看護師,転職,求人

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

記事一覧

運命がわかるゲッターズ飯田の名言

前向きになれる言葉と感動するお話
     【運命がわかるゲッターズ飯田の名言】  (1) 運命の人に 明日会えるかも 知れないと思って、 日々生きれば 出会えるもの   (2) 迷ったり、 …

記事を読む

出会いに感謝

名言・格言
     【 出会いに感謝 】  すべての出会いに、 感謝しましょう。   偶然のように思える出会いも、 実はすべて必然なのです。   そして、 あなたを喜ばせ…

記事を読む

いのちが最も輝く瞬間

前向きになれる言葉と感動するお話
     【 いのちが最も輝く瞬間 】  「 人間は他のいのちに仕えるとき    自分のいのちが最も輝く 」  かつてある新聞記者が マザー・テレサに こんな質問を…

記事を読む

愛があふれる美輪明宏の名言

前向きになれる言葉と感動するお話
    【 愛があふれる美輪明宏の名言 】  (1) 運が良くなりたければ、微笑んでいれば良い。 人に優しくすれば良い。 思いやりと優しさで、運は開ける。  (…

記事を読む

つねに前へ!星野仙一の名言

前向きになれる言葉と感動するお話
    【 つねに前へ!星野仙一の名言 】  (1) 当たり前の事を 当たり前にやるだけ、 ただし「本気」で   (2) やるべきことだと 思っていることを、 …

記事を読む

運命がわかるゲッターズ飯田の名言

 
Image77.png
 
 
 
 
【運命がわかるゲッターズ飯田の名言】
 
 
(1)
 
運命の人に
 
明日会えるかも
 
知れないと思って、
 
日々生きれば
 
出会えるもの
 
 
 
(2)
 
迷ったり、
 
遠回りしたぶん、
 
他の人が見ない
 
何かを見ています。
 
 
それがその人の
 
財産です
 
 
 
(3)
 
大切なものは
 
お金や物ではなく、
 
身につけた知性や
 
技術や知恵の方。
 
 
お金や物は
 
無くなっても、
 
身につけた事は
 
失わない
 
 
 
(4)
 
自分と同じことで笑う人、
 
それが相性のいい人
 
 
 
(5)
 
迷ったり、
 
遠回りしたぶん、
 
他の人が見ない
 
何かを見ています。
 
 
それが
 
その人の
 
財産です
 
 
 
(6)
 
「好きな人に
 
 好かれない」
 
 と嘆く時は、
 
 自分のレベルを
 
 上げる時
 
 
 
(7)
 
人の行動の
 
全ては奇跡であり、
 
偶然であり、
 
必然でもある
 
 
 
(8)
 
他人を簡単に
 
嫌わない方がいい。
 
 
立場も状況もあり、
 
嫌われ役をする
 
人もいるから
 
 
 
(9)
 
言葉だけの
 
優しいに
 
騙されては
 
いけない。
 
 
優しさとは
 
行動でわかるもの
 
 
 
(10)
 
気分で生きるな、
 
気持ちで生きろ
 
 
 
− ゲッターズ飯田 −
 
 
 
【参照】
 
ゲッターズ飯田の運命の変え方
 
 
 
今回は、人気占い師のゲッターズ飯田さんの名言を集めさせていただきました。あなたは占いを信じますか?。私は過去20間にわたって手相、四柱推命、カバラ数秘術を勉強しているので、私にとって占いは非常に身近なもにです。
 
 
ゲッターズ飯田さんの占い師としての能力はもちろん高いですが、これまで数万人もの人たちを直接対面して占ってきた経験から、占いを超えた霊感的なものを感じます。
 
 
今回ご紹介させていただいた名言からも分かるとおり、言葉に深みがありますよね。テレビやラジオに出演したさいには見せることのない、ゲッターズ飯田さんの思いが込められています。
 
 
大統領選が今日で終わり、今後10年間は世界全体が厳しい状況を迎えるのだとか、思うようにいかないことに遭遇する機会が多くなるようなんですが、「より良い自分に進化する絶好のチャンスでもある」と、飯田さんは説いています。そうなれるように自分のペースでこれからもコツコツ頑張りたいと思います。
 
 

出会いに感謝

 
image40.png
 
 
 
 
【 出会いに感謝 】
 
 
すべての出会いに、
 
感謝しましょう。
 
 
 
偶然のように思える出会いも、
 
実はすべて必然なのです。
 
 
 
そして、
 
あなたを喜ばせたり
 
楽しませたりする
 
人だけではなく、
 
悲しみやせつなさを
 
味わわせてくれる人
 
というのも、大事な人。
 
 
 
一期一会の出会いに
 
感謝しましょう。
 
 
 
− 江原啓之さん −
 
 
画像:須永博士さん
 
 
 
 カテゴリ
 タグ

いのちが最も輝く瞬間

 
688.png
 
 
 
 
【 いのちが最も輝く瞬間 】
 
 
「 人間は他のいのちに仕えるとき
 
  自分のいのちが最も輝く 」
 
 
かつてある新聞記者が
 
マザー・テレサに
 
こんな質問をしたそうです
 
 
 
「あなたがたったいま
 
 死にかけている人を助けて
 
 何になるのですか?
 
 
 この人は必ず死ぬのですから
 
 そんなことをしても
 
 世の中は変わらないのでは
 
 ないのですか」と...
 
 
 
 マザー・テレサは
 
 毅然としてこう答えられました
 
 
 
「私たちは社会を変えようと
 
 しているのではありません
 
 
 いま 目の前に飢えている人がいたら
 
 その人の飢えを満たしてあげる
 
 
 ただそれだけでいいのです
 
 
 確かに そのこと自体で
 
 世の中は変わらないでしょう
 
 
 
 でも 目の前に
 
 渇いている人がいれば
 
 その渇きを満たすために
 
 私たちはそのいのちに
 
 仕えていくのです」
 
 
 
彼女は別の「場所」では
 
こうも言っています
 
 
 
「私たちのやっていることは
 
 僅かな一滴を大海に投じて
 
 いるようなものです
 
 
 ただ その一滴なくして
 
 この大海原はないのです」
 
 
 
私たちのレインボー・ホームも
 
そうありたいのです
 
 
 
人は
 
「インドで僅か十人
 
 二十人の親のない子供たちを
 
 助けてどうなるのですか
 
 
 世界にはもっとたくさんの
 
 孤児がいるのに」
 
 と言うかもしれません
 
 
 
しかし 目の前で「寂しい」と
 
泣いている子供たちがいるのです
 
 
 
それは私たちにとって
 
かけがえのないいのちであり
 
自分自身なのです
 
 
 
そのいのちをそっと抱きしめて
 
あげるだけでよいのです
 
 
 
ボランティアとは
 
自発的に無償で
 
他に奉仕することを
 
意味するのですが
 
 
 
その奥には
 
「人間は他のいのちに仕えるとき
 
 自分のいのちが最も輝く」
 
 
 
という「生命の法則」を
 
実践で知ることに意味が
 
あると思います
 
 
 
(社)ピュア・ハート協会
 
 理事長:五十嵐薫さん
 
 
『 致知 』2012年5月
 
「マザー・テレサの
 生き方が教えてくれたこと」
 
 
 
今回紹介させていただいた、マザー・テレサさんが生前のエピソードを初めて読んだとき、正直驚きました。まず向こうのジャーナリストの失礼な質問には閉口しますよね。


それ以上に驚いたのは、マザー・テレサさんの冷静な対応です。


質問を無視することなく、きちんと答える姿勢に感銘を受けました。


「そんなのあたりまえでしょ?」と思われるかもしれません。


しかし、実際に中々できることではありません。


最後の「人間は他のいのちに仕えるとき自分のいのちが最も輝く」という言葉は、マザーならではの素晴しい言葉ですよね。本当にマザーの嘘偽りのない純粋な思いに敬服します。
 
 

愛があふれる美輪明宏の名言


Image 9.png
 
 
 
 
【 愛があふれる美輪明宏の名言 】
 
 
(1)
 
運が良くなりたければ、
微笑んでいれば良い。
 
人に優しくすれば良い。
 
思いやりと優しさで、
運は開ける。
 
 
(2)
 
せめて自分ぐらい
自分を褒めて認めてあげないと
自分が救われない。

自分の味方になれるのは
自分だけ。
 
 
(3)
 
孤独とは
物事を深く考える
チャンス。
 
友達が多い事は
必ずしも幸せではない。
 
 
(4)
 
自分に満足した人は
天狗になる。
 
自分に満足できないから
向上心が生まれる。
 
 
(5)
 
自分に思いやりが
足りない人ほど
相手に思いやりを求める。
 
自分の言葉が
相手を傷つけていないか、
まず反省してみる事。
 
 
(6)
 
皆が喜んでくれる
自分を演じるより、
 
人目を気にせず、
素顔の自分を
表現すれば
楽になる。
 
 
(7)
 
すぐキレるのは、
自分の気持ちを表現する
適切な言葉を知らないから。
 
たくさんの本を読んで
言葉を知ればストレスは
溜まらない。
 
 
(8)
 
お経を何万篇唱えても、
心がこもっていなければ
鼻歌と同じ。
 
大切なのは
感謝の気持ち。
 
 
(9)
 
どんなトラブルが起きても
微動だにしない。
 
そんなレベルに達するまで
人生の修行は続きます。
 
弱音を吐かず
覚悟を決めて。
 
 
(10)
 
苦しみを経験するから
幸せの有り難みが分かる。
 
苦しむことは
幸せになるための
プロセス。
 
 
 
− 美輪明宏さん −
 
 
 
今回は、美輪明宏さんの名言をピックアップさせていただきました。
 
 
昨年放送されたNHKの朝の連続テレビ小説「花子とアン」のナレーションを担当し、毎回終了間際に言う「ごきげんよう」という言葉が流行語になるくらい強いインパクトを残しています。


話は少し脱線しますが、吉高由里子さんが演じた村岡花子さんという女性が非常に魅力的でして、放送終了後に激動の時代を生きた村岡さんの生涯が描かれたこちらの本「アンのゆりかご―村岡花子の生涯」を読み深い感銘を受けました。
 
 
仕事などで迷ったときに色々とヒントを頂いています。
 
 
 
美輪さんは50代くらいから雑誌などを中心に老若男女を問わず色々な人達の悩みごとに関する相談を受けてきただけあって、どの言葉も人格者然とした深みがありますね。


ああ正負の法則」と「愛の話 幸福の話」を何度も繰り返して読むくらい、この二冊は、こうした自己啓発関連の書籍としては名著中の名著でして、今でも時々読んでます。


意外に思われるかもしれませんが、美輪さんは30代のころ空売りという株の信用取引の一種で、大変リスクの高い取引があるのですが、これで大損します。


車など身の回りのものを売り払っても支払いが追いつかず、本当に窮地に追い込まれます。気が付けば毎晩のようにお酒を飲み続け、本当にアル中寸前まで追い込まれています。


しかし、このままでは自分は廃人になってしまうという思いから、禁酒をして生活を改善して、毎日がむしゃらに働いた結果、借金は全て返済し、巨万の富を築いています。



今回の美輪明宏さんの名言で特に共感したのは以下の言葉です。
 
 
 
(10)
 
苦しみを経験するから幸せの有り難みが分かる。
 
苦しむことは幸せになるためのプロセス。
 
 
全ては幸せになるためのプロセスであると考えることができれば、どんな悩みも解消することができそうです。改めて美輪明宏さんの凄さを感じずにはいられません。
 
 
 

つねに前へ!星野仙一の名言


Image56.png
 
 
 
 
【 つねに前へ!星野仙一の名言 】
 
 
(1)
 
当たり前の事を
 
当たり前にやるだけ、
 
ただし「本気」で
 
 
 
(2)
 
やるべきことだと
 
思っていることを、
 
本気になってやって
 
いかなければ自分の人生も、
 
なにひとつ変わっていきは
 
しないのである。
 
 
本気か、
 
本気でないのかが
 
人生の分かれ道だ
 
 
 
(3)
 
夢中になれる仕事自体が
 
見つからないと言うことに対して、
 
見つけることよりも、
 
やってみることが大事なんだ。
 
 
少しでも好きに慣れそうな仕事に、
 
とりあえずチャレンジしてみる
 
 
 
(4)
 
人を愛せ。
 
人を信じよ。
 
人を生かせ。
 
人を褒めよ
 
 
 
(5)
 
大変という意味は
 
大きく変わるということ。
 
ピンチはチャンスの前触れ。
 
 
大難を忍ぶ者は、
 
大善を引き起こす
 
 
 
(6)
 
弱気は相手を強気にさせる、
 
弱気は強気に押し切られる、
 
強気は弱気を制していく、
 
強気は強気を押し退ける
 
 
 
(7)
 
厳しさ7割、
 
優しさ3割。
 
 
これが本当の
 
愛情なのだと思う
 
 
 
(8)
 
一生懸命というのは
 
自分で決めるものではない、
 
他人に認められて
 
初めて一生懸命と言えるんだ
 
 
 
(9)
 
「何がやりたいか分からない、
 
 自信が持てない」という
  
 不安定な気持ちに対して、
 
 大切なのは、
  
 自信があるかないかではなく、
  
 自分の仕事に夢中になって
 
 いるか否かだ。
 
 
自分の仕事に
 
馬鹿になれるなんて、
 
すごく幸せなことだ
 
 
 
(10)
 
迷ったら前へ。
 
苦しかったら前に。
 
 
つらかったら前に。
 
後悔するのはそのあと、
 
そのずっと後でいい
 
 
 
− 星野仙一 −
 
 
 
【参照】
 
星野流
 
迷ったときは、前に出ろ!
 
 
 
今回は、中日、阪神、楽天で監督を務めた闘将・星野仙一さんの名言を集めさせていただきました。言葉一つ一つに重みがあり、ずっしり心に響きます。
 
 
今シーズンから阪神を指揮する金本知憲監督は、2003年シーズン阪神のリーグ優勝の立役者ですが、もし星野監督が阪神の監督に就任してなければ阪神に移籍していないといったことを耳にした記憶があります。それだけ選手から信頼されていたのですね。
 
 
また、星野監督自らおっしゃってますが、7割の厳しさと3割の優しさこそが本当の愛情であると、先日某テレビ番組に昨シーズンで現役を引退された中日の山本昌さんが出演されていて、試合で打たれすぎたため何度かボコボコに殴られたようですね。
 
 
1度あまりにも顔が腫れすぎて、腫れが引くまで登板できなかったようです。しかし、その後必ずチャンスをくれたことを山本昌さんは非常に感謝してました。
 
 
組織のリーダー、指導者がすべて星野さんのような熱血タイプの方だったら問題かもしれませんが、一人くらいいてもいいですよね。
 
 
メニュー
最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます