業看護師の求人を探すなら?


企業看護師になる方法についてですが、看護師としての臨床経験が求められますので、
看護師の資格があれば誰でも企業看護師として働けるわけではありません。


企業看護師の求人をハローワークで探すのは困難です。


看護師転職サイトの「未公開求人」から探してもらう形が一番効率がよいです。


しかし、看護師さんが働ける職種や業種の中でもかなり人気が高いです。


また、看護師さんが働ける他の職場(一般病院、クリニック、福祉・介護施設など)と
比べると企業看護師の仕事は、働きやすさが抜きん出ています。



企業看護師の仕事は病棟勤務と比較した場合、肉体的にも精神的にも負担が大きくあり
ませんが、企業看護師を雇用できる企業の大半は「優良企業」です。


ですので、夜勤が全くないにもかかわらず、「日勤ベース」では一般病院で働くよりも
「高収入」が期待できますので、人気が高いのはある意味当然ですね。


このため、募集がかかれば応募が殺到します。





■労働条件の差がここまである!


一般病院で働くのと企業看護師(産業看護師、治験コーディネーターなど)として働く
場合を比較すると、「待遇面」のあまりの差に驚かれると思います。


まず企業看護師は、夜勤がないうえに毎週土日が休める点が大きな魅力となります。


連休も取りやすいですし、お盆やお正月も普通に休めます。


例えば「ゴールデンウィーク」で上手く有給を使うと10日くらい休めるわけですが、
そんなことを一般の病院で働く看護師さんがやったら殺されてしまいますよね。


また残業も多くありませんし、残業すればきちんと残業手当がつきます。


病院で働いている看護師さんでまともに残業手当が支給されているところは、それほど
多くはありません。皆さん大抵毎月サービス残業されていますよね。


同じ看護師の仕事でもこれほどまでに条件の差があるのは、ある意味驚きです。





■企業看護師はただ真面目に働くだけではだめ!


企業看護師の魅力はこうした待遇面だけではありません。


昨今「エボラウイルス」に感染した患者を治療するのに沢山の医療関係者が感染して、
世界中で話題になっています。すでに命を落とした医療関係者の方もいますよね。


企業看護師として働く場合、こういった「感染リスク」は病院で働くのとは問題になら
ないほど低くいです。ほとんどないといってもいいくらいです。


ただし、腰掛け程度に考えているのであれば、オススメできません。


特に一般企業は厳しい競争を勝ち抜かないと存続できません。常に成長するために進化
することが求められていますので、社員にも当然進化することが求められます。


企業看護師として実際に働いている方の多くが、危機感を持って働いていますし、より
スキルアップするために幅広い分野について勉強し、資格取得などに努めています。


特に外資系の会社は厳しいです。容赦なくリストラされます。


ただ真面目に働くだけではダメなんですね。


しかし、そうした点を差し引いても企業看護師として働くのは非常に魅力的です。



いきなり患者から怒鳴りつけられた場合の対処法とは?



長期間にわたって入院している患者さんの精神状態はどうしても不安定になります。


入院期間が長引けば長引くほど、良からぬことを考えては不安になります。


それまでおとなしかった患者さんが、ある日突然怒鳴りだすこともあります。


その時たまたまそばにいた看護師さんが餌食となってしまうことが多いわけですが、
いわれのないことを怒鳴りちらすので、対応に戸惑ってしまいます。


このとき絶対に口答えしないで下さい。まず患者さんの言い分を聞いてあげましょう。
しゃべっているうちに怒りが抑えられ、次第に冷静さを取り戻します。


そのまま患者さんのクレームを聞いてください。


本当に病院側の対応のまずさにクレームを入れている場合もあるからです。


そうした場合きは、まず謝罪してから上司に速やかに報告してください。


ストレスが頂点に達したため、取った行動であれば、再発する可能性もあります。


この場合も上司に報告します。いずれにしても、患者さんが看護師さんらに暴行を振る
ったり、暴言を吐いても刑事事件として病院側が訴えることはありません。


看護師さんが逆の行動を取れば、すぐにメディアで大きなニュースとなります。


そうならないためにも冷静な対応が求められます。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





 タグ

企業看護師の仕事の特徴について!人気の高い治験の仕事の魅力とは?




■治験関連の企業看護師について


企業看護師は、文字通り企業で働く看護師さんのことです。


一般企業の医務室で従業員の健康管理をするだけが企業看護師の仕事ではありません。
実際に企業看護師の仕事もここ数年でかなり多様化しています。


製薬会社では治験の仕事として企業看護師を求めています。


企業看護師が業務に携わる治験の仕事で代表的なのは以下の2つです。


(1)治験コーディネーター(CRC)

(2)臨床開発モニター(CRA)



治験コーディネーターは、医師の下で治験業務のサポートを行います。


一方、臨床開発モニターは治験に関する契約を行ったり、モニタリングを行います。
治験が正しく行われているか、それぞれの工程を精査するのも重要な仕事です。


治験の仕事は一般病院で働くのとは違ったコミュニケーション能力が必要です。


また、医療機器メーカーで医療機器の使用に関するサポートを行うフィールドナース
なども企業看護師の仕事の一つです。いずれも非常に人気の高い仕事です。


企業で働く看護師さんの仕事の中で一番専門性が低いとされるのが「産業看護師」の
仕事で、会社の従業員の健康管理などを行うのが主な仕事となっています。





■企業看護師の仕事を探すのは簡単ではない!


一般の間の人で企業看護師の存在を知っている人は皆無です。


それなりのキャリアがある看護師さんでも企業看護師について知ってる人は多くあり
ません。ですので、裏をかえせばそれだけチャンスがあるともいえます。


残念ながら企業看護師の求人自体はそれほど多くありません。


ハローワークで企業看護師の求人を探すのは困難です。


またナースバンクも取り扱っている看護師求人の帯はが病院が中心となっています。


このため、ハローワークと同様に企業看護師の求人を探すのは難しいです。


企業看護師は非常に専門性が高い仕事なので、看護師転職サイトの利用は必須です。


看護師転職サイトでは「 未公開求人 」として取り扱っています。


当サイトが唯一オススメさせていただいている看護師専門の転職・就職支援サービス
を提供している「 ナースではたらこ 」は、この分野にも非常に強いです。





■企業看護師は本当に休みがとりやすいのか?


企業看護師は、病棟勤務では考えられないくらい「お休み」を取りやすいです。


特に外資系の製薬会社は仕事は大変厳しいですが、休みは取りやすいです。


実際に医療機関や介護施設で働く看護師さんよりも労働環境は恵まれています。


一般病院では病床がある関係で日曜祝日だけでなく、お盆やお正月でも休むわけには
いきませんが、一般企業の多くが土日祝日はお休みなのも大きなメリットです。


人手が足りない病院で働くと、休みを取るという労働者の権利すら気を使わなければ
取りにくい環境にありますので、こうした点に魅力を感じる方が多いです。


しかし治験の仕事に就くとなると、より専門性の高い知識をみにつけなければなりま
せんので、楽観視しすぎると入職した後に大変な思いをするので注意しましょう。


企業看護師はこんな方にピッタリ!家庭と仕事も無理なく両立できます!




■職場環境が病院よりも断然良い?


病院と異なり、一般の会社は週休2日(土日)が圧倒的に多いです。


ですので、こうした会社に勤務する企業看護師さんは毎週土日がお休みとなります。


ですので、病棟勤務で夜勤などの変則勤務に苦しみ、日曜日も出勤することが多かった
看護師さんからすれば、ありえないくり働きやすい「職場環境」です。


企業看護師として働くようになれば、「もっと早く企業看護師になればよかった」と、
思われるかもしれませんが、病棟勤務の経験がなければ採用されることはありません。


それだけ病院で働いた経験そのものに価値があるんです。


ただし、キャリア志向の高い看護師さんには向いていません。


仕事の中心は従業員の健康管理であるため看護技術が向上することはありません。


働きやすい職場であっても、仕事に物足りなさを感じる方も少なくありません。





■こんな方に企業看護師の仕事は向いています!


企業看護師に向いているのは、大学病院などの大型病院に長期間にわたって勤務してる
中高年の看護師さんで、多くの方がこのまま働き続けることに限界を感じています。


腰痛などの看護師特有の職業病に苦しんでいる方が非常に多いので、キャリアチェンジ
することによって、看護師として働き続けることが十分可能となります。


40代も後半に入ると、体力がガクンと落ちますので、次第に気力も低下します。


仕事全般が肉体的にも精神的にも過酷である大型病院で働き続けるのは困難です。


このため色々と難しい選択を迫られることになります。


その年代に入るとお子さんもすでに成人されている方が多いです。


このため、無理して看護師を続ける理由もありません。


自宅付近にある診療所に働く方も多いですが、企業看護師の仕事もオススメです。


これまでの経験から、従業員に対して適切な健康指導ができるでしょう。





■企業看護師なら家庭と仕事の両立が容易です!


企業看護師は、家庭と仕事を両立させたい看護師にもオススメできます。


一般病に長期間勤務されていた看護師さんからすれば非常に恵まれた環境にあります。


まず夜勤がない点が一番ありがたく感じると思います。


慢性的な睡眠不足に悩まされていた方は苦しみから開放されます。


また従業員の健康管理が主な仕事であるため、残業もほとんどありません。


ご主人が一般の会社に勤務されているのであれば、家族で休みの日も過ごせます。


一般病院で働くと家庭と仕事を両立させるのが何かと難しいですが、企業看護師として
働けば無理なくできます。こうした点も企業看護師の大きな魅力です。


企業看護師になるために必要な資格は看護師の資格以外にはとくにありません。


しかし、病棟勤務が最低でも3年程度は求められます。





■企業看護師になるには?企業看護師の求人を探すには?


正社員としても働けますし、パートやアルバイトなどの非常勤としても働けますので、
目的に合わせて働くことができますが、求人の数はそれほど多くありません。


今後増える可能性は十分ありますが、殘念ながら地方によってはほとんどありません。


企業看護師の求人は、一般の転職サイトや求人サイトでも探すことができます。


しかし、看護師さんの仕事は非常に専門でいが高いので、看護師さん専門の転職・就職
支援サービスを提供する看護師転職サイトを利用されることをオススメします。


より質の高いサービスを利用されたほうが、スムーズに就職活動ができます。


普段どおり生活しながら、就職活動を進めることができます。


希望にあった求人を探してくれるのは勿論ですが、求人先に自分では聞きづらいことも、
あなたに代わって確認してくれるので、色々な意味で頼れる存在です。



企業看護師の役割とは?一般病院で働くよりも本当に楽なのか?




■企業看護師の仕事とは?


「企業看護師」という言葉を耳にしたことがございますでしょうか?


企業看護師は「産業看護師」ともいわれていますが、地方では大きな工業団地がある
ような地域でなければ、あまり馴染みのない言葉かもしれません。


都会に本社を構える比較的規模の大きな企業は、従業員の心と体の「健康管理」にも
力を入れていますので、保健指導も企業側が先頭に立って行っています。


企業看護師は、医師をサポートしながら従業員の保健指導を行います。


このため一般病院で働くのとはかなり勝手が異なります。


企業看護師は「医療行為」を殆ど行いません。従業員が仕事中に怪我や病気で倒れ
てしまった場合など、可能な範囲で「応急処置」を行う程度です。


このため病棟勤務の看護師さんの仕事よりも肉体的にも精神的にも負担は小さいです。


健康管理が主な仕事ですので、責任もそれほど大きくありません。





■企業看護師の役割について


基本的に企業看護師の職場は会社の医務室や保健室です。


会社で働いている人たちの健康管理が主な仕事であるため、病人の看護はしませんし、
人の命に関わる責任はありませんので、そうした面だけみれば比較的楽といえます。


一般病院やクリニックで働くのとは勝手が異なるので、最初は戸惑うと思います。


それぞれの従業員の健康に関するデータを管理しなければなりません。


医務室での従業員との会話も非常に大事です。


近年ではコンプライアンスを厳格化する企業が多いです。


その代償として働きにくい職場環境となってしまうケースが増えています。


心理的ストレスがあまりにも強いため、一度でも「 うつ病 」など心の病を患うと、
長期間に渡って療養することになり、こうした問題が年々悪化しています。


このため従業員の心の問題が取り沙汰されるようになりました。


こうしたことから、病棟勤務にはない難しさが企業看護師の仕事にはあります。


ですので、「病棟勤務より楽そうだな」といった意識では働くことはできません。






■経験ゼロでいきなり企業看護師にはなれません


殘念ながら過酷な病棟勤務でそれなりのキャリアを積んだ看護師さんの中には、医療
機関以外の看護師さんの仕事を軽視する向きが強いですが、これは間違いです。


医療機関で働くのとはまた違った難しさがあります。


ただし、労働環境に関しては医療機関で働くよりも恵まれています。


まず原則的に夜勤はありませんし、土日・祝日が休みの会社が圧倒的に多いです。


このため、企業看護師もカレンダーどおり休むことができます。


一般病院に勤務している看護師さんからすれば羨ましいですよね。


ただし、介護施設でもそうですが、臨床経験のない看護師さんを採用することはまず
ありえません。3年以上の病棟勤務が求められますので、覚悟して下さい。


これからキャリアアップを目指す看護師さんからすると、仕事の大半が従業員の健康
管理である企業看護師として働くのは、少し物足りないかもしれません。


しかし、大学病院のような大型病院で働く看護師さんが、中高年になると肉体的にも
精神的にも限界に達しますので、どこかで区切りをつけなければなりません。


そうした場合に第二の看護師人生として、企業看護師は最適かもしれません。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます