病院での仕事についてのカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

カテゴリ:病院での仕事について

病院での仕事についてのカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
内科で看護師として働く魅力とは?内科のメリット・デメリットとは?

病院での仕事について
■内科に向いている看護師さんの特徴とは?ご存知の通り内科では、呼吸器、消化器、呼吸器、泌尿器、生殖器などの内蔵に関する疾病を専門的に治療する診療科目です。とに…

記事を読む

気管食道科で働く看護師の注意点とは?気管食道科では幅広い年代の対応が難しい?!

病院での仕事について
■気管食道科とは?一般の人達の間で気管食道科は残念ながらあまり馴染みがありません。気管食道科専門のクリニックは殆どありません。その大半は耳鼻咽喉科と一緒になっ…

記事を読む

小児科で働く看護師さんの仕事の注意点とは?なぜここまで過酷なのか?

病院での仕事について
■過酷過ぎる小児科の環境少子高齢化の影響から、小児科や産婦人科を閉鎖する病院が増えています。決して少子化で需要が少ないわけではありません。むしろ多すぎるくらい…

記事を読む

循環器内科で働く看護師の注意点とは?循環器内科では常に進化することが求められる?!

病院での仕事について
■増え続ける生活習慣病患者循環器内科は、「心臓」や「血管」といった「血液」を通じて様々な栄養素を全身に行き届かせるために必要な循環器に関わる疾患を専門的に診療…

記事を読む

口腔外科で働く看護師の注意点とは?口腔外科で働くメリット・デメリットとは?

病院での仕事について
■口腔外科の役割とは?口腔外科では、口腔、顎、顔(口周辺)などの疾患を専門的に治療・取り扱う診療科です。口腔=口の中の疾患というと一般的には歯に関する病気をイ…

記事を読む

アレルギー科で働く看護師の注意点とは?アレルギー科で看護師として働くメリット・デメリットとは?

病院での仕事について
■増え続けるアレルギー疾患今現在、日本国内においてアレルギー疾患を患っている人の数が3000万人以上いるとされているわけですが、アレルギーを専門に治療する医療…

記事を読む

化学療法科で看護師として働くさいの注意点とは?なぜ化学療法科の仕事は大変なのか?

病院での仕事について
■化学療法科とは?化学療法は、英語でchemotherapyといい、抗がん剤治療など薬物療法のことをさします。抗がん剤を投与することによって、全身のがん細胞を死滅させるこ…

記事を読む

婦人科で働く看護師の注意点とは?婦人科で看護師として働くメリット・デメリットとは?

病院での仕事について
■婦人科の診療内容婦人科は、女性特有の疾患を広範囲に渡って治療を行っています。最近の傾向としては、ストレス社会が急速に進んだことで、心と体の異変を訴えるケース…

記事を読む

耳鼻科で看護師として働く注意点とは?耳鼻科で看護師として働くメリット・デメリットとは?

病院での仕事について
■なぜ耳鼻科の看護師求人は多いのか?看護師さんの耳鼻科の求人は比較的多いです。患者さんの年齢層も新生児から高齢者まで幅広いので需要も多いことから、町中には耳鼻…

記事を読む

神経内科で働く看護師さんの注意点とは?神経内科が抱える問題とその対処法とは?

病院での仕事について
■神経内科を取り巻く環境について残念ながら一般の人達の間では「神経内科」の認知度は決して高くありません。神経内科を心療内科や精神科と同じようなものと考えている…

記事を読む

内科で看護師として働く魅力とは?内科のメリット・デメリットとは?




shinraisareru.png



■内科に向いている看護師さんの特徴とは?


ご存知の通り内科では、呼吸器、消化器、呼吸器、泌尿器、生殖器などの内蔵に関する疾病を専門的に治療する診療科目です。とにかく内科は、やることが多いです。


といいますのも、一口に内蔵といっても、上述した通り多種多様で実に幅広いです。このため仕事も必然的に幅引くなりますし、その治療方法も異なります。


このため、最近では呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、感染症内科、老年内科など、疾患の部位によって診療科を細分化し、専門性を高めながら負担を分散化しています。


内科で診断して外科で手術するのが一般的であるため、常に内科と外科は連携を密にし、手術を行なう必要がある場合は、外科に回され外科治療として外科医が執刀します。


また点滴や投薬によって回復が見込める疾患の場合は、内科医が継続して治療します。


内科では患者さんの症状が回復していく過程を実感しにくいです。


例えば検査によって数値の変遷過程から患者さんが回復している様子は把握できますが、外科のように自分の目で確かめながら怪我が治る過程を把握することはできません。


内科での看護師さんの仕事についてですが、言葉は悪いですが非常に単調です。


バイタルチェックを中心に患者さんとのコミュニケーションや顔の表情などから、症状の変化を読み取るスキルが必要とされ、基本的に日々同じことを繰り返します。


また外科のように手術がないので、看護師としてのスキルアップに不安があります。


このため、キャリア志向が強くて、変化を求める看護師さんには向いていません。


また上述した理由から患者さんとの会話が苦手な人には、仕事が苦痛かもしれません。それくらいコミュニケショーンが重要ですし、人の話が聞けない人は務まりません。


患者さんと、しっかりコミュニケーションを取りながら適切な看護をしたいと考えてる看護師さんに内科は向いています。それくらい内科は人間力が問われます。


» 続きを読む

気管食道科で働く看護師の注意点とは?気管食道科では幅広い年代の対応が難しい?!




105.png



■気管食道科とは?


一般の人達の間で気管食道科は残念ながらあまり馴染みがありません。気管食道科専門のクリニックは殆どありません。その大半は耳鼻咽喉科と一緒になっています。


今現在も器官や食道に関する病気が多数存在しているにもかかわらず、適切な治療を受けられない状態が続いています。これは気管食道科の抱えている大きな課題の一つです。


例えば喉頭アレルギー、副鼻腔気管支症候群、シックハウス症候群といったアレルギー性の疾患を患っている患者さんが適切な治療を受けるのが非常に困難状況にあります。


これらの病気は住環境の著しい変化によるもので、患者の数は年々増え続けていますが、地方では特に難しく、県をまたいで通院されているケースも少なくありません。


どの診療科を受診すれば良いのか分からないため、多くの方が迷ってしまうのです。仕方なく近所にある病院や診療所を受診し、適切な治療を受けることを先延ばしします。


そうなると人によっては厳格な治療を長期間に渡って受けることとなり、生活の質を下げざる得ないほどにまで追い込まれてしまい、実際にそうした患者さんが少なくありません。


これは何も特殊な事例ではなく、日常的に起こっている問題です。


ちなみに気管食道科領域の疾患と症状は以下のとおりとなっています。


(1)異物

(2)誤嚥

(3)嚥下障害

(4)胸やけ

(5)せき

(6)窒息

(7)肺炎

(8)咽頭炎・扁桃炎

(9)急性気管炎

(10)食道がん



気管食道科は、上述したような気管や食道に関する疾患を専門的に診断および治療します。これらに関連したアレルギー性の疾患も気管食道科の領域の範囲になります。


一般的には気管食道科よりも呼吸器科のほうが浸透しているわけですが、同じ領域にある疾患を取り扱っていますので、気管や食道に関する知識を幅広く深めることができます。


これにより、身につけた知識やスキルを日常生活において役立てることができるのは勿論のこと、例えば高齢者を対象とした介護関連施設で働く場合も非常に役に立ちます。


というのも利用者の大半は65歳以上の高齢者であるため、誤嚥、誤飲といったトラブルだけでなく、嚥下障害に苦しんだり、突発的な肺炎を引き起こすケースもあります。


こうした高齢者に多く見られる疾患に対して適切な対応ができるのは大きな強みです。


» 続きを読む

小児科で働く看護師さんの仕事の注意点とは?なぜここまで過酷なのか?




akacyan.png



■過酷過ぎる小児科の環境


少子高齢化の影響から、小児科や産婦人科を閉鎖する病院が増えています。


決して少子化で需要が少ないわけではありません。むしろ多すぎるくらいです。


小児科の仕事は「外来」と「病棟」だけではなく、「新生児特定集中治療室(NICU)」や「集中治療室(PICU)」などでも働かなければならないため、業務に忙殺されます。


しかも設備を維持するのに膨大な維持費がかかるうえに、訴訟リスクが高いことから、病院側としては「これではやってられない」というのが本音のようです。


こうした理由から、やもえず小児科を閉鎖する病院が日本全国で増えているわけです。


地方では、病院そのものが少ないので、一つの病院が閉鎖すると、他県まで越境して、子供を診てもらわなければならない状況にあります。本当に悲しい話です。


こうした過酷な職場であるため、医師や看護師さんの確保も容易ではありません。


しかし、看護師さんの90%超が女性であるため、結婚していない看護師さんでも女性特有の母性本能から小児科で働くことを検討されている方が少なくありません。


実際に「小児科の看護師求人」に親しみを感じている看護師さんが少なくありません。


上述した通り小児科は特殊であるため、看護師さんの仕事も職場によって異なりますが、大学病院のような大型病院で働くのであれば、それ相当の覚悟が必要です。


単に子供が好きだからでは、勤まらないほど重度の疾患を患った患者さんが訪れます。また、その親御さんも、子供の生死について悩み苦しんでいるケースが多いです。


その気持を察したうえで、接しないと後々問題になりますので、注意が必要です。


» 続きを読む

循環器内科で働く看護師の注意点とは?循環器内科では常に進化することが求められる?!




133.png



■増え続ける生活習慣病患者


循環器内科は、「心臓」や「血管」といった「血液」を通じて様々な栄養素を全身に行き届かせるために必要な循環器に関わる疾患を専門的に診療を行う診療科です。


ですので、生活習慣病に深く関わっています。ドロドロの血液は血管を痛めることから、動脈硬化が加速し、心筋梗塞や脳梗塞といった合併症リスクを高めてしまいます。


生活習慣病の数は依然として右肩上がりに増えています。メタボ検診が導入されたので、多少改善されてはいますが、高齢者を中心に増え続けているので、深刻な状態です。


例えば糖尿病患者だけでも900万人に迫る勢いで増えており、予備軍を含めるとすでに2000万人を大きく上回ってます。これに高血圧、脂質異常症などを含めると大変です。


驚くべきことに成人の約半数以上は何らかしらの生活習慣病を患っている状態ですので循環器科の果たす役割は非常に大きく、それゆえに常に進化が求められています。



一般的な循環器内科の対象疾患は以下のとおりとなります。


(1)糖尿病

(2)高血圧症

(3)脂質異常症

(4)不整脈

(5)肥満症

(6)心筋症

(7)弁膜症

(8)心不全

(9)下肢動脈疾患



これらに加えて最近では血管年齢を診断するサービスを提供しているところも増えてます。また、特定健診、特定保健指導、健康診断、企業健診の需要も年々高まっています。


より健康に関する意識が人々の間で高まっていることは素晴らしいのですが、どうしても薬などに頼ろうとする動きが強く、生活習慣を見直そうとする動きが弱いです。


ですので、多くの医療機関で食事療法、運動療法といった健康指導に力をいれています。このためそれらに携わる循環器内科で働く看護師さんの役割は非常に重要です。


特に循環器内科の対象疾患は命に関わる病気が多いので、可能な限り早期診断し、適切な治療を迅速に行うことで循環器疾患で苦しむ人達を救わなければならないので大変です。

» 続きを読む

口腔外科で働く看護師の注意点とは?口腔外科で働くメリット・デメリットとは?




388.png



■口腔外科の役割とは?


口腔外科では、口腔、顎、顔(口周辺)などの疾患を専門的に治療・取り扱う診療科です。口腔=口の中の疾患というと一般的には歯に関する病気をイメージされます。


確かに口腔の疾患は、埋伏歯や智歯周囲炎など歯に関するものが少なくありませんので、一般的な歯科との境界線が不透明な部分もあり、混乱される方も少なくありません。


しかし、実際には歯が原因となる疾患以外にも様々な疾患がありますし、口腔外科が取り扱っている疾患は非常に幅広いのが特徴で、その数の多さに驚かされると思います。


例えば口腔がんなどの悪性腫瘍をはじめ口腔乾燥症などの口腔粘膜疾患、唾液腺炎などの唾液腺の疾患があり、それ以外にも顎の外傷などの治療も口腔外科では行います。


口は言うまでもなく人間が生きていくうえで欠かすことが出来ない大切な器官です。


口から食べ物や飲み物を摂取し、口から言葉を発して人との会話するわけですが、口腔内の疾患や顎などの外傷によって、これらの機能に障害が起こる場合があります。


そういった場合に口腔外科で適切な治療することにより、それぞれの機能が回復します。


» 続きを読む

アレルギー科で働く看護師の注意点とは?アレルギー科で看護師として働くメリット・デメリットとは?




108.png



■増え続けるアレルギー疾患


今現在、日本国内においてアレルギー疾患を患っている人の数が3000万人以上いるとされているわけですが、アレルギーを専門に治療する医療機関の数が不足しています。


そうした中でアレルギー科は、アレルギー疾患を専門に治療を行なう診療科です。アレルギーと聞くと、アトピーや食物アレルギーなどを思い浮かべる方も多いと思います。


代表的なアレルギーの症状は以下のとおりです。


(1)アレルギー性鼻炎

(2)気管支ぜん息

(3)じんましん

(4)アトピー性皮膚炎

(5)アレルギー性結膜炎

(6)食物アレルギー

(7)アナフィラキシー



上述したとおり、皮膚に関する病気や小さなお子さんがかかりやすい病気とに別けられ、境界線が明確でないため、患者さんはどの診療科を受診すればよいのか迷われます。


アトピー性皮膚炎なら皮膚科を受診すればいいわけですが、例えば食物レルギーの場合、どの診療科を受診すれば良いのか迷われる患者さんが非常に多いです。


特に最近ではアレルギー疾患の症状がさらに広がっているので、呼吸器や耳鼻、眼、内臓器官にも症状が出ることがあり、どの診療科を受診してよいか迷ってしまいます。。


こうした患者さんの要望にこたえるためにアレルギー科を新設する医療機関が増えてきているのですが、中でもアトピーや食物アレルギーに力を入れている所が多いです。





■アレルギー疾患の原因とは?


こうしたアレルギー疾患は、過去30年ほどで日本の住環境が大きく変化したことが原因にあげられます。事実最近の住宅建材には沢山の化学物質が使われています。


昔から化学物質は住宅用健在に用いられていましたが、さすがに今ほどではありません。このため、アレルギー疾患を引き起こすケースも今とは比較にならないほど少ないです。


もちろん公共の建物なども同様です。このような状況から逃れることは難しいです。


こうした生活を取り巻くありとあらゆる環境の変化に人間がついていけないことによって、日本国内だけでも様々なアレルギー疾患の症状が老若男女の間で引き起こされています。


ちなみにアレルギー疾患は以下のとおり分類されています。


(1) I型アレルギー反応(即時型、アナフィラキシー型)

(2) II型アレルギー反応(細胞傷害型、細胞溶解型)

(3)III型アレルギー反応(免疫複合体型、アルサス型)

(4) IV型アレルギー反応(遅延型、細胞免疫型)



アレルギー疾患の原因は、様々なアレルギーを持つアレルゲンに反応することによって、引き起こされ、アレルゲンが体内に侵入し、体に有害と判断すれば一斉に攻撃します。


正常な状態であれば、体内で自然と抗体が作られていくので、このような形でアレルギー反応を起こさないですむのですが、免疫力が低い状態では抗体はできにくいです。





■アレルギー疾患の患者さんの注意点


アレルギー科では、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、食物アレルギー、ペットアレルギーなど様々なアレルギー疾患に対応しています。


しかし、小さなお子さんの場合、重症度の高いアレルギー症状に一度襲われてしまうと、いきなり「アナフィラキシーショック」を起こす危険性があります。


食物アレルギーによるアナフィラキシーは、体の中に抗体が出来きる過程で、その食べ物を食べてしまったさいに起こります。しかも、短い時間で起こるので対応に戸惑います。


食物アレルギーといっても、アレルギーを引き起こす食べ物は人によって異なりますが、卵や乳製品、そば、小麦、ピーナッツ、魚介類など色々あります。


アナフィラキシーの症状として代表的なのは、じんましんや呼吸困難、けいれんなどで、ひどいショック症状を発症することも少なくないので要注意です。


また食物アレルギーが原因で胃に炎症を引き起こし、慢性的な胃痛に悩まされるケースも少なくありません。しかし、大抵の患者さんは自分が食物アレルギーとは知りません。


このためアレルギー科ではなく内科など他の科を受診します。そうすると原因が分からず、時間ばかりが過ぎていき、症状を悪化させてしまうケースも少なくありません。





■なぜ耳鼻科の看護師求人は多いのか?


アレルギー科で行われている治療は内服薬や点鼻、吸入といった「薬物療法」が中心です。これに平行して原因物質に対して免疫をつくる減感作療法なども一緒に行われます。


しかし、体質改善を迫られる場合の治療はどうしても長期化しますので、治療そのものにストレスを感じてしまう患者さんが少なくありません。必然的に治療に影響します。


ですので、こうした患者さんの苦しみをきちんと理解するためにもコミュニケーションをしっかり取ることもアレルギー科で働く看護師さんの重要な仕事の一つとなります。


また、患者さんが小さなお子さんの場合は、親御さんが健康管理を行なうので、親御さんとのコミュニケーションも大事になります。後々トラブルにならないためにも重要です。


普段おとなしい方でもわが子のこととなると些細なことで取り乱す方が少なからずいます。きちんと対話して理解してもらうためにも、説明するさいには十分注意してください。


専門用語を多用するのは避けましょう。余計な不信感を煽るだけです。


日常的に使われている言葉に置き換えてゆっくり説明しましょう。


このため、アレルギー科で働く看護師さんは一段上のコミュニケーション技術が必要です。





■アレルギー科の看護師の仕事とは?


アレルギー科で働く看護師さんの仕事についてですが、患者さんの様々な症状に合わせて処置を行なうのは当然のことですが、それにプラスして精神的なケアを行います。


特に呼吸器系のアレルギー疾患に苦しんでいる方は、突然発作に襲われ、呼吸困難に陥るケースが少なくありません。これが積み重なるとトラウマになってしまいます。


例えば街中でちょっと息苦しくなっただけでも、「こんな人混みの中で発作が起こったらどうしよう...」といった具合に恐怖感に襲われ、強いストレスとなります。


こうした患者さんの悩みや不安を抑えるためにも、看護師さんの役割は重要です。


患者さんの精神的な支えになってあげられるのは看護師さんだけです。


というのも、アレルギー性疾患に苦しんでいる患者さんの苦しみは、ご家族でも理解するのが難しいとされているので、看護師さんの精神的ケアが非常に重要なんです。


また、アレルギー科の看護師さんは、患者さんが小さなお子さんの場合、親子で日常生活で気を付けなければならない点をきちんと指導しなければなりません。


若いママさんは、誰にも相談できずに苦しんでいる方が沢山います。


必要以上に質問され、アドバイスを求められることも少なありません。


こうした場合でも、拒絶するのではなく、しっかり受け止めなければなりません。そのうえで適切なアドバイスができるように心がけてください。


化学療法科で看護師として働くさいの注意点とは?なぜ化学療法科の仕事は大変なのか?




458.png



■化学療法科とは?


化学療法は、英語でchemotherapyといい、抗がん剤治療など薬物療法のことをさします。抗がん剤を投与することによって、全身のがん細胞を死滅させることができます。


元々は感染症の治療のことを化学療法と呼んでいたのですが、化学が進化したことにより、薬物療法の重要性が高まったため、化学療法でカバーできる範囲が拡大しました。


今では、「抗生物質」のような化学物質ではないものを患者さんに投与する治療方法まで化学療法と称されています。今後さらに重要性が高まることが予想されます。


基本的に「化学療法科」ではがん治療を中心に行っています。


最近は医療が進化したことによって、がん治療も選択の幅が広がっています。


がん治療を大きく分けると以下の三つになります。


(1)手術

(2)放射線治療、

(3)抗がん剤治療



放射線治療は悪性腫瘍がある身体のある部分に放射するわけですが、患者さんの肉体へのダメージが小さいうえに1回の治療が非常に短時間で完了することが可能です。


しかし、放射線治療は医師の放射線治療に関する技術に大きな差があります。


同じ効果が得られるわけではないので、どの医師に治療してもらうかが重要になります。


しかし、抗がん剤治療のような化学療法の場合は局部だけでなく、身体全体をカバーすることができるので、ガンが他の臓器に転移した場合でも対応することができます。

» 続きを読む

婦人科で働く看護師の注意点とは?婦人科で看護師として働くメリット・デメリットとは?




135.png



■婦人科の診療内容


婦人科は、女性特有の疾患を広範囲に渡って治療を行っています。


最近の傾向としては、ストレス社会が急速に進んだことで、心と体の異変を訴えるケースが増えており、患者さんの精神的なケアに力を入れている医療機関が増えています。


女性の場合、「更年期障害」などメンタル面で正常な状態を保つのが困難な病気が少なくありません。これはストレスの多い職場で働く看護師さんも例外ではありません。


心と体の不調を感じたら、まず婦人科を受診されることをおすすめします。


最近では女性医師も急速に増えており、以前よりも相談しやすい環境にありますので、医療機関自ら女性患者に限定した様々なサービスを展開しています。


ちなみに一般的な婦人科の診療内容については以下の通りとなっています。


(1)月経不順

(2)更年期障害

(3)感染症

(4)性病

(5)骨盤腹膜炎

(6)クラミジア感染症

(7)子宮内膜症

(8)子宮筋腫

(9)卵巣嚢腫

(10)子宮頸がん




■魅力あるクリニックが増えてる


最近の婦人科の特徴としては大学病院や総合病院など大きな病院は別にして、街中にある婦人科専門のクリニックでは、単に女性特有の疾患を治療するだけにとどまりません。


室内が高級な美容サロンと間違えてしまうほどおしゃれな雰囲気の中で、治療と平行して女性特有の悩みなど精神的なケアまでを総合的に行なうクリニックが増えつつあります。


女性の抱えている悩みは深刻なケースが多いです。特に近年深刻化していて、誰かに相談したくても、その内容が内容なだけに恥ずかしくて相談できない患者さんが沢山います。


そういう方のために最初の段階は直接対面せずにメール相談から始まり、徐々に来院してもらう方向へとシフトするといった、手厚いサービスを行っているところもあります。


実際に他の診療科にはない独自のサービスを展開しているところが多いです。


このため、一般病院よりもクリニックほうがサービス業としての側面が強いです。





■婦人科で働くメリットとは?


子宮内膜症や子宮筋腫、子宮頸がんなど子宮に関する疾患を患う女性が増えていますので、レディース健診の重要性が年々高まっているので、看護師さんの役割は非常に大きいです。


このため婦人科で働く看護師さんは、女性特有の疾患に関する幅広い知識は勿論のこと、、患者さんの精神的ケアをしっかり行なうためのコミュニケーション技術が必要です。


あえて、知識を重要とさせていただいたのは、女性の疾患の場合、深刻な悩みに直結することが少なくないので、下手にうろ覚えの知識を患者さんに伝えてしまうのは問題です。


また、患者さんに余計な不信感を抱かせてしまうので、確かな知識とそれを伝える技術が必要になりますので、婦人科に転科するのであれば、それなりの心構えが必要です。


しかし、婦人科はほぼ100%患者さんは女性です。病棟で勤務する看護師さんの中には男性の患者さんと接することに対して苦手意識が強い方も少なくありません。


そういう方にとって婦人科病棟は非常に働きやすい職場です。また先に述べたとおり、患者さんが同じ同性であることはプラスであれ、決してマイナスではありません。


特に女性特有の病気を患った患者さんの気持ちを理解しやすいので、女性としてこれまで生きてきた経験全てをいかすことができます。これは仕事するうえで大きなメリットです。


例えば婦人科には月経異常など思春期に多い病気から、中高年が発症する更年期障害など、女性として生きていれば、こうした女性特有の病気は誰もが何らかの形で経験します。


職場で働きながら身につけた知識は、自分の身に起こったときに役立てることができます。





■婦人科で働く難しさとは?


婦人科ではデリケートな悩みを抱えている患者さんが多く訪れます。


精神的なサポートを行なうさいに、思いやりのある言葉をかけてあげて下さい。


特に不妊治療を行っている患者さんは肉体的にも精神的にもかなりつらい状況にあります。しかも、30代で不妊治療にかかる費用は軽く100万円を超えてしまいます。


「いつ治療が終わるのか」分りません。非常に不安な状況の中で過ごすことになります。励ますつもりで言った看護師さんの言葉に深く傷つく患者さんは少なくありません。


治療中の患者さんの中には治療の効果がすぐには現れないケースが多いです。


心が折れそうな状況の中で頑張って治療を続けているわけですから、余計な一言で台無しにしてはなりません。不信感を持たれてしまえば、病院としての信用が問われます。


押し付けがましくない範囲で患者さんを、励ましたり元気づけることが大切です。





■婦人科に向いていない看護師とは?


コミュニケーションを良好に保つことができれば自然と信頼関係が生まれます。そうすることで治療や看護をスムーズに行えるようになりますし、治療の効果も高まります。


こうしたことから、次から次へと患者さんが目まぐるしく訪れては去っていいくような、人の流れが激しい病院で働きたいといった看護師さんには婦人科では向いていません。


婦人科では、精神的な看護が非常に大切でして、結果がでるまで相当時間がかかります。このため看護師さんは、患者さんと二人三脚でつきあわなければなりません。


すぐに結果を求めてしまう気の短い看護師さんには不向きな診療科です。


深刻な悩みを抱えている患者さんが多いだけに、トラブルを多発することになりかねません。しっかりコミュニケーションを取りながら、信頼関係を築ける看護師さんが求められます。


耳鼻科で看護師として働く注意点とは?耳鼻科で看護師として働くメリット・デメリットとは?




344.png



■なぜ耳鼻科の看護師求人は多いのか?


看護師さんの耳鼻科の求人は比較的多いです。患者さんの年齢層も新生児から高齢者まで
幅広いので需要も多いことから、町中には耳鼻科のクリニックが沢山ありますよね。


これほど恵まれた環境にありながら、耳鼻科病棟だけでなく耳鼻科クリニックで働くこと
を希望されている看護師さんは多くないので、人材確保にはどこも苦労しています。


耳鼻科は大学病院や総合病院といった規模の大きな病院でも診療科目として存在している
のと、耳鼻科の専門医は外科系と内科系の両方の領域に携わっています。


患者さんのニーズに応えるため大学病院では耳鼻科の手術は多岐にわたって行われてます。
そのために必要となるのが「検査」で、以下のとおり沢山の検査項目がございます。



(1)聴覚機能検査

(2)超音波検査

(3)音声機能検査

(4)鼻咽腔・喉頭ファイバー

(5)平衡機能検査

(6)顔面神経機能検査

(7)嗅覚機能検査

(8)嚥下機能検査

(9)頭頚部画像検査

(10)携帯用睡眠時無呼吸検査



耳鼻科というと大抵の方は聴覚や嗅覚の検査のみと思われるかもしれません。


しかし、五感の中でも「耳と鼻」の役割は非常に大きいので、一見関係なさそうな病気
にも耳と鼻が関与していることが多いので、検査に力をいれている所が多いです。


とくに最近は女性を中心にメニエール症候群に苦しむ人たちが増えていまして、「耳鳴り」、
「めまい」、「聴覚障害」といった症状から識別するのは困難なので検査が重要です。


メニエールは「パニック症候群と似たような症状が起こる病気であるため、世間では同じ
病気とする向きも非常に強いのですが、実際にはこれら二つは大きく異なります。


メニエール病の直接的な原因は、「内リンパ水腫」です。そして、その根底にあるものと
してストレス、睡眠不足、疲労、性格的な問題などがあるとされています。


患者さんの中には自分は重度な病気だと、考えている方が少なくありません。


このため検査結果に納得しない方も少なからずいますので、検査は正確性だけでなく、
患者さんとの対話が非常に重要になるため、耳鼻科での看護師さんの役割は重要です。






■耳鼻科でも看護師の経験を生かせます!


耳鼻科での看護師さんの仕事は、内科系の治療も多いので、普通に採血や点滴が行われ、
様々なアレルギーに関する病気を取り扱っているため、その数は決して少なくありません。


ですので、これまでの看護師としての経験をしっかり活かすことができます。


看護師さんの耳鼻科求人は、クリニックが圧倒的に多いです。クリニックでは夜勤がほぼ
ありませんし、残業に関しても他の診療科と比べればそれほど多くありません。


病棟勤務の看護師さんと違って、不規則な勤務体制での仕事はありません。


常勤として日勤ばかりの勤務か、非常勤としてパートの勤務になります。


すでに家庭を持っていて、子育に手がかからなくなっているママさんが看護師として働く
のであれば、耳鼻科クリニックは非常に魅力的な職場であるといえます。


気になるお給料についてですが、パート・アルバイトの時給が1500円から2000円
程度で、正社員の場合は基本給が23万円から27万円くらいが相場です。


また、年収では350万円前後となっており、他の診療科と比べて特別低いということは
ありません。働きやすい環境を優先させたい方にとっては非常に魅力的な職場です。





■耳鼻科なら安心して働けます!


耳鼻科が取り扱っている科目は非常に幅広いため、患者さんの年齢層も実に幅広いです。
特に耳や鼻の病気を持つ子供は少なくありません。中でも中耳炎は多いです。


小学校でプールに入るようになると、耳に水が入って中耳炎になるケースが多いです。
また、中耳炎によって聴力が落ちることもあるので、親御さんが物凄く心配します。


人によっては取り乱してしまう方もいますので、こういった場合でも感情的にならずに、
冷静ない対応が求められます。ですので、コミュニケーション能力も問われます。


また、中高年の患者さんも多いです。特に更年期の女性患者の場合、めまいや耳鳴りなど、
にもなりますし、最近では花粉症などのアレルギー関連の疾患も多くなっています。


町中にある耳鼻科クリニックは、地域に根ざして医療サービスを提供していますので、
親しみやすい雰囲気が何より大事です。そうした役割も看護師さんは担っています。


特にアレルギー関連の疾患を患っている患者さんの中には毎日吸入に訪れる方もいるので、
こうした常連さんとのやり取りを苦手とする方にとっては少しばかり辛いかもしれません。


しかし、耳鼻科の領域は非常に広いうえに、その役割は益々大きなものとなっているので、
少子高齢化に関係なく、今後も受診する患者さんの数は増えることが予想されています。


そうなれば当然耳鼻科クリニックも増えることになるので、求人も比例して増えますし、
中堅規模の病院よりも経営は遥かに安定しているので安心して働くことができます。


神経内科で働く看護師さんの注意点とは?神経内科が抱える問題とその対処法とは?




556.png



■神経内科を取り巻く環境について


残念ながら一般の人達の間では「神経内科」の認知度は決して高くありません。
神経内科を心療内科や精神科と同じようなものと考えている方が多いのが現状です。


まず、心療内科は心身症などの身体疾患を取り扱っているのに対し、精神科は統合失調症
やうつ病などの精神疾患を取り扱っている診療科で、この二つは明確に異なります。


一方、神経内科は脳血管障害やパーキンソン病などの脳神経系の疾患を取り扱っています。


神経内科ではパーキンソン病など厚労省に難病指定されている疾患をいくつも取り扱って
いるため、医療に携わっている人達の間でも治療や看護が難しいと考えています。


また、神経内科で取り扱っている病気とその症状を一般の人達のほとんどは知りません。


パーキンソン病は今だに決定打となる原因が明らかになっていませんが、日進月歩で治療
が進化しているため、完治はできなくても、治療すれば普通に日常生活を送れます。


しかし、患者さんの中にはパーキンソン病であることを告知されるとショックのあまり、
絶望する方が多く、日常生活で全く動かなくなってしまう方も少なくありません。


また、ご家族をはじめ周囲の人たちも難病ということで必要以上に気を使います。


自分で出来る身の回りのことさえもやってしまうので、患者さんが日常生活で動く機会が
どんどんなくなり、その結果パーキンソン病の症状が加速して進行することになります。


また一方的に患者さん自ら治療を放棄してしまい、ほぼ寝たきりの状態になってしまう方
も少なからずいます。そうならないためにも、患者さんの精神的ケアが非常に重要です。


しかしどんなに頑張っても医師だけではカバーすることは出来ませんので、看護師さんの
サポートが必要で、実際に神経内科で働く看護師さんの果たす役割は非常に重要です。


患者さんも医師の先生には面と向かっていえないことも、看護師さんには心を開いて話す
場合が少なくないので、しっかりこうした話に耳を傾ける必要があります。


神経内科でも当然コミュニケーション・スキルが重要になりますが、とりわけ聞くことが
大切になりますので、忙しい合間をぬって忍耐強く患者さんと接しなければなりません。





■神経内科での看護師の仕事について


神経内科は、脳や脊髄、末梢神経、筋肉に何らかしらの障害が起こる疾患を専門的に治療
する心療科で、神経内科病棟は単独ではなく他の病棟と混合しているケースが多いです。


実際に神経内科病棟には脳梗塞や脳出血などの脳血管障害、パーキンソン病、認知症など
重度の疾患を患った患者さんが入院しているわけですが、その対応は非常に難しいです。


上述した疾患の症状として、頭痛や物忘れ、吐き気、めまい、手足のしびれやふるえなど
がありながら、精神的に落ち込んでしまう患者さんが少なくありません。


ちなみに神経内科での看護師さんの仕事についてですが、診療の補助を中心に患者さんの
生活介助、リハビリ、バイタルサインのチェックといった症状の観察があります。


神経内科病棟に入院している患者さんの中には、ほぼ寝たきりの状態の方もいますので、
こうした患者さんにとって食事、入浴、排泄などの「生活介助」が非常に重要になります。


しかし、身体の自由がきかないため、体を少し動かすだけでも容易ではありません。


しかも、長期にわたって入院されている方少なくありません。こうした方は精神的に辛い
状態にあるため、病室内で他の患者さんと揉めるなどトラブルが発生することもあります。


こうした精神的ストレスを抑えるためにも患者さんの精神的なケアは非常に重要ですし、
常に患者さんの状態をきちんと把握するためにもバイタルサインのチェックは重要です。


そうすることによって、症状に異常が見られた場合は迅速に対応することができます。


また患者さんによっては、その家族に対しても何らかしらのサポートを行います。





■患者への精神的ケアの重要性について


特にパーキンソン病のような確かな「治療法」が確率されていない難病を患う患者さんの
ご家族は難病であるがゆえに周囲に相談相手がいないことの方が圧倒的に多いです。


難病ゆえに後ろめたさを感じてしまう方も多く、自分だけで何でも処理しようとします。
そうなると必然的に内向きになり、中には近所付き合いも止めてしまうケースもあります。


そうならないためにも、患者さんやご家族のサポートが非常に重要になります。


例えば入院中は患者さんのご家族は自宅での介護から解放されるわけですが、退院すると
なると患者さんの世話に再び追われることになりますので、どうしても抵抗を感じます。


ですので、ご家族に介護施設への入所に関する案内を行なうこともあります。


神経内科を訪れる患者さんの年齢層は若い世代から高齢者世代まで非常に幅が広いです。
それぞれの患者さんに合わせて接し方にも気をつけなければなりません。


上述したとおり神経内科は、一般的にはあまり知られていません。


神経内科を訪れる前に他の心療科を受診に行って、そこで医師から神経内科を勧められる
ケースが多いので、病院に対して不信感を抱いている患者さんも少なくありません。


治療を途中で放棄してしまうといったことがないように、患者さんの声に耳を傾ける必要
があります。限られた時間の中でこうしたことを行なうのは非常に大変です。





■神経内科で働くうえで大切なこととは?


最近では若い人の間で頭痛を訴えるケースが増えています。


一日中オフィスでパソコンを駆使しながら仕事をする人達がここ10年で飛躍的に増えた
こともあってか、比例するように頭痛に苦しんでいる人達が増えています。


症状の軽いものを含めると日本人の約4割程度の人が頭痛に苦しんでいます。


そのまま放置してしまうと精神疾患に発展するケースもあるわけですが、「頭痛くらいで
病院に行くのも...」と、頭痛を軽視し、治療を放棄してしまうケースが非常に多いです。


また、自ら病院に足を運んで神経内科以外の診療科を受診するも、一向に症状が良くなら
ないことから、神経内科にたどり着く前に治療を放棄してしまう方も多いです。


このため神経内科で働く看護師さんは、しっかり専門知識を身につけて、患者さんと同じ
ように苦しんでいる人達が身の回りでいないか確認してあげてください。


もしいるようでしたら、すぐに神経内科を受診するように勧めてあげましょう。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます