病院以外の仕事についてのカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

カテゴリ:病院以外の仕事について

病院以外の仕事についてのカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

病院以外の仕事について
■ツアーナースの仕事とは?ツアーナースは、その名の通り修学旅行や社員旅行など大きな団体旅行に同行します。そして、参加者が万一怪我や病気を患った場合に迅速に対応…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■看護師の仕事はパート・アルバイトでも稼げる?看護師さんが医療機関だけで働く時代は終わりました。一般病院で3年以上働いた経験は、色々な場所で生かすことが出来ま…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■美容外科クリニックでの看護師の役割と仕事いついて美容外科クリニックも、一般病院で働く看護師さんの転職先として人気が高いです。一般病院のように夜勤や準夜勤など…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■整形外科クリニックでの看護師さんの役割とは?整形外科クリニックは、病院以外の職場への転職を検討してる看護師さんの間で人気が高いですが、整形外科での勤務経験が…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■大学の保健室での看護師の仕事について看護師さんの仕事が年々多様化しています。実際に看護師さんが活躍する場は「医療機関」だけではありません。病院以外の職場で沢…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■献血関連の仕事の特徴について献血関連の仕事は血液センター・献血ルームなどで採血するのが基本となっています。血液センターと献血センターを混合されている方が少な…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■健診クリニックの特徴について健康診断をはじめとした各種健康管理サービスを提供している専門のクリニックでも、看護師の需要はかなりありまして、一般病院から転職さ…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■健診センターでの看護師の仕事内容について健診センター・健康管理センターにて健診専門の看護師として働く場合、主な仕事は、健康診断や健康指導、健康相談などで、施…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■保育園や託児所が増えている理由とは?看護師さんが病院意外で活躍出来る場は介護関連施設や企業だけではありません。大学をはじめとした各教育機関の保健室でも看護師…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■臨床開発モニターは治験を裏から支える重要な仕事!看護師資格を生かして製薬会社など治験関連企業で働く場合、「臨床開発モニター」というお仕事があります。臨床開発…

記事を読む

ツアーナースの仕事とは?国内旅行だけでなく海外旅行もあります!




■ツアーナースの仕事とは?


ツアーナースは、その名の通り修学旅行や社員旅行など大きな団体旅行に同行します。
そして、参加者が万一怪我や病気を患った場合に迅速に対応するのが主な仕事です。


ツアー自体は、どんなに長くてもせいぜい数日間です。


このため、ツアーナースの求人の大半は、短期アルバイトや単発アルバイトの仕事が
中心です。また派遣会社に登録して、空いている時間を選んで働くことも可能です。


しかし、仕事の内容が内容なだけに求人の数は、それほど多くありません。


ツアーナースの仕事は、空いている時間を利用して短期間だけ働きたい人にピッタリ
ですし、旅行が好きな方も向いてますが、ツアーに帯同している間は家に帰れません。


またツアーの大半が団体旅行なので行動も制限され、窮屈に感じるかもしれません。


一方、気になるツアーナースの待遇に関してですが、ツアーで訪れる各レジャー施設
の入場券や交通費、食事代を含めた宿泊費は、すべて会社側が負担してくれます。


仕事とはいえ、ツアーナースは常に帯同しますので、多少なりとも旅行気分を味わえ
ます。このためツアーナースの仕事は、かなり人気が高いです。





■ツアーナースが活躍する場面とは?


気になる、お給料に関しては、看護師さんの仕事の中でも、かなり低目です。


基本的にツアーに参加する人達の大半は健康な人達です。高齢者向けのツアーもあり
ますが、それでも普段から健康に気を使っているため、元気な人が多いです。


また、修学旅行の場合、直前に健康診断を行なうケースも少なくありません。


病気の人が参加している可能性は低いですが、旅先では何が起こるか分かりません。


突然トラブルに巻き込まれてしまう可能性も十分あります。


実際に急に環境が変わることにより、発熱、腹痛、アレルギーによる突発的な喘息の
発作を訴えるケースもあります。そうした場合に迅速に対応しなければなりません。


このため、これまでの看護師としての経験が物をいいます。


ツアーによっては何も起こらない場合もあるので、かなり特殊な仕事です。





■ツアーナースの仕事を探すポイントとは?


ツアーナースの仕事は国内旅行だけでなく、当然海外旅行もあります。


特に最近の傾向としては、修学旅行で海外旅行が増えています。


ちなみに海外旅行だけとか、国内旅行だけといった形で働くことも十分可能です。


ツアーナースの求人を探すさいに団体名が明記されているケースが多いので、求人票
を見れば、国内旅行か海外旅行か、ひと目で分かるようになっています。


また、同じように一般的なツアーか修学旅行や社員旅行など、仕事は色々選べるよう
になっていますので、ツアーナースの仕事は自由度はかなり高いといえます。


ただし、ツアーナースの仕事もツアーの規模によって、難易度が大きく異なります。


このため、ツアーナースとしての経験が少ないと、採用されないケースもあります。


背伸びして身の丈に合わない仕事を選ぶと大変な思いをしますので、慣れるまでは、
できるだけ規模の小さなツアーを選び、経験を積んでいくことをオススメします。


イベントナースの仕事とは?短期で気軽に働けるのでダブルワークに最適!




■看護師の仕事はパート・アルバイトでも稼げる?


看護師さんが医療機関だけで働く時代は終わりました。


一般病院で3年以上働いた経験は、色々な場所で生かすことが出来ます。


「正職員として働き続けるのもよし」、「気が向いた時に集中的に働くのもよし」、
といった具合に働き方を自分でコントロールすることができます。


これは看護師さんの仕事が専門性が高く特殊だからにほかなりません。


勿論看護師さんの仕事は肉体的にも精神的にも大変ですが、仮にパートやアルバイト
で働いたとしても、一般の会社に勤務する平均的なOLさんよりも稼げます。


そうした短期の仕事として「イベントナース」の仕事があります。




■イベントの数だけ看護師さんが働ける?


昨年あたりから都市部を中心に企業の「新製品発表会」などのイベントが増えている
影響からか、イベントナースの求人を目にする機会が増えています。


イベントナースは、その名の通り、イベント専門の看護師さんのことです。


イベントの来訪者が怪我や病気など突発的に患った場合、迅速に対応しなければなら
ないわけですが、そうした万一の場合に備えて看護師さんを現場に配置します。


普段イベントについて特別意識することがないので、イベントナースの仕事は、それ
ほど多くないと思われがちですが、驚くほどイベントそのものは沢山あるんです。


アーティストのコンサートや演劇、漫才・コントなどもイベントの一種ですし、企業
の新商品発表会、各業界の展示会など、何らかしらのイベントが行われています。





■イベントナースの求人の特徴についてい


最近ではコンプライアンスが厳格化された影響から、自社内外で研修を行なう企業が
増えていまして、こうした場にもイベントナースの需要があります。


イベントの大半は短期間で終了します。短くて数時間、長くても1ヵ月程度です。


このためイベントナース求人の多くは、短期アルバイトや単発アルバイトです。


派遣法が改正されたので、今後短期派遣での募集が増えることが予想されます。


ですので正社員や通常の派遣でイベントナースを募集するケースは殆どありません。


このため、ハローワークや一般の転職サイトを利用してイベントナースの求人を探す
のは難しく、看護師転職サイトでなければ途方もなく遠回りすることになります。





■こんな人にイベントナースはぴったり!

イベントナースとして実際に働いている看護師さんの特徴についてですが、やはり、
本職を持ちながら、空いている時間を利用してのダブルワークが圧倒的に多いです。


また普段は子育てなどで忙しいため、常勤で働くことができないことから、空いてる
時間を利用して、看護師の仕事をしている方も少なくありません。


こうすることでブランクが生じるのを抑えることができます。


空いた時間を利用して気軽に働ける点がイベントナースとして働く大きな魅力です。


最後にイベントナースの求人の特徴についてですが、仕事の大半が短期ということも
あって、看護師として臨床経験が2年程度あれば、ほぼ採用してもらえます。


そして、仕事の内容に関しても、待機している時間が圧倒的に長いです。


また、人間関係の問題に関してもゼロとはいいませんが、イベントそのものが短期間
で終了するので、仮に嫌な人と一緒になっても、それほど苦になりません。


基本的に一つの仕事が終われば、また違う仕事を探さなければなりませんが、看護師
求人サイトを利用すれば、同じ業者の違う仕事を紹介してもらいやすくなります。


美容外科クリニックでの看護師の仕事とは?本当に給料が高いのか?




■美容外科クリニックでの看護師の役割と仕事いついて


美容外科クリニックも、一般病院で働く看護師さんの転職先として人気が高いです。


一般病院のように夜勤や準夜勤などの変則勤務が全くないにもかかわらず、それなりに
お給料が高めに設定されている点や、美容に関心が高い点も人気の秘密のようです。


美容外科クリニックを利用する女性は、「きれいになりたい」という意識が強い人たち
ですから、看護師さんの仕事は、病気や怪我などの患者さんへの看護ではありません。


しかしながら看護技術が必要ないというわけではありません。


3年以上の臨床経験がなければ、まず雇用されることはありません。


仕事の中身についてですが、まずオペの介助が中心となります。必要なスキルとして、
注射や点滴は当然ですし、それ以上に「接客業」としての高い意識が必要になります。


というのも美容外科クリニックを利用される人たちは美容のために利用しているわけで
あって、病気や怪我を治療するために利用しているわけではないからです。


しかも高いお金を払っているうえに女性であるため、人によっては口うるさい方もいる
ので、一般病院で働くのとは、また違ったコミュニケーション能力が必要です。


とくに最近は口コミ・評判がネット上で簡単に調べることができるので、少しでも対応
が悪ければ、悪い書き込みが殺到しますので、クリニックの評判に直結します。





■一般病院から転職して戸惑うこととは?


美容外科クリニックで出来るだけ長く働くためにも、美容に関しても学び続けなければ
なりません。病院以上にサービス業としての側面が強いことも知っておいてください。


慣れるまでは受付業務など慣れない接客業の難しさに戸惑うかもしれません。


しかし、慣れてくれば美容外科クリニックで働くメリットは沢山あります。


まず美容に関する知識が増えるので、お友達との会話の幅が広がります。


このため、お友達だけでなく、お知り合いから、美容に関して色々相談を受けることに
なりますが、それ以上にプライベートの「人間関係」が濃密になります。


また、患者さんがきれいになっていく姿を素直に喜べるようになると、自然と自分も美
に対する意識が高まるので、相乗効果的に自分もきれいになります。





■美容外科クリニックで働く看護師のお給料について


先に述べた通り、美容外科クリニックでは、夜勤など変則勤務がなく、日勤のみであり
ながらお給料や高めに設定されており、疾患の治療では無く美容医療が中心です。


このため、美に対する意識が高い女性にとっては大変魅力的な職場です。


ちなみに美容クリニックの月収についてですが、30万円前後が一般的です。


また年収にして400万円前後が相場で、経験やスキルに応じて昇給します。


夜勤や準夜勤がなく日勤のみで働くことを考えればかなり高いです。


こと賃金に関しては都会と地方では大きな差があります。単に人口が多いというだけで
なく、都会に住んでいる女性のほうが、美に対する意識が強いとされています。


このため患者さん一人当りが支払う費用に関しても高いのだとか。





■なぜ美容外科クリニックのお給料は高いのか?


一般病院から美容外科クリニックへ転職した人の中には、お給料の高さに魅力を感じて
転職を決めた方が少なくありません。給料が高いのは色々な理由があります。


美容外科クリニックは、保険適用外の自由診療であるため、業績給が付きます。


このためどこも売上を延ばすことに積極的に取り組んでいます。女性誌の広告を見れば
お分かり頂けると思いますが、美容関係のエステやクリニックの広告が凄まじいです。


集客だけでなく、オペ、治療、、接客などのサービス全般が良ければ、リピート、友人、
知人の紹介につながり、広告費を抑えながら、さらに業績を高めることができます。


業績によって給料・ボーナスに反映されますので、やりがいは物凄くあります。


また、採用に関しては美を売りにしているため、若い女性の方が有利です。


整形外科クリニックでの看護師の仕事とは?高齢患者の利用が急増し需要拡大!




■整形外科クリニックでの看護師さんの役割とは?


整形外科クリニックは、病院以外の職場への転職を検討してる看護師さんの間で人気
が高いですが、整形外科での勤務経験がある看護師さんが優先的に採用されます。


また整形外科クリニックの看護師求人の数はそれほど多くありませんが、高齢化社会
が急速に進んでいるため、高齢患者が急増していますので、需要拡大中です。


夜勤や準夜勤といった変則勤務は一切ありませんし、残業も限られています。


このため一般の病院よりも働きやすいことから、人気が高いとされています。


整形外科=目を二重にするなど、整形手術をメインに行っているイメージが強いかも
しれませんが、実際には人間の運動器を治療するのがメインとなっています。


このため整形外科クリニックでは、リハビリテーションが充実しています。


実際にリハビリテーションを通じて患者さんが病気や怪我から回復する過程を間近で
見ながらサポートできる点に大きな魅力を感じる看護師さんも少なくありません。


このため整形外科クリニックでの看護師さんの仕事は、患者さんとの距離が近いです。


例えば、足を骨折した患者さんの機能回復のためのリハビリテーションを行なう場合、
内臓器官の病気ではないので、骨折している部分以外は至って健康です。


看護師さんとの会話を楽しむ余裕があり、それが機能回復に役立っています。


患者さんとのコミュニケーションが苦にならない方に向いています。





■高齢患者の利用が増えているため将来性が高い!


基本的に整形外科クリニックでは、人間の運動器を扱っていますので、人体の全ての
部位を取り扱っているといってもいいくらい、その範囲が広いです。


このため人体の構造がどうなっているのか事前に把握しなければなりません。


といいますのも、一言で運動器といっても、その範囲は非常に広いんです。


まず人間の体は骨、関節、脊髄、神経、靭帯などによって構成されているため、これ
らの部位を修復することによって、できる限り運動器本来の状態に回復させます。


そうすることによって、患者さんが日常生活を送れるようになります。


運動機能が損なわれる原因については色々あり、単に交通事故だけではありません。
また高齢により極端に運動機能が低下するケースも実際に増えています。


原因はそれぞれ異なっても、整形外科クリニックでは、仮に患者さんから損なわれた
運動器の修復が求められれば、出来る範囲内で応じなければなりません。


整形外科クリニックを利用する患者さんは、若年層から高齢層まで幅広いです。


このため、それだけ需要が高い診療科であるとも言えます。


今後さらに高齢化社会が進むことになると、より需要が拡大することでしょう。





■需要拡大により経営がさらに安定します!


整形外科クリニックの仕事内と役割は、上述したとおりです。しかし、規模の大きな
病院と個人が経営する小規模なクリニックでは求められる役割が微妙に異なります。


クリニックの場合は、仮に高齢が原因で人体の一部に運動障害が起こったとします。


そうした場合は、対処療法や運動療法などを様子をみながら行い、症状がさらに悪化
することを防ぎ、それらの症状と上手に付き合っていくための指導を行います。


こうしたことから、高齢者の間では整形外科クリニックを利用する方が増えてます。


ですので、高齢の患者さんとのコミュニケーション能力も非常に重要です。


特にリハビリテーションは長期間に渡って行われるので、根気がいります。患者さん
を飽きさせないためにも、高いコミュニケーション能力がどうしても必要です。


今後さらに高齢者の間で整形外科クリニックを利用される方が増えることが予想され
ますので、個人が経営するクリニックでも経営自体は、より安定することでしょう。


そういった意味におきまして、整形外科クリニックは、非常に魅力的です。


大学の保健室での看護師の仕事とは?大学ならではの様々な問題とは?




■大学の保健室での看護師の仕事について


看護師さんの仕事が年々多様化しています。


実際に看護師さんが活躍する場は「医療機関」だけではありません。


病院以外の職場で沢山の看護師さんが働いています。


しかも看護師さんの需要は右肩上がりで大きくなっていますので、医療機関における
「看護師不足」の問題が、さらに悪化している原因となっています。


誰だって働きやすい環境で働くことを望んでいますので、ある意味当然の結果です。


今回は大学の保健室や保健管理センターでの仕事について解説させて頂きます。


学生や教職員の健康管理のため大学の施設内に保健室を設置しています。


大学の場合は教育機関の中でも規模が大きいので、看護師さんや保健師さん以外にも
医師、臨床心理士など、異なる資格を有した医療従事者を雇用しています。


そして、それぞれが連携する形で学生および教職員の健康管理を行っています。


大学の保健室や健康管理センターでの仕事は、年々多様化しています。


学生や教職員らに対する健康管理(健康診断を含む)や保健指導にとどまりません。


急な病気や怪我への対応は勿論のこと、最近では将来的な不安から「うつ病」などの
心の病患うケースが増えているため、メンタルヘルスケアの重要度が高まってます。


大学での看護師さんの仕事は一般企業の医務室で働く看護師さんとほぼ同じです。


しかし、大学ならではの看護師の仕事がいくつか存在しています。




(1)感染対策について


大学の施設内には沢山の人が毎日出入りしています。


しかも多くの学生は単に自宅から大学まで往復しているわけではありません。


放課後にアルバイトに励む学生も多いです。中でも飲食店のアルバイトは多いです。


また、通勤で電車やバスなどの公共の交通機関を利用していますよね。


このため、一般の企業よりも感染リスクが高いです。このため感染予防のための指導
など感染対策が義務づけられていますので、これらも看護師さんの重要な仕事です。


特に食堂は毎日沢山の学生が利用し、飲食を通じて感染しやすい環境にあります。


しっかりと感染対策を行わなければなりません。




(2)飲酒問題

また、20歳になれば喫煙や飲酒が法律で認められるので、堂々とタバコを吸ったり、
お酒を飲んだりできるわけですが、若さゆえにトラブルが少なくありません。


単にお酒を飲んでトラブルを起こすだけでなく、健康を患うケースも多いです。


こうした飲酒に関する問題の対策も看護師さんの大切な仕事です。


また、大学では中学・高校の部活以上にスポーツを行なう環境が整っているところが
多く、実際にプロ顔負けの練習設備がある大学も少なくありません。


このため練習中に怪我をする学生も多いため、看護師さんが応急処置を行ないます。


場合によっては、病院へ搬送しなければならないほどの重症の怪我を追うこともあり、
そうした場合は看護師さんが病院の手配を迅速に行わなければなりません。


このため、どうしても一般病院での臨床経験が必要になります。




(3)メンタルヘルスケアについて


肉体に関する健康管理だけを行っていればいい時代は終わりました。


学生の中には精神的な悩みから「うつ病」を患うケースが増えています。


学生も社会人と同じくらい色々なストレスを抱えています。


特に地方から一人暮らしで生活している学生さんの悩みは深刻な場合が多いです。


ストレスの多い都会の生活に馴染めない学生さんも少なくありません。


腹を割って話せる友達がいないと、勉強だけでなく、人間関係、恋愛、就職に関する
悩みや将来に対する不安は心の中でどんどん大きくなっていきます。


しかも考えれば考えるほど悪い方向へと向かっていきます。


次第に学校も休みがちとなり、そのまま学校をやめてしまうケースも多いです。


こうした問題を抱えている学生は、自ら立ち直るケースは少ないです。やはり周囲が
サポートしなければ立ち直ることは難しいので、大学側も相当頭を痛めてます。


このためメンタルヘルスケアに力を入れる大学が増えています。


問題を抱えて苦しんでいる学生さんと真剣に向き合い、カウンセリングを通じて様々
な問題を改善できるように導いてあげるのも看護師さんの重要な仕事です。





■こんな人が向いています


大学での看護師さんの仕事は、若者と接することが嫌いだと絶対に務まりません。


体は大人でも心が小学生くらいの学生もいますので、手を焼くことも多いです。


また学生から一方的に想いを寄せられて色恋沙汰に巻き込まれるケースも少なくあり
ませんので、しっかり距離を保ちながらコミュニケーションを取ることが大切です。


先に述べた通り大学の保健室や保健管理センターでは、看護師さん以外にも沢山医療
従事者が働いていますので、お互いに協力しあいながら働かなければなりません。


ですので、チームの一員そして働くことが苦にならない人が向いています。


当然のことながら大学の数は地域によって大きな差があります。それを差し引いても、
大学の保健室(医務室)勤務の「看護師求人」は、それほど多くありません。


看護師転職サイトの未公開求人から紹介してもらい、気長に取り組む必要があります。


血液センター・献血ルームでの看護師の仕事とは?働きやすさが魅力!




■献血関連の仕事の特徴について


献血関連の仕事は血液センター・献血ルームなどで採血するのが基本となっています。


血液センターと献血センターを混合されている方が少なくありません。


しかし、献血センターという施設は実在しません。正しくは血液センターです。


血液センターをはじめとした献血関連の職場は働きやすいうえに、夜勤や準夜勤などの
変則勤務がないにもかかわらず、お給料も比較的高めに設定されています。


献血関連の看護師求人の大半は、パートやアルバイトなどの非常勤が中心であるため、
求人数が多いので比較的採用されやすいうえに求職者側の希望が通りやすいです。


また、カレンダー通り(土日祝日)休めるなど複数のメリットがあります。


このため病院勤務の看護師さんの間でも転職先候補として非常に人気が高いです。


また、ダブルワークしながら採血の腕を磨いている看護師さんもいます。





■献血関連の仕事は採血が得意な看護師さんが有利!


献血関連の仕事の主な職場は、先にのべたとおり、血液センターや献血ルームです。


仕事の大半は採血ですが、採血を苦手としている看護師さんが近年増えています。


このため、パートやアルバイトなどの非常勤で職員を確保する必要があるわけです。


つまり、採血が得意というだけで、一生物の技術をみにつけたのと同じなんです。


それくらい、採血は医療機関では重宝される技術なんですね。


基本的に病院で採血する場合は、検査が中心ですから、採血する看護師さんに対して、
嫌がらせや、文句を言ってくる患者さんも多いので、度々問題となっています。


年々こうした傾向が広がっているため、採血を苦手にする看護師さんが増えています。
昔は多少の傷みは我慢してくれたのですが、最近は我慢する人が減ってます。


しかし、献血センターには検査目的で訪れる人もいますが、病気の人は来ません。


自分の血を提供していいと、自ら足を運んでくださる方が大半です。


このためトラブルが少ないので、非常に働きやすい職場とされています。





■こんな方に献血関連の仕事はぴったり!


献血関連の仕事は、ほぼ採血のみを行いますので、採血が得意な人の方が有利です。


どんなことでも、一つのことを極めるというのは並大抵のことではありません。


採血を極めれば鬼に金棒です。しかし、長年病院で働いてきた看護師さんからすると、
献血関連の仕事は、採血ばかりなので仕事が単調に感じるかもしれません。


そこで向き不向きが別れると思いますが、働きやすさで言えばダントツです。


しかも、ここ最近は採血が出来る看護師さんを確保するのが難しくなっています。


このため時給も2000円を超える求人が珍しくありません。厚遇が期待できます。


血液センターや献血センターなどの献血関連の求人は、常勤よりも非常勤が多いです。


職場によっては午前中のみの仕事もありますので、子育て中の若いママさん看護師には
ピッタリの仕事です。無理なく家庭と仕事を両立させることができます。


求人の中には「採血専門」で募集をかけているものもありまして、採血ができることを
条件に、かなりの高待遇が期待できますので、非常に人気が高いです。


雇用形態も色々あるので、献血関連の仕事に興味があれば是非ご一考ください。


健診専門クリニックの看護師の仕事とは?病院よりも働きやすい理由とは?




■健診クリニックの特徴について


健康診断をはじめとした各種健康管理サービスを提供している専門のクリニックでも、
看護師の需要はかなりありまして、一般病院から転職される方が少なくありません。


2008年4月からスタートした特定健診制度により、健康管理に対する意識が国を上げて
高まっていることもあって、今後も拡大傾向がしばらく続くことが予想されます。


健診専門のクリニックは、基本的に診療を目的としていません。


あくまでも健康診断をはじめとした各種健康管理サービスを提供するための施設です。


基本的に健診クリニックは、規模が小さいので、職員の数も少ないですが、一般の病院
で働くよりも働きやすい環境にあるため、看護師さんの転職先として人気が高いです。


それもそのはず、入院施設がありませんので、夜勤は一切ありません。


また、施設そのものがカレンダー通り休みであるため、休日出勤も一切ありません。


しかも、残業が少ないので、家庭と仕事の両立を目指す看護師さんにはピッタリです。





■検診クリニックはなぜ働きやすいのか?


基本的に病院やクリニックを訪れる患者さんは病気や怪我を患った人達です。


何かと重々しい雰囲気がありますが、健診専門クリニックでは、自分自身の健康状態を
把握するために訪れる人が大半で、病気の人の方が圧倒的に少ないです。


利用者の皆さんも健康に気を配れる余裕がありますので、雰囲気的に病んでいません。


このため対応する側の看護師さんからしても精神面で楽です。


というのも入院患者に限らず、外来患者の中には看護師さんを使用人と勘違いしている
のではないかと疑いたくなるくらい酷い態度を取る人もいます。


原因は色々ありますが、体が病気だと心も病気に近い人もいますので、精神的に不安定
な状態に陥りやすいですが、検診クリニックの場合は、利用者の多くが健康です。


このため余程のことがない限り、検査に対してクレームを入れる人はいません。





■健診クリニックの求人の特徴について


健診クリニックでは、学校や会社で行っているような健康診断を普通に行っています。
健康診断以外にも人間ドックを行っている、健診クリニックも少なくありません。


また、これらの業務と平行して会社や施設などに出張健診を行っている所も多いです。


出張健診はクリニック側からすれば大変実入りが良い仕事です。


一方、看護師さんは通常よりも早く出勤しなければなりませんし、健診が無事終われば
後片付けなどもあるので、普段よりも残業する時間が長くなります。


ですので、かなり時間外手当がつきますので、看護師さんにとっても良い仕事です。


健診クリニックで働く看護師さんのお給料は、他のクリニックと特別差はありません。


しかし、健診のような予防医学に興味のある方には非常に魅力的です。


最後に求人についてですが、常勤だけでなくアルバイト、パートの求人も多いです。


出張健診などが集中する繁忙期には短期アルバイトや単発アルバイトの求人も多くなる
ので、とりあえず健診看護師として短期間限定で働きたいという方にオススメです。


また採用についてですが、やはりどうしても病棟勤務の経験が必要となります。


しかし経験があれば多少ブランクが空いても採用してもらいやすいので、長期ブランク
のある看護師さんが、一般病院ではなく、健診クリニックで働くケースも多いです。


健診センターでの看護師の仕事とは?病院勤務にはないメリットとは?




■健診センターでの看護師の仕事内容について


健診センター・健康管理センターにて健診専門の看護師として働く場合、主な仕事は、
健康診断や健康指導、健康相談などで、施設の規模によって働き方が若干異なります。


健診センター・健康管理センターは、独立して存在しているものもあれば、病院に併設
されているケースも多いです。また健診を専門にしているクリニックもあります。


健診センターで健康診断を受けることにより、健康状態をチェックし、問題が発覚した
利用者さんに対し、生活面から改善するためのアドバイスを行います。


また病気を早期発見することによって、治療がスムーズに行われます。


生活習慣病に苦しむ患者さんが年々増え続けているため、国の医療に関する負担が毎年
増えているので、健康診断など伝統的な予防医学が再び注目を集めています。


健診専門の看護師さんは健康診断、定期検診、企業健診、巡回健診が主な仕事になり、
健診センター内だけでなく、健診車で周辺地域にある企業へ出向くこともあります。


これがいわゆる巡回健診でして、仕事の大半は保健師さんの仕事に近いです。


看護の仕事はゼロではありませんが、極端に少なくなりますので、健診センターで働く
ことを検討されている看護師さんは、仕事について事前に理解する必要があります。


そうすることで入職後スムーズに働けます。看護の仕事は少ないですが、採血を行なう
ので、採血が得意な方は有利です。ぜひ積極的にアピールしてください。





■健診センターの看護師求人の特徴について


しかし、健診の仕事は幅広いうえに、地方によっては人材難に苦しんでいます。


ハローワークや転職サイトでで健診センターの看護師求人を探すのは非常に困難です。


看護師転職サイトの非公開求人から探す形となります。


採血が苦手な看護師さんでも対応してくれる医療機関も少なからずあります。


また、長期のブランクがある看護師さんに対しては復職支援のための研修を行っている
ところもありますので、悲観せずに前向きに就職活動に取り組むべきです。


健診は職場によって検査できる分野の幅に大きな差がありますし、利用者が多いところ
では、猫の手を借りたいほど忙しい状態にあるので、条件を事前に確認しましょう。


健診センターで働く看護師さんの主な仕事についてですが、少数精鋭で行っているので、
色々なことを自ら積極的に行わないと、職場で浮いてしまうので注意してください。


健診の中身は幅広く採血や血圧測定、視力聴力検査、身体測定などを行います。


人間ドックでは幅広い専門的な検査項目がありますが、難易度が高いものに関しては、
検査技師が担当しますので、こうした場合はサポートすることになります。





■健診センター勤務のメリット・デメリットとは?


日本の医療はどの分野に関しても平均的に非常に優れており、実際に世界でもトップの
レベルにあるため、日本人の平均寿命は常に世界で一二を争う状態にあります。


しかし、単に寿命が伸びただけでは意味がありません。晩年をベットで寝たきりの状態
で過ごすのではなく、文字通り余生を充実させるためにも健康寿命が大切です。


健診センターでは、いくつになっても健康でイキイキと暮らしてもらうために、人々が
健康であり続けるためにどうすれば良いのか、健診業務に取り組んでいます。


また一般病院のように健診センターには病床がありませんので、夜勤はありません。


しかもカレンダーどおり土日祝祭日を休むことができますし、残業も少ないです。


ですので、仕事と家庭の両立が可能であるため、給料が一般病院で働いていた時よりも
少なくなってもいいから、健診専門の看護師として働きたい人は多いです。


しかし、これまで大変な思いをして身につけた看護技術を最大限に生かすのは難しく、
しかもお給料もかなり低くなってしまうので、この点はデメリットです。


予防医学に興味があるのであれば、健診センターの仕事は非常にやりがいがあります。


保育園の託児所での看護師の仕事とは?子供が好きでなければ働けない?




■保育園や託児所が増えている理由とは?


看護師さんが病院意外で活躍出来る場は介護関連施設や企業だけではありません。


大学をはじめとした各教育機関の保健室でも看護師さんの仕事はありますし、最近では
「保育園」や「託児所」での、園児たちの健康管理の仕事も人気も高まっています。


少子高齢化が急速に進んでいるため、保育園は減っているのではないかと心配される方
もいらっしゃると思いますが、実際は反対で保育園や託児所は年々増えているんです。


働く女性が増えているため、都会を中心に保育園や託児所が不足しています。


現政権が女性の社会進出を強く打ち出しているため、今後より働く女性が増えることを
見越して、待機児童の問題を早急に解決しようとする動きが活発化しています。


園内で児童たちが安全に過ごすことができるように、しっかりと子どもたちを見守り、
急な怪我や病気を患っても迅速に対応するため、看護師さんは必要不可欠な存在です。





■保育園や託児所での看護師さんの仕事や役割について


次に保育園や託児所での看護師さんの仕事についてですが、基本的に園児や職員の健康
管理がメインの仕事となります。これにプラスして緊急時の応急処置などを行います。


子どもたちは運動機能が完全に発達していない状態にありながら、突発的な行動を取る
ので、怪我が絶えませんので、応急処置を迅速に行える体制を整える必要があります。


また、年間保育指導計画も重要な仕事です。園児に対する保育指導の計画を、きちんと
保護者に説明することによって、安心して我が子を預けることができます。


保育園は6歳未満の幼児が対象となっているため、小児科に勤務されたことがあるなら、
それまでの経験を思う存分生かすことが出来ますし、就職活動も有利に進められます。


もちろん小児科に勤務された経験のない看護師さんにも十分チャンスはあります。


しかしながら、子供が好きでなければ正直この仕事は務まりません。


「子供たちと一緒に過ごすことが楽しくて仕方がない」と、思える人でなければ、幼い
園児たちと一緒に過ごすことは出来ませんし、逆に大きなストレスとなります。


また園児たちの保護者と接する機会も少なくないので「夜勤もないから仕事が楽そう」
といった安易な意識で転職すれば、入職した後に必ず痛い目にあいます。


事実最近の保育園や託児所では、モンスターペアレントが問題となっています。


ことあるごとに文句をいってくるわけですが、対応を誤ると大変な問題になります。


ここでも病院で患者さんからのクレーム対応が大きく役立ちます。





■最近の保育園・託児所の看護師求人の傾向について


発育期にある園児たちは、ちょっとした怪我や病気でも大事にいたる可能性があります。
そうした場合に園児たちに適切な処置を迅速に施さなければなりません。


ですので、その際にどのように対応したのか保護者に対してきちんと説明することも、
看護師さんの仕事であるため、そのの責任はとても大きなものとなっています。


ですので、ただ子供が好きだからという理由だけでも勤まりません。


保育園や託児所では、特別な医療行為を行わない=楽な仕事と誤解している方が多いの
ですが、決してそうではないことを理解していただければ幸いです。


保育園・託児所の看護師求人の内容についてですが、最近の傾向としては、看護の仕事
だけでなく、保育の仕事をサポートすることを求めるケースが増えています。


ですので、保育士さんたちと良好な関係を築くことも長く働くためには必要です。


保育園や託児所の看護師求人は正職員だけでなく、パート・アルバイトなどもあります
ので、ご自身の生活にあわせて働くことが出来る点も大きな魅力となっています。


病院で働くのとは、かなり勝手が異なりますが、小さな子供が好きな方は、病院以外の
転職先候補の一つとして、保育園や託児所を検討されることを強くオススメします。


臨床開発モニターの仕事とは?治験を裏から支える重要な仕事!




■臨床開発モニターは治験を裏から支える重要な仕事!


看護師資格を生かして製薬会社など治験関連企業で働く場合、「臨床開発モニター」
というお仕事があります。臨床開発モニターは治験を裏から支える重要な仕事です。


治験は新薬を開発するために絶対的に必要なご有無です。


しかし、その工程だけでも膨大な数がありますし、薬を服用する患者さん(被験者)
だけでも相当な数がいるので、それをまとめるのは本当に大変な仕事です。


これら治験の業務をまとめるのが、治験コーディネーターの仕事で、治験の各業務が
正しく行われているか、確認するのが臨床開発モニターの仕事となります。


このため臨床開発モニターは、治験コーディネーターのように患者さんと接すること
はほとんどありません。緻密なデーター収集及びデータ管理が仕事の中心です。


このため治験の仕事に興味のある看護師さんの多くが、治験コーディネーターの仕事
により興味を示しています。実際に治験コーディネーターの方が向いています。





■臨床開発モニターの仕事とは?


現役で活躍されている臨床開発モニターの多くが製薬会社に属しています。


臨床開発モニターは、提携先の医療機関にて、医師をはじめ治験にかかわるスタッフ
とともに治験の開始から完了までの各工程を確実に行なうために作成していきます。


そのために何度もミーティングを重ねて確実なものにしていきます。


治験が実際にスタートしてからが大変で、患者さんに副作用の症状が出ていないか、
こと細かに確認しながら、治験に関する様々なデータを集めていきます。


もちろんデータを集めたらそれで終わりというわけにはいきません。


そのデータをしっかりまとめて報告書を作成なければなりません。


臨床開発モニターは、治験の全てに関わる重要な仕事であるため、治験終了に関する
色々な手続きも行わなければなりません。このため最後まで気が抜けません。


言葉にすると簡単ですが、ミスが許されない仕事なので、何かとストレスが多いです。





■臨床開発モニターに求められるスキルとは?い


先に述べた通り、治験コーディネーターは、治験の工程にあわせて段取り通り進めて
いくのが仕事ですあるため、被験者である患者さんとも接する機会が多いです。


しかし、臨床開発モニターは患者さんと接する機会は少ないです。


「縁の下の力持ち」的に治験に関する全ての業務を支えていきます。


このため臨床開発モニターの仕事は必然的に事務的な作業が多いです。


パソコンで治験に関する様々なデータを作成したり、管理するのも重要な仕事です。


臨床開発モニターの仕事は一見すると地味ですが、非常に重要度の高い仕事です。


また日々治験に関する膨大なデータを処理をしなければならないので、これらを確実
に処理していくためにも、高い「データ処理能力」がどうしても求められます。


仕事が仕事なだけに、臨床開発モニターの仕事は残業が多いですが、その分「給料」
に確実に反映されるので、やりがいはありますが、その分責任は非常に大きいです。


一般病院に勤務していた看護師さんが、臨床開発モニターにキャリアチェンジされる
ケースはあるにはありますが、治験コーディネーターほど多く無いのが現状です。


看護師資格と病院勤務で培った経験を最大限生かすのであれば、臨床開発モニター
よりも、治験コーディネーターの方が看護師さんに向いています。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます