病院での仕事についてのカテゴリ記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

カテゴリ:病院での仕事について

病院での仕事についてのカテゴリ記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
精神科で働く看護師の仕事と役割とは?精神科病院が抱える問題とは?

病院での仕事について
■精神科を取り巻く環境が激変!過去20年にわたって、うつ病や摂食障害などの精神疾患に苦しむ人達が右肩上がりで増えていまして、ここ最近では高齢者のうつ病と認知症…

記事を読む

患者が突然病室で嘔吐したさいに看護師が行う対処法について

病院での仕事について
■患者さんが嘔吐した場合の対処法病棟では、突然患者さんの容態が変化することが日常茶飯事的にありますよね。そうした中で患者さんが病室で突然嘔吐することも少なくあ…

記事を読む

介護療養型病床の看護師の仕事とは?こんな看護師さんが向いています!

病院での仕事について
■介護療養型病床とは?「療養型病床」は、「医療療養型病床」と「介護療養型病床」の2つがあります。今回は、介護療養型病床の特徴と看護師さんの主な役割について解説…

記事を読む

精神科で働く看護師の仕事と役割とは?精神科病院が抱える問題とは?




aitega.png



■精神科を取り巻く環境が激変!


過去20年にわたって、うつ病や摂食障害などの精神疾患に苦しむ人達が右肩上がりで
増えていまして、ここ最近では高齢者のうつ病と認知症が急速に増えています。


すでに大きな社会問題となっているわけですが、やはり景気情勢に影響されます。


精神疾患に苦しむ人達が急速に増えることになったのは、3%から5%に「消費増税」
が行われた1997年以降でして、10年間で100万人以上増えています。


1年間に精神疾患の治療のために医療機関に通われた患者さんの数は320万人を突破
しているのですが、残念ながら依然として高止まり状態が続いています。


このため、精神科や心療内科を利用される患者さんの数は今後も増えることが予想され
ていることから、看護師さんの需要は今後も高いままの状態がしばらく続きそうです。


精神障害、精神疾患という言葉に偏見を持たれる方が少なくありません。


このため、診療科目をストレートに精神科とはせずに、心療内科、神経内科、メンタル
ヘルス科といった形で運営されているケースが少なくありません。


心療内科、神経内科、メンタルヘルス科の違いについて、しっかり把握していなければ
受診できないということはありませんが、知っていれば無駄が無くなります。


といいますのも、大型病院では、業務効率を高めることを優先しすぎてしまった結果、
患者さんを役所の業務のようにたらい回しにしてしまう所も少なくないからです。


心療内科は基本的に「心身症」をメインに扱います。


心身症は、消化性潰瘍、気管支喘息など、身体的な症状でありながら、「心理的要因」
によっておこりやすい疾患であるため、精神分析や行動療法で治療を行います。


神経内科は、基本的に「脳神経系」の疾患を主に取り扱っています。主な症状としては、
脳血管障害やパーキンソン病などの神経の病気をメインに扱っています。


メンタルヘルス科は、いわゆる「精神科・神経科」にあたる診療科です。不安、抑うつ、
不眠、幻覚、幻聴、妄想などの「心の病気をメイン」に扱っている科です。





■精神科の役割と仕事について


精神科の患者さんは、通院・入院が非常に長いのが特徴でして、他の診療科のように、
数回通院すれば高い確率で完治するといったことが、まずありえません。


また入院に関しても、数日で退院できるケースは少なく、数ヵ月から数年にわたる長期
入院を余儀なくされるケースが少なくありませんので、かなり特殊な科です。


患者さんが一日も早く社会復帰できるようにサポートすることは、精神科の看護師さん
の重要な仕事です。このため出来る限り患者さんと良い関係を築く必要があります。


そのためにも、一段上のコミュニケーション技術が必要となります。


その中でも「聞く力」が特に重要です。患者さんは精神的な病気を持っていることから、
ちょっとしたコミュニケーションを取ることすら難しい場合も多いんです。


根気強く接していかなければならないので、精神的な寛容さが求められます。


すでに日本国内でも、うつ病などの「精神疾患」は社会問題の一つです。


精神科以外の科で診てもらっている患者さんの中には、明らかに何らかしらの精神疾患
を患っている人をみかけることが多くなり、こうしたケースが増えています。


このため治療の効果を抑えてしまうこともあるので、他の科で働いていながら、精神科
や心療内科などの仕事に興味を持っている看護師さんは少なくありません。



精神科の仕事は、専門性が非常に高いので、それこそ薄紙を剥ぐように忍耐強く日々の
仕事に取り組まなければ必ず挫折しますので、精神的な強さが求められます。


また他の診療科と同じく医師の先生のサポートも看護師さんの重要な仕事です。






■精神科で看護師として働くメリット


精神科病院で働くメリットについてですが、先にのべたとおり、一段上の「看護ケア」
を行なうために必要となるコミュニケーション技術が飛躍的に向上します。


他の診療科で患者さんと接するような接し方では、患者さんは引いてしまいますので、
そうならないように、できるだけ忍耐強く患者さんと接することが求められます。


すると徐々に患者さんの心が開いていき、コミュニケーションが取りやすくなります。
コミュニケーションの取り方次第で患者さんが快方に向かうか否かが決まります。


そして、凄い看護師さんになると、互いに一言も言葉を発しなくても、何を考えている
のか分かるようになり、それに合わせて対応することができるようになります。


精神科は、他の診療科と比べて残業がそれほど多くありません。


大抵どこの病院でも定時に仕事を終えることができるので、家庭と仕事を両立を目指す
看護師さんにとって、精神科は働きやすい診療科の一つです。





■精神科で看護師として働くデメリット


精神科で働くデメリットについてですが、やはり「精神の病」を患っていることから、
突然患者さんが暴れだすこともありますので、自分で自分を守らなければなりません。


いきなり後ろから髪を引っ張られたり、殴る、蹴るの暴行を受ける危険性が常にあると、
意識しながら仕事に取り組まなければ、怪我を負うことになりかねません。


自分だけでなく、他の患者さんにも被害が及ぶ可能性があります。


男性の患者さんが暴れだすと、女性の看護師さんではどうにもなりません。


ですので、精神科は他の診療科よりも男性看護師が圧倒的に多いです。


もしそうした危険な場面に遭遇した場合は、病院側で何らかしらの対処法が事前に用意
されていますので、それに従って、きちんとで対処しなければなりません。


このため何かとストレスが多い仕事なので、看護師さん自らがうつ病などの精神疾患を
患わないようにするためにも、心と体の健康管理をより徹底する必要があります。


精神科の仕事は、上述したとおり非常に大変なので、興味本位では勤まりません。


しかし、患者さんを「心の病」から救う、大変やりがいのある仕事です。


一人でも多く精神科に働く看護師さんが増えることを願っています。


患者が突然病室で嘔吐したさいに看護師が行う対処法について




matauragiri.png



■患者さんが嘔吐した場合の対処法


病棟では、突然患者さんの容態が変化することが日常茶飯事的にありますよね。


そうした中で患者さんが病室で突然嘔吐することも少なくありません。患者さんの容態
を出来るだけ早く回復させるためにも、冷静に適切な対応が求められます。


突然患者さんが嘔吐するにあたって色々なケースが考えられます。


もし看護師さんが病室へ出向いたところで、患者さんが嘔吐している姿を発見したので
あれば、まず第一に「汚物の誤嚥」を防がなければなりません。


もし患者さんが「仰臥位」の状態にあれば、吐き出した汚物を誤嚥する可能性が高まる
ので、すぐにでも患者さんの体位を「側臥位」にしなければなりません。


側臥位に体位変換する過程で患者さんの吐き気の症状が悪化する可能性があります。
患者さんの苦しむ姿を目の当たりにして、躊躇することもあるでしょう。


しかし、「側臥位」にすることによって、誤嚥による窒息を避けなければなりません。


仰臥位にしたら、もし仮に嘔吐したことによって汚物で衣類が汚れていたとしても、
衣類を交換するのではなく、そのまま安静を保てるようにしなければなりません。


患者さんの容態が落ち着いたら、吐物をきれいに処理していきます。


手袋やエプロンをきちんと着用して、ごみ袋に吐物を全て入れ、そのまま廃棄します。
そして、汚物で汚れてしまった衣類に関して、は一番最後に処理していきます。


患者さんの容態が落ち着いていない段階で更衣してはなりません。


どうしても症状がぶり返す可能性があるからです。


このため患者さんの吐き気が落ち着くまで更衣は控えなければないりません。






■感染症の疑いがある場合は要注意


更衣を終えてから患者さんのバイタルチェックを行います。そのバイタルデータと一緒
に患者さんの吐き気や嘔吐に感する情報を医師の先生にできるだけ詳細に報告します。


そこから先は医師の先生の指示に従わなければなりません。もしも食事を取るのが困難
と判断されたら、食事は中止となり、その代わりに点滴などで対応します。


最近は高齢化社会が急速に進んでことから、高齢患者さんの間で嘔吐が増えています。
特に冬場はノロウィルスに感染するリスクが高まりますので、十分注意が必要です。


どんなに感染症対策を十二分に行っていても、感染するリスクはあります。ですので、
患者さんが嘔吐したら、下痢の症状についても調べる必要があります。


高齢患者さんの場合、嘔吐と下痢を繰り返すことによって、どうしても「脱水症状」が
起こりやすいので、こういった点に関しても十分注意しなければなりません。


病院では、こうしたことが起これば、速やかに二次感染を防がなければなりません。
そうしないと、患者さんをケアする立場にある職員の中から感染者が生まれます。


職員から患者さんの間に広がるのは、あっという間です。


何か起これば常に適切に処置を行なわなければなりません。


特にノロウィルスなどの感染疑いがある場合は特に警戒しなければなりません。





■汚物の処理も十分注意する!


高齢患者さんをはじめ、おむつ交換を行なうにあたり、問題となるのが汚物処理です。


汚物には、しっかり凝固剤をかけ、「汚染シーツ」は汚染部が表面に出ないようにして
くるんでから、すばやく汚物袋にいれてきちんと密封した状態で廃棄します。


また年齢に関係なく、病気を患っている身でありながら、食べ過ぎによる嘔吐も少なく
ありません。病院食では満足できないため、間食しすぎてしまう方もいます。


そうした場合、病院食以外に間食をしていなかったか、確認しなければなりません。


病院は、どんなに高いレベルの感染対策を行っているといっても、感染リスクをゼロに
することはできませんので、看護師さんの感染リスクは常に高い状態にあります。


しかし、看護師さんが感染源になってしまっては大問題です。


感染対策の基本である手洗いをしっかり行ってください。特に昨年世界規模でエボラ
ウイルスが広がったことで、感染対策に対する意識が高まっているだけに要注意です。


どこの病院でも「感染管理」に関する研修や勉強会を毎年定期的に行っています。


しかし、どんなに臨場感溢れるDVDを見ても、恐怖に感じるのは、その時だけですから、
看護師さん一人ひとりが院内感染に関する問題意識を高める必要があります。


嘔吐や吐き気の症状がある疾患は、実に幅広く、急性胃炎や急性膵炎、逆流性食道炎、
食中毒、急性虫垂炎、腸閉塞、胃がんや腹膜炎なども嘔吐や吐き気の症状があります。


また脳の疾患から神経性のものもありますので、診断するにあたって注意が必要です。


一般的には採血、生化学検査、レントゲン、CTといった臨床検査を行います。


看護師さんは、バイタルチェックを行い、患者さんが嘔吐したさいの状況をしっかり
検証したうえで、嘔吐した経緯を医師に報告しなければなりません。


また嘔吐だけでなく、下痢、めまい、胸痛、頭痛などの症状が同時に起こる場合もあり
ますので、こうした症状についても、しっかり検証しなければなりません。


介護療養型病床の看護師の仕事とは?こんな看護師さんが向いています!




monogotomo.png



■介護療養型病床とは?


「療養型病床」は、「医療療養型病床」と「介護療養型病床」の2つがあります。


今回は、介護療養型病床の特徴と看護師さんの主な役割について解説させ頂きます。


介護療養型病床は、病気やケガの症状は比較的安定しているものの、長期間に渡る療養
が必要な高齢患者さんのみを受け入れる専門病床で、「介護保険」が適用されます。


殘念ながら介護療養型病床は、看護師さんの間でも非常に人気が高い職場の一つであり
ながら、2018年3月までに廃止することが、すでに決定しています。


通常一般病院では、治療が終われば、すぐに退院しなければなりません。


どんなに長くても3ヶ月程度が限度ですが、しかし慢性的な病気の場合は再発リスクが
高いので長期の療養や医療、看護の提供を必要とする高齢患者さんが沢山います。


特に高齢化社会が今後も進む日本では、需要は大きくなるばかりです。ですので、本来
であれば2011年中に廃止するはずだったのが6年間延長することになりました。


2018年以降も継続する声が高いので、再延長する可能性が高いとされています。





■介護療養型病床での仕事について


介護療養病棟で働く看護師さんの仕事についてですが、患者さんは要介護1〜5の方が
対象となっているので、患者さんの症状に合わせて、適切な看護や介護を行います。


やはり、高齢患者さんが中心であるため、介護の要素が強いです。


しかし、そうはいっても介護老人保健施設よりも医療や看護に重点をおいてます。


また、施設内には内科系、精神科系、リハビリテーションなどを目的とした医療設備が
充実しているので、希望者が依然として増え続けている状態です。


介護療養型病床の看護師さんの仕事についてですが、治療の補助だけでなく、患者さん
の日常生活をサポートします。施設には認知症の患者さんが少なくありません。


このため患者さんの食事や排せつ、入浴などの日常生活をサポートします。


難しいのは患者さんの身体状況に合わせてサポートしなければならない点です。


ですので、何でもかんでも一生懸命やればいいというわけにはいきません。


患者さんが自分でできる事を、看護師さんがやってしまっては患者さんのためになりま
せんので、時には暖かく患者さんを見守ることも仕事の上では非常に重要です。






■介護療養型病床での看護師の仕事


一度でも患者さんが甘えることを覚えてしまいますと、自分で出来ることが、出来なく
なってしまいます。この点が看護の仕事にはない介護の仕事の難しいところです。


例えば食事に関しても患者さんの症状によって援助方法が色々あります。


こうした全てのことは、患者さんの看護計画に沿って行うわけですが、看護計画は担当
の看護師さんが行い、他のスタッフは看護計画にあわせて、それぞれの仕事に励みます。


殘念ながら看護計画が患者さんに適していない場合があります。


ですので、患者さんの反応をきちんと確認するように心掛けて下さい。


介護療養型病床では、自分の足で移動できない患者さんも少なからずいます。


こうした場合は車いすで移動しながら排泄や食事などのサポートを行います。


例えば患者さんが「排泄」するさいには、トイレまで患者さんを車椅子で移動したり、
ポータブルトイレを患者さんのすぐそばまで持っていき、そこで排泄します。



また逆に尿意が無い患者さんに対しては、定期的にトイレ誘導を行い、自ら排泄習慣を
つけてもらうことが大切です。しかし、そこでも色々な問題があります。


中にはトイレ誘導してもパンツの上げ下げすら出来ない人もいるからです。


こうした場合に介護療養型病床で働く看護師さんがサポートしなければなりません。






■介護療養型病床の仕事に向いている人とは?


介護療養型病床では、自分で食事が出来ない人も少なからずいます。


自分である程度出来る人でも、食事しながらボロボロこぼしたりしますから、正直何が
起こるか分かりません。言葉は悪いですが、監視の目を光らせる必要があります。


食事中に突然何かを思い出したかのように立ち上がって施設内を歩き出す人もいます。


何をするか行動が読めません。いつでも思いつくままに動き回ったりします。


ここで怒ったりすると、心を閉じてしまい、治療効果が低下しますので、甘やかす必要
は全くありませんが、できるだけ暖かく患者さんを見守らなければなりません。


このため介護療養型病床で働く看護師さんは、まず忍耐力がどうしても必要です。


高齢患者さんが何をしても、グッと我慢できる忍耐力がなければ、仕事になりません。


介護療養型病床には、本当に色々なタイプの患者さんがいます。


食器で遊ぶ患者さん、 落ち着きのない患者さん、 病室から出ようとしない患者さん、
他の患者さんに喧嘩をしかける患者さん、トイレに閉じこもる患者さんなどです。


とにかく個性が強く、毎回の食事で色々なことが起こります。


事実、介護療養型病床では事故報告書やヒヤリハットを書く量が他の専門病床よりも、
ダントツで多いので、いかに日常茶飯事的にトラブルが頻発するか伺い知れます。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます