病院以外の仕事についてのカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

カテゴリ:病院以外の仕事について

病院以外の仕事についてのカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
病児保育施設での看護師の仕事と役割について!一般の保育園よりも働くのが難しい?

病院以外の仕事について
■病児保育施設とは?日本では病院以外でも医療サービスを提供してくれる色々なタイプの施設があります。そうした中で今回は、「病児保育施設」について解説させていただ…

記事を読む

高齢者集合住宅の健康管理室や訪問看護の仕事とは? 他の介護施設よりも雰囲気が良い!

病院以外の仕事について
■高齢者集合住宅とは?介護関連の仕事は実に幅広く、老人ホームだけでも色々な種類があります。そうした中で今回は「高齢者集合住宅」での看護師さんの仕事について解説…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■デイサービスとは?以前ほどではありませんが、病棟勤務の看護師さんの中には、「介護関連施設」へ転職される方も少なくありません。中でもデイサービスやデイケアは人…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■エスコートナースとは?看護師さんの仕事は年々多様化していまして、すでに病院などの医療機関だけでなく、企業や学校などの教育機関、行政機関など幅広い分野に広がっ…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■看護師が働ける介護施設の仕事とは?少子高齢化が進んだ影響から、一般病院でも高齢患者が占める割合が増えています。こうした影響を受けて看護師さんの仕事も「介護色…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■求人も少なく正職員で働くのは難しい?産業看護師として働けるのは、企業や学校だけではありません。大手系列のホテルや各種レジャー施設にも医務室はあります。基本的…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■シップナースの求人は少ない?看護師さんの仕事は病院をはじめとした医療機関だけではありません。大げさな話ではなく、働ける職場は、年々増えているといってもいいく…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■クリニックと病院の違いについて看護師の資格を活かして働ける場所は病院以外にも沢山あります。そうした中で最近転職を検討している看護師さんの間で注目を集めている…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■病院以外にも看護師さんの活躍の場が増えています日本全国には8000以上の病院があり、その大半が人材不足で苦しんでいます。そうした大変厳しい状況にありながら、…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■エステサロンと美容系クリニックの特徴について看護師さんのお仕事は、美容系のエステやクリニックまで広がっています。美容に対する女性の意識は年々大きくなるばかり…

記事を読む

病児保育施設での看護師の仕事と役割について!一般の保育園よりも働くのが難しい?




onnatomodachi.png



■病児保育施設とは?


日本では病院以外でも医療サービスを提供してくれる色々なタイプの施設があります。
そうした中で今回は、「病児保育施設」について解説させていただきます。


病児保育施設は、重度な病気やケガを患ったため、保育園・幼稚園や学校に通うことが
できないお子さんを預かる施設です。ここでも勿論看護師さんの仕事があります。


病児保育施設は、上述したとおり特別な事情があるお子さんしか預かることができない
ので、当然のことながら病院のようにいきなり訪れて預ってもらうことはできません。


事前登録が必要なケースが多く、1回あたり3000円前後で預かってくれます。


しかも、保育士さんや看護師さんが、お子さんたちが病気やケガから回復するように、
しっかりケアしてくれますので、安心して可愛い我が子を預けることができます。


病気やケガをした子供を専門的に預かっているため、看護師が沢山働いています。


しかし、病児保育施設は、一般的な保育園や幼稚園とは比較にならないほど施設の数が
少ないので、どうしても「看護師求人」の数が少なくないのが現状のようです。





■病児保育施設の役割について


小さな子供たちの間でも突発的な原因不明の病気を患うケースも増えてます。


そもそも、なぜこのような施設が必要なのかといえば、子供を保育園や幼稚園に通わせ
たくても、保育園・幼稚園側から子供を預かることを拒否されてしまったからです。


保育園や幼稚園側も保育のプロですから、本当だったらそうしたことはしたくないはず
なんです。しかし、他の園児の親御さんからのクレームを非常に恐れています。


悲しいことに病気やケガを患っている子供が自分の子供と同じクラスにいるのが嫌だと
思う人が少なく無いのが現状で、きれいごとではやっていけない事情が色々あります。


モンスターペイシェントだけでなく、モンスターペアレントが増殖している現代では、
こうした態度を取られてしまうのも、殘念ながら無理ないのかもしれません。


このため、病児保育施設の充実を求める声が拡大しています。


しかし、殘念ながら「少子高齢化」が進む我が国では、こうした動きに呼応する姿が、
正直行政側からはみうけられませんし、民間でも動きが非常に鈍いです。


確かに大きなビジネスチャンスがないので、無理ありません。


しかし、病児保育施設数は少なくても非常に重要な施設として、病気のお子さんを持つ
親御さんからは非常に厚い信頼を得ており、頼れる存在であることは間違いないです。





■病児保育施設での看護師さんの仕事について


病児保育施設における看護師さんの仕事についてですが、保育園や幼稚園で働いている
看護師さんの仕事にプラスして、色々な雑務があるため、楽な仕事ではありません。


突然容態が変化するケースもあるので、万が一のことが起こったら迅速に対応しなけれ
ばなりませんし、そうならないように常に子供たちを見守っていなければなりません。


こうした点に関しては、一般の保育園や幼稚園で働いている看護師さんよりも、看護師
としての確かな経験とスキルが必要ですし、色々と配慮できなければ難しいです。


例えば病児保育施設では感染症を患っている子供を預かることも少なくありません。


自分自身は勿論のことですが、施設内で働く職員や預かっているお子さんに感染させて
しまうと大問題となってしまうので、感染対策について高度な知識が必要です。


また施設によって、預かることができるお子さんの年齢が異なります。多くの施設では
1歳から小学校1〜2年生くらいまでを対象にしているところが多いです。


このため保育園と学童の機能をあわせもつ施設も少なくありません。


先に述べたとおり、病児保育施設で働いている看護師さんは、看護師として確かな経験
とスキルが求められるので、一見すると大変そうに思えるかもしれません。


しかし一般の保育園や幼稚園よりも多くの看護師さんが働いていますので、保育士さん
の中で浮くことはありませんし、肩身の狭い思いをすることもありません。


看護師さん同士で助け合いながら働ける点は大きなメリットとなっています。


高齢者集合住宅の健康管理室や訪問看護の仕事とは? 他の介護施設よりも雰囲気が良い!



4.png



■高齢者集合住宅とは?


介護関連の仕事は実に幅広く、老人ホームだけでも色々な種類があります。そうした中
で今回は「高齢者集合住宅」での看護師さんの仕事について解説させていただきます。


高齢者集合住宅は、1980年代後半に産声をあげた高齢者住宅です。


高齢者集合住宅も色々な種類がありますのえ、最初は何かと戸惑うことが多いです。


施設の設備も高齢者の方々安心・安全・快適に生活できるように非常に充実しています。
そうした状況にありながら日常的な生活支援のための各種のサービスがついています。


看護師さんの「看護サービス」もその一つに当たるわけですが、。


高齢者集合住宅の多くが集合住宅で、単身や夫婦の高齢者のみ入居できます。


自分らしい老後のライフスタイルを追求し続けることが大きな魅力です。


子供たちが独立し、夫婦二人だけで生活するのは何かと心細いですし、どちらかが先に
旅立ってしまうと、一人とり残された方は、その後の生活は非常に孤独です。


しかし、高齢者集合住宅で生活し続ければ、同じような境遇にある仲間が沢山います。
そうした点でも高齢者集合住宅は身性に魅力があり、今後さらに人気化するでしょう。


シルバーハウジング、シニア住宅、ケアハウス、有料老人ホーム、グループリビング、
などが代表的な高齢者集合住宅でして、積極的に住み替える人も増えています。





■高齢者集合住宅での看護師の仕事とは?


看護師さんの仕事についてですが、こうした高齢者向け集合住宅の中に設置された健康
管理室が看護師さんの職場になります。規模によって配置される数が異なります。


大体5名から10名程度が一般的とされていまして、高齢者さんの症状をきちんと確認
しながら、皆さんが健康で安心して生活出来るようにサポートするのが主な仕事です。


高齢者さんは、昨日まで元気だったのが突然容態が急変することが少なくありません。


ですので高齢者さんを見守るような姿勢で働かなければ、万が一の時に対応することが
できません。必ず体調のチェックをこまめに行う必要がどうしてもあります。


また、入居者の方の中には病院の患者さんとは異なり、重度の病気を患っているケース
はほとんどいませんが、持病に苦しんでいる方は少なくありません。


このため、メンタルヘルスケアを含んだ「健康指導」も重要な仕事です。


また、介護の仕事も当然含まれています。食事や排せつ、風呂やリハビリなどを含んだ
適度な運動なども看護師さんが付き添いながら助けてあげるのも重要な仕事です。


高齢者集合住宅では、看護師さんとしての仕事も大事ですが、状況が状況なだけに介護
の仕事は避けられません。この点に関しては十分検討する必要があります。


入職してから、「介護の仕事は私の仕事ではありません」といったとこで、聞き入れて
もらえるはずもありませんので、本当に働く気があるのか、再三自問自答して下さい。





■高齢者集合住宅で働くさいの注意点とは?


高齢者集合住宅にある健康管理室では、入居者さんの「リハビリ」も行っていますので、
室内における「衛生管理」や「感染症対策」も看護師さんの仕事となっています。


高齢者集合住宅に勤務する看護師さんのお給料についてですが、基本的に夜勤がありま
すので、「夜勤手当」が給料に占める割合は、かなり大きいです。


このため平均的な看護師さんのお給料よりも高めに支給されており、多くの「職場」で
人手が足りていないため、どうしても残業が多く、残業代もそれなりの額になります。


また、職場によって仕事内容が微妙に異なりますので、注意が必要です。


実際に応募するさいは、疑問点を全て書き出して、自分で調べれば分かる程度のことで
あれば、自分で調べましょう。しかしどうしても分からない点が出てくるでしょう。


そうした場合、頼りになるのが「看護師転職サイト」です。求人の斡旋だけでなく、
転職に関する様々なサポートを行っていますので、これを利用しない手はありません。


特に「介護業務」については確認してください。そうしないと、介護に仕事をいつでも
どこでも行わなければならなくなりますので、一定のところで線引が必要です。


この点を採用担当者に牽制しておけば、自分の選んだ求人を選べやすいです。


また、高齢者集合住宅は、他の介護施設の求人に比べると数は少ないです。


また、都心の方が地方よりも求人数は多くいので、どのようなエリアで求人が多いのか、
多情報収集も非常に重要です。こうした点からも看護師転職サイトの利用は必須です。


デイサービスでの看護師の仕事とは?職場全体に働きやすい環境が整っている?




■デイサービスとは?


以前ほどではありませんが、病棟勤務の看護師さんの中には、「介護関連施設」へ転職
される方も少なくありません。中でもデイサービスやデイケアは人気が高いです。


デイサービスは、要介護認定を受けた高齢者さんが受けられる介護サービスです。


自宅での介護が可能であるため、特定の施設に入居すること無く、自宅から通いながら
レクレーションや運動機能を向上させるリハビリなどの介護サービスを受けられます。


またデイサービスを利用することにより、ご家族の介護負担を軽減することができます。


看護師さんのデイサービスでの仕事は、主にバイタルチェックが中心です。


しかし、デイサービスで働く人達の大半は「介護士さん」です。


しかも、多くの施設が十分人材が足りている状態ではありません。


このためほぼ毎日介護士さんの仕事を手伝うことになりますので、キャリア志向の高い
看護師さんにはデイサービスに限らず介護関連施設で働くのはオススメできません。





■デイサービスは他の介護関連施設よりも働きやすい?


そして、デイサービスで働くメリットについてですが、デイサービスの大半が入居施設
がないため、基本的に夜勤がありません。また残業もほとんどありません。


このため、「特別養護老人ホーム」のような入居施設がある介護関連施設で働く場合と
比較するとデイサービスの方が肉体的にも精神的にも負担が小さい点が上げられます。


ですので、子育て中の看護師さんでも、無理なく仕事と家庭の両立が可能です。


デイサービスは、かなり融通がきく職場の一つでして、常勤で働くことに強いこだわり
がなければ、パートやアルバイトなどの非常勤で週2〜3回程度の勤務も可能です。


デイサービスは数ある介護関連施設の中でも、働きやすい職場の一つです。


このため非常に人気が高く、それゆえに「離職率」が低いのが特徴です。介護士さんの
求人でさえ、あまり多くないので、看護師さんの求人はさらに少ないです。





■デイサービスの役割とは?


デイサービスは、毎朝決まった時間に利用者のお宅へ訪問し、施設に送り届けます。


出来るだけ利用者さんを飽きさせない工夫が各施設ごとになされています。


そして施設内でレクレーションや運動機能の回復及び老化を防ぐための簡単なリハビリ、
健康診断、食事、入浴などを行うのですが、午前中はとにかく忙しいです。


利用者の大半が要介護認定を受けている高齢者さんであるため、軽度の「認知症」の方
も少なくありません。このため一般病院での経験が大いに役立つことでしょう。


しかしレクレーションや食事の場で認知症の利用者さんが他の利用者さんと喧嘩になる
ことも少なくないので、慣れるまでの間は、その対応に戸惑うかもしれません。


80歳を超える高齢者さんの中には、すでにパートナーに先立たれた方も多いです。


しかも仲の良かったお友達が全員亡くなられ、毎日孤独に過ごしている方も少なくない
ので、施設内で沢山の人たちと触れることで孤独から解放するのも大切な仕事です。





■デイサービスでの看護師さんのお給料について


介護職全般にいえることですが、お給料は決して高くありません。


ケアマネージャーでさえも、一般病院に勤務する看護師3年目のお給料よりも低いので、
介護職として働いている人たちの多くが短期間で介護職から撤退してしまいます。


そうした中でデイサービスは比較的お給料が高めに設定されているうえに、働きやすい
環境にあるため人気が高いです。もちろん施設によってお給料は微妙に異なります。


常勤で働く看護師さんの場合、基本給で20万円から25万円程度です。


これにボーナスや色々な手当がプラスされるので、年収ベースでは300万円から、
400万円程度となっています。しかし、400万円を超える人の方が少ないです。


一般病院で働いている看護師さんからすると、かなり低く思われるかもしれませんが、
介護士さんのお給料とは比較にならないくらい高めに設定されています。


施設がそれほど多くないうえに離職率も低いため、看護師さんの求人はそれほど多くは
ありませんが、パート・アルバイトであれば比較的求人も多いので、狙い目です。


エスコートナースの仕事とは?語学力と様々な交渉ごとを行う人間力が必要です




■エスコートナースとは?


看護師さんの仕事は年々多様化していまして、すでに病院などの医療機関だけでなく、
企業や学校などの教育機関、行政機関など幅広い分野に広がっています。


そうした中で「エスコートナース」という、他の看護師さんの仕事とは、趣が異なる
仕事があります。エスコートナースは特定の施設内で働くことはありません。


海外で怪我や病気になった日本人の患者さんを現地の病院から日本の病院へ搬送しな
ければならないわけですが、そのさいに帯同するのがエスコートナースです。


また、反対に外国人の患者さんが日本でケガや病気をした場合は、現地の病院へ搬送
することになれば、日本側のエスコートナースが同行することもあります。


エスコートナースの仕事は依然として日本では一般の人達の間で認識されていません。


しかし、海外旅行を楽しむ人達が増えているので、潜在的な需要が大きな仕事です。





■エスコートナースの仕事とは?


エスコートナースは、ただの付添人ではありません。


目的地にある病院へ搬送するまでにやらなければならないことが沢山あります。


例えば、搬送中の患者さんのバイタルサインのチェックは欠かせません。


ただの骨折だったとしても、飛行機の中で長時間過ごすと血栓ができてしまう可能性
があり、場合によってはエコノミー症候群を発症させてしまうリスクが潜んでます。


飛行機の中は普段の生活とは異なる空間なので、何が起こるか分かりません。


このため患者さんの状態を常に観察しなければならないわけです。もちろんただ見て
いるだけではダメです。その経緯をきちんと記録しなければなりません。


また、搬送中に患者さんの様態が急に悪化することも十分ありえることなので、常に
緊張感を持ちながら仕事をすることとなり、精神的にもかなりハードです。





■エスコートナースとして働く方法について


エスコートナースは、現地の病院で働くスタッフらとコミュニケーションを取らなけ
れば成立しません。また色々な交渉ごとを患者さんに代わって行うことも多いです。


このため語学力(特に英語)が求められることになります。


しかもエスコートナースの仕事のみを行っている看護師さんはほとんどいません。


普段は別の仕事をしながら、事業所から連絡が入ったときにのみ、エスコートナース
として働くので、よりストレスフルな環境の中で働くことになります。


ですので、もしエスコートナースとして働くのであれば、こうした環境に身を投じる
覚悟と患者さんの搬送業務に強い関心がなければ正直難しいです。


「海外にいける」「語学力を試したい」程度の志では到底務まりません。


基本的に観光気分を味わうことはできないと認識してください。


最後にエスコートナースとして働く方法についてですが、国内外の「患者搬送業務」
を行なっている企業に就職するか、専門の事業所に登録しておく必要があります。


事業所に登録する場合は、複数の事業所に登録されることをオススメします。


スタッフとして登録した場合、患者さんに帯同しながら様々な交渉ごとに柔軟に対応
できること、色々な診療科目に精通していることも重要なポイントです。


介護施設での看護師の仕事とは?なぜ多くの看護師が介護関連の仕事を避けるのか?




■看護師が働ける介護施設の仕事とは?


少子高齢化が進んだ影響から、一般病院でも高齢患者が占める割合が増えています。
こうした影響を受けて看護師さんの仕事も「介護色」が年々強まっています。


そうした中で一般病院に勤務しながら、ケアマネージャーなど介護関連の資格を取得
する方も多く、そのまま介護関連の仕事にキャリアチェンジする方もいます。


介護施設には色々な種類がありまして、特別養護老人ホームだけではありません。


「デイサービス」といって、利用者さんの自宅から施設まで通いながら介護サービス
を受ける「通所サービス」などの施設も最近ではいたるところで見受けられます。


2000年に入ってから現在まで銀行が積極的に融資してきた業界が介護業界である
ため、デイサービスや老人ホームなど介護関連の施設が増えたようです。


しかし、これでも入居希望者に対して受け入れる施設の数が全く足りていません。


要介護認定を受けた高齢者さんのみ受けることができます。


一方、介護施設の代表的な施設といえば「特別養護老人ホーム」です。


特別養護老人ホームは、常時介護が必要な高齢者さんが対象です。


自宅では適切な介護ができない方に対して施設に入居してもらいます。


食事、入浴、排泄などのケア及びサポートを受けることができます。





■介護関連の仕事はなぜ看護師から人気がないのか?


一般病院で働いている看護師さんの中には、病院以外ところで働きたいと考えている
方が非常に多いですが、介護関連の仕事へ転職したいと考えている方は少ないです。


老人ホームやデイサービスなど介護関連の求人は年々人気がなくなっています。


上述したとおり、ケアマネージャーの資格を取得する看護師さんも少なくありません。


しかしケアマネジャーの資格が2000年に誕生した当初よりも、介護の仕事に興味
を示す人が少なくなったように思います。事実平成24年をピークに達しています。


なぜ看護師さんの間で介護関連の仕事が不人気になってしまったのか?


上述した通り、一般病院でも高齢患者さんが急速に増えたため、看護師さんの仕事も
介護色が強まっているわけですが、病院と介護施設では賃金に大きな差があります。


デイサービスやデイケアは日勤だけなので比較的に看護師さんの間でも人気があるの
ですが、特別養護老人ホームは夜勤があり、しかも慢性的な人材不足です。


人手が足りないので介護の仕事も手伝わなければなりません。


余裕が全くない職場の人間関係ほど酷いものはありません。





■介護施設で働く看護師が直面する問題とは?


介護職の方から陰湿ないじめを受けるケースも少なくありません。こうした状況では、
介護職の人達と協力し合いながら働くという意識を持つことは難しいでしょう。


また医師とのやり取りも非常に煩わしさを感じている看護師さんが多いです。


実際に全ての介護関連施設の職場を見たわけではないので、断言はできませんが、
正直介護関連施設の職場における人間関係は、かなり問題があると認識しておます。


特にベテランの介護職員との間に問題が生じるケースが多いようです。


実際に看護師さんの中には陰湿ないじめに会う方も少なくありません。


また介護職の方が利用者さんのケアを行っているときに、怪我など何らかしら問題が
生じれば、自分の仕事をストップして、それをフォローしなければなりません。


しかも介護職として働く人は、年齢層が比較的高いので、指導すると角が立ちます。
このため看護も介護もきちんとこなさねばならなくなり、仕事はかなりキツイです。


一方、デイサービスやデイケアでの看護師さんの仕事は、傍から見ると一見楽に思え
るかもしれませんが、現実にはそんなことはまったくありません。


施設の規模にもよりますが、デイサービスやデイケアでは、配置される看護師が一人
のところも少なくありません。慣れるまでの間は非常に孤独を感じます。


例えば利用者さんが突然怪我や病気を引き起こせば全て一人で対応することになりま
すので、仕事に対する責任の重さは、人によっては病院で働いていたとき以上です。


介護職は向き不向きが極端な仕事の一つといっても過言ではありません。介護職以外
にも看護師さんが働ける職場は沢山あるので、幅広く検討した上で決めるべきです。


ホテルやレジャー施設の医務室での看護師の仕事とは?求人の数が非常に少ない理由とは?




■求人も少なく正職員で働くのは難しい?


産業看護師として働けるのは、企業や学校だけではありません。


大手系列のホテルや各種レジャー施設にも医務室はあります。


基本的に医務室を完備しているところであれば、どこでも看護師さんや保健師さんを
規模に応じて配置しなければなりませんので、需要はその分あるわけです。


そして、肝心の求人についてですが、病院以外の看護師求人は「ハローワーク」や、
一般の「求人サイト」には、ほとんど掲載されていません。


というのも他の職種の求人案件よりも時給がかなり高いので、勘違いして応募が殺到
するからです。ですので、看護師転職サイトの非公開求人で占められています。


東京や大阪など大都市圏にあるシティホテルは年間を通じて利用者が多いわけですが、
地方にあるレジャー施設やホテルは季節によって訪れる利用者の数が異なります。


しかしながら、スキー場など一部を除いて一年中営業していますので、募集は定期的
に行われていますが、その大半はアルバイトやパートでの求人が中心です。


常勤で働く正職員としての求人もありますが、その数は限られています。


もしホテルやレジャー施設の医務室で働くことを希望されているのであれば、派遣や
長期アルバイトが一番確実ですが、正職員として働くのは難易度が高いです。


看護師転職サイトを利用して、希望にあった求人案件を紹介してもらうのを待つしか
ありません。ですので、業種を問わず「医務室勤務」の求人を探すべきです。





■ホテルの医務室勤務の看護師のお給料や勤務条件について


規模の大きいグレードの高い老舗ホテルは、部屋数が多いので、宿泊客もその分多く
なりますので、対応する従業員の数も比例して多くなります。


このため、ホテルを利用する宿泊客だけでなく、従業員も突発的に病気や怪我を患う
可能性もあるので、その規模に合わせた医務室を設置しているわけです。


ホテルオークラやプリンスホテルの医務室は設備面でも優れています。


大都市圏にあるホテルでも正社員として雇用は少なく、派遣や契約社員が多いです。


気になるお給料についてですが、月給で25万円(24万円から29万)前後です。
月給30万円を超える求人はありませんので、物足りなさを感じるかもしれません。


確かに一般企業の医務室勤務の求人よりも条件としては、かなり落ちます。


しかし、大都市圏にあるホテルの多くが「商業エリア」の一等地にありますので、
こうした都会的な雰囲気の中で働くことに魅力を感じている方にはピッタリです。


また駅からも近いですし、交通費に関しては上限なく支払われるケースが多いので、
多少自宅から距離があっても通勤可能です。ちなみに勤務シフトは交代制でです。


勤務時間は9:00〜17:30、11:30〜20:00が一般的となっています。





■ホテルやレジャー施設の仕事量は少ない?


上述したとおり、ホテルやレジャー施設の中にある医務室での看護師さんの仕事は、
企業の医務室勤務とほぼ同じですが、従業員の大半が正社員ではありません。


短期アルバイトや単発・スポットで働いている人も非常に多いので、一般企業のよう
に従業員向けの健康管理やメンタルヘルスケアには、ほとんど力を入れていません。


このためホテルやレジャー施設の医務室で働く看護師さんの仕事は、利用者や宿泊客
の突発的な怪我や病気などの応急処置や救急車の手配などを主に行います。


また、「健康診断」を行なうこともありませんので、仕事量に関しては、企業や学校、
行政機関の医務室勤務よりも少ないため、正社員として雇用するケースが少ないです。


しかしながらレジャー施設を利用するお客さんやホテルの宿泊客は、ある時期に集中
することが多く、例えばゴールデンウィークなどは利用者が一時的に急増します。


スキー場などは冬限定で利用者が訪れるので、求人の数がどうしても偏ります。


一般の従業員ですら少ないので「 看護師求人 」となると、さらに少ないです。


繰り返しになりますが、あくまでも企業や学校などの「医務室」で働くことを目指し
ながら、ホテルなどは転職候補先の一つに考える程度にとどめるべきです。


シップナースの仕事とは?英語力は必須?男性看護師の方が需要がある?




■シップナースの求人は少ない?


看護師さんの仕事は病院をはじめとした医療機関だけではありません。大げさな話では
なく、働ける職場は、年々増えているといってもいいくらい多様化しています。


今回は、看護師さんの仕事の中でもユニークな部類に入る「 シップナース 」について
解説させて頂きます。シップナースはその名の通り船の中で働く看護師さんです。


船といっても、色々なタイプがありますが、シップナースが求められるのは、いわゆる
客船と呼ばれる大きな船です。とはいっても求人そのものは非常に少ないです。


というも日本では豪華客船で旅行する人が欧米(特に欧州)のように一般的ではありま
せんので、客船そのものが非常に少ないので、需要そのものが少ないです。


しかし、会社を定年退職したご夫婦が、これまでの苦労を労う形で豪華客船での船旅を
楽しむケースが増えていますので、今後人気が拡大する可能性は十分あります。


豪華客船以外にも大型の貨物船などでもシップナースの需要はありますが、仕事が仕事
なだけに女性看護師よりも、男性看護師が好まれる傾向が強いように見受けられます。





■シップナースの主な仕事について


シップナースの仕事についてですが、基本的に船内に設置されている「医務室」にて、
お客様の健康管理や急な病気や怪我などを治療するのが主な仕事となります。


実際に船旅に慣れている人は、非常に少ないので、「船酔い」に苦しめられるお客様が
非常に多いです。体調不良を訴えてくる方も多いので、健康相談も重要な仕事です。


場合によっては病院に搬送しなければならないので、そうした場合は適切な対応が求め
られるため、責任は重大です。このためそれなりの経験がどうしても求められます。


また旅行会社が企画するツアーを利用した個人および団体客も客船を利用しますので、
こうしたツアーに添乗するツアーナースもシップナースに含まれることも多いです。


ちなみに船旅は国内旅行だけでなく海外旅行もあります。


このため船内では外国人のお客様と接する機会もすくなくありません。


今年に入ってから円安が急速にすすんでいるため、今後は外国人客をターゲットにした
プランも増えることが予想されているので、英語でのコミュニケーションも重要です。


このため求人では英語力が問われて無くても、それなりの英語力が必要になりますし、
上述した理由から、今後さらに英語力を問われる機会が多くなることでしょう。





■シップナースとして働くうえで大切なこと


飛行機なら数時間で行けるところへ、わざわざ数日かけて行くわけですから、基本的に
船旅を楽しむお客様は、時間とお金に余裕がある方が圧倒的に多いです。


このため、お客様の中には熟年者や高齢者が少なくありません。2000年代後半から
団塊世代の方が大量にリタイアしたため、今も高齢層のお客様が増加傾向にあります。


やはり、時間を気にせずに夫婦水入らずの旅が受けているようです。そうしたお客様の
健康を守るためにも、シップナースの役割は非常に大きなものがあります。


ですので、病棟勤務とは違ったタイプのコミュニケーション能力が問われます。


やはりサービス業としての色合いが強いので接客が嫌いな人は向いていません。


船旅は電車やバス、飛行機などと比べて、お客様と接する機会が多いです。


特に中高年のお客様の中には、持病を抱えている方も多いです。


お客様の方から相談されることも少なくありません。


安心して船旅を楽しんでもらうためにも、その対応の仕方が問われます。このため、
お客様とのコミュニケーションは、病院でのそれとはひと味違います。


最後にツアーナースの求人についてですが、上述した通り、特殊な仕事であるため、
その数は非常に少なく、ハローワークや一般の求人サイトで探すのは困難です。


看護師転職サイトへ登録して求人の紹介を待つのが一般的です。


美容皮膚科クリニックでの看護師の仕事について!皮膚科の美容皮膚科の違いとは?




■クリニックと病院の違いについて


看護師の資格を活かして働ける場所は病院以外にも沢山あります。そうした中で最近
転職を検討している看護師さんの間で注目を集めているのが、美容系の職場です。


今回は美容皮膚科クリニックについて解説させていだきます。


まず、クリニックと病院の違いについてよく質問を受けるのですが、あなたは違いを
ご存知ですか?、医療法によってクリニックと病院の違いを定義されています。


クリニックは、医師が、医業を行う場所で、患者を入院させるための施設を有しない、
もしくは19人以下の患者を入院できる設備があるものをいいます。


一方、病院は医師が、医業を行う場所で、20人以上の患者が入院できる設備がある
ものをいい、これらを具体的に分けるために病院、クリニックと呼んでいます。





■皮膚科と美容皮膚科の違いについて


最近の傾向としては、クリニックでも新しい診療科が続々と誕生しています。


ですので美容皮膚科といっても、一般の人の間では内容を理解していない場合が多く、
「美容皮膚科」と「皮膚科」を同じものと考えているケースが多いです。


しかし、実際には美容皮膚科と皮膚科は似て非なるものです。


まず皮膚科に関しては、ある程度規模の大きな病院であれば診療科目に入ってますが、
美容皮膚科が入っている病院は、殘念ながら現状ではほとんどありません。


一般的な皮膚科と美容皮膚科の違いについてですが、皮膚科は湿疹やアトピーなどの
皮膚病や、魚の目、イボ、ニキビ、水虫などの皮膚の疾患に関する治療を行います。


一方、美容皮膚科ではシミ・ソバカス、ほうれい線、ほくろ、おでき、しわの治療、
ボトックス注射やヒアルロン酸注射、レーザー脱毛などの治療を行います。


病院の皮膚科であれば、治療費の大半は健康保険が適用されます。


美容皮膚科が行っている治療の大半は健康保険が適用されません。


こうした点も皮膚科と美容皮膚科の大きな違いになります。





■美容皮膚科で働く難しさについて


そして、「美容外科」と「美容皮膚科」の違いについてですが、基本的に美容外科は
整形手術ができるのに対して、美容皮膚科では整形手術が一切できません。


上述した通り、美容皮膚科で行っている治療の大半が保険適用外であるため、多くの
美容皮膚科クリニックでは患者さんを確保するため、営業努力を怠れば破綻します。


このため看護師としてどれだけ能力が高くても、接客・営業が出来なければ長く働く
ことができません。実際にノルマが設定されているところも少なくありません。


ノルマをクリアできれば、その分の「報酬」は得られるので、一般病院にはない魅力
がありますが、営業が苦手であれば、ノルマがない職場を選びましょう。


最後に転職についてですが、どうしても皮膚科で働いた経験のある人は優遇されます。


基本的に病院勤務とは異なり、夜勤がないので働きやすさの面では、肉体的に負担は
小さいですが、サービス業として面がより強いので、決して楽ではありません。



コールセンターでの看護師の仕事とは?病棟勤務にはない難しさとは?




■病院以外にも看護師さんの活躍の場が増えています


日本全国には8000以上の病院があり、その大半が人材不足で苦しんでいます。


そうした大変厳しい状況にありながら、「病院以外の職場で働きたい」と考えている
看護師さんが増えているため、さらに人材難を生む状況が加速しています。


皮肉にも医療に関する仕事が多様化しているので、看護師さんが活躍できる場が年々
増えていますので、今後もこうした傾向が続くことが予想されています。


そうした中、コールセンターの仕事が看護師さんの間で注目を集めています。


単に転職を検討してる病院勤務の看護師さんだけでなく、家計を助けるために看護師
資格を生かしてパートやアルバイトで働く看護師さんも増えています。


人々の健康に対する意識が高まっている影響から、年々需要が拡大しています。





■コールセンターの仕事について


企業によっては、コールセンターを自社で運営・管理しているところもありますが、
コールセンター専門の会社にアウトソーシングするケースが増えています。


実際に医療関係を初め、様々な業界・業態のカスタマサポートのアウトソーシング先
として存在するコールセンター専門の会社が幅広く看護師さんを募集しています。


ですので、同じ会社名で全く違う業界の従業員募集の広告を出しているのを目にする
かもしれませんが、決して怪しい会社ではなく、こうした理由が背景にあるんです。


コールセンターでの看護師さんの仕事は、基本的に電話での健康相談が中心でして、
これまで培った看護師としての経験を最大限生かすことが出来ます。


また電話相談の中身についてですが、急な怪我や病気などの「応急処置」についての
問い合わせが大半で、休日や夜間にこういった問い合わせが急に入ります。


こうした場合に大切なのが、電話の向こう側にいる人がどのような状況にあるのか、
把握することで、それに合わせてどのような対応を取るか瞬時に判断します。


ですのでコールセンターの仕事における看護師さんの役割は非常な大きいことから、
求人に関しも3年以上の臨床経験のある看護師さんが求められています。





■コールセンターの仕事はこんな人にぴったり


また、上述した通り人々の健康に対する意識が高まっていることから、健康に関する
相談の問い合わせも多いので、まさに看護師さんにピッタリの仕事です。


いい加減なことを言ってしまうと、後になって問題になりますので、こうした専門性
の高い仕事はマニュアルを一通り読めば誰でもできるというわけにはいきません。


ですので、他の業界のコールセンターの仕事よりも賃金は割高に設定されています。


正社員でも30万円前後支給するところも少なくないですし、パート・アルバイトの
時給も1600円から2000円くらいが相場となっています。


パート・アルバイトの場合、週2〜3日程度働くだけでも、かなり稼げます。


実際に子育て中の方で2〜3日程度働いている方も少なくありません。


また他の職種と異なり、看護師さんの仕事は専門性が高いです。


そして、医療に関する高い知識と技術を兼ね備えることが求められるので、パートや
アルバイトであっても、異なる仕事で働いていた経験が高く評価されます。


看護師として経験を積むという意味でも、非常に素晴らしい仕事です。





■病棟勤務にはないコールセンターの仕事の難しさとは?


コールセンターの仕事には、病棟勤務にはない難しさがあります。


電話を介してお客様(患者さん)と対話するわけですが、電話を切るさいに、お客様
から恐縮してしまうくらい丁重に御礼を言われることも少なくありません。


もちろん厳しい叱咤を受けることもありますが、それでも「誰かの役に立っている」
といった思いを誰もが感じるはずです。このため非常にやりがいのある仕事です。


勤務先によっては、電話とメールの両方行なうところも少なくありません。


あまりにも効率を優先して対応してしまうと、電話の声やメールの文章にもろに反映
してしまい、お客様に不快感を与えてしまうので、注意が必要です。


また、交代制で夜勤があるところもありますので、この点はしっかり確認しましょう。


病棟勤務が長かった方や多少ブランクが長い方は何かと不安を感じるかと思いますが、
しっかりと研修を行いますので、安心して働くことができます。


エステ脱毛や美容系クリニックの看護師の仕事について!接客が苦手だと難しい?




■エステサロンと美容系クリニックの特徴について


看護師さんのお仕事は、美容系のエステやクリニックまで広がっています。


美容に対する女性の意識は年々大きくなるばかりなので、市場そのものが年々拡大して
います。特にここ数年大きく拡大しているのが、脱毛関連のサービスです。


エステ脱毛や美容クリニックを利用して、脱毛される女性が急速に増えています。


なぜこれほどまでに需要が急速に拡大したのか疑問に思われますよね。


実は自分でやるムダ毛処理が肌トラブルの一番の原因であるため、ムダ毛処理が不要な
レベルにまで脱毛することで、肌トラブルや肌劣化を抑えることができます。


ちなみにエステ脱毛は病院でもクリニックでもありません。


従業員の中で医師免許や看護師免許を有している人は皆無です。


「えっ?それでは働けないのでは?」と思われるかもしれませんね。


実はエステ脱毛のようなエステサロンでは医療行為が行えないので、万一施術中に何ら
かしらのトラブルが利用者に発生した場合でも、治療は一切行えません。


そうなったら大変な問題となりますので、多くのエステサロンは医療機関と提携して、
こうした「万一のトラブル」に対処するような体制をとっています。





■看護師でもエステサロンで働けるのか?


こうした理由から、「美容外科」や「美容皮膚科」を通じてエステ関連の仕事に携わる
ことができるのですが、臨床経験が最低でも2年は必要となります。


同じ診療科で働いていた人を優先的に採用する傾向が強いですが、一般病院と比べると
サービス業としての要素が強いので、接客業が向いている人も採用されやすいです。


脱毛できるのは、なにも「エステ脱毛」だけではありません。「美容クリニック」でも
脱毛することができます。女性誌には毎回沢山の広告が掲載されています。


エステ脱毛業者の場合、大手は日本国内に沢山の店舗を構えているところが多いですが、
美容クリニックは個人が経営しているところも少なくないので、数に限りがあります。


美容クリニックでは実際に看護師さんが働いています。転職することを検討されている
看護師さんの間では、こうした美容系のクリニックの求人が人気となっています。


美容系のクリニックは保険適用外であるため、施術を受けるための費用が高額です。


このため美容系のクリニックで働く看護師さんのお給料は高めに設定されています。





■接客が苦手だと難しい仕事!


また純粋なエステサロンと美容系クリニックでは、施術の方法が根本的に異なります。


といいますのも、美容系クリニックは、医師免許を有した医師がいますので、問題なく
医療行為を行えるのに対して、エステサロンは医療行為を行なうことができません。


脱毛を例に説明させていただくと、例えば美容系クリニックでは、エステ脱毛で行って
いる光脱毛ではなく、レーザー脱毛といって医療機器で施術を行います。


このため美容系クリニックでは、医師自ら施術を行います。


これに対してエステサロンでは、一定の期間施術を行なうためのトレーニングを積んだ
施術者のみ施術を行います。このため脱毛効果にはかなりの差が生じるようです。


しかしエステサロンは保湿ケアなどの美容効果を高めることに長けてます。このため、
どちらが良いかという評価は難しく、双方にメリット・デメリットがあります。


基本的に脱毛などの美容関連の看護師さんの仕事は、医療機関で働いている看護師さん
とくらべて大きな違いはありませんが、やはりサービス業としての側面が強いです。


お客様のカウンセリングや美容製品の販売など、接客も行なわなければならないので、
もしも接客に対して抵抗があるのであれば、やめた方がいいでしょう。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます