1720190501keihatu.png
 
 
【 あきらめない!高橋尚子の名言 】
 
 
(1)
 
選手にけがをさせるほど
練習させるのは良くない。
 
それは当たり前です。
 
でも、みずきちゃんと
よく話すんですが、
 
『この練習をしたら
 けがをするかもしれない。
  
 でもやらないと
 世界と戦えないと
 したらどうする?』って。
 
私たちは迷わず、
けがをしてもいいから
突き進む道を選びます
 
 
(2)
 
あそこに勝たないと、
私の次の扉はいつになっても
開かないんです。
 
ですから、あの坂を自分で
乗り越えて勝ちたかった
 
 
(3)
 
私はすべての大会において、
結果がどうなろうとも、
スタートラインに立った時は
 
『やるべきことはすべてやった』
 という気持ちでした。
 
なぜそういう気持ちに
なれるかというと、
それまでの一日一日がすべて、
 
『きょうはすべて
 やりきった、もう走れない』
 
『ありがとう。あしたも
 また一緒にがんばろう』と
 抱き合って終わる毎日を
 過ごしてきたからです
 
 
(4)
 
人への感謝の気持ちも、
自分の力になる
 
 
(5)
 
夢を持ち続けて頑張れば、
暗闇の道にも「光」が
差してくる
 
 
(6)
 
金メダルも世界記録も
すごいと思いません。
 
それより目標を達成した
喜びが大きいです
 
 
(7)
 
輝ける場は人それぞれ。
 
いかに輝くかは
その人次第だと思います
 
 
(8)
 
長い階段を一気に
上がろうとすると、
途中でへばってしまう。
 
でも一段ずつ
確実に上がっていけば、
時間はかかっても頂上まで
上がることができる
 
 
(9)
 
「あしたのジョー」のように、
 戦い終え、そのまま頭の中が
 真っ白になっていくほど
 走れたら本望なんです
 
 
(10)
 
負けるのが、
恥ずかしいとは、
思っていません。
 
 
(11)
 
痛い目にあったとしても、
失敗すらできない
人生よりずっと楽しい。
 
 
(12)
 
人以上やって人なみ。
人の倍以上やってようやく…。
 

» 続きを読む