18720190201keihatu.png
 
 
【 偉大な指導者!落合博満の名言 】
 
 
(1)
 
オレじゃない。
選手たちを見てくれ。
こんなすごいやつらを
 
 
(2)
 
私は、人生や
仕事というものは
誰かを頼るのではなく、
 
自分で切り開いて
いかなければ
つまらないと思っている
 
 
(3)
 
志の低い人間は、
それよりさらに低い
実績しか挙げられない
 
 
(4)
 
みんな、
怒られながら、
怒鳴られながら、
褒められながら、
分からない時は人に
助けてもらいながら、
 
その経験を積み重ねて
今があるんでしょ。
 
学校卒業したばかりの若者に、
おれんところの会社の仕事を
ソツなくやれというのが無理
 
 
(5)
 
40本塁打してくれる
大砲が貴重な戦力なら、
 
送りバントを
100パーセント
決めてくれる選手も
大切な戦力だ
 
 
(6)
 
働き場を与えれば、人は動く
 
 
(7)
 
精神的なスランプからは、
なかなか抜け出すことが
できない。
 
根本的な原因は、
食事や睡眠のような
基本的なことにあるのに、
 
それ以外のところから
原因を探してしまうんだ
 
 
(8)
 
欠点を直すこと、
それはよい部分が
失われることでもある
 
 
(9)
 
最も厄介なのは、
言葉は悪いが、
 
感覚や時の勢いだけで
物事に取り組む人だ。
 
そんな勢いは決して
長続きしないことを
覚えていてほしい
 
 
(10)
 
使ってるのは
自分なんだから。
 
それを失敗したからといって
部下の責任にしたら、
部下が仕事しなくなる
 
 
(11)
 
自分の好き嫌いで
選手を使ってはダメ。
 
自分で自分のクビを
絞めることになる。
 
 
(12)
 
コーチにすべてを任せきる。
 
しかし、すべての責任を
負うのは、監督である。
 
それが私の仕事だ。
 
(13)
 
相手の気持ちに
寄り添いながら、
自分の考えを伝える。
 
 
(14)
 
勝負に絶対はない。
 
しかし、最善の策を
講じていけば、
 
仮に負けても
次に勝つ道筋が見える。
 
 
(15)
 
ミスは叱らない。
 
だが手抜きは叱る
 
 
(16)
 
監督は嫌われ役でいい。
 
嫌われ役がいい
 
 
(17)
 
孤独に勝たなければ
勝負には勝てない
 
 
(18)
 
勝負に絶対はない。
 
しかし、最善の策を
講じていけば、
 
仮に負けても
次に勝つ道筋が見える。
 
 
(19)
 
欠点は、
直すよりも武器にする
 
 
(20)
 
気心と信頼は別物。
 
 
(21)
 
球団の財産は選手だ。
 
ならばどんなことをしてでも
選手を守らなければならない。
 
企業経営者と話をしても、
常に考えているのは
 
「どうやって利益を
 上げようか」ではなく
 
「いかに社員と
その家族の生活を
守っていくか」である。
 
その目的を
達成するためなら、
 
自分は嫌われたって
恨まれたって構わない
 
 
(22)
 
信じて投げて
打たれるのはいい。
 
信じて投げて
打たれたのなら、
それは結果。
 
一番いけないのは、
やる前から打たれたら
どうしようと考えること。
 
 
(23)
 
壁にぶち当たった時に、
自分のやってきたことを
否定してしまうと
 
すべてがスタートに
戻ってしまう。
 
 
(24)
 
良い時も、悪い時も
同じ態度で接して
くれた人だけ
信じられんだ、
 
そういう人と
一生つきあっていきたい。
 
 
− 落合博満 −
 
 
 

 


嫌われた監督 落合博満は
中日をどう変えたのか

 
 
 
「落合博満の軌跡」
 

 
 
 
■ 独自のリーダー論が凄い!
 
 
今回は、元中日ドラゴンズの監督、落合博満さんの過去に出された本「采配」を中心に名言をまとめさせていただきました。こちらの本が出版されたのは2011年なんですが、当時勉強好きなビジネスマンの間で絶賛され、40万部を超えるベストセラーとなりました。
 
 
落合さん独自のリーダー論が分かりやすくまとめられているので、上司としての立場にある人だけでなく、上司から指示を受ける部下の立場にある方にも沢山の学びがあるので、上司と部下の関係で悩まれている方に是非お読みいただきたいです。。
 
 
ちなみに、Amazonで中古だと100円以下で買えますし、かなり古い本なので、図書館で予約しないでも借りられると思います。
 
 
 
 
■ 何があっても我が道を行く!
 
 
よく、スポーツ選手は指導者で運命が決まるといったことが言われています。例えばイチロー選手や松井秀喜選手は仰木監督、長嶋監督との出会いがなければ、あそこまで大成しなかったといったことをよく見聞きします。
 
 
それくらい指導者との出会いが大切な世界なんですが、落合さんは例外だったようです。落合さんがロッテに入団したときの監督は金田正一さんが指揮を執っていたのですが、社会人野球でスターだった落合さんのバッティングをプロでは通用しないと酷評しました。
 
 
入団して即戦力外のような待遇をうけながらも腐ることなく頑張り続けたので、入団4年目のシーズンに打率3割2分5厘、32本塁打、99打点で最初の三冠王を獲得しています。しかも、28歳での獲得は史上最年少だったそうです。
 
 
 
 
■ 偉大な指導者!
 
 
落合さんといえば、その歯に衣着せぬ発言で現役の選手だった頃からメディアを賑わせていました。ですので、アンチも多かったですよね。
 
 
私の父はパ・リーグで三冠王を達成したときから落合選手のことが大っ嫌いで、父が子どものころから大ファンである巨人に落合選手が入団したときの絶望感はなかったと言ってました。
 
 
今ではGM職として、球団の運営に携わっているわけですが、今回まとめさせて頂いた名言を見た限りでは、GMよりも監督の方が向いているような気がしてなりません。いずれまたユニーフォームを着て監督として手腕を振るってくれることを願っています。