看護師の仕事の比較のカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

カテゴリ:看護師の仕事の比較

看護師の仕事の比較のカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
訪問看護師として働くさいの注意点とは?過酷過ぎる訪問看護の現実とは?

看護師の仕事の比較
■訪問看護師とは?訪問看護師は、「訪問看護ステーション」に所属する看護師さんのことです。基本的に訪問看護ステーションは、病院に併設されているタイプと個人が経営…

記事を読む

ホスピス施設にて緩和ケアを行なう看護師さんの仕事の注意点とは?

看護師の仕事の比較
■ホスピスとは?一般的にホスピスは、終末期ケア(緩和医療、緩和ケア)を行なう施設のことです。ここでいう終末期ケアは、欧米では「ターミナルケア」とも呼ばれてます…

記事を読む

急性期病院で働く看護師の仕事とは?分業化が進み働きやすい環境へ!

看護師の仕事の比較
■急性期病院とは?急性期病院で働く看護師さんの仕事は、とにかくハードです。患者さんによっては瀕死の状態で救急搬送されてくるケースもありますので、職場では、常に…

記事を読む

看護師として病院で働くなら二交代制と三交代制のどちらが働きやすい?

看護師の仕事の比較
■二交代制と三交代制の比較常勤で働く看護師さんは、日勤と夜勤の両方を行うのが一般的ですが、最近では人材不足を解消するために、常勤であっても日勤専従、夜勤専従で…

記事を読む

看護師に人気の高い診療科とは?人気を左右する条件の裏事情とは?

看護師の仕事の比較
■人気が高いのにはわけがあります!看護師さんの間で「人気の診療科」があると誠しやかに囁かれています。しかし同じ科であっても、病院によって業務の内容や仕事に対す…

記事を読む

看護師として働くなら病棟勤務と外来勤務のどちらの仕事が大変か?

看護師の仕事の比較
■医療の現場で楽な仕事はありません!病棟勤務と外来勤務の両方を経験された看護師さんは、実際それほど多くありません。また、それぞれを比較してみなければ、メリット…

記事を読む

訪問看護師として働くさいの注意点とは?過酷過ぎる訪問看護の現実とは?




aitakute.png



■訪問看護師とは?


訪問看護師は、「訪問看護ステーション」に所属する看護師さんのことです。


基本的に訪問看護ステーションは、病院に併設されているタイプと個人が経営している
タイプの二種類あるのですが、いずれも訪問看護師さんの数が全く足りていません。


また、数年の間で訪問看護師の数が増えていないのも問題視されています。


このため訪問看護ステーションでは、臨床経験のある看護師さんの需要が非常に大きい
ため、やる気さえあれば、いつでも「即戦力」として歓迎される状態にあります。


訪問看護師さんは、すでに病院を退院し、自宅で療養中の慢性期の患者さんをケアする
のが主な仕事でして、病棟勤務よりも患者さんと密接な関係を築きながら看護します。


病棟では業務効率を最大限に高めることを求められるので、病院側の患者さんに対する
姿勢や対応に不満を感じていた看護師さんにとっては、大変やり甲斐のある仕事です。


しかし最近は患者さんの高齢化が急速に進み、対応することが難しい状況にあります。


患者さんによっては身体に重度の障害を持つ方も少なくありません。



患者さんの病状のレベルは以下の4つにわかれます。


(1)「軽度」(病状安定)


(2)「中度」(病状安定も再発の可能性あり)


(3)「重度」(病状やや不安定)


(4)「最重度」(病状不安定)


高齢化が進んだ影響から、最重度、重度の疾患を患う患者さんが急激に増えています。


当然のことながら、レベルが高くなればなるほど、高度なケアが必要となりますので、
その分時間が削られるので、訪問看護師さんの負担が増えることになります。





■訪問看護師の仕事について


訪問看護師さんの主な仕事についてですが、在宅で療養中の患者さんのバイタルサイン
のチェックをはじめ、医療補助、リハビリ、日常生活の介助を行います。


まず患者さんの健康状態を把握するために検温や脈拍、血圧の測定し、点滴や服用する
薬を確認します。また排便状態も確認したうえで浣腸や摘便を行います。



また日常生活の介助についてですが、患者さんの食事や排せつ、清拭、入浴を介助する
わけですが、日常生活動作に関する支援を、個人個人の計画に沿って介助するのです。


繰り返しになりますが、高齢患者さんが急速に増えています。


老化が進んだことにより日常生活動作の範囲が患者さんによってどうしても異なります
ので、患者さん一人ひとりにあった適切な介助を行わなければなりません。


そうしたことを無視して自分本位で介助すれば後々必ず問題となります。


例えば手の感覚が弱くなり、手の動きがあまり良くない患者さんは、食事のさいに腕を
持ったりしながら支えてあげることで、食事を取りやすくしてあげます。


足腰が弱りすぎて、歩行がうまくできない患者さんもいます。


そうした場合に、トイレまで歩行介助をするケースもあります。


臥床したままの患者さんは、おむつ交換をすることもあります。


患者さんの着替えや体位変換なども、介助が必要な患者さんに対して実施します。


いうまでもなく、訪問看護師にとってコミュニケーションは非常に重要です。


患者さんの看護に関しましては、ケアマネージャー自らがプランニングしたケアプラン
に沿って行うため、訪問看護師さんにとっては窮屈に感じることも少なくありません。


訪問看護師さんは、患者さんを介護する家族の精神的ケアも重要な仕事です。


介護疲れで精神的にかなり追い込まれてしまうケースも多く、何かと相談を受けること
になりますが、信頼関係をつくりあげるうえで、こうしたことも非常に重要です。





■訪問看護の厳しい現実!


病院と併設されている訪問看護ステーションは、病床数に限りがあるため、重度の高齢
患者さんは、ある程度治療が進めば退院して在宅看護にシフトされるケースが多いです。


このため、難易度の高い看護ケアを行わなければならないため、経験の浅い看護師さん
では、対応できない場面に遭遇することも少なくありません。


しかも、少数精鋭で対応しなければならないため、混乱することも多いです。


訪問看護師さんがどんなに頑張ったとしても、一人の患者さんに対して60分として、
次の患者さん宅までの移動もあるので1日6件訪問するのが精一杯です。


医療依存度の高い患者さんが多いと、それすら困難な場合があります。


しかも24時間対応するために緊急呼び出しを当番で行います。


常に携帯電話をそばに置きながら、待機しなければなりません。


患者さんが、あまりの寂しさに耐えかねて真夜中に呼び出されることもあります。


また、最期を看取る場面に遭遇することもあるので、心が休まる暇がありません。


病院は夜勤を終えたら、その日は休めますが訪問看護の場合は、そのまま朝から仕事
となることも少なくありません。そうなると徹夜で働くことになります。


患者さんを看取ったあとに、すぐ他の患者さんが来てくれればいいのですが、そうなら
ないことのほうが多く、その場合は当然「収入減」となってしまいます。


このため、訪問看護ステーションの約4割が赤字経営を余儀なくされています。


経営を安定させるためにも、訪問看護ステーションに所属する訪問看護師さん自ら営業
することもありますので、本当の意味で独立した看護のエキスパートになれます。


ホスピス施設にて緩和ケアを行なう看護師さんの仕事の注意点とは?




koukaishitakunai.png



■ホスピスとは?


一般的にホスピスは、終末期ケア(緩和医療、緩和ケア)を行なう施設のことです。


ここでいう終末期ケアは、欧米では「ターミナルケア」とも呼ばれてます。


一般の病院に入院する患者さんとそのご家族は、一日も早く病気や怪我から回復して
退院することを期待するため、病院側も可能な範囲で色々な治療法を行います。


一方、ホスピスは、「癌」や「白血病」といった重度な疾患を患い、しかも回復する
可能性が極めて低い患者さんを中心に受け入れ、命が尽きるまで生活を支えます。


このため、ホスピスでは、いわゆる「延命治療」は、一切行いません。


終末期ケアは患者さんの苦しみを出来るだけ和らげるために適切な治療を行います。


苦しみを和らげるためには「痛みの原因」をしっかり把握する必要があります。


また、心の問題や生と死の間で生じるスピリッチュアルな問題にもアプローチします。


このため、ホスピス施設では、医師や看護師、薬剤師だけでなく、歯科衛生士、作業
療法士、介護士、宗教家などが患者さんの生活をサポートしていきます。


ホスピスで働く看護師さんの仕事は、一般病院よりも精神面でのケアが求められます。


というのも、ホスピスに入院する患者さんは、医師から余命宣告を受けているため、
自ら「延命治療」を行わないホスピスに入院することを選択しているからです。



人生の最期を思い残すこと無く生きるために、自らホスピスを選んだわけですから、
そうした思いに応えるためにホスピスでは、患者さんの意思を尊重します。


医師や看護師さんだけではなく、患者さんの家族も了解しています。


ですので、ホスピスで働く従業員が協力しあいながら、患者さんの思いに応えられる
ように、患者さんとご家族の生活をしっかりとサポートします。


ホスピスで働く看護師さんは、患者さんの苦痛を緩和するためのケアだけでなく、
死に向き合う患者さんの心の負担を軽減するために精神面でもサポートします。


また、患者さんのご家族もサポートをするケースも少なくありません。


高齢化社会が急速に進んだことにより、高齢患者さんが増えています。


病棟でも高齢患者が例外なく増えており、終末期を病院で迎えることに抵抗を感じる
人達が増えています。また多くの方が在宅で最期を迎えることを希望します。


そうした声に応えるために在宅ホスピスとして働くことを検討されている患者さんの
訪問看護の仕事も順調に増えているのですが、その数はいまだに少ないです。


しかし、今後よりホスピスと緩和ケアの需要が拡大することが予想されます。





■ホスピスでの看護師の仕事


基本的にホスピスで実際に働いている看護師さんの多くが、入職する前から患者さん
を「精神面」でケアすることの難しさを十分理解していながら、入職しています。


普通は、仕事が楽だと喜ぶわけですが、ホスピスで働く看護師さんは、あえて茨の道
を選ぶかのごとく、自ら志願してホスピスで働くことを選択しています。


恐らく何らかしらの「使命感」がそうさせているのでしょう。


そうでなければ、死を目前にした患者さんのみをケアするホスピスでは働けません。


しかし、それほどまでに意識が高い看護師さんであっても、実際にホスピスで働くと、
仕事のことで色々と悩みます。特に患者さんとのつきあい方に戸惑うようです。


病棟でしっかり経験を積んだ看護師さんであっても、慣れるまでは苦悩します。


いわゆる一般病院で行われるような治療らしい治療は一切行われないので、患者さん
の多くが、肉体的にも、精神的にも辛く苦しい状態で日々暮らしています。


こうした状態にある患者さんの看護は非常に難しいです。


ですので、臨床経験が浅い看護師さんでは、ホスピスで働くのは厳しいです。


ホスピス施設では、若い看護師さんよりも、年配の看護師さんの方が、入院している
患者さんの気持ちを理解できますので、患者さん側からも求められることが多いです。


ホスピスで働くことの難しさばかりを最初に強調しすぎてしまいましたが、ホスピス
で働くメリットも沢山あります。まず患者さんと深く寄り添うことができます。


一般病棟では時間に追われながら日々働かなければなりません。


多くの職場で人材が不足しているため、満足に患者さんとコミュニケーションをとる
時間がありませんので、こういった問題が他の問題を引き起こしてしまいます。


しかし、ホスピスでの仕事は、基本的に患者さんの精神面(心)をケアすることです
から、しっかりコミュニケーションをとりながら、患者さんをケアできます。





■患者さんと向き合う覚悟がありますか?


最後にホスピスに向いている看護師さんについてですが、やはり人の痛みを理解でき、
なおかつ寄り添うことができる人です。慈愛の精神のようなものがないと難しいです。


また患者さんの状態が状態なだけに、いつ何時患者さんの容態が変化するか分かりま
せんので、突発的に何がおこっても、冷静に対応できる方がふさわしいです。


ですので、どうしても、それなりのキャリアが求められます。


そして、ホスピスでの看護師さんの仕事は、「精神看護」が特に重要です。


ですので、精神看護に全く興味がない人には当然難しいですし、ホスピスを通じて、
より専門的な看護技術を身につけたいと考えている看護師さんにはぴったりです。


ホスピスに入所している患者さんの多くが施設で死を迎える覚悟ができています。


しかし、それでも死を一瞬でも意識すれば、とてつもない恐怖が襲ってきます。


また、患者さんによっては起きている間は常に痛みに苦しんでいる方もいます。


患っている病気が病気なだけに、薬の副作用も大きく、その苦しみは計り知れません。


ですので、ホスピスで働く看護師さんは、こういった患者さんの苦しみに対しても、
真剣に向き合わなければなりません。そうでなければホスピスで働くのは困難です。


患者さんが無事天国に旅立まで、看護師さんはケアし続けなければなりませんので、
精神的にも肉体的にも病棟勤務とはひと味違った疲労が襲います。


誰の目から見てもホスピスでの看護師さんの仕事は大変ですが、「お給料・年収」に
関しては、一般病院とほとんどといっていいほど変わりありません。


待遇や勤務条件などを第一に考えているのであれば、ホスピスで働くのは難しいです。
しっかりとした「目的意識」がなければ、到底働くことが出来ない職場です。


急性期病院で働く看護師の仕事とは?分業化が進み働きやすい環境へ!




sukinadakede.png



■急性期病院とは?


急性期病院で働く看護師さんの仕事は、とにかくハードです。


患者さんによっては瀕死の状態で救急搬送されてくるケースもありますので、職場では、
常に高い緊張状態にあるため、ストレスフルな職場の一つとされていました。


またミスが許されないケースが多いので、技術だけでなく、経験がなにより重要です。


急性期病院の基本的な役割についてですが、「大辞泉」では次の通り解説してます。


急性期病院は、急性疾患や慢性疾患の急性増悪などによって、「緊急・重症」な状態に
ある患者に対して入院、手術、検査など高度で専門的な医療を提供する病院....


つまり突発的に病気やケガを患った患者さんが、一刻を争う生命の危機にある状態で、
こうした危機的状況にある患者さんを迎えて一般病院よりも高度な医療で対応します。


急性期病院では、搬送される患者さんの命を救うために現場は殺伐としながらも、医師
を中心にそれぞれの従業員が率先して、仕事に取り組まなければなりません。


このため、人間関係がお世辞にも良いとはいえず、現場では常に何らかしらのトラブル
が起こるのでで、余程の覚悟がなければ、急性期病院で働きつづけるのは困難です。


急性期病院は、常にこうした大変な状況にある職場でありながら、2014年度の診療
報酬改定によって、より厳しい状況に追い込まれているので、従業員が大変です。


事業を安定させるために事業を拡大するとなると、いきなり人材を増やすことは出来ま
せんので、業務効率を図って従業員一人当りの仕事量が増えることになります。


今回の改定で国からの締めつけが厳しくなったので、将来的には在宅医療にも参入しな
ければ病院の経営が破綻するところもあると誠しやかに囁かれている状況です。


あまりいい言葉ではありませんが、勝ち組と負け組の二極化が進みそうです。





■急性期病院の職場環境は改善されつつある?


急性期病院で働く看護師さんは、自ら看護師として一段高いステージへとスキルアップ
するために転職されるケースが少なくないため、プロ意識が非常に強いです。


職場は常に高い緊張状態にあるため、知識やスキルを身につけながら働くのは容易では
ありませんが、こうした厳しい環境で経験をつむことに大きな価値があります。


何といっても、一生物となる知識やスキルを身につけることができるので、急性期病院
でそれなりの経験を積めば、年令に関係なく、引く手あまたの状態となります。


とはいっても、こうしたストレスフルな職場で働き続けるのは大変です。


もし急性期病院で働くのであれば、できるだけ早い段階で転職する必要があります。


やはり、ある程度若いときでないと厳しい職場環境に対応することが難しいです。


急性期病院で働いている看護師さんの仕事は、救急患者さんが多いことから、常に仕事
は忙しく、夜勤でも休憩すら出来なかったり、残業も多いイメージがあると思います。


しかし、病院によっては業務分担によって職場環境の改善に積極的に務めています。


「看護師転職サイト」を利用すれば、オペ数、救急車搬入数、外来患者数、入院患者数、
平均在院日数、看護師配置人数などの正確な数字を調べてくれます。


そこから、どの程度忙しいか、キャリアコンサルタントが判断し、働き方についても、
適切なアドバイスが頂けるので、入職したあとのイメージが湧きやすいです。


ただし、先に述べた通り、2014年度診療報酬改定によって、経営環境がより厳しく
なることが予想されていますので、こうした点についても考慮する必要があります。


せっかく看護師として一段上のステージを目指すわけですから、事前に納得がいくまで、
徹底的に調べる必要があります。そうしないと志半ばで挫折することになります。





■家庭のある看護師さんでも安心して働ける?


急性期病院の看護師として働く問題点の一つとして、患者さんとの距離が遠い点です。
患者さんとしっかり向き合いながらコミュニケーションを取ることが難しいです。


つまり、患者さんの症状に合わせた看護を行なうことが難しく、この点に不満を感じる
かもしれませんが、急性期病院で働くうえで仕方がない事と納得するしかありません。


また急性期病院は、どうしても急変対応や救急搬入などが業務の中心となることから、
時間外勤務や休日出勤などが増えます。そうすると自分の時間が削られます。


うした理由から、急性期病院は結婚して家庭を持つ看護師さんが働くには適していない
とされていましたが、「看護配置7対1」が施工されたことで大きく改善されています。


なぜなら「看護配置7対1」によって職場の従業員の増員を余儀なくされたらからです。
そして、上述した通り、業務の分業化を進めることで、改善を図っています。


これにより、急性期病院で働く看護師さん一人当りの負担は確かに軽減されました。


急性期病院は、緊急または重症患者さんを24時間体制で、いつでも対応できるように
するために、職場に配置する従業員を確実に確保しなければなりません。


そして、急性期病院は業務全般の効率を高めるための意識が非常に高いです。


24時間いつでもお子さんを預かってくれる託児所が病院内にあるなど、従業員が働き
やすい環境がかなり整備されていますので、家庭のある看護師さんでも大丈夫です。


しかし残念ながら国内にある全ての急性期病院が労働環境の改善に力を入れているわけ
ではありません。この点に関しては病院によって大きな差があります。


ですので、上述させて頂いた内容を必ず確認したうえで判断しましょう。


看護師としてスキルアップしたいのであれば、急性期病院の仕事はピッタリです。


確かに仕事はハードですが、その分やり甲斐や充実感が大きいです。


看護師として病院で働くなら二交代制と三交代制のどちらが働きやすい?




Image 78.png



■二交代制と三交代制の比較


常勤で働く看護師さんは、日勤と夜勤の両方を行うのが一般的ですが、最近では人材
不足を解消するために、常勤であっても日勤専従、夜勤専従で働くことができます。


多くの病院が二交代制勤務を採用している中で、三交代制勤務に移行する病院も増え
ています。しかし三交代制にすると、より多くの人材を確保しなければなりません。


といいますのも、以下のとおり三交代制の場合、一夜勤あたりの負担は小さいですが、
夜勤の回数がその分増えることになりますので、どうしても人材が不足します。


【二交代制】

日勤が午前8時30分から午後5時30分

夜勤が午後4時30分から午前9時



【三交代制】

日勤が午前8時30分から午後5時30分

準夜勤が午後4時30分から午前1時30分

深夜勤が午前12時30分から午前9時



二交替制の場合、1夜勤あたり16〜17時間拘束されます。


夜勤は1ヶ月に72時間までとする「72時間ルール」が法で定められているため、
二交代制勤務を採用する病院の場合、夜勤は多くても4回が限度となります。


一方、3交代制勤務を採用している病院は、8〜9回程度夜勤を行います。





■2交代制勤務と3交代制勤務のメリット・デメリット


上述したとおり、準夜勤は終了する時間が深夜ですし、深夜勤は開始時間が深夜です。


冬場は病院と自宅を往復するのが苦痛ですし、まとまった休みがとりにくいです。
また、3交代制勤務を採用している職場では、仮眠時間が原則としてありません。


また深夜勤の場合は、日勤を終えて帰宅して、出来るだけ早く夕食を済ましてから、
そのまま軽く寝ますが、出勤するめ11時半ごろには起きなければなりません。


このため自宅で軽く仮眠をとって、再び職場に向かいます。


しかし、残業がある場合は自宅に戻っても、すぐに出勤時間となってしまいますので、
そうした場合は自宅で仮眠できません。早めに出勤して休憩室で寝ることも多いです。


三交代制の場合、こうした煩わしさがあるので、二交代制勤務のほうが看護師さんの
間では評判がいいですが、二交代制にも色々とデメリットがあります。


例えば「勤務終了時間」をとっくに過ぎていても、当日残業があれば、そのまま仕事
を続けなければなりません。昼近くまで帰宅できないことも良くあります。


二交代制は仮眠が取れますが、それでも朝まで働くとなると大変な重労働です。


ですので、大学病院のような大型病院で働く看護師さんの場合、体力的な衰えから、
40歳くらいになると、「退職」を検討するケースが少なくありません。





■家庭のある看護師さんの苦労とは?


また小さなお子さんがいる看護師さんも働き続けるうえで多くの問題を抱えています。


仮に24時間営業している託児所や保育施設が病院内にあるとしても、小さな子供を
残して、長時間働かなかければなりません。これは子供にとって、かなり苦痛です。


もし家族が子供の面倒を見てくれるにしても、小さな子供から離れるのは大変です。
出かける前に泣かれると、後ろ髪を引かれる思いで家を出なければなりません。


そんな生活を何年も続けなければならないので、退職を考える看護師さんが多いです。
子供が小さな時に過ごせる時間は限られているので、無理もありません。


特に準夜勤の場合、勤務開始時間が夕食時なので家庭のある看護師さんには負担です。
夕食の支度をしている暇もないので、家族の協力がなければ到底不可能です。


いくら生活のためといっても、協力してくれる家族の側にも限度があります。


例えば自宅近くにご両親がいれば、子供を預かってもらえますが、そうでない場合は、
当然のことながら旦那さんが子供の世話をしなければなりません。


旦那さんも自分の仕事で疲れているので、不満が溜まっていきます。


突然旦那さんから仕事を辞めるように言われてしまうケースも少なくありません。


それでも無理して仕事を優先させてしまうと、家庭が崩壊してしまいます。


こうした問題に関しては、夜勤の回数が少ないことから、二交代制勤務の方が負担が
小さいですが、だからといって、仕事そのものが楽というわけにはいきません。


2時間程度の仮眠が取れるといっても、毎回必ず取れるわけではありません。


1夜勤あたりの仕事量が多いので、肉体的にも精神的にも非常にハードです。


また病棟の患者さん全員の責任を持つことになるので、何かとストレスが多いです。


やっと今日も終わりだと思ったところで患者さんの容態が急変したり、病室内で転倒
するといったハプニングは日常茶飯事的におきるので、気が抜けません。


どこの病棟で働こうと、夜勤が大変であることに変わりありません。しかし、多くの
看護師さんが一生懸命働いて下さっているおかげで、日本の医療は成り立っています。


看護師に人気の高い診療科とは?人気を左右する条件の裏事情とは?




nazeanatawa.png



■人気が高いのにはわけがあります!


看護師さんの間で「人気の診療科」があると誠しやかに囁かれています。


しかし同じ科であっても、病院によって業務の内容や仕事に対する取り組み方が微妙
に異なりますので、実際に働いてみないと本当のところは分かりません。


またこうした安易な理由で一つの職場で働き続けることはできません。


ですので、今回は看護師さんが転職を検討するさいの条件で色々と検証してみます。


そうした中で看護師さんが他の診療科目に転職するさいに人気が高いのは、やはり、
残業が少ない科です。また、お給料が高い科も人気が高いです。


精神科、眼科、耳鼻科、美容外科、皮膚科、整形外科などは比較的残業も少ないです。
また、皮膚科や美容外科は、保険適用外の治療も多いことから、お給料も高いです。


特に美容外科クリニックでは、一般のクリニックよりもお給料が高め(基本給で2倍
以上の差がある)に設定されているので、募集がかかると応募が殺到します。


極端に言えば患者さんの数が多い科ほど、職場に配置しなければならない看護師さん
の数が増えるので、必然的に転職しやすくなりますので、人気が次第に高まります。





■病院以外で看護師に人気の職場とは?


病院以外の職場も非常に人気が高いです。特に企業の医務室や健康管理室の仕事は、
夜勤がないうえに残業も少ないので、看護師さんの間で非常に人気があります。


基本的に企業看護師の仕事は、企業内で働く従業員の健康管理・健康相談です。


病院にて病気やケガで苦しむ患者さんの看護をするのとは、全く内容が異なります。
従業員の中には持病を抱えてながら働いている人もいますが、大半は健康です。


患者さんの命に関わるような緊迫した状況の中で働くことはありません。


また仕事に関しても、「時間的制限」もありませんし、精神的に追い込まれることも
ないので、一般病院で働くよりも精神的ストレスは非常に少ないです。


基本的に日勤だけなので、家庭と仕事を両立を目指す看護師さんにピッタリです。





■お給料が高い美容系は看護師に人気が高い


一人暮らしの看護師さんは少なくありません。


夜勤手当が高額に設定されているので、常勤看護師として働けば、若年層であっても
経済的に自立しやすいですが、一人暮らしだと毎月出て行くお金が当然多いです。


家賃や光熱費と食費だけでもお給料の大半が無くなってしまうので、より良い生活を
送るためにも稼ぎたいという思いが強くなりますので、給料アップの転職を試みます。


そうすると上述した通り、美容外科などお給料が高めに設定されている職場を多くの
看護師さんが求めます。このため優秀な看護師さんの応募が殺到します。


「それじゃ私には無理だ」と思われるかもしれませんが、比較的求人の数は多いので、
看護師としての仕事だけでなく、接客や営業の仕事を拒まなければ大丈夫です。


逆に接客や営業をセールスポイントとして自ら積極的にアピールすれば好印象を与え
ることができますので、より採用される可能性が高まることでしょう。


美容外科クリニックの看護師求人も看護師転職サイトを利用すれば簡単に探すことが
できますが、人気が高いので、転職活動は余裕をもって行う必要があります。





■キャリア志向の高い看護師に人気なのは?


キャリア志向が高い看護師さんの中には、聞けば誰もが知っている「超有名大学病院」
で働くことを一つのステータスと考える傾向が強いので、非常に人気があります。


確かに大型病院は、最新の医療設備の中で働くことで看護師として沢山のことを吸収
することができるので、看護師として確かなキャリアを構築することができます。


もしこれから「認定看護師」や「専門看護師」を目指すなら大学病院は最適です。


大型病院の方が看護師の育成や教育に関しても重視している病院が多いです。


仕事量は多いですが、その分のやりがいはあります。


病院を業務内容ではなくて、一人の看護師として「働く環境」が優れている点を魅力
とする看護師さんも多く、こうした看護師さんに大学病院はピッタリです。





■福利厚生施設が充実した病院も人気が高い


また、看護師さんが働きやすいようにするために託児所を設けたり、病院のすぐそば
に寮や社宅を設けるなど、福利厚生施設も充実していますので、長期間働けます。


看護師さんによっては、病院の周辺地域の環境にも強くこだわります。


人によっては都会にある病院で働くことを強く望んでいたり、逆に自然が豊かな地方
にある病院で働くことを強く希望される人もいたりと、人によって異なります。



最近の若い看護師さんは、結婚・出産して子育てをしながら働くケースが増えてます。
旦那さんがまだお若いので、お給料も少ないため、生活を安定させるために必死です。


子育てしながら働くとなると、保育施設がある病院でなければ働けません。


また子育て中の身で夜勤を月決められた回数をこなすのは難しいので、こうした勤務
条件をクリアした職場を選択しなければ、働きつづけることはできません。


一般的に看護師が働きやすい診療科とされているのが内科で、もっとも転職しやすい
診療科が産婦人科と小児科です。人気が高いというわけではありません。


看護師だけでなく、医師も深刻なレベルで不足しています。


このため看護師さんであれば、「経験がなくてもOK」という求人が少なくありません。
少子高齢化社会が進んだことで、産婦人科と小児科は閉鎖されるケースが増えてます。


看護師として働くなら病棟勤務と外来勤務のどちらの仕事が大変か?




itukushimu.png



■医療の現場で楽な仕事はありません!


病棟勤務と外来勤務の両方を経験された看護師さんは、実際それほど多くありません。
また、それぞれを比較してみなければ、メリット・デメリットが分かりません。


大雑把にいえば、外来のほうが、よりサービス業としての側面が強いうえに、半年以上
同じ職場で働けば、常連の患者さんの顔を完全に把握できるので、神経を使います。


病院のある周辺地域で根も葉もない悪いうわさを広げられるなんてことがあるからです。
実際に医療に従事している人たちは、仕事に楽を求めている人は多くありません。


患者さんの大切な命を預かっているわけですから、仕事に対する誇りを持っています。


勿論、人によっては夜勤が嫌い(苦手)という方もいますので、そうした方は、夜勤が
ない職場で精一杯働けばいいわけですから、とにかくやってみなければ始まりません。


今回は病棟勤務と外来勤務を比較した上で、それぞれの特徴を解説させて頂きます。





■肉体的・精神的に負担が大きいのは?


外来は文字通り外来の患者さんのみを対応するので、原則的に夜勤がありません。日勤
のみとなりますので、基本的に病院が診療を行っていない日はお休みとなります。


カレンダーどおり休めても、仕事量がハンパではないので、残業がかなり多いです。


一方、病棟勤務は入院患者さんをケアしなければならないわけですから、病院がお休み
であっても関係ありません。土日祝祭日どころか盆正月でも例外ではありません。


しかも夜勤や準夜勤などの変則勤務をこなさなければならないので、かなり過酷です。


病棟勤務での夜勤は、肉体的・精神的負担は外来勤務の日勤よりも小さいです。


外来勤務の看護師さんは一日中立ちっぱなし、動きっぱなしで、あれもこれもといった
具合にやることが多いので、一日の仕事を時間内にこなすのに必死です。


しかし、だからといって病棟勤務の方が楽ということはなく、毎回夜勤をこなすために
昼と夜が逆転することになるため、「体調管理」が非常に難しいです。





■それぞれの仕事の特徴について


病棟勤務は、入院患者さんをケアするのがメインの仕事となるわけですが、夜勤をやる
ようになれば、すぐに病棟での一日24時間の流れを把握できるようになります。


一方外来で働くと、患者さんが外来にきてしばらくの間通院し、その後に入院して治療
に専念し、回復後に退院してまた外来に通うまでの流れがしっかり把握できます。


病棟では担当する患者さんは決まっているので、一人の患者さんと接する機会は圧倒的
に病棟の方が長いので、こちらが心を開けば自然と打ち解けていきます。


そうすることで治療の効果はより高まります。しかし、それが問題にもなります。


とにかく入院中の患者さんは孤独です。人によっては人生で初めて強い孤独を感じる方
も少なくないので、患者さんの「心のケア」も大切な仕事の一つです。


特に入院直前までバリバリ働いていた人ほど不安になりますし、病室で強い孤独を感じ
るので、些細なことでナースコールされることも多く、対応するのが大変です。


しかし、ナースコールされれば全てに応じなければなりません。


一方、外来勤務は冒頭で申しあげた通り、サービス業的な要素が強いです。


外来患者さんは身体の不調や病気などを治療するために来院しているわけですが、最近
の傾向としては患者さんへの対応はどこの病院でも厳しく指導しています。


下手な対応して後々とんでもない問題に発展することを病院側が恐れているからです。


このため外来の看護師さんは、言葉を含めた対応のすべてが丁重です。





■仕事の内容を比較!大変なのはどっち?


病棟勤務の看護師さんは入院患者さんの疾患・疾病に関する深い知識がどうしても必要
なので、多忙でも研修や勉強会などに参加しながら知識を吸収しなければなりません。


一方、外来勤務の場合、とにかく仕事量が膨大です。


カルテや伝票の整理もやらなければならないので、段取りが非常に重要になります。


頭であれこれ考えながらやっていては、必ずミスが生じます。


しかも、容赦なく急患が搬送されれば、スピーディーに対応しなければなりません。


そのためにも高い技術と知識が求められるわけですが、学ぶ姿勢がない看護師さんは、
いつまでも職場で混乱し続けるので、どうしても長く続きません。


「病棟勤務と外来勤務のどちらが自分に向いているのか?」と、自問しても中々自分を
納得させることができる答えは見いだせないと思いますが、心配いりません。


上述した内容を全て読んでいただいた時点で心の奥底では答えは決まっています。


決断を邪魔しているのは、失敗に対する恐怖心です。しかし、できるだけ早く失敗した
ほうが、短期間で取り戻すことができるので、思いっきって決めてしまいましょう。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます