4820190401keihatu.png
 
 
【誇りを持て!白洲次郎の名言】
 
 
(1)
 
熱意だよ。
 
日本でも明治維新の時の
政治家とか実業家は、
 
熱意があったから
あれだけの仕事が
出来たんだね。
 
 
(2)
 
人に好かれようと思って
仕事をするな。
 
むしろ、半分の人には
嫌われるように
積極的に努力しないと
良い仕事は出来ない。
 
 
(3)
 
何かにしがみつかなければ、
生きていけない根性なら、
神頼みでもして、
鰯の頭でも信心していた方が、
他人様の御迷惑にならん
だけでもましだろう。
 
 
(4)
 
われわれは戦争に負けたが、
奴隷になったのではない。
 
 
(5)
 
運転手を待たして
ゴルフする奴なんか、
ゴルフをする資格はない。
 
 
(6)
 
地位が上がれば役得ではなく
「役損」と言うものが
あるんだよ。
 
 
(7)
 
今の日本の若い人に、
一番足りないのは勇気だ。
 
「そういう事を言ったら損する」
 って事ばかり考えている。
 
 
(8)
 
人様にしかられたくらいで
引込むような心臓は、
持ち合わせがない。
 
 
(9)
 
自分よりも目下と思われる
人間には親切にしろよ。
 
 
(10)
 
「すみません。」は駄目だ、
「SAY THANK YOU」だ。
 
 
(11)
 
金払いはよくしろ、
明るくふるまえ、
特定の女とばかりしゃべるな。
 
そして、言い寄られたら
「ノー」と言え。
 
 
(12)
 
おのれの好まざることを
人に施すなかれと
先祖代々教わってきた我々も、
 
人の好まざることを
人に施した挙句、
 
人の好まざることは
やっぱりおのれも
好まざるものであったと
気がついた。
 
因果応報。何をかいわん。

» 続きを読む