5120190201keihatu.png
 
 
『 ことばの七福神 』
 
 
(1)愛してます
 
(2)ついてる
 
(3)うれしい
 
(4)楽しい
 
(5)しあわせ
 
(6)感謝します
 
(7)許します
 
 
 
− 斉藤一人さんの名言より −
 
 
 

自分が発する言葉は大事!
自分が聞くことになるから

 
 
5520190201keihatu.png
 
 
■ ポジティブな言葉を言いましょう
 
 
相手が発する言葉より、自分が発する言葉のほうが大事です。自分が発した言葉は、自分が聞く言葉でもあるからです。ネガティブな言葉を発すれば、その分だけ、ネガティブな言葉を自分が聞くことになります。
 
 
ポジティブな言葉を発すれば、その分だけ、ポジティブな言葉を自分が聞くことになります。相手の発言は、相手の都合によりますが、自分の発言なら、自分でコントロールできます。意識をしてネガティブな発言は避けつつ、ポジティブな言葉を言いましょう。
 
 
 
 
5720190201keihatu.png
 
 
■ 普段口にする言葉が人生をつくる!
 
 
自分が発する言葉は、自分が聞く言葉でもある意識を持つことです。「嬉しい」と言えば、もっと嬉しくなる効果があります。「楽しい」と言えば、もっと楽しくなる効果があります。
 
 
「素晴らしい」と言えば、もっと素晴らしく感じる効果があります。あなたの気分を決めるのは、あなたが口にする言葉しだいです。言葉の力は絶大です。日本語には言霊と言って、一つ一つの言葉に魂が宿ると太古の昔から考えられてきました。
 
 
つまり、ネガティブな言葉ばかり普段から口にする人は、ネガティブなことに支配されます。嫌なこと辛いことが続きます。反対にポジティブな言葉を意識して使っている人は、ポジティブなことに支配されるので、どんなに大変なことでもゲームで遊ぶかのように前向きに取り組むことができます。
 
 
 
 
5420190201keihatu.png
 
 
■ なりたい気分に合った言葉を使いましょう!
 
 
どんな気分になりたいですか。なりたい気分に合った言葉を使いましょう。ポジティブな言葉を言えば、そういう気分になれます。
 

「ありがとう」
 
「嬉しい」
 
「感動」
 
「素晴らしい」
 
「きれい」
 
「カッコイイ」
 

 
こうしたポジティブワードを意識して使うのも大切ですが、それ以上にネガティブワードを出来るだけ使わないようにすることも大切です。気をつけたいのが3つのネガティブワード「でも」「だって」「どうせ」です。
 
 
この3つのネガティブワードをネガティブと捉えている人は少ないので、ついつい口にしてしまいがちです。こうしたネガティブワードを使わないだけでも、自分と周囲の人たちを良い気分にすることができます。
 
 
 
 
■ ネガティブなことばかり考えてしまうときの対処法!
 
 
ネガティブなことばかり考えてしまうときが誰でも一度や二度はあるかと思います。なぜこのようになってしまうのかというと、考えすぎてしまうからです。考えることは悪いことではありませんが、考えすぎると不安なことばかり考えてしまいます。
 
 
とくに何か問題を抱えているときは、普段よりもネガティブになってしまうので、冷静な判断ができなくなって、自滅するような行動をとってしまいます。これでは命がいくつあっても足りません。ネガティブなことばかり考えてしまう場合は、「考える」時間を出来るだけ減らりましょう。
 
 
そして、その空いた分の時間を問題を解決したり、目標を達成するために行動する時間にあてます。行動するといっても、いきなり目一杯頑張りすぎると長く続けられなくなるので、出来るだけ小さなことから始めましょう。
 
 
 
 
5820190201keihatu.png
 
 
■ 自虐的なことは絶対に言ってはだめ!!
 
 
よく「私なんか〇〇だから、絶対だめだよ」といった具合に自虐的なまでに自分を卑下する人がいますが、これは絶対に言ってはいけません。謙虚さからこのような物言いになってしまうのかもしれませんが、自分で自分に呪いをかけるようなものです。
 
 
それほど言葉には言意味でも悪い意味でもパワーがあるんです。多くの方が言葉のもつパワーをしないがゆえに気軽にネガティブな言葉を使っているわけですが、ネガティブなことを言い続ければ、それにふさわしい現実が引き寄せられてしまいます。
 
 
しかも、悪いことというのは、良いことよりも現実化するのが早いので、気がついたら「毎日嫌なことだらけ」、なんてことになりません。そうならないためにも、つねにポジティブでいられるように心をこめなくてもいいので、ポジティブな言葉でポジティブなことをいいましょう
 
 
 
 
5220190201keihatu.png
 
 
■ ポジティブ思考を習慣化する方法!
 
 
使う言葉によって脳が反応し、思考や行動に反映されます。ポジティブな言葉を使えば、行動もポジティブになり、その逆もまた然りです。ですので、どんなに苦しい状況にあったとしても、とりあえず「面白い」とまず一言いって、その苦しい状況を分析して楽しむことです。
 
 
自分で自分に催眠術をかける究極のポジティブ思考です。おススメは、毎日良かったことを最低1つ日記に書くことなんですが、ポジティブ思考になれる日記アプリ「ポジティブ思考習慣 Happynote」を使うとスムーズに習慣化することができます。
 
 
このアプリを使って、その日にあった良いことだけを書き留めることによって小さな幸せに気づきやすくなるので、自己肯定感が高まり、次第に思考や行動もポジティブになります。人生を飛躍させたいのであれば、「ポジティブ思考習慣 Happynote」をぜひお試しください。
 
 

 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
「言葉で人生が変わる」
 

 
 カテゴリ
 タグ